自分に課している事。 | 幸せは私の中に そしてあなたの中に。Ⅱ

幸せは私の中に そしてあなたの中に。Ⅱ

「人は人に生かされ、人は人の為に生きる」
前半の人生は最高なれど後半は数々の病魔に侵され闘いもがく男の壮絶な闘病記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は自分に課している事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

その為なら何でもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、2つあり、1つは連れと娘を後戻りさせない事。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして娘の腕や脚に以前は沢山あったけど今は全くない自傷に

 

 

 

 

 

 

 

 

よる内出血の痕。

 

 

 

 

 

 

 

 

それを永遠に、せめて僕が生きている間は二度と作らせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最近、見えづらくなってから自傷が再び始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

残念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、こめかみや目に対する自傷行為は連れが頑張っている

 

 

 

 

 

 

 

 

連れと娘が家で暮らし家で寝て家でご飯を食卓で食べるという

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の家族には当たり前の事が僕が此所に来て1~2年近くは

 

 

 

 

 

 

 

 

出来なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

連れと娘は、それ以前の3年前から車中泊生活。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして4年目にキャンピングカーになり、脚を延ばして寝れて

 

 

 

 

 

 

 

 

寝返りも出来る様になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自分でキャンピングカーのトイレに行けるようになり手を

 

 

 

 

 

 

 

 

洗い音楽を聴いて過ごしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンピングカーは一応、冷暖房もあるし窓には網戸もあった

 

 

 

 

 

 

 

 

し、何よりも中はバリアフリーだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして昨年の暮れにマンションから一軒家に引っ越し最初は

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンピングカーで寝る日と家で寝る日が一日起きでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か今年の元日から今日までの8カ月と30日は家で完璧

 

 

 

 

 

 

 

 

に暮らせる様になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

その間、馬鹿な僕のせいでバリアフリーの家から、今の家は昭

 

 

 

 

 

 

 

 

和の家なのでリフォームをしないとバリアフリーにならないけ

 

 

 

 

 

 

 

 

ど娘は後戻りは絶対にしないという何の根拠も無い自信が僕

 

 

 

 

 

 

 

 

にはありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、後戻りしない策は施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕に考えうる全ての事をしリフォームの申請も市にしました

 

 

 

 

 

 

 

 

工事はまだですが、年内には出来ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、僕がしたかった事が、もう一つあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

連れの今までの苦労を癒してあげたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

観たいTVを観させ、連れが好きな事をさせてあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分も残りの人生を家族と共に楽しく皆が幸せに成れる様に

 

 

 

 

 

 

 

 

して行く事が僕の最も大事な生きる仕事だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな幸せなどは望んでいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな家族の小さな幸せで良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

娘に1日でも長く光を、そして例え見えなくなっても生きて

 

 

 

 

 

 

 

 

行ける術を身に着けさせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも何でも良いから楽しい事をさせてあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

トランポリンも、その一つだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

目が見えなくなり今はしなくなりましたけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

娘が次に好きなのが滑り台らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

弟は昔、ログハウスを作ってた。木でブランコも作ったしお寺

 

 

 

 

 

 

 

 

も建てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

その弟に頼んで小さな滑り台とウッドデッキを作って貰おう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は運搬方法だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

レンタカーで2tトラックを借りて運ぶしか無いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽勝だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの問題は弟への手間賃と材料費がどれだけ掛かるか

 

 

 

 

 

 

 

 

だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

幾ら、弟でも無償で2つも作って貰う訳にはいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう互いに子供じゃ無いし守るべき人もるからな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松山千春 小さな幸せ