無敵に☆Happy Life☆



  • 22Sep
    • ポジティブを目指さなくていい。

      心地良くいることや、エネルギーを良い状態にする、等々言い方は様々ですが、それらを意識することがなんだか大変なこと、困難なことのように感じているのであれば、解釈の仕方が間違っているのかもしれません。例えば、*いつもポジティブでいること*テンション高くいることという意味に捉えていたりすると大変なことに感じやすいと思います。いつも明るく前向きに。これが刷り込まれているからこれが当然だと思っているから、そう捉えてしまう。でも、心地良いってそういうこととは違います。最近、こうしたいって感じたある事をしてみたのですが…(私にとってちょっとハードル高いような感じのすること。否定しつつもなんかできてしまったのです。笑。)その後に、ふわ~~っとした感覚がやってきて、求めていたのはこの感覚だ、と思い出しました。もうずーっと前に、感じたことのないふわ~~っとした感覚に包まれたことがありました。これは何だろう?当時はわからなくて、知り合いに聞いてみたり、どうやったらその感じになるのかさぐってみましたが答えは得られずそのまますっかり忘れていました。そのときに感じたものを久しぶりに思い出しました。今ならわかるのですが、これ、本当の自分とつながっているときの感覚です。普段のホッとする、心地良いな~って感覚がもっともっと強くなったバージョンみたいな感じです。また自然とそこへ戻りたくなる、そんな場所。ポジティブテンション高いとかそういうことではないです。そういうのが好き、とか、そうなりたいときにはそうしていることが心地良いこと、になりますが、そうではなく、ポジティブでいないと!テンション高く、明るくいないと!というような考えからそうなろうとしているとき、全然心地良くないと思います。感じていることを見るのを忘れると、本当は心地良くないことをしていても、気づくことができません。いつでも、今、何を感じているか?今、どんな思いがあるのか?自分に聞いていきましょう。そして、できることをやる。今日、新たな心地良さ見つけられるかもしれません。最近、空の写真撮るのが楽しい空っていつでも見られるアートお知らせ香りで幸せな気持ちにヒーリングアロマスプレーをお作りしています。自分軸を築く、ありのままでいたい、執着心を手放す…アロマのパワーを味方につけたい方ぜひ、ご覧ください  こちらクリック、ありがとうございます

      76
      テーマ:
  • 21Sep
    • 心の声を大切にできなくても責めない。

      心に湧き出てきたこれいいな、こうしたい。といった感覚は大切で、その声に従うことができると良いですが、なかなかできないこともあるかと思います。これまで、そういった自分の感覚をあまり気にかけることをしていなくて、まわりに合わせるまわりに良い評価を受けるといった基準で動いてきたのならなおさらです。不安やおそれに惑わされないことも大切ですが関連記事やりたいことに気づいても行動に移せないときには。できないとき。そのことで自分を責めることはありません。まず、これいいな、こうしたい、といったものを見つけられたこと、本音を見つけられたこと、今までは気づかずにいたのにそのことに気づけたのであれば、それは進歩ですそのことを喜んでください。褒めてください。気づいてもすぐに「できない」のは、これまでそれほどに本音を大切にしないでOKの感覚を無視してOKの苦しい生き方に馴染んでいたからです。なので、できなくて当然です。聞いたことない言語なら最初は意味がわからなくて話せなくて当然ですよね。それと一緒です。後悔したり、責めることではありません。それに、そのときに見つけたこれいいな、こうしたい。それがこれからに関わる大切で必要なことであれば、1度ではなくて、何度も何度も何度も…その思いはやってくるので、心配はいりません。それよりも、まずはできる範囲でやる。この洋服着たい。この言葉を伝えたい。これをプレゼントしたい。仕事帰りにここへ寄りたい。等々毎日いろんな思いは湧いてきます。その中から、できることをやる。これをやっていくと、免疫がついてきて、どんどんできることが増えていきます。日々の生活の中で今、どうしたいか?何を感じている?自分の感覚を捉えることをコツコツとやっていると、小さな階段を上るような状態になっているんです。そのうちに以前は、そんなことできない!と躊躇していたようなことができるようになっていたりします。最初は人の目が気になってできなかったことがあったとしても、だんだんそれを乗り越える力がついてきます。なので、「できない」ことがあってもあまりそのことに捉われずに「できる」ことのほうに目を向けていきましょう。そんなにきっちりがっちりコントロールしようとしなくても、ちゃんと向かいたいところへ向かっていっています。なんだかんだいっても、進みたいほうに進まされているというか、湧き上がってくるものって結局は無視できないようになっています。そのままにしておくと、苦しくて仕方ないので。「できる」ときがベストタイミングですそのペースをむやみに人と比べると、焦ったり、自分はダメだって責めたりすることになりがちです。人は人です。自分とは持っているものもこれまでに経験したことから何からすべて違います。マイペースにいきましょう。お知らせ香りで幸せな気持ちにヒーリングアロマスプレーをお作りしています。自分軸を築く、ありのままでいたい、執着心を手放す…アロマのパワーを味方につけたい方ぜひ、ご覧ください  こちらクリック、ありがとうございます

      56
      テーマ:
  • 20Sep
    • 好きな考えをうまく取り入れる方法

      私達の身のまわりにはたくさんの情報が溢れていて、普通に生活しているだけでいろんな価値観、考え方に出合う毎日です。それを無意識に受け入れるのではなく、好きな価値観、考え方を選んでいくという姿勢は望む生き方をしていくにあたっては欠かせません。知らずに信じている好きではない価値観、考え方に左右されているためにやりたいことができなかったり自分らしくいられなかったりするからです。子供のうちは、まわりに言われたことをそのまま信じることが多いと思います。でも、今は選択ができます。では、意識的に選択をして取り入れていくためにはどうしたらいいのか?というと、1つの方法として、自分の好きな価値観、考え方をピックアップしてみるのがおすすめです。ノートに書き出してみたり、本であれば、良いと感じるものに線を引く。(それ以外は取り込まないということです。)ノートに書いたり、線を引いたり、ちょっと面倒なことではあります(笑)でも、それをすることでいかに普段、入ってきた価値観や考え方をそのまま鵜呑みにしているか?わかりますし、選びたいもの、選びたくないもの、この区別がはっきりとつくようになります。そして、すべてを鵜呑みにするのではなく、選んでいいということがよくわかります。人それぞれ、オリジナルな人生。オリジナルな考えを持っています。誰一人として、何から何まで同じ人はいません。選び放題のバイキングのようにたくさんあるものの中から好きなものだけを選んでもいいわけです。でも、誰かを崇拝していると、その人の考えをまるごと「自分のもの」だとしてしまっていることがあります。それはつまり、その人が手放したら良い考え方というのもあるかもしれないのにそういったものもすべてそのまま取り入れてしまうということです。特に、セミナー等でうんうん、とうなずいている場面、そうか~と納得しているようなとき、うっかり望んでいない考えにも賛同しやすかったりします。だから、妄信せずに自分はどう感じるのか?を見て、選ぶ姿勢が大切です。また、自分と相性が良い自分が心地良さを感じる人と付き合ったり、そういう人が発するものを読んだり…今、触れているものが心地良いものであるのか?確認してみるのもおすすめです。ためになる話であってもどうしても自分が責められているような気がしてしまう、そういう意味でないとわかっていても、そう感じてしまうものってあると思うのです。そういった場合には、頭で考えたことよりも、素直に感じていることを優先します。ためになる話、良い話…これを聞いたら良くなるかも。これを聞いたら何か変わるかも。これを聞いたら何かヒントが得られるかも。そんな風に考えて、心地良くなくても聞いている。でも、それと引き換えに自分を責めることが増えている…それは相性があまり良くないのでいったん離れてみると良いと思います。それは、自分やその人が悪い、ということではありません。自分の状態が変化してきたり、相手の状態が変化してくれば、心地良く感じることもありますが、その時点ではあまり合っていないということです。なので無理に関わるのをやめると違った相性の良い人を見つけられたりします。相性の良い人を中心に関わるようにすると、好きな価値観、考え方もすんなりと入ってきやすくなります。(その場合にも、鵜呑みにならないように気をつけることが大切だと私は思っています)お知らせ香りで幸せな気持ちにヒーリングアロマスプレーをお作りしています。自分軸を築く、ありのままでいたい、執着心を手放す…アロマのパワーを味方につけたい方ぜひ、ご覧ください  こちらクリック、ありがとうございます

