フェルトの布にミシン刺繍で罫線を入れたフェルト製碁盤。

 

軽いし、丸めたり折りたたんだりして持ち運べるし、

石を打つ音は静かだし、

手触りも良く、

そして使っているうちに碁石がつやつやしてくることが判明して

ますます商品の魅力が高まりましたが…

 

いくら碁盤が軽くても、

碁石が重量級じゃあ持ち歩きのトータル重量はやっぱりずっしり 困った

 

とぼやいておりましたら、

E-刺繍工房のくろやぎさんが

フェルト製の碁石まで開発してくれました え゛!!

 

お、おお~う 泣!!

 

これはちょっといいんじゃね。

ちょっとじゃなくていいんじゃね。

 

と思わず興奮の余り、言葉遣いが若者になってしまったりくのらですが…

 

E-刺繍工房さんのブログには製作の様子が刻々と書かれています。

これがまた、ミシン刺繍というものを知らない門外漢が拝見しますと、

 

おお~う、こんなんやって作るんだ え゛!!

 

と驚きです。

 

写真を何枚かお借りしてきてご紹介いたします。

 

ミシンと言っても普通に使う卓上ミシンじゃない!

( りくのら家のは足踏み式だが… )

こんなマッシーンですよ。

工業機械ですよ。

 

 

手前のマッシーンはピンク色の薔薇刺繍碁石を縫っています。

奥のマッシーンはフェルト製碁盤を縫っています。

音がすごいらしいです。

 

ほら、これが縫いあがった段階です。

 

 

ずいぶんたくさん作っているなあ。

 

これが一番びっくりした工程です。

 

 

薔薇刺繍碁石は水溶性のシートに刺繍して作り、

後から水洗いしてシートを溶かし、薔薇刺繍の部分が残るんだって え゛!!

 

そんでこうやって干すんだって え゛!!!

 

 

な、なんだか、海産物の収獲場に見えなくもない。

プラスチックのカゴがトロ箱に見えなくもない。

 

ずいぶんたくさん作ってるなあ。

 

フェルト製の碁石はこうやって丸く打ちぬく工程が必要です。

こ、これは手間がかかりそうだ… え゛!!

 

 

こんなわあわあ騒いでるだけの説明じゃなくって

正しいマッシーンの説明や、工程の詳細をちゃんとお知りになりたい方は

E-刺繍工房さんのブログ リンク をご覧ください。

同じカテゴリでいっぱい記事があります。

 

そしてヤフーオークションに

フェルト製の19路盤と、星刺繍が入ったフェルト製碁石のセットを出品なさったそうです。

 

初期設定価格は1,000円だそうです。

 

ええと、碁石がつかない碁盤だけで定価3,500円ですので、

それにこの手間のかかるフェルト製碁石がついてくると考えますと適正価格はどれくらいなんだろう きゃぁ~!?

 

星刺繍フェルト製碁石の総重量は ケースに収めて211gだそうです。

 

ヤフーオークションの当該ページはこちら リンク です。

 

 

 

 

 

■□■□■□荒川区囲碁同好会 本日の対局場■□■□■□

 

見学随時 直接会場へおいでください。
各会場へのアクセスはホームページをご覧ください。