空手黒帯挑戦へ | ボクシングと空手と時々タイ語inバンコク

ボクシングと空手と時々タイ語inバンコク

りくと8歳とその家族の、タイはバンコクでの生活の日々。
ボクシングに熱中するりくと。ただ、海外在住がゆえに一緒に高め合う仲間が少ないことが悩み。
このブログをきっかけに、たくさんの頑張るキッズと知り合い、切磋琢磨できたらと願っています。

4歳から始めた空手(総合格闘技)。

習い初めてもう5年半が経つ。


皆の前に立って行う『号令』がなかなか上手に出来ないため、
長らく1級のままで黒帯挑戦が出来なかった。

特に、
恥ずかしがって声が小さくなったり、
帯下の子への配慮ができていなかったり。



その号令が上達するよう、
ポーメーりくとが子供役になり、
ここ最近、かなりの家練時間をこの号令に費やし特訓してきた。
(声が枯れた)





その甲斐あって、先日受けた号令試験になんとか合格。


5/26 バンコクのエカマイ『Gate Way』で行われる総合格闘技大会で優勝すると、
黒帯をいただけるところまでくることが出来た。


りくとの場合、投げ・寝技が弱いので打撃に頼るしかなく、苦戦必至だが。。。




本人は精一杯頑張るようだ ニヒヒ


by ポーりくと


先日バンコクのショッピングモールで、
日本の文化を紹介する『さくら祭』と言うイベントが開催され、
りくと、ミット打ちをさせていただいた。







道場では、このような大勢のお客さんを前にした大きなイベントを行っている。


今回も子供たちは、異国の地で日本の文化を伝えるという、貴重な体験を積むことが出来た。


イベントを頻繁に開催してくれる道場に感謝!
引率していただく先生方にも感謝!