      64
      テーマ:
  • 19Sep
    • 「嫌い」に振り回されないためにできること。

      日常で、これは嫌。嫌い。というものに遭遇したとき。遭遇した後が肝心です。その後の意識の向け方によってこれからの展開がまったく違うものになっていきます。その事に意識を集中させてしまうと、どんどん引き込まれて嫌な気分になってしまいます。引き込まれるほどにそこから抜け出すのにも苦労する悪循環にはまってしまいます。嫌。嫌い。はイヤイヤイヤ~ってやっているだけだとただ気分が悪くなるだけなので、そこを見続けないこと、その事を語り続けないことが大切です。では、どうしたらいいの?というと、これが嫌。嫌い。なのはわかった。じゃあ、何が好みなのだろう?どんなものが好きなんだろう?と思いを巡らせてみます。そうすると、たいていその「好き」は嫌いの反対側にあることに気づきます。その「好き」を自覚するのです。嫌。嫌い。は、「好き」をはっきり知るため。「望み」をはっきり知るため。に現れたもの。と捉えることで、振り回されることがグッと減ります。そして、「好き」を自覚したら、日常でその「好き」を取り入れるためにできることはないか?考えます。例えば、朝バタバタするのが嫌。なら…じゃあ、望んでいることは?→朝、ゆとりを持つ。(好きを自覚)そのためにできることは?→前日に着る服を用意しておく。→5分早く起きる。→朝ごはんの下準備をしておく。思いつくことを挙げてみて、その中からできそうなことをする。他人の愚痴を聞かされるのが嫌。なら…じゃあ、どんな会話が好き?→面白い話や前向きな話などそのためにできることは?→軽く流して、うまい言い訳をしてその場を離れる。→違う話を振って、話題を切り替える。→好みの会話をしてくれる人とだけ付き合うと決める。何かできることをすれば、「好き」に触れる機会が増え、結果的に、その嫌な出来事は有難い出来事に変わってしまいます。「嫌い」はそこに我慢したり、合わせるものではありません。それが嫌だと感じることを否定しない。「好き」を知り、できるだけ、その「好き」に囲まれるように、環境を用意したり、配慮をする。自分に対して。「嫌い」が現れるのはそのための通過儀式みたいものです。本当に望んでいること、本当に好きなものを知り、自分らしさを発揮できる環境を整えていきましょうお知らせ香りで幸せな気持ちにヒーリングアロマスプレーをお作りしています。自分軸を築く、ありのままでいたい、執着心を手放す…アロマのパワーを味方につけたい方ぜひ、ご覧ください  こちらクリック、ありがとうございます

      59
      テーマ:
  • 18Sep
    • ヒーリングアロマスプレー☆活用法☆

      ヒーリングアロマスプレーについてお問い合わせをいただきましたので活用法についてご紹介したいと思います。◎朝起きたときにスプレーして、気持ちの良い1日のスタートにする。→眠っている間にあまり心地の良くないエネルギーと同調してしまった場合にもおすすめです(悪夢や、起きたときに気が重いとき等、)◎嫌な気分になって引きずられそうなときスプレーしてエネルギーを切り替える。→香りが全身に溶け込んでいってモヤモヤしたものがクリアになるイメージを一緒にするのも良いです。→外出先ではトイレでシュッとひと吹きするだけで、気持ちの切り替えが容易になります。◎眠る前に枕元にスプレーして心地良い1日の締めくくりにして眠る。→眠りは潜在意識への入り口でもあるので、なるべく良い気分になってから眠りにつくのが好ましいです直接お肌につける以外は自由に使っていただけますので、ご自身のインスピレーションに従って使っていただくと良いと思います。今回ご紹介したのは、私が気に入っている使い方です。また、香りは潜在意識を刺激するものなので、使っているうちに様々な感情が浮かび上がってきやすくなってくるという側面があります。嫌な、不快な感情を伴うものもありますが、それは浄化のチャンスと言えます。なぜなら、その感情に蓋をして押し込めていることが望まない現実を引き寄せているから。嫌な感情が浮かび上がってきたら、感じきって解放させればOKそれにより、望まない現実を創る元が消え同じようなことで悩まなくなるので嬉しい現実がやってきやすくなります私自身は10年程前にアロマを扱うお仕事をしていたときにはアロマが潜在意識とつながるものとは知りませんでしたが、なぜかその日に来店されるお客様がわかることが多々あったり、(顔が思い浮かぶといらっしゃる、という感じでした)正夢を見ることがあったり、以前にはなかったことが起きてきたので、香りにはそういった心の深層へのはたらきがあることを感じています。アロマはそれぞれの香りにより根、葉、花、果皮からとれるもの等、抽出部位が異なります。そしてその抽出部位によって特徴があります。(例えば、根からとれるものはグラウンディングに最適です)そういった特徴を味方につけられるようにテーマを決めてブレンドしています。真面目でがんばり屋さんな方ほど自分でなんとか、思考でなんとか、がんばりすぎて苦しくなっていることがあるので、そういった方にもぜひアロマを味方につけていただければ幸いです詳しくは☆ヒーリングアロマスプレーご案内☆クリック、ありがとうございます

      35
      テーマ:
  • 17Sep
    • まわりに流されないようになるには。

      まわりの意見や価値観に流されてしまう…これは、私も以前よく悩んでいたことでした。でも、話は単純なことで、好き!いい!と最初に感じたもの。それを選ぶことです。まず、自分の反応を見ます。そのときに、うーん。ちょっと。いい気はする。等のようなものなら、選ばない。近いもの、ぴったりのもの、この2つは違います。これ!ってものは、普段から感覚を気に留めていれば、ピン!ときます。そんなピンとくる、これ!ってものを基準にしていると、そんなに迷いません。これ!って感覚に出合ったら、ちゃんとそれを選ぶ。否定する声と上手に付き合っていくことも大切なポイントです。関連記事やりたいことに気づいても行動に移せないときには。これ!って感覚。それを見つけるのは、普段の生活から。心惹かれるものを見つける。人、もの、環境、言葉、香り、音楽、料理、時間の使い方…すべてにおいて、心惹かれるものは何だろう?大好きと感じるものは何だろう?興味を持って、感覚をみていきます。これ、まぁまぁ。と、大好き!では雲泥の差があります。まぁまぁ。に囲まれてると、感覚もそんな感じで全体的にぼや~んとします。本当に心惹かれるもの、大好きなもの、というのはそれだけで十分。といってもいいくらい、心から満たされます。それは、まぁまぁ。のものからでは得られない感覚です。これは贅沢、わがまま?なのではなく、それがあなたにぴったり合うというサインですだから、遠慮はいりません。そうやって自分の感覚に重きを置いて、夢中になっていると、まわりに流される余地はなくなります。これは一朝一夕にはできないかもしれませんが、やっていると確実に変わります。人それぞれ、同じである必要はないので、好きなものを選び取っていきましょう。こちらのアロマヒーリングスプレーもおすすめbelievenew自己信頼感を取り戻し、人のパワーに巻き込まれずに本当に望む生き方に進むことをサポート詳しくは  こちらクリック、ありがとうございます

      48
      テーマ:
    • ☆ヒーリングアロマスプレーのご案内☆

      目的別にブレンドしたアロマヒーリングスプレー10mlのご案内です。◎アロマヒーリングスプレーについてネガティブな考えをやめたい…もっと自分を表現したい…自分を受け入れたい…等、もっとこうしたほうが良い。とはわかっていても、なかなか難しいことがあるものです。そんな時、スピリチュアルなレベルでのサポートをしてくれるアロマの力を借りるのもおすすめです。目的に合わせて、数種類のアロマをブレンドしています。使い方についてはこちらをご覧ください。ヒーリングアロマスプレー☆活用法☆※イメージ例です。このボトルでないこともあります。shell余計なこだわりを手放し、殻を破ることをサポートこんな方に〇余計な力を抜いて、自分らしくいられるようになりたい〇古い価値観やこだわり等、自分を縛り付けるものから自由になりたい〇ハートを開き、胸に残っている古い感情を手放したい〇感情を内側に溜め込みやすい〇自信を持って、自分を表現したい〇ネガティブに振り回されやすいwonder感性を抑えつけることをやめ、自分らしい魅力を発揮することをサポートこんな方に〇執着心やコントロールすることを手放したい〇恐れや不安に捉われやすい〇緊張しやすい〇深刻にならずに、物事をシンプルに肯定的に捉えたい〇人生に喜び、楽しみを増やしたいbelievenew自己信頼感を取り戻し、人のパワーに巻き込まれずに本当に望む生き方に進むことをサポートこんな方に○自分の軸を安定させたい○自分の内側の力を信じられるようになりたい○気の迷いを取り除きたい○世間の情報、意見、価値観等に惑わされやすい○人との境界線をしっかり引きたいshabon new自己犠牲的なパターンを手放し、ありのままの自分を受け入れ大切にすることをサポートこんな方に○感情に蓋をしやすい○本当の気持ちに気づきたい○繊細で傷つきやすい○人と比べることをやめたい○人に尽くしすぎて疲れてしまう郵送にて1週間程でお届けします。ご希望の方は → こちらクリック、ありがとうございます

      24
      テーマ:
  • 16Sep
    • やりたいことに気づいても行動に移せないときには。

      ふと思ったこと、ふとやりたいなって感じたこと、最近ありましたか?その思いが出てきたときに快い感覚が同時にあればそれはやってみると良いです。それは世間の声やまわりの声ではなく、あなたの本質から出てきている声。なので、それに従うと心がすごく満たされたり、願いが叶っていく過程だったり、嬉しい現実のコマが進んでいきます。とはいっても、これやりたい!こうしたい!という思いとは裏腹に、そんなの無理。いや、できない。意味ないよ。等々…それを否定するかのような声が聞こえてきて、行動に移せなくなってしまうこともあると思います。これまでにやらなかったこと、できると思えないようなこと、そういったものの場合には不安や恐れの声も出てきます。その声はとてもリアルなので、ついつい引き込まれそうになります。そんなときにできることは否定的な声を温かい気持ちで聞く。否定的な声、不安、恐れをないものとしたり避けるのではなく、寄り添うように聞いたり、励まし応援をして安心できるようにする。基本のスタンスを意識してただ眺める。否定的な声、不安、恐れ、を流れるままにしておく。信じなければ影響は受けません。やりやすいほうをやってみる。どちらかやってうまくいかないときはもう1つの方法に変えてみるのも有効です。(私の場合は変えてみたらうまくいきました)大切なのは、その否定的な声に巻き込まれないことです。巻き込まれるとは、その否定的な声を真実だと信じて疑わないことです。そして、希望を見る。最初に感じた、ふとした思いを信じて、一歩を踏み出す一歩踏み出すと、また次の一歩が踏み出せます。惑わされずに、進んでいきましょう。クリック、ありがとうございます

      57
      テーマ:
  • 14Sep
    • 見たいものを見る☆

      東京から大阪方面へ行くときの新幹線。右の列に座れば、富士山等の山々がメインで見られます。左の列に座れば、海がメインで見られます。同じ車両にいても、目を向ける方向によってまったく違う景色を楽しむことになります。だから、見たい景色が決まっていたら、それに合わせて席を指定します。日常もこれと同じです。見たいものがあるなら、それを見るとまず決めます。美しさが好きなら、美しさを。楽しさが好きなら、楽しさを。面白さが好きなら、面白さを。豊かさが好きなら、豊かさを。そして、それらを日常で見出す。誰かがそれを運んでくるのを待つ。その余裕があるのならそれも良いですが、今、満たされない何かがあるのなら、自ら、積極的に、見つけることが必要です満たされない何か…嫌なものを見るとそれが拡大します。無意識に嫌なものに意識を合わせてしまっていると、その嫌なものをたくさん見ることになります。なので、何が見たいか?最初に問いかけ、それを見ると決める。そして、自分の中にそれを見出し、表現する。まわりの人の中にそれを見出す。出来事からそれを見出す。それらをちょこちょこと積み重ねていけば現実に見えるものもどんどん変わっていきます基本の大事な記事基本のスタンスクリック、ありがとうございます

      64
      2
      テーマ:
  • 12Sep
    • なりたい自分を選ぶ~補足~

      昨日の記事に関連しまして、まだの方はこちら→なりたい自分を選ぶだけ。証拠に振り回されない。よく自分の良いところを見つけましょう~っていう取り組みがあります。私もすすめていました。これも、良いところ見つけてヤッターこれで終了です。それ以上の意味づけはしない。例えば、やさしい、誠実、細かいところに気がまわる、笑顔…こんなふうに良いところを見つけたら、だから、私は価値があるだから、私は素敵って、くっつけて考えない。くっつけて考えると、やさしくいられないとき、誠実でいられないとき、細かいところに気がまわらないとき、笑顔じゃないとき、私は価値がない。私は素敵じゃない。この考えにやられます。本当はそんなことないのにだから、良いところは見つけても、それを価値があること、素敵なこと、の条件にしないたぶん、わかりにくいと思いますのでそれが体感できる取り組みを紹介します。でも、けっこうパンチが強い(?)ので、やろう!と思えた場合のみ、おすすめします。①まず、良いところ、好きなところを書き出します。たくさん思い浮かべてみてください。②次に、良くないところ、嫌なところを書き出します。こんなところがダメだよね。どうしようもないよね。ってことに思いっきり向き合います。①だけやることが多いかもしれませんが、物事には両面あって、陰も陽もあります。それをしっかり見ていくと、「全部ある」っていうのがわかるんです。見えているものはそれが「ある」から見えています。だから、この取り組みを本気ですると、目の前に現れていた嫌な人ってもしや自分の隠してた部分じゃない?ってなります。で、全然気にならなくなります。抵抗したり、拒否するのではなく、もう受け入れてしまうんです。そして「ある」ということを認めたら楽になるんです良い部分もそうでない部分も「全部ある」全部あるなら、好きな性質を選ぼうではないかってことです。関連記事今すぐに、好きな自分になる。でもこれ、良いところだけ、どこか偏った部分だけ、「ある」としていると、選びようがないです。それは基本のスタンスで言う役柄に入りきっている状態だからです。もう選んだ後の状態です。見えているものは「ある」から。だから、全部認めちゃうと楽になるよ。っていうお話でした嫌だったら、それを選ばなければいいだけです。クリック、ありがとうございます

      57
      テーマ:
  • 11Sep
    • なりたい自分を選ぶだけ。証拠に振り回されない。

      今朝の空。清々しい望む姿に今すぐなろうということを最近の記事で書いていますが、じゃあ、コレ!と決めた後、その証拠は探さなくてOKです。探してもOKですが、その証拠があるから、私は~~だ。ってくっつけないほうが良いです。例えば昨日書いた内容で言うとまだの方はこちら→関連付け。やめると、見えてくるもの。「私は大切にされる」と決めたとします。「大切にされない」役柄をやめて、「大切にされる」役柄にチェンジです。その後に、あ、大切にされてるって感じるとき、そのまま喜んだらいいですが、喜んだらその都度流すもう「大切にされる」がスタンダードなのです。だから、軽く軽く流して流していく。ここで、その理由や証拠を見つけては、それがあるから、私は大切にされている。と、その理由や証拠にしがみつきはじめたら要注意です。必死になるのは、信じていないからですその証拠があるから、私は大切にされている。ってくっつけると、その証拠らしきものが見つけられないとき、私は大切にされていない。っていうことにもなりがちです。これは、自分と相手が考える「大切にしている」がいつもいつも同じとは限らないので起こってくることです。思うような行動や言葉ではないとき、~~してくれない!=大切にされていない。と考えてしまうのです。あれ…?元に戻っていますよね。そんなときは、基本のスタンスに戻り、今どんな姿でいたいか?もう1度決めるところからスタートです。私は~~だ。なぜなら、~~だから。と、その証拠をよりどころにすると、どこかで覆されます。証拠に振り回されないようにすると望む姿へのチェンジはもっとスムーズになります。クリック、ありがとうございます

      53
      テーマ:
  • 10Sep
    • 関連付け。やめてみると、見えるもの。

      何かの出来事があると、こうだからだ!ってすぐに関連性を求める。これはもう無意識、自動的にしていることかもしれません。その接続を外してみましょう出来事→→→理由出来事  /  理由ブツ切りにします。出来事と理由には、なんの関連もない、と。その出来事が起きた理由は、そう考えるから、そうなっているだけ。その理由にネガティブなものを持ってきていれば、悲しい。悔しい。怒り。等になります。関連付けをやめれば、ただの出来事です例えば、既読スルー。私は大切にされていないからだ(理由)悲しい、怒り…仕返し…(笑)その理由を選んでいることに気づいてください。いや、そんなことない。そうに違いない。としか思えないのは、基本のスタンス ここでいう、役柄に入り込んだままの役者さん状態。しかも入り込んでいるのは、「大切にされない。」という嬉しくもない役柄。そこに入り込んでいるので、自動的にその理由を選んでいます。もうこんなの嫌!それなら今、変えてしまいましょう。「大切にされている。」役柄に変更をすることで変更したら、その証拠は、探さなくてOKですだってもう、変更されているのですから。「大切にされている」こちらの役柄に変更されたのなら、既読スルーへの反応も変わっているはずです。どうありたいか?をまず決めましょう。基本のスタンス この位置に戻ってからです。クリック、ありがとうございます

      54
      テーマ:
  • 09Sep
    • 基本のスタンス

      人が持っている性質は、ここにある光のように数え切れないくらいいろんなものがあります。それを、そのとき、そのときに応じて選んで表現しています。普段は無意識に選んでいるかもしれませんが、それを意識的に選んだっていい。関連記事今すぐに、好きな自分になる。ですが、「自分」というものがここにある光の粒1つそのものだと思っているとき、それをするのは困難です。「自分」に入り込んでいるとでも言うのか、そんな状態です。でも、そこから少し位置を変えて遠くから眺めると、この写真全体が見えます。この位置にきたら、元々あるたくさんの性質が見えます。だから、好きな性質を選ぶことができます。言葉にするのは難しいですね。違うたとえでいきます。役者さんはそのときに応じていろんな役をやります。できる秘書、わけありレンタル夫、女心がわからない残念男子、これを一人の人物が演じるとします。容姿も違う。言葉や行動も違う。雰囲気も違う。まったく違う役柄なのでまるで別人のよう。でも、どれもこれも、「その人」ということに変わりはありません。「その人」があるときは、できる秘書、あるときは、わけありレンタル夫、あるときは、女心がわからない残念男子、になっているってだけ。「その人」という位置から(元の位置から)ある役柄になっているわけです。これ、「できる秘書」に入り込みながら、「わけありレンタル夫」になる、とかやっていないと思います(笑)話を戻して、普段の私達。こんなようなことをやっているかもしれません。役柄のほうに入りきっている状態のことを「自分」って思っている…その意識状態のまま、何かを変えようとするのですが、それは難しいです。一歩というか、引いて引いて、見てみてください。これが基本のスタンスです元の位置といってもいいかもしれません。その位置から物事を見ると、考え方を選ぶ、変える、というのがもっと簡単です。思い込みを変えたいときにも一度この位置に戻ることを意識してみてください。クリック、ありがとうございます

      1
      テーマ:
  • 08Sep
    • 今すぐに、好きな自分になる。

      今、信じている「自分」というもの。こういう人間こんな特徴があるそれを信じているから、そうなっています。嫌な部分。それも信じているから、そうなっています。それを変えたいと思うとき。改善しようと試みたり、私は~です。って言ったりして、新しい思い込みを作る。これでうまくいっている人はそれでいいんです。だけど、それでどうもうまくいかない人。違う方法があります。そもそもは、その嫌な部分がある。と信じたから、そうなっています。はじまりは小さい頃のことかもしれません。身近な人に言われたことや、何かの出来事をきっかけにそう思ったのかもしれません。ですが、どこかの時点でそれを信じたから、そうなっています。信じたら、そうとしか思えなくなってくる。そのようにしか見えなくなってくる。そういうものです。そして、そういうことがどんどん積み重なって雪だるまのように大きくなってガッチリ固められている状態これが腑に落ちると、あ、もうやめていいんだ。っていうのがわかります。まずリセットをするんです。あ~、どこかで信じたからそうなっているんだな…って。そしたら、あとは好きな性質を選ぶ。選び放題のバイキングのようにやさしいが好きなら、やさしくしっかりが好きなら、しっかり元気が好きなら、元気にそのとき、そのときで、好きなものを選んでいきましょう。クリック、ありがとうございます

      テーマ:
  • 04Sep
    • そんなこと、も大切にしてみる。

      心の声を聞きましょう~と言われても、今日はこうしたい!今日はこれがしたい!といったわりとわかりやすくてはっきりとしたものに限定していて、ちょっと水分とりたい。とかこの道じゃなくてこっちの道を歩きたい。とかちょっと一言声かけたい。とかさりげないことはなかったことにしていませんか?それも大切な心の声ですなんだかその難しく考えるのは癖。もっともっと簡単なことで良いんです。その簡単にできる小さな心の声をしっかりと汲み取っていくこと。この本を読んだら、その後数分間だけ気分が明るくなる。この景色を眺めたら、少しの間だけ清々しい気分になれる。その間、少しでも気分良く過ごせれば、その間だけでもほっこりできれば、それでOK面倒だな…って思っても叶えられることは今叶えるわざわざ、ちょっとの寛ぎのためでも、どこかへ足を運んだりして、それで少しでもホッとしたり、幸せな気分になれたり…それができたらなおです。それくらい…そんなこと…ふとした心の声もできる範囲で大切にして今を楽しんでいきましょう。クリック、ありがとうございます

      テーマ:
  • 31Aug
    • 豊かな気持ちで8月を締めくくろう

      8月最終日。どんな1ヶ月を過ごしましたか?今月あった良かったこと、嬉しかったことをぜひ思い出してみてくださいね。そのときにレシートを持っていれば、有効活用できます。(なければ買ったものを思い出す!)昔、こんなことを話してくれた方いました。嬉しいデートの日のレシートを取っておいて、それを見てニヤニヤするって。私にはない発想で、インパクト大でした。でも、レシートって記録ですよね。そこに書かれているものは、手に入れたもの。その背景には、たくさんの恩恵があります。例えば、映画に行ったときのレシート、だとしたら…映画の制作に関わったあらゆる人達、そして映画館の運営をしてくれている人達、その情報を流してくれた人達、映画館へ行くまでの交通機関…そういうすべての人達の力があって、観ることが叶っています。物1つ、その背景にはそれを作ろうとした人がいて、それを作ることに協力したたくさんの人がいます。そのことを思い出しながらレシートを眺めてみると、すごく恵まれていることに気づきます。豊かな気持ちになります。それがちゃんと「受け取る」ってことかなと思います今月も大好きなカフェにたくさん行けました。テーブルに可愛い絵柄発見。クリック、ありがとうございます

