楽しく5級をめざす囲碁教室 を開催しました にこ♡

 

この教室は荒川区囲碁同好会の級位者会員さんが楽しく5級をめざしつつ、

会員さん同士の交流を深めましょう、

囲碁を始めてみたいけどいきなり上手な人たちが対局しているところへ顔を出すのは心配だなあ…

という入会希望の方がとっかかりとしてお入りになる窓口にもなるといいな、

と考えてやっている囲碁教室です。

 

火曜日の午前中、荒川区内の公共施設の貸し室で開講しています。

ひと月に2~3回あります。

 

と言いますのは、貸し室が予約できなかったときにはお休みになっちゃうわけなので、

毎週ある月もあれば、半分しかない月もあります。

そんな感じでのんびりとやっている教室です。

 

現在受講してくださっている生徒さんのご棋力は、12級くらいから初段目前の方まで10名程です。

 

9月の一か月間、遅めの夏休みとさせてもらっていましたが、

10月に入りまして何事もなかったかのように再開いたしました にこ!

 

この日の教材をご紹介します。

 

教材の1ページ目です。

 

1ページ目はいつも頭の準備運動、と題して、

詰碁や手筋と布石の問題を 「 囲碁未来 」 ( 日本棋院発行の月刊誌 ) から出題しています。

 

「 囲碁未来 」 の問題は入門、初級、中級、上級と分類されています。

 

問題を考える時不思議なもので 「 入門 」 とか 「 15~10級向け 」 とか書いてあると、

ああ、これならすらりと解けるにちがいない、と脳みそが安心しまして、そして実際に結構解ける。

 

だけど同じ問題でも、もし 「 上級 」 「 5~1級向け 」 とラベルがついてると、

これはきっとむずかしいにちがいない、と脳みそが身構えてしまい、

そして例え第一感で正解が浮かんだとしても、いやいや、もっとひねりがあるはず、なんてうたぐって、

案外まちがえたり、長時間かかってしまったりするものです。

 

しかしながら実戦の盤面には誰も 「 〇級向けの死活 」 とか 「 〇段程度の手筋 」 とか

ラベルをつけてくれません。

難易度どころか、その局面が死活であるとか、急場であるとか、

もうヨセの段階であるとかも教えてもらえません。

 

囲碁初級者にとってはそれが難しいところです。

アタリを覚えたばかりの初心者同士が打っているのに、

なにやら高等な手筋な部分的局面ができあがってしまったりします。

 

初級者同士の碁では初級者向けの手筋と詰碁しか現れなければ、練習しやすいんですけどね。

( そのために最初は小さな碁盤で目を慣らす、というやり方もあります。 ある程度効果的です。 )

 

難しい問題だぞ、と書かれていると、脳が緊張してなかなか解けず、

易しい問題ですよ、と書かれていると、脳がリラックスしてすんなに解ける、

という 人間だものしょうがない、 な傾向を多くの方がお持ちだとすると、

難易度ラベルがついていない問題や実戦では、

「 これは易しい問題 ( 局面 )。 わたしならできる。 」 と楽観的に考える人の方が、

無駄に緊張せず楽しく取り組めるものと思われます。

 

なんてことを考えながら、

教室で詰碁や布石の問題を出す時には、

「 これは皆さんのお力なら解ける問題ですよ にこ! 」 と唆しております。

 

教材の2ページ目です。

ここから講義です。

今月のテーマは攻めの基本です。

 

 

教材の素材として参考にしているのは、この本↓です。 

局面図はこの本からいただいております。

 

 

このシリーズは大変よい本です。

ひと桁級の方にお薦めです。

 

教室前方でりくのらが滔々としゃべくりまくると、

りくのらだけがハイテンションに楽しくやってるだけになりそうなので、

考え方のポイントを生徒さんとやりとりしながらまとめていって、

教材に書き込んで完成させていくやり方を採用してみることにしました。

 

本当は、教材に沿って碁盤に石を並べながら、プリントに自分の言葉でメモをとる、

というのが講義を100%楽しむやり方ではないかと思っているのですが、

石を並べるのは気が進まない方もいるようなんです。

 

どうしてかな?

ホントにどうしてかな?

 

教材の3ページ目です。

攻めの基本、の1回目で、

自分の勢力圏に入ってきた相手の根拠を奪って攻めながら得をする考え方をやっています。

 

 

実戦じゃあこんなにうまくいかないよ… という、至極もっともな感想が出てきそうですが、

この通りに打ちましょう、というんじゃなくて、

こうやって考えて打ち方の作戦を立てると楽しいですよ、という

道案内として聞いてくれたらいいなと思っています。

 

10月は攻めの基本シリーズで進める予定です。

 

教材の4ページ目です。

生徒さん同士または同じ程度の棋力の方の実戦譜を並べながら、

良い手、疑問手を検討するコーナーです。

 

 

今回は ( 先月お休みで教室生の実戦譜がなかったので )

下北沢囲碁教室の金曜日教室から教材を拝借しました。

りっぱな変化図がついているのはそのためです。

変化図を作ってくださったのは長谷川喜弘先生です ( だから安心 にこ♪ )

 

教室生さんの紹介を少しいたします。

 

教室で一番の新入生さん。 現在の棋力は12級です。

東北のご出身で穏やかなお話しの仕方が皆さんを和ませています。

ポン抜きから覚えて、19路盤でなんとなく終局まで打てるようになりました。 

ヨセではまだまだ手があるのにダメ場を打っちゃって、お相手に教わったりしています。

石を取られてしまうのが悩みでしたが、

最近、依田紀基先生の子ども向けの囲碁入門書を読み始めたそうで、

目に見えて石に断点ができなくなりました え゛!!

それさえクリアできれば、ぐぐっと棋力が伸びていく資質は充分と思います。

 

初段目前、少数派の男性受講者さん。

この数カ月でぐいぐい上達されてます。 

次の大会ではぜひ初段認定を獲得してほしいところですが、

教室の日しか対局にいらっしゃれないので、実戦対局数が少ないのが悩みでしょうか。 

石が接触し合うとじっくりと考え ( だから手拍子は打たない。 )

じっくりと考えると大抵守りよりは攻める作戦を選ばれる傾向が強くある、とりくのらは思います にこ

そういう棋風の方は、勝つ時は大石を取って勝つが、負ける時も派手に負ける。

だけどいつでも守る方を選択する人よりも ( 負け方は派手でも ) 

上達する速度は確実に速い、とりくのらは思います。

 

 

こちらの紳士との教室指導碁。

壮絶な石のねじり合い ( 何度も投了しようかな、と思った。 正直なところ。 ) の末、

なんと持碁に え゛!!

 

計算して持碁にしてるんなら大したものだが、

たまたまそうなってるところがなんとも。

 

だけどこの隣の席の方とは1目差だったんですぞ え゛!!

たまたまだけどね…

 

 えんぴつ りくのら朝学習プリント えんぴつ 

 

今までのりくのら朝学習プリントをダウンロードできます。

No.1 ~ 80 はこちらのページからどうぞ リンク

 

No.81 ヒエログリフ リンク ( メジェド様 )

No.82 あなたが知っている… リンク ( おかんアートができたわけ )

No.83 略語の元は? リンク ( たまごかけごはん )

No.84 □を並べよう リンク ( テトリスと五目中手 )

No.85 ふたをしめる リンク ( マヨネーズのふたは二段式 )

No.86 本の綴じ方 リンク ( 教科書の向きが揃いません )

No.87 あみだくじを作ろう リンク ( ゴールも考えて )

No.88 ふえていくしりとり リンク ( 先生、それ前からあるやつ )

No.89 立方体の数 リンク ( りっぽくんを積もう )

No.90 世界のあいさつ リンク ( 世界に平謝り? )

 

No.91 粉と豆はすごい リンク (焼きたてスコーンが食べたい )

No.92 おとこ、おんな、そのた リンク ( いちばんえらいめんどりは )

No.93 先生を困らせよう リンク ( よい子への道 )

No.94 鳴らしてみたい楽器 リンク ( トロンボーンには短すぎ )

No.95 くりかえしの言葉 リンク ( 自分の脳みその好みを知ろう )

No.96 お買い得はどれ? リンク ( 白い玉が入っていたらアタリ )

No.97 アルファベットの略語 リンク ( ピンクレディーが流行ってた )

No.98 枝分かれ リンク ( 薬物乱用教室 )

No.99 種の入り方 リンク ( 箱から取り出せない本 )

 

No.100 中には何が入ってる? リンク ( シューベルトの鱒 )

No.101 何回折れた? リンク ( 本のページを折っちゃだめ? )

No.102 何に使う道具? リンク  ( の記事 )

No.103 コントロールボックス リンク ( アキハバ~ラ、オモシロ~イ )

NO.104 色を塗ろう リンク ( 教科書が読めない子どもたち? )

No.105 飾り文字に挑戦 リンク ( 褒めることの功罪 )

No.106 高さを想像しよう リンク ( ある日窓からスカイツリーが )

No.107 思い出せる? リンク ( 実は今もかなり時間が迫っているんです )

No.108 お風呂で洗う順番 リンク ( 銭湯の作法 )

No.109 もっと思い出せるかな? リンク ( ぼへ~だって )

No.110 名前をつけてね リンク ( 子ども言葉を記録しておこう! )

 

No.111 小さい順に リンク (スーパーボールの大きさは

No.112 10になる計算 リンク ( 一番にできる、すごいのができる )

No.113 名前をつけよう リンク ( モホロビチッチ不連続面、略してモホ面 )

No.114 みんなに公平に? リンク ( 美味しい朝のチョコレート

No.115 なにが買えるだろう? リンク ( 100ドルじゃないんだ )

No116 なんて言ってるの リンク ( おサルの頃からやってきた )

No.117 まちがいさがし リンク ( 都民の日のカッパバッジ )

No.118 距離感 リンク ( Google 先生をだましたんだって )

No.119 しぐさ リンク ( 天衣ちゃんみたいにツン )

No.120 重さの見当 リンク ( どちらのお弁当でしょうか… )

 

No.121 曜日 リンク ( てんとう虫の歌 )

 

No.1 ~ 80 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

.....................................

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 何卒よろしくお願い申し上げます。