吉本坂46の水着審査の中間発表があり



一位通過しました。



これは もうね  応援してくれる



みんなのチカラ



すごく嬉しかったけど



自分のこととして以上に



嬉しかったのは、



これで 年齢だからと 何かを諦めないでいいって



みんなが背中を押してくれたし、



この結果が出ることで



年齢の壁の前で佇んでいるひとの



一歩を踏み出す勇気になったかも



しれないと思ったことです



アイドルに挑戦しようと思ったとき、



水着審査と聞いたとき、



私が葛藤したのは



「歳だから」という葛藤でした。



日本には「いい歳をして」という



年齢相応の佇まいを求める美学があり、



ある部分では



私もそれは嫌いではありません。



でも、長い間、脚本家をやってきて



若いひとありきの企画ばかりなこと、



特に成熟した大人の女性が



主人公になるドラマの企画が通りにくいことに



違和感を持っていました



ハリウッドは若い女優ばかりの作品ですが、



フランスをはじめとする



ヨーロッパでは



年齢を経た女性の美しさ、



その女性性をきちんと描いた、



成熟した女性を評価する作品が創られています。



女性は若い方がいい という価値観は



私の中にも刷り込まれていて



だからこそ 私はその自分の中の価値観を



壊したかった。



だけど さすがに水着姿を出すことは



葛藤だったことは



この前も書いた通り。


Happyとのラインのやりとりでも



「Happyは若いからわからないよ」と



いう言葉が喉元まで



あがりました。



でも



でも



体型と 年齢による老化が



私のコンプレックスなら



できたら



いつか



その壁を超えてみたいなって思う。



正直 今は超えてない。



三次審査では



みんなに自分で「投票お願いします」って



胸張って言えたのに



今は「おばさんなのに水着ですみません」



って気恥ずかしい思いもある。



でも 苺さんが撮ってくれた写真は



素晴らしくて



みんなに披露したい。



ほんま どっちやねんw って感じ。



でも




両方の気持ちがあっていいのだと思います。



姿をあらわすときには



あらわれたいという思いと



怖くなって



隠れたいという恐れが出る。



その相反する気持ちのまま



みんなの前に立っていていいのだと



思ってます。



臆病なまま すすめ! だもん



このまま繊細なまま



ビビったまま



10日の投票最終日まで全力で頑張ります!



応援してね




みんなの応援が勇気になってる



本当にありがとう😊




吉本坂46 



今日も一票お願いします

 

 

 
10日まで毎日投票できます

 


 

投票はこちら

 


今日も人生にブラボーと叫ぼう!