      テーマ:
  • 29Aug
    • 1日を充実させたいときにする朝のワーク☆

      朝のちょっとした時間でできる簡単なワーク。それは、今日はどんな気分を感じたいかな?って自分に聞いてみること。思いっきり笑う、楽しい気分、豊かな気分、感動、安心感、リラックス…こんな気分がいいな、ということをざっとノートに書きます。メモアプリも良いですね。(頭の中だけでやるよりも、視覚化できるほうが客観的に見れるのでおすすめです。)書き出したものが、今、求めていることです。そしたら、そういう気分になれそうなことをやってみれば良いわけです。思いっきり笑いたい気分なら笑えるものって何かな?って考えてみて、思いついたことを取り入れてみます。面白い友達に連絡をとってみる大好きな場所へ行ってみるお笑いを観るコメディを観る…実際にやってみて、どう感じるか?これを見るのもお忘れなく。うまくいけば、満足感が得られます。外れても、気にしないで、違うことにトライです。とりあえず、朝ぱぱっとなりたい気分を書くだけでもOK書いたことによってその事に意識が向くようになります。ちょっとのことが大きな違いになってきます。クリック、ありがとうございます

      テーマ:
  • 23Aug
    • ネガティブを感じることへの抵抗を和らげる

      ネガティブを感じることに抵抗を感じる方も多いと思いますので今日はそのお話です。ネガティブは悪。これ信じていませんか?ネガティブってこわいものではありません。という私も、以前はネガティブを感じることにとても抵抗がありました。ネガティブはいけない。ネガティブはダメ。これを信じきっていたので、ネガティブが出てきてもないフリをするか、気づいたときには自分を責める。というループにはまっていました。でも、ネガティブはあるのが普通。なぜ苦しいのか?というと、ネガティブと言われる感情そのものがあるから、というよりも、そのことによって自分ってダメだな、よくない、等と自分のことを責めたり、否定したりするから。なので、抵抗せず、否定せず、責めず、そのまま受け入れてあげれば驚くくらいに楽になります。「自分」って他人。私にはこの見方が役立ちました。「自分」という他人が感じていることをそのまま見てあげる。こんなイメージです。受け止めたら、次の段階へ行けます。誰かに悩みを相談したらスッキリして前向きになれたときのように。同じ状態がずっと続くことはありません。続くのだとしたら、感じ足りていないか、何かそこに大切なことがあるのに気づいていないか、(不要な思い込み等)ということだと思います。いずれにしても、意味もなくネガティブは続きません。ポジティブだけではなく、ネガティブも受け止めよう。ありのままを感じてみよう。こう思えた時点で、ネガティブはこわいものではなくなるし、ネガティブを否定することによって生まれる悪循環から抜け出せます。クリックありがとうございます

      テーマ:
  • 21Aug
    • 感覚を大切にしていると、今必要なことがわかる。

      感覚に気を配っていると感覚を通し、今の自分に必要なことも見分けがつくようになっていきます。今の自分に必要なことというのは、なんか気になったり何度も目にしたりするものです。(※何度も目にするものであっても、単に自分が不安になっていることだから気になっている、というような場合もあります)直接の言葉であったり、気になるものや場所、何かをしたほうが良いという感覚。そういう「感覚」には、従うと良いです。そこから必要なことに結びついていることも多々あるからです。「感じること」を意識するということは日常の中で自分に向けられているメッセージにも気づきやすくなるということ。例えば、私の最近の話だとある日おみくじをなんとなく引いてみました。いつもはあまり引かないのですが、そのときは気になったのです。それから数時間後、友達からメールが送られてきました。この2つ、内容が被っていました。→これは向き合ったら良いことだな、と感じました。ここで感じたことがメッセージです。このときに違うことを感じたのなら、それがメッセージ。またあるときは、人から立て続けに納豆を勧められ…何も自分からは話していないのになぜに今日はこんなに納豆話?と疑問になったとき、思い当たる節があり、→そうだ!今、食べたら良いってことだ。と感じました。(その時の自分にぴったりの食べ物だと気づきました。)自分は何を感じている?日頃から気にかけていると今の自分に必要なことがスッと受け取れるようになります。これは、頭でガチガチに考えていても受け取れません。五感です。五感を意識して、心身共に安らいでいる状態が良いです。身体からリラックスさせるアクションも◎日常が大切です。今やっていることが楽しいか?心地良いか?今、何を感じているか?それらをこまめに気にかけることです。

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス