「AUKUS」締結に日本政府は動くべき。 | 先人が築いた「瑞穂の国」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の日本を取り巻く安全保障状況を考えた時、

 

日本国政府は自衛隊を国内領土・領海・領空の

 

みでしか殆ど活動出来ず、安倍政権下で自衛隊

 

の活動範囲は広がったとはいえ、今の憲法では

 

本国の国民、国土、領海、領空を守り切れる

 

うか?

 

現在、衆議院選挙の最中であり与党の自由民主

 

党は国防費をGDP比2%以上にし憲法も改正す

 

ると公約集に載せているけど、連立を組み媚中

 

派の公明党は反対している。

 

公明党の裏の顔は中国のジェノサイド非難決議

 

を潰し、自由主義国の中で唯一議決していない

 

国になった。

 

その裏では媚中派公明党と媚中派の二階元幹

 

事長が暗躍していた。

 

あの野党でさえ賛成してたのにだ。

 

それでも自由民主党は公明との創価学会票が欲

 

しくて連立を継続しているが、岸田総理には自公

 

で過半数とか情けない事は言わず単独で過半数

 

と言って欲しかった。

 

選挙後の勢力図がどう変わっているか判らない

 

が、もし自民党が単独で過半数を取れてたら

 

公連立は解散し、法案毎に他の野党と

 

共に是々非々でやって欲しい。

 

元の強い自由民主党に戻って欲しいし保守の自

 

由民主党に戻って欲しい。

 

そして自由民主党は高市早苗政調会長が中心と

 

して取り纏めた公約を確実に実行し、出来ないな

 

岸田総理は退陣し高市早苗氏に政権を移譲

 

するべきだ。

 

国防費をGDP比2%以上にし現役の自衛官の

 

給料や待遇を民間企業よりも魅力ある職場とし、

 

更にAUKUSにも参加し「JAUKUS」になるべき

 

だ。その上で日本は攻撃型原子力潜水艦とミサ

 

イル攻撃型原子力潜水艦を購入し、空母を艦載

 

機毎買っても、たかが2~4兆円である。

 

軽空母等で誤魔化さず「独立自尊」を目指し

 

主権国家として正規空母を2隻導入し、ステルス

 

戦略爆撃機を10機位は購入し、掩蔽豪を作り武

 

器弾薬を各地の基地に配備し、中共のいう第一

 

列島線に沿ってミサイル防衛網を構築し尖閣諸

 

島はアメリカ陸軍と海兵隊と共同で基地化しレー

 

ダーや敵基地無力化の為のサイバー・電磁波攻

 

撃が可能な様にし、最終の仕上げとして核を配備

 

しアメリカの大統領が引き金を持つ抑止力は何

 

の抑止力にはならないという事に好い加減気付く

 

べきである。

 

仮に日本の為にアメリカが核を使えば自国領土

 

への反撃がある。

 

自国民を危険に晒してまで日本を助ける筈が無

 

い。通常兵器での戦闘なら少しは後方で手を貸

 

すかもしれないが、日本国総理大臣が引き金を

 

持つ核ミサイルが無いと真の抑止力にはならな

 

いのだ。

 

当然、「AUKUS」に入る事が出来て「JAUKUS」

 

になれば軍事同盟だから助けてはくれるだろう。

 

しかし、それは日本人が血を流さない限りは無い

 

と思う。

 

でも今の日本の領土・領空・領海・資源・国民の

 

生命財産を守るには鉄壁兵器を持ち、国防軍とし

 

て人材を増やし「AUKUS」と組み、更にロシア対

 

策としてNATOとも軍事同盟を組んでおかないと

 

抑止力にもならないし、実際の戦争になっても勝

 

てない。日本本土は中国の1つの省になり、北海

 

道はロシアの州になるだろう。

 

日本人は伝統ある皇室も文化も言語も全て奪わ

 

れアメリカ軍は去り、日本を中国人民解放軍の最

 

前線基地として次は第2列島線を狙うだろう。

 

その時、日本人は人民解放軍の軍人としてアメリ

 

カと再び戦わないといけなくなるが、また核の悲

 

劇が日本中に起きるだろう。

 

そうならない為にも日本は直ぐにでもGDP比2%

 

等とは言わず必要なだけ国防費を使い「専守防

 

衛」では無く「先手防衛」で同盟国や同志国と共

 

に自由世界の盟主として戦って欲しい。

 

因みに現在の軍事同盟国はアメリカだけだが、英

 

国や豪州とも「JAUKUS」で軍事同盟を結び、そ

 

れに軍事同盟には無いクワッドとクワッドプラスで

 

中共と北朝鮮に対抗しなければなりません。

 

北京オリンピックが迫っている中、のんびりしてい

 

る余裕はありません。

 

急がないと僕が書いた様な最悪のシナリオになり

 

ます。

 

アメリカの退役した原子力正規空母でも原子力潜

 

水艦を乗組員をリースしても揃え、即、核開発を

 

始めるかアメリカから買うかして配備を進めない

 

といけない。

 

日本男子には有事の際には自分も戦うと言う

 

が自衛隊以外に1千万人いると言います。

 

これが日本人の魂、武士の魂なのです。

 

絶対に中共人を一歩も国内に入れてはなりませ

 

ん。僕も銃を持ち戦います。

 

必ず一人以上は殺ります。

 

僕は日本人だから日本人を必ず守る・・・・・・・・。

 

昭和56年に、そう誓ったのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「海の声」 浦島太郎(桐谷健太)