男性に深く愛されたい女性のためのLOVEセオリー・占い師コウスイのブログ

四柱推命・霊感・守護霊・風水・吉日・神社・神様や神社のパワースポットツアー、男性心理についてまで。


テーマ:
いつもありがとうございます。  

男性から深く愛される女性で世の中をいっぱいにします。

鑑定士・幸粋(コウスイ)です。




ちょっともう、今日のブログは超重要です。

本来、これは限定メルマガ級の内容ですが、

使命感にかられたので、ここに力強く書いておきます!

最近ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」

を教材にして(?)恋愛について書いてます。

この恋愛マスターの理論とたおやかLOVEセオリー は、

似たことを伝えている箇所もありますが、違うところもあります。

あきらか違う!それ違う!

みんなこれを思考に入れたらアカン!

って思ったくだりがあったので、

ちょっと書かずにはいられませんでした。

とりあえず3話のマスターと、

主人公の会話を文字にしました。

まずは読んでみて下さい。

主人公みやび(中谷美紀)がずっと好きだった同級生の彼が

元彼女とよりを戻した噂を耳にしてショックを受けます。

あまりのショックからやけくそになり、

公の場で仮氏(仮の彼氏)と

婚約したということを発表してしまいました。

それを聴いたマスター(藤木直人)が、主人公に言った言葉です。

--------------------------------

マスター「オレはお前に同情する」

みやび「は?」

マ「正確には今この時代、恋愛や結婚に悩む全女性に同情する」

み「なによ、その超上から目線」

マ「好きな男と結婚したい。そのシンプルな願いが今やどんなに難しいか。
親の時代と違い結婚に対する強制力がない時代、自由にいろいろ選べる」

「だからみんな迷う。いつ誰とどんな結婚をすればいいか。
とくに男はそうだ。だから女のほうががんばらないといけない」

「より強烈に結婚というゴールを意識しながら、男の前でてんぱらずに
余裕を持ち続ける必要がある。まるで練習に練習を重ね本番当日
リラックスして全実力を出し切るオリンピックアスリートのように」


-----------------------------------------------------

違う!!

これは違います。

これはまっこうから違うと言わせてもらいます。

青文字の行はすべて違うんです。

女ががんばらないといけないと、

マスターは言ってますが、そうじゃないです。

女はがんばらなくていいです。

これ、はっきり言って、この視点だったらうまくいきません。

だって、これだとまるで、

男が女を選んでいるって理屈じゃないですか。

そうじゃないですよ。

この思考をあなたが持ってるとしたら、恋愛に失敗します。

世の中の男性がもし

「自分が女を選んでるんだ」と思っていたとしても、

そんなのは勝手に思ってたらいいです。

その男性に向けてどうこう言うつもりはありません。
(このブログはそもそも女性に向けて書いていますから)

男性がどう思おうと、真実は違います。

女性が男性を選んでいるんです。

そのからくりがわかっていないと、

女性のあなたが「自分は男性から選ばれているのだ」
(あるいは選ばれる立場である)

という思考を持っているとしたら

それは根底から、土台から違ってるんです。

根本が違ってたら、その先は全部違っていきます。

一番上のボタンをかけ違えたら、

最後までボタンが正しくかけられなくなるように、

その後は間違いがずっと連鎖していく、

といった類の間違いです。

だから実はこれ、かなり危険な発想なんです。

今、世の中は、この危険な発想が蔓延してるから、

細心の注意が必要なんです。用心に用心を重ねないと、

すぐこの発想に持っていかれてしまうんです。

ドラマでもこの手の発想で作られているドラマが多いんです。

全体の98%がそうです。

選ばれない私(女性の主人公)が出てくるんです。

前シーズンにしてた、深キョンとディーン藤岡のドラマもそうでした。

ごく普通にドラマで、この発想が流されてるので、

知らず知らずのうちに、

この思考が脳にインストールされてしまうから、

ドラマもちゃんと考えながら見ないといけないんです。

ブログでもそうですよ。恋愛ブログだからって、

何でもかんでも読んでたら、

変な思考が脳にインストールされて
(まるでウイルスやな)

わやくちゃにされますよ。

誤解を恐れず言いますが、

正しくは・・・女性が男性を選んでいるのです。

これを正しく伝えるには、

あらゆる方向から説明する必要があるので、

一回だけでは説明しきれないから、

こうしてあらゆる切り口から書いているわけです。

私が女性の価値についてしつこく書いてるのも、

いわば同じ意味のことです。

でも、ここまで明確に否定しておいて、

まったく説明しないわけにいかないので、

かなり長くなりますが、ひとつ例題を挙げましょう。

たとえばマッチングサイトってありますね?

最近はうちの相談者さんでも、サイトを利用して、

男性と出会って結婚する方も増えていますが、

婚活業者などがサブで運営してたり、

大手の会社が運営してるとかあるんです。
(リクルートのゼクシィも参入してますね。)

サイトに自分の写真とかプロフィールとかを載せて、

それを見て男女がメールでやり取りして、

お互い気に入ったら会う、っていう仕組みです。
(人を介さず出会う形式なので、リスクもありますが手軽です)

ああいうものは、ほとんどの場合女性は無料なんです。

有料であっても、女性は安く優遇されてることが多いです。

で、男性はというと、メールするだけで課金されたり、

女性とやりとりするだけで、

月々いくらという会費を払わされたりしてるんです。

女性と必ず会える保障なんて一切ないのに、

お金がかかるんですよ。

サイトにもよるらしいですが、

だいたい3000円くらい~数万円(月)らしいです。

(定額制のところや、やりとりするたびに課金するところなどいろいろ)

女性と知り合って、メールするだけでお金がかかるんですよ。
(何度も言うけど、会える保障ナシ、そしてタイプの女性が来る保障もナシ)

だからやり取りが下手な男性は課金ばかりされて、

いつまでも女性と会うことすらできない人もいるんです。

それでいて中には「さくら」っていうのがいて、

そのさくらがまたややこしい。

さくらは元々会う気がない女性のことですが、

さくらはそこで活動することによって、

ポイントをゲットできる仕組みになっていたり、
(ポイントは換金できたりするからバイト感覚ですね)

はたまた、別のサイトに誘導して何かを売りつけたりと、

ちゃんと女性と出会うまでに、邪魔がうじゃうじゃいるわけです。

さくらに翻弄されたあげく、課金を繰り返しお金を搾取され、

最終的に女性と会うこともできない・・・ということも実際に起きている。

男性はそのような過酷で理不尽な状況下をかいくぐって、

なんとかちゃんと出会える素人の女性を捜し求めては、

日夜汗水たらして、必死で出会おうとしているのです。

一方女性はというと、無料で気軽に登録できるので、

バイト気分で登録しては、

お気楽に返事してみたりしなかったりしてるんです。

つまり女性はそもそも、

男性のように必死でやってるわけではないのです。

女性は登録しただけで、当日から男性からメールが来ます。

しかも男性からのメールが大量に来ます。

多い人で何百通、平均でも何十通のメールが来ます。

女性は鼻歌でも歌いながら、

来るメールの中から、写真を見て良い感じかどか、

メールのやりとりもまともであるかとか、

収入や職業もちゃんとしているかとか、

信用できそる人物であるか?

などたくさんの品定めをして、「良さげ」な男性が「いたら」

男性の誘いにOKを出して会って「あげる」のです。

はい、ここリピートしますよ。

「良さげ」な男性が「いたら会ってあげる」のです。

会うのをお願いするのは男性で、

会って「あげる」のは女性なんです。

これ、わかりますか?つまり男性はお金を払って

「必死に」女性を求めているんですよ。

いつ会えるともわからない女性を求めて、

お金をかけて労力をかけて、

多くの障害(さくらや詐欺まがいなヤカラ)を交わしながら、

必死のパッチで女性を求めているのです。

彼らのターゲットである女性は、優雅にお茶でも飲みながら、

どうせ無料だから♪どっちでもいいや♪

って超お気楽にメールのお返事を

空き時間にちょちょっとするだけ。

これ、あきらかに女性が男性を選んでいますよね?

私の友人(男)で、マッチングサイトで

嫁探しをしてる男がいるんですが、

いつも愚痴ってますよ。(っていうか嘆いている)

いつも男ばっかり金がかかって不利だ(ノДT)・・・・・と。

これは何もマッチングサイトだけの話じゃないんです。

ここに男女の関係性の縮図が現れてるだけなのです。

顔が見えない分、知らない人な分、

より一層欲望がわかりやすくあらわになっているんです。

考えてみてみてくださいよ。

収穫がないかもしれないのに、お金をかけて、労力、

しかもメールでコミュニケーションをとるという、

男性がもっとも苦手とすることを、

必死に工夫してやってるのですよ?

それ、なんでですか?

男性は、なんでそこまでするの?

答えは1つしかないでしょう?

困っているからですよ。

男性は困ってるんです。女性がいなくて困ってるの。

お金がかかっても苦労しても、

たとえ騙されるリスクがあったとしても、

それでも女性が欲しいんです。

欲しくて欲しくてたまらないから、お金も労力も使うの。

女性を渇望してるのですよ。

その一方で女性は気軽に経費もかけず、

遊び半分に近い気分でやってる。

この差を考えてみてください。

どっちががんばらないといけないことになってるか、

明白でしょう?

誰が困ってるの?

困ってるのは明らかに男性ですよ。

私はブログで何度も書いていますけど、

女性は男性がいなくても、さほど困らないんです。

多少困るかも知れませんが、

そんなの男性が困ってるその度合いに比較したら、微々たるものです。

つまり男性が選ぶどころか、同じ土俵にすら乗ってないって話なんです。

女性のほうが明らかに有利にできてるんですって話です。

こうなる理屈はテキスト に明確に書いています。

このテキストに書いた理屈は、

他のどの本やブログには載っていないオリジナルの理屈です。

なぜなら、私が神さまにお願いして、教えてもらった法則だからです。

これがわかったら、女性ががんばらなくていいということがわかっていきます。

とにかくですね、今日書いたことはものすごