MMA黒帯挑戦試合だけど…無気力 | ボクシングと総合と時々タイ語inバンコク
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシングと総合と時々タイ語inバンコク

りくと10歳。言葉の通じないタイ人に囲まれ練習に励む日々。タイのジムに出稽古に来る日本人プロボクサーにたまに会えるのが彼にとって大きな喜び。このブログをきっかけに、たくさんの頑張るキッズと知り合い切磋琢磨できることが願い。

明日、りくとの総合格闘技の試合がある。

コロナの影響でいつものような大きな大会ではないが、今回も黒帯を賭けた試合。

黒帯挑戦は既に2年ほどしているが失敗ばかり。

果たして今回はどうだろうか…


毎日練習に付き合ってるポーりくとから見て、りくとは弱い。
精神面でもまだまだなので、黒帯の資格があるのかどうかも怪しいが。


ただ何事にも挑戦することは素晴らしいと思うので、精一杯頑張って欲しいとは思うが…

『絶対黒帯を取りたい!』というい気持ちが全く感じられないタラー




by ポーりくと



明日大事な試合だというのに、昨日もウルフジムにボクシング練習ヘ。


そこで、、、


〜奇跡の一枚〜



スリヤン先生と遊んでもらっている時に、右ストレートがヒット!

先生がワザと打たせてくれていることなんて露とも知らず、
「チャンプにまともに当たった」と、本人大喜び筋肉
(スリヤン先生、完全に役者です^^)


いつも以上にダラダラ練習だった昨日のジム練だが、
このスパーごっこから俄然やる気がでて、
その後の練習は稀に見る集中力で、一生懸命練習したのだった。。。


先生が身体を張らなくても、
子どもがヤル気全開モードになる方法は他にないのだろうか?

それともこれで良いのだろうか?