男性に深く愛されたい女性のためのLOVEセオリー・占い師コウスイのブログ

四柱推命・霊感・守護霊・風水・吉日・神社・神様や神社のパワースポットツアー、男性心理についてまで。


テーマ:

男性から深く愛される女性で世の中をいっぱいにします。

鑑定士・幸粋(コウスイ)です。

こちらからお借りしました。

 

ドラマの黒い十人の女から、

 

恋愛ネタを書いてみます。

(6話を放送したみたいですが、

5話までしかまだ見てないです)

 

ドラマの登場人物、プロデューサーの

 

風松吉(かぜまつきち)には10人の愛人がいます。

(うち1人は本妻)

 

10人のうちの一人、弥上美羽(佐藤仁美)が、

 

他の9人を蹴落とそうと画策するんです。

 

少しでも愛人を減らして、

 

松吉を独り占めしようという魂胆です。

 

が!たおやかLOVEセオリー的には、

 

もうこの思考をしてる時点で負けなんですよね。

 

これ、10人だろうと5人だろうと2人だろうと

 

基本の考えが違ってると、思う結果にはなりません。

 

多いから蹴落とす。

 

この思考は、完全にモテない思考です。

 

がんばって蹴落としても、おそらく徒労に終わるでしょう。

 

10人の愛人(うち1名は本妻)がいるということは、

 

10人ともが男性を追いかけさせれていないということ。

 

10人ともが思考がモテ思考ではないんです。

 

人数の問題ではない。

 

本質を書くと他の愛人は関係ないんです。

 

「自分対彼」の関係性で、

 

夢中にさせることができていれば、

 

そもそもこんなことは起らない。

 

男性は本気になって

 

夢中になる女性が現れたら、

 

他の女は切ります。

 

あっちにもこっちにも手を出すということは、

 

すなわち、どの女性も夢中ではないということ。

 

問題は、他の女性にあるのではなく、

 

この登場人物の女性たちが誰一人として、

 

この男性を夢中にさせていないことが問題です。

 

このポイントに気づいていないと、

 

いくら画策したところでこの男性は、

 

結局また別の女に手を出すだけで、

 

一人に絞ることはありません。

 

ライバルがいるとね、

 

つい、その相手の女に目がいってしまう。

 

「あいつ」と「私」という視点で見てしまうんだけど、

 

それが違ってる。やっぱりどこまでいっても

 

「彼と私」の関係性の問題なんです。

 

ですから、相手と自分の関係性を

 

確固たるものにするべく行動しない限りは、

 

いつまでもこの悩みからは抜け出せないのです。

 

10股の相談は(笑)こちら→★★★

 

 

あなたが弥栄でありますように。


恋愛スキルがアップする男性心理のお勉強♪
メルマガ「たおやかLOVEセオリー」(登録無料)はこちら

婚活中のあなたへ↓
一生独身で終わらせないための効果的な7つの開運法



大阪・堺市の占い・幸粋事務所
http://www.rikopin.com/

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

<たおやかLOVEセオリー>鑑定士・幸粋(コウスイ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります