不倫について | 男性に深く愛されたい女性のためのLOVEセオリー・占い師コウスイのブログ

男性に深く愛されたい女性のためのLOVEセオリー・占い師コウスイのブログ

四柱推命・霊感・守護霊・風水・吉日・神社・神様や神社のパワースポットツアー、男性心理についてまで。


テーマ:

男性から深く愛される女性で世の中をいっぱいにします。

鑑定士・幸粋(コウスイ)です。  

 

先日ね、不倫の相談をされた方から

 

「(不倫なんかして)幸粋先生に怒られるかと思いました。

(怒らなったので)意外でした」

 

と言われました。

 

えっと。

 

私は不倫ごときで怒ったりしませんよ?(笑)

 

(何度か書いてますけど)もう一度、書いておきますが、

 

私は人の恋愛が不倫だろうと、

 

普通恋愛だろうと

 

ああせい、こうせい、とは言いませんし、

 

(その人が何を選択するかは)どっちでもいいんです。

 

だってその人の人生は、その人だけのものでしょ?

 

他人の私が、そこに「こうしなさい」「ああしなさい」

 

言うのはおかしいと思うのですね。

 

それは私が指図することじゃないし、

 

本人が選ぶことだと思います。

 

その方が「不倫だけど頑張りたい」と言えば、

 

良い結果が出るように、最大限のアドバイスをしますし

 

「不倫から抜けたい」と言えば、

 

抜けられるよう、最大限アドバイスするだけです。

 

もちろん、ゼンゼン可能性が無い場合は

 

「これは可能性が無い。ムリ」

 

とはっきり言います。

 

もしくは、

 

「可能性はゼロではないけど、

針の穴ほどの可能性しかないよ。

(この道はいばらの道だけどそれでも突っ込む?)」

 

という表現をすることもあります。

 

いずれにしても、不倫だからという理由で

 

「やめとき!」とか「あかんで!」と言ったりはしません。

 

「やったことの責任は全部自分で背負わなあかんけど

それでいいなら気が済むまでやったらいいやん」

 

と言うことが多いかもしれません。

(本人が続けたそうだから、こう言ってます)

 

なんでって、どうせ「やめとき!」って言っても、

 

どっちみち、皆さん、やめないからです(止める意味なし。笑)

 

「最悪でも、慰謝料を払うことと、社会的制裁があるだけやろ?

でも別に、よほど卑劣なことをしなければ、命までは取られないから」

 

といって励ましてるのか、

 

脅してるのかわからない事実を

 

そのまま突きつけたりはします。

 

相手の男が遊びだったら

 

「これ、確実に遊びやけどね」

 

とも言いますよ。

 

ようするに、そのまんま言ってるだけです。

 

不倫に関して、別に悪いとも良いともどっちも思わないです。

 

結局それとて、経過でしかないと思うのですね。

 

人生の中の経過点なんです。

 

過ぎてみたらみなさんわかると思うのだけど

 

全部通過点ですから。

 

でも、人生って、全部そうなんですよね。

 

今、その瞬間を(ネガもポジもすべて)感じて

 

生きてるってことを感じたいだけかなって。

 

その題材が不倫だろうと、普通恋愛だろうと、

 

どれも通過点であって、

 

それを感じること自体に意味があるように思ってます。

 

どんなこともその方の人生を彩る

 

彩りの一つという風に見ています。

 

なので不倫をしたくらいで、

 

相手のことを激しく止めることはありませんが、

 

女性が行き過ぎた行動をしそうなときは止めたことはあります。

 

そこまでやったらもう、ストーカー規制法で捕まるで!

 

という場合は、何度か厳しく伝えて止めたことがありますが、

 

それ以外で「やめとき!」と言ったことは、

 

ほとんどないように思います。

 

さすがに警察沙汰は気の毒に思うから、その場合は止めてます。

 

この世界には、不条理なことがたくさんあります。

 

不倫をしてしまった方は、

 

「まさか自分がこうなるとは思わなかった」

 

とおっしゃいます。

 

これこそが不条理なんじゃないですかね。

 

世の中これほどまでに不倫が多いですが

 

さあ!よっしゃ!今から不倫するぞ~!!!

 

と意気込んでやる女性はほとんどいません。

 

つまり、(不倫してる彼女らも)

 

自分は正しく生きていきたいと思っていただろうし、

 

それまでは、正しく生きてきたのでしょう。

 

でも、道ならぬ恋をしてしまった。

 

その不条理を知って体験すると、

 

自分が、どんなに正しく生きていきたいと願っていたとしても、

 

人間は(皆)間違うものなのだ、ということを思い知りますよね。

 

これを知ることは、結果的に

 

他人に(対して)許しを与えるだけの

 

心の隙間ができると思うのですね。

 

自分が道をはずれたことをするからこそ、

 

他人の間違いに寛大になれたりするというか。

 

(正しく生きるべき、自分こそは正しく生きてると思っていた人が)

 

道を踏み外し、世間的にやってはいけないことをしている以上、

 

他人のルーズさや、他人の間違いを

 

認めざるをえなくなっていくようになるというか・・・。

 

私はそれも、人間の心の豊かさに

 

つながる要素の一つだと思っているし、

 

この世界は、善か悪の2つじゃない、

 

どちらでもない部分がある

 

ということを思い知る、大きなきっかけになるとも思うんです。

 

これこそが善だ!これこそが悪だ!とやるから、

 

他人を責めたり、自分を責めたりして

 

みんな苦しむじゃない?

 

それって本当はいらないんじゃないかと。

 

どっちみち、この世界にゼッタイ正しいものも、

 

ゼッタイ間違ってるものも何ひとつ無いのだから、

 

そんな論争し続けても意味がないって思うのです。

 

不倫もこれに同じで、ゼッタイ正しいとか、

 

ゼッタイ間違ってるという、

 

単一的な判定を人間がしている限り

 

どこまでも解決(解消)しない。

 

不倫というきっかけを通じて、

 

自分を知る、相手を知る、人生を知る、不条理を知る。

 

そうやって私たちは、私とはいかなるものか?

 

を知りたくてこの世界に生まれてきたのだろうから、

 

その瞬間をとにかく、感じて生きることかなって思っているのです。

 

 

 

ご予約フォームはこちら→★★★


恋愛スキルがアップする男性心理のお勉強♪
メルマガ「たおやかLOVEセオリー」(登録無料)はこちら

 
大阪・堺市の占い 幸粋事務所→★★★

 

恋愛記事まとめ(学習用)

 

最近の人気記事リンク

 

 

 

 

 

 

<たおやかLOVEセオリー>鑑定士・幸粋(コウスイ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります