ホテル花月園

テーマ:

毎週金曜日の午後、アルバイトの後に通っている日本棋院の囲碁学校

水間俊文七段のすいすい上達コース主催の囲碁旅行の記事の続きです きゃぁ~♡

 

りくのらは日本棋院の棋士手合の準備と後片付けのお手伝いのアルバイトをしているのですが、

この雇用契約の中に、囲碁教室にひとつ月謝免除で出られるという項目が入っているんです。

どのクラスでも選べたので、雇ってもらった当初は前田良二七段の教室に入れてもらっていました。

1年ばかり前田教室で教わった後、今の水間俊文先生の教室に移籍しました。

 

いろいろな先生の、いろいろな対象棋力の教室を体験したいと思ったからです。

すいすい上達コースの講義は、

ひと桁級程度から初、二段程度の棋力の方を主な対象にしていると思います。

用語や考え方の説明が丁寧でわかりやすいです きゃぁ~!

 

教室の時間の後、放課後の希望者制のリーグ戦があったり、

時々、居酒屋さんで懇親会があったり、

今回のような旅行会があったりして、教室の生徒さん同士の仲が良くて、

とても雰囲気の良い囲碁教室です きゃぁ~♡

 

すいすい旅行会は今年で3回目の実施だそうです。

 

今年の行き先は箱根のホテル花月園でした。

 

ホテル花月園は囲碁や将棋のタイトル戦の会場になることが多いです。

挑戦手合の開催に慣れているためだと思いますが、

七番勝負や五番勝負の後の方の予定に組み込まれることが多いような気がします。

後の方、例えば七番勝負の5局目以降は、

勝敗の行方によっては開催が無い場合がありますからね。

 

ホテルの二階、大階段を上がったところに、

今までこのホテルで行われた囲碁将棋の大きな対局を記念する品々の展示コーナーがありました。

 

 

でっかい王将の駒がありました。

 

 

北海道の熊の木彫りと似たかほりを感じます。

お年寄りのお家の玄関に飾ってある感じ… 

 

お名前が崩し字過ぎて読めません。

もしかして羽生さん?

 

 

あ、このヒトは知ってます。

人間将棋でふるさと納税がどうしたとかトバシてた人だ きゃぁ~♡

あの香車の人、おもしろかったなあ。

 

 

将棋のタイトル戦で出されるお食事のメニューです。

本物の将棋飯だな にこ!

 

 

このヒトも知ってますよ にこ!

学校をお休みしちゃう人だよね。

 

 

このヒトも知ってる。

将棋の渡辺くんですね。

 

 

どうです、りくのらも結構将棋の棋士を存じ上げているでしょう にこハート

 

囲碁のタイトル戦の記念品も飾られていました。

加藤正夫先生と大竹英雄先生です。

お若いなあ…

 

 

夕食会場はこういう部屋でした。

 

 

晩ごはんです。

どれも美味しかったです。

 

 

このように対局エネルギーをチャージするためのガソリン類がたくさん用意されていました。

 

 

人々がエネルギーをチャージした後の空き瓶。

 

 

りくのらもしっかりとガソリンを充填しました。

 

ところで、すいすい上達コースの生徒さんは ( 多くの囲碁教室と同じで ) 

ご高齢の生徒さんも大勢いらっしゃいます。

ヒトって自分の年齢と歳が離れてくると、相手がいくつくらいなのか見当がつきにくくなるものですよね。

今回、旅行にご一緒してだいぶん打ち解けてくださった老紳士達が遠慮がちに尋ねてこられたには、

 

「 りくのらさんは高校は卒業してるの? 」

 

って、いくらなんでもそれは…

聞かれたこっちが驚いた。

 

りくのらさんには高校生の息子と娘がおりますです ふ

 

って申し上げたら、結構びっくりされましたです にこ汗

 

さて、箱根でりくのらが達成した偉業のお話しを次の記事に書きますよ きゃぁ~!

 

 

 


囲碁ランキング