フェルト製碁盤が届きました!

テーマ:

 

フェルト製の碁盤セットが届きました きゃぁ~♡♡ハート

 

ミシン刺繍の教室を催されていて、ミシン刺繍を使った将棋盤、碁盤、ワッペン、いろいろを製作されている

E-刺繍工房さん リンク からのお届け物です。

E-刺繍工房さんのブログ リンク

 

フェルト製の碁盤の打ち心地をモニターさせてくださるんですって え゛!♡

 

19路盤、13路盤、9路盤の3枚セットです。

将棋盤より豪華じゃ~ん きゃぁ~♡♡ ( 将棋盤には駒台がつけられるそうですけど )

 

 

黒帯はベルクロ ( マジックテープ ) 付の帯で、

フェルト製碁盤を筒状に巻いて持ち運ぶ時に使います。

 

そしてかまたちゃんマークの刺繍が入った軍手とワッペンも きゃぁ~♡♡

 

かまたちゃん軍手、ラヴリ~ ♡♡♡

 

 

これから寒くなるし、毎日使おう にこ♡

 

自分ではめて写真を撮ろうとしたらうまくいかなかったので、

りくのら夫にはめてみてもらいました ( あげないよ! )

 

 

かまたちゃん軍手で押さえ込まれて陶然とするかまたちゃん。

 

早速、りくのら夫と9路盤で対局してみました。

 

 

どちらがどちらかは双方の名誉のために明記しないことにします。

 

19路盤で棋譜並べをしてみました。

山下敬吾本因坊に井山裕太天元が挑戦した第67期本因坊戦挑戦手合第7局。

黒番 山下敬吾さん 白番 井山裕太さん。

 

 

終局図です。

白の七目半勝ちです。

 

フェルト製碁盤の良いところがまずひとつ発見されましたぞ え゛!!

棋譜並べの写真を撮る時に、天井灯で碁盤の表面が光らないじゃありませんか。

 

フェルト製碁盤の下には滑り止めの柔らかいアミアミのゴムみたいなシートが敷いてあります。

フェルトを直にテーブルに置くときっと滑ると思います。

 

柔らかいフェルトなので、石を打着する音はいっさいしません。

芝野虎丸さん、はたまた志田達哉さんが打っているかのように静かです。

例え依田紀基さんがお打ちになっても静かでしょう。

 

碁石の座りはよく、置いた石がずれることはありません。

手先が不確かで石がずれやすいことにお困りの高齢者の愛棋家にお薦めしたいです。

 

さて、棋譜ですが、これは大変な対局ですよ。

振り代わりに継ぐ振り代わり。

こんなの今まで見たことない。

 

右上隅で三々入りの定石ができあがりました。

 

 

黄色く○で囲んだこのツギを打たないと、隅の白は生きてません。

ついでこなかった時の殺し方はばっちり覚えたよ きゃぁ~!

 

左よりの上辺です。白が両アタリを打ちました 泣汗

水色の線で囲んだ黒石が2か所、同時アタリになっております。

 

 

黒はアタリにされたどちらも継がず、平然と隅の三々に入りました。

えっ、いいの え゛!!?

 

 

石を2つポンと抜いた形は 「 亀の甲 」 と呼ばれます。

「 亀の甲60目 」 とも言われる好形です。

しかも価値の高い碁盤の中央に向いてできているけど… いいんですかね え゛!!?

 

一段落したところです。

それぞれ白地っぽく見えるところと、黒地っぽく見えるところがありますね。

 

 

これが終局時にはすっかり様変わりしちゃうんですよ え゛!!!

 

ぎゃ~~~っ !!

左上隅でコウができて、コウ立てで右上隅の黒がぶった切られちゃった え゛!!

 

 

コウが2か所でできて、左上隅の黒は取られて、

右上隅の白は取られて、

左下隅にポン抜きができて ( 白が先着してたのに )

右辺で梅鉢 ( ポン抜きの後に継いだ形 ) できました。

 

 

整地してみたところです。

確かに7目半だ。

 

 

フェルト製碁盤で棋譜並べすると、毎回、打着のたびに碁石が磨ける え゛!!!

碁石つやつや きゃぁ~♡ハート

 

「 それってフェルトの方は汚れていくってことじゃないの? 」

 

とりくのら夫が指摘してきました。

 

 

大丈夫、フェルト製碁盤は洗えるそうです。

 

棋譜並べは現在 125/1000局です。

 

 

■□■□■□荒川区囲碁同好会 本日の対局場■□■□■□
見学随時 直接会場へおいでください。

各会場へのアクセスはホームページをご覧ください。

AD

コメント(4)