躾と虐待の境界線…

テーマ:
初めて見てくれた方へ→自己紹介です照れ
         →自己紹介(四コマ編)

発達障害当事者団体→ハピネススマイル口笛


ふと…思う時がある…


僕は…


虐待じゃなくて…


しつけなんじゃないかって…


境界線は正直、僕には分からない…


でも…


友達の子どもが産まれた時から…


頻繁に面倒を見てきた、3歳になった子がいる…


確かに…


そのお母さんを見てると…


時々…叩く…


僕は…


ずっと違和感を感じていた…


何なのか分からなかった…


でも…


最近…


そのお母さんと、お父さんと3人で虐待について話をする機会がありました…


その時に…


僕は確信をした…


僕がされてきたことは…


しつけじゃない…


虐待なんだって…


本当は分かっていたのだと思う…


ブログにも「虐待」とは書くけど…


正直…


あまり虐待とは思っていなかった…


いや…


思いたくなかった…


っていうのが本心かもしれない…


それが…


確信へと変わった…


虐待は…


しつけ、または…八つ当たり…


明らかに…


叩き方の次元が違う…


僕は…


虐待をされてきた…


っていう…


事実を…


受け入れる必要がある…


と思った…。


そうじゃないと…


虐待を受けている子ども達を…


助けられない…


と感じた…


だから…


時間はかかるかもしれないけど…


僕は…


受け入れていく…


そう決めた…