【大河ドラマ】鎌倉殿の13人。 | 幸せは私の中に そしてあなたの中に。Ⅱ

幸せは私の中に そしてあなたの中に。Ⅱ

「人は人に生かされ、人は人の為に生きる」
前半の人生は最高なれど後半は数々の病魔に侵され闘いもがく男の壮絶な闘病記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

NHKの大河ドラマで「西郷どん」以降、僕には興味を持てる

 

 

 

 

 

 

 

 

のが無く、敢えて少しは楽しめたのは昨年の渋沢栄一の最後

 

 

 

 

 

 

 

 

の一部分でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、僕は戦国時代からの日本史は好きだがそれ以前の日本

 

 

 

 

 

 

 

 

史には余り興味が無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今回の「鎌倉殿の13人」も脚本家が大好きだった

 

 

 

 

 

 

 

 

「真田丸」と同じ方なのは知ってて、その部分だけ気にはな

 

 

 

 

 

 

 

 

っていたし鎌倉時代の事を知らない訳じゃ無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

脚本家の三谷幸喜さんは、必ず大河ドラマなのに笑いの要素

 

 

 

 

 

 

 

 

を必ず入れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

それが彼の書く脚本の面白さでもあり、笑いの要素を入れた

 

 

 

 

 

 

 

 

からといって史実を全く蔑ろにしている訳では無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

本心は、今の「鎌倉殿の13人」は週に1度のお楽しみにな

 

 

 

 

 

 

 

 

ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも史実とは違う部分が多々あるが、それは一応、大河ドラ

 

 

 

 

 

 

 

 

マとはいえドラマには変わりが無いからだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

「真田丸」は僕の御先祖さんも真田信繁氏の娘の5女の「織

 

 

 

 

 

 

 

 

田姫」家来として、少し関係あったので観てたが、やはり脚

 

 

 

 

 

 

 

 

本家が三谷幸喜氏なので、毎回、必ず、どこかの場面に笑い

 

 

 

 

 

 

 

 

の要素を入れてあり、それが更にドラマを楽しくさせるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「真田丸」は最初に午後6時からBSで観て、それから普通に

 

 

 

 

 

 

 

 

地デジで午後8時からと必ず2回観てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

1度しか観れなかったのは、心肺停止になりICUに入ってた

 

 

 

 

 

 

 

 

時、丁度、その日は東京都知事選挙があり、その選挙番組の

 

 

 

 

 

 

 

 

せいで地デジでの放送時間が1時間繰り上げられてて知らず

 

 

 

 

 

 

 

 

見逃した。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもBSでは観た。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の「鎌倉殿の13人」は地デジで1回しか観てないが今

 

 

 

 

 

 

 

 

の所は面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度鎌倉時代を勉強しようかな?という気持ちにはなっ

 

 

 

 

 

 

 

 

ているが、何故か余り興味が無い筈の鎌倉時代の事は以外と

 

 

 

 

 

 

 

 

知っている自分に驚いている。

 

 

 

 

 

 

 

今日のも面白かったなぁ・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日曜日が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」メインテーマ