父の葬儀でした。 | 男性に深く愛されたい女性のためのLOVEセオリー・占い師コウスイのブログ

男性に深く愛されたい女性のためのLOVEセオリー・占い師コウスイのブログ

恋愛の悩み相談、四柱推命・霊感・守護霊・風水・吉日・神社・神様や男性心理についてまで。

男性から深く愛される女性で世の中をいっぱいにします。

鑑定士・幸粋(コウスイ)です。 

私事ですが、先週、父の葬儀でした。


葬儀が終わってから、実家の母に


1時間ほどFive Energy Fingers of GOD(FEFOG )


を流したんですね。

 

このFEFOGは、神が神を信じるために


降ろしてくれたエネルギーです。


平常の母は、魂が黄色の人なので、

 

元々感情の上下が激しい人です。

自分の魂の色を知りたい方は、
公式サイトの魂の5タイプのところをみてください。
マリアトリニティ公式サイト
https://www.maria-trinity.love/


 父を看病しているときも、感情の振れ幅が激しかったので


FEFOGをしたら落ち着いて、

 

葬儀で父の骨を見た時も、感情的になっていたので


FEFOGをして、実家でもしたんですね。


するとあの感情的な母が、冷静で平常心で落ち着いているんです。

 

翌朝も電話して様子を聞きましたが、


「昨日はぐっすり寝れて、今日は片付けはじめてるよ」


と言ってるではないですか。w(゜o゜)w


昨日葬儀の人が、翌日から気持ちを切り替えて


片付けを進めるなんて、普通はできないんじゃないですかね。


当たり前に毎日そこにいた人が、今日はもういないんだ・・・

 

と思った時に襲ってくる孤独って、

 

半端ない深い闇だと思うのですよね。


ところが今朝の母は、声が明るくて。


サクサクと片付けをはじめているのを聞いて、


私はとても安堵しました。


本当に、こんなことは、今まででは、あり得ないことなんです。


何かというと感情が上下に振れる人が、

 

配偶者の死という体験をしているのに、

 

いつもどうりの精神状態でいられるなんて


マジで神はすごいな!!!と思ったと同時に、


人が一番救いを求めているであろう時に、


神とともに救う手伝いができたことを


私は幸せに思っています。


もし私が、トリニティに招かれていなかったら、


きっと私自身も、

 

身内の死を目の前にして無気力になっていただろうし、

 

また、悲しむ母を目の前にしても、

 

ただ一緒に悲しむしかできない自分に無力さを感じて、

 

やりきれない思いに囚われていただろうと思うのです。


人生で一番ヘビーな体験って、やっぱり「死」だと思うのですよね。

 

人間は「死」と向きあうとき、

 

最も救いを欲すると思うし、求めると思うのです。


そんな時、誰よりも何よりも、

 

その闇と孤独を救ってくれる存在は神以外にいない、

 

と今回改めて確信しました。

 

finalセミナー↓7/25&7/26zoom開催、あと1名で閉め切ります!

 

ビックリマーク<トリニティfinal覚醒セミナーリクエスト開催>

トリニティfinalセミナー→★★★
「問い合わせ/吉日鑑定/トリニティfinalセミナー

よりリクエストお待ちしております。
(二日間連続で受けられる日程を記載してリクエスト下さいね)
※自粛期間は当面、zoomでのセミナーを予定しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の人気記事リンク