下北沢囲碁教室ホームページの囲碁コラムを更新しました きゃぁ~!

タイトルは 「 お答えできない質問 」
 
う~ん。
囲碁教室の先生っていろいろご苦労をなさっているんですね… ふ
 
教室で生徒さんたちから活発に質問が出る教室は、
活気がありますし、生徒さん同士の親しみも深まります。
先生が用意してきた教材を淡々と解説するだけよりも、明らかにライブな雰囲気がありますよね。
 
下北沢囲碁教室は、
それからりくのらが月曜日に通っているよみうりカルチャー町屋の楽しい囲碁教室も、
生徒からの質問はかなり多いほうじゃないかと思います。
次々に質問が出るせいで、終わりの時間がどんどん遅くなっていく… 
先生がお昼を召し上がる時間がなくなっちゃうんじゃないの ドキドキ>< !?
と、心配になるくらいです。
 
( あんまり長くなりそうだと、ではそのご質問は別の講義で改めて取り上げます、と言われます。 )
 
時々、と言うかしばしば、
ご自分の棋力はまだまだ、と思っていらっしゃる方が
「 こんなことを聞いたら皆に悪いんじゃないかしら。 」
とおっしゃるのを聞きますけど、
そんなことはありません と断言できます。
 
ほとんどの場合、教室仲間が質問することって、
あっ、それわたしも知りたかったんだよね~ってことです。
同じ教室に通っているくらいの、つまり棋力が似通た人たちだったら、
わからないこと、あやふやだと思っていること、確かめたい事だって似ています。
 
もちろん中には、あ、それなら知ってるな! って質問も出るわけですが、
質問に先生が答えるのを聴いて、
 
うんうん、わたしが理解している通り きゃぁ~!
 
と思うのって気分のいいものですよ きゃぁ~♡
 
え~そんなの知ってるよう、時間の無駄~ とは思いませんね。
それに大抵ちょっとくらいはまちがえて覚えてるしね… ふ
いや、それはりくのらだけかもしれないけど、
わかっていることを改めて先生の言葉でおさらいするのは知識を脳みそに確定するには最適です。
 
というわけで、教室ではどんどん質問をしましょうねというお話、かと思うとそうではない。
生徒さんからのどんどん質問に、先生は苦労なさってますよという魂の叫びでした きゃぁ~!
 

 

●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇 

  長谷川喜弘の囲碁コラム

  お答えできない質問 

●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇 ・・・ ●〇

 

私はこちらの下北沢囲碁教室のほかに「よみうりカルチャー町屋センター」など、

いくつかの教室で囲碁を教えております。

さて今回は、某教室の帰りがけにとある生徒様からいただいた質問のお話しです。

 

最近ではめっきりと数を減ってしまった愛煙家。

その生徒様は私とは喫煙仲間で、教室の帰り道、

駅近くにある喫煙ブースで一服する私と顔を合わせることもしばしば。

で、よく質問を受けたりするのです。

 

その日受けた質問はと言うと・・・・

 

「先生、5目中手は死だけど、

2手空いていれば詰めてきたら相手の石をぶち抜けるんだから、

生きてますよね!?!?」(原文ママ)

 

「!!!はあぁぁ~????」

 

「いや、5目中手は死だけど・・・・#$%&*‘+|<」(以下繰り返し)

 

私は、一生懸命生徒様のお話を聞いております

 

生徒様のお言葉に頭の中で足りない言葉を足し、思い込み?勘違い?囲碁用語を訂正し、

想像し、推測し、その方の実力及び性格を考慮して、

その方に合わせた自分なりの答えを、その方に伝わりやすいと思える自身の言葉でお答えしております。

そのことに関しては、誰にも負けないと自負するものです。

 

しかし、ですね!

どんなに知識と想像力と推理力を振り絞っても、意味が判らないものには・・

 

お答えのしようがないのですよ!!!

 

 

 

その方にははっきりと?申し上げました。

 

「そのご質問にはこの場ではお答えいたしかねますので、

来週にその図を棋譜にお書きになってお持ちください!」

 

その方は「はい!そうします!」とのお答え!

 

 

次回が楽しみ・・・ではない、できれば忘れていて欲しい。

 

何故かと申し上げますと、間違った図を持ってこられるのが最も恐ろしいからなのですよ!!

その対局の相手の方がご覧になれば当然、

「いや違う、そんな形じゃなかった!」となってしまいます。

ここはこうなってた、いや、ここには石はなかった、と事態がさらに紛糾するのは自明。。。

 

 

でも、一体「5目中手」と何を錯覚されていらっしゃるのか?

「オシツブシ」いや、「隅の曲がり四目」か???

 

皆さま、囲碁用語って大切なんですよ。

 

 

 

 

りくのらの編集者追記を添えることにいたしました。

 

 

コラムの文中に登場する 「 五目ナカデ 」 というのは、石の生き死にに関する囲碁用語です。

上の写真のように ( 写真では白が ) 五目の陣地を囲んでいるところへ

( 写真では ) 黒が一手置くと、白石は陣地を二部屋に分けることができなくなって

この白石全体が死んでしまうという恐ろしい現象です。

 

コラムの質問をなさった生徒さんは、

この恐ろしい一撃必殺五目ナカデの手を喰らったとしても、

「 ナカデの黒石の周りの空間? あるいは 囲んでいる白石の周りの空間? が

ふたつ空いていれば、この白石はまだ死んでいないのではないか? 」

と、文字通りに解釈するとそういうご質問をなさっているのです。

 

現実を歪みのないマナコで見たとしますと、

空間が空いていようが詰まっていようが、

封鎖されていて外でもうひとつの眼をこしらえることができなければ、

五目ナカデは 「 死に 」 の形です。

 

「 五目ナカデ 」 という囲碁用語を何か別の用語と勘違いなさっている可能性が大きいのですが、

とにかくその形を碁盤で並べて見せていただかないことには、

例え解答者が名人本因坊であっても、答えることは不可能なわけなのです。

 

 

 

長谷川喜弘の下北沢囲碁教室 ホームページ リンク

 

 

 

 

.....................................

 荒川区囲碁同好会 今月の活動カレンダー リンク

.....................................

 

 

....... えんぴつ りくのら朝学習プリント えんぴつ .......

 

今までのりくのら朝学習プリントをダウンロードできます。

 

No.1 ~ 49 はこちらのページからどうぞ リンク

 

No.50 息の音をきいてみよう リンク ( 通勤電車で行楽気分 )

No.51 四色問題 リンク ( 今年もいのししはウロウロしてるのか? )

No.52 すごい悪口! ( 諸君脱帽せよ )

No.53 飲み物を作るよ リンク ( ドリンクバー問題 )

No.54 かっこいい字をかこう リンク ( ちびっ子の姪っ子 )

No.55 円筒形とチューブ形 リンク ( 蕗のストロー )

No.56 道具の名前 リンク ( 文房具図鑑 )

No.57 ライン模様 リンク ( 苦手があってもいい )

No.58 時間と時計 リンク ( 針のある時計が好き )

No.59 着替えの組合せ リンク ( 荒川区バス停問題 )

No.60 いくつあるといいの? リンク  ( タコスの衝撃 )

 

No.61 記号を考えよう リンク ( H ってヘリコプター? )

No.62 夢を思い出す リンク ( 鉄錆色がかった血の色だってさ )

No.63 いくらぐらい? リンク ( まちがえたって大丈夫だよ! )

No.64 はんこの文字 リンク ( 鏡文字でもほめてくれた先生 )

No.65 なにで包みますか? リンク ( ぼえむはいいからさあ )

No.66 あたまにつく言葉 リンク ( 週末の朝寝の快適さ )

No.67 ひも通し リンク ( 紙製碁石の残りの紙 )

No.68 はかる道具 リンク ( はかれないものも考えよう )

No.69 筆記体に挑戦 リンク ( 実はあんまり使われてない? )

No.70 間取りを書こう リンク ( 不動産広告っておもしろいですね )

 

No.71 行きたい所 リンク ( あなた降る夢の奥さんが素敵 )

No.72 数の並び リンク ( 一を知って十を知る )

No.73 恐ろしい妖怪 リンク (宇宙最強にしてやることはそれ? )

No.74 好きなものはなに? リンク ( 学校の怪談 )

No.75 学名を覚えるぞ! リンク ( サイは投げられた )

No.76 どんなものを入れる? リンク ( 本棚の上の桐箱の中には

No.77 気持ちを想像する リンク ( 黙って見ていてあげる能力 )

No.78 星座の記号 リンク ( 日本人は占いが好き? )

No.79 早口言葉リンク ( 彼女が海岸で掘ったのは )

No.80 今までで一番 リンク ( 忘れられないもぎたてライチ )

 

No.81 ヒエログリフ リンク ( メジェド様 )

No.82 あなたが知っている… リンク ( おかんアートができたわけ )

No.83 略語の元は? リンク ( たまごかけごはん )

No.84 □を並べよう リンク ( テトリスと五目中手 )

No.85 ふたをしめる リンク ( マヨネーズのふたは二段式 )

No.86 本の綴じ方 リンク ( 教科書の向きが揃いません )

No.87 あみだくじを作ろう リンク ( ゴールも考えて )

No.88 ふえていくしりとり リンク ( 先生、それ前からあるやつ )

No.89 立方体の数 リンク ( りっぽくんを積もう )

No.90 世界のあいさつ リンク ( 世界に平謝り? )

 

No.91 粉と豆はすごい リンク (焼きたてスコーンが食べたい )

No.92 おとこ、おんな、そのた リンク ( いちばんえらいめんどりは )

No.93 先生を困らせよう リンク ( よい子への道 )

No.94 鳴らしてみたい楽器 リンク ( トロンボーンには短すぎ )

No.95 くりかえしの言葉 リンク ( 自分の脳みその好みを知ろう )

No.96 お買い得はどれ? リンク ( 白い玉が入っていたらアタリ )

No.97 アルファベットの略語 リンク ( ピンクレディーが流行ってた )

No.98 枝分かれ リンク ( 薬物乱用教室 )

No.99 種の入り方 リンク ( 箱から取り出せない本 )

 

No.100 中には何が入ってる? リンク ( シューベルトの鱒 )

No.101 何回折れた? リンク ( 本のページを折っちゃだめ? )

No.102 何に使う道具? リンク  ( の記事 )

No.103 コントロールボックス リンク ( アキハバ~ラ、オモシロ~イ )

NO.104 色を塗ろう リンク ( 教科書が読めない子どもたち? )

No.105 飾り文字に挑戦 リンク ( 褒めることの功罪 )

No.106 高さを想像しよう リンク ( ある日窓からスカイツリーが )

 

 

No.1 ~ 49 はこちらのページからどうぞ リンク

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村  ← これクリックしていただけると、他のサイトの囲碁好きな方にも知ってもらえるみたいです。

 


囲碁ランキング ← こっちもです。 何卒よろしくお願い申し上げます。