初めておいでくださった皆さまへ


脚本家 旺季志ずかです合格

私は、これまで「カラマーゾフの兄弟」「ストロベリーナイト」「特命係長~只野仁」「女帝」「佐賀のがばいばぁちゃん」「トイレの神様」などたくさんのテレビドラマを書いてきました。

 

何もなかった貧乏仕事なし恋愛最悪の20年前から

「セルフラブ 」自分を愛し 自分自身で「在る」ことこそが最高の幸せで

同時に夢が叶う方法だということを実践してきました。

 

その知恵を織り込んだストーリーが『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』(サンマーク出版)です。

 

このブログでは、私がひらめいたこと、ワクワクした出来事など、ハッピーな

毎日を送るためのヒントを書いています。

 

みなさん、一緒に、心のセンサー、ワクワク羅針盤にしたがって、この地球というエンターテイメントランドで、あなたらしいライフシナリオを書き、愛と豊かさに満ちた日々を送りましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

啓示のような


メッセージのようなものは


朝目覚めの時に届くことがよくあります。


それは妄想かもしれないし


思い込みかもしれない。



でも役にたって


楽しいなら なんでもいいと思っています


伊勢の旅から帰った翌日


昨日の朝


寝起きの頭に


「やつは」という言葉と


「くにつかみ」という言葉が浮かびました。


「やつは」をしらべたら


また天下泰平さんのショップの名前


泰平さんに


やつは の意味をお尋ねしました。


泰平さんも音から この名前をつけたそうなのですが


ある人から これは「ヤハウェ」だと言われたそう。


「ヤハウェ」調べてみました。


ヤハウェは旧約聖書の古代イスラエルの唯一神です。


そして ヤハウェは龍神だという説が。

http://s.webry.info/sp/bloom.at.webry.info/201306/article_2.html


先日も書いたように 龍神は瀬織津姫さまという説があります。

http://s.ameblo.jp/rila214/entry-12198238014.html


そして ヤハウェと伊勢神宮を検索して見つけた記事。

世界一の超能力者と評判だったベラ・コチェフスカ さんと伊勢神宮に行かれた方が書いています。


ベラさんは伊勢神宮外宮多賀宮に引っ張られていき

その前で号泣した。


ヤハウェがお祀りされていると断言したという。


伊勢神宮から帰ったばかりで

このメッセージは!

面白いよねーーー


多賀宮 確かに特別なエネルギーを感じ

写真を撮っていました
{7463EDE3-2663-4FB7-8108-74763D1798A9}

ヤハウェをご存知の方

教えてください

今日も人生にブラボーと叫ぼう!

旺季志ずかツイッター

 

 旺季志ずかfacebook 

  

9月30日午後8時57分からTBS

湊かなえスペシャルドラマ「往復書簡」

松下奈緒さん主演のシナリオを書いています

{378CC1B8-0D8A-4A25-B555-E78300C7AC34}


月刊「ザ・フナイ」9月号と10月号に 
 
「アヴェマリアのヴァイオリン」の香川宣子先生と
 
船井勝仁さんとの鼎談(前半)が掲載されています恋の矢
 
読んでおくれやす
 
 
10月16日講演会 横浜パシフィコでします。
 
ぜひ会いに来てねドンッ

 
※ ※ 

おかげさまで6万部ベストセラー!

旺季志ずか初の小説絶賛発売中!

RPG的ファンタジー自己啓発冒険小説!

「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」

(サンマーク出版)

通称オクボク

 

<ストーリー>

青い髪に生まれた少年キラ。

その特異体質のため、両親は離婚。イジメにあっている。

ひたすら目立たないように生きているキラは、なんでも願いがかなうという

アークを求めて森の中へ。

そこで出会った老師ラオシーに導かれ七つの石をゲットする!

そこで得る「教え」は著者自らが実際に学んで使った知恵。

いまのそのままの「自分を好きになる」「夢をかなえる」そのヒントが満載。

読んで笑って泣いて、使って生きる! 

 

一冊で二度楽しい 日本初エンタメ自己啓発!

 

「臆病なまま夢をつかめ!」

 

 

本屋さんがなくなっていく現状が哀しく

本屋さんにゴーゴー!

 

素敵なPVが出来ましたhttps://www.youtube.com/watch?v=GlPoYBmsut8

 

旺季志ずか公式ホームページ

 

#カフェでキラを読もう 遊びインスタグラムでやってるよん

 

{408E2DFA-0E0C-4892-BB7B-7E73BBD76BEC} 

撮影は友人らん

 

 


AD

コメント(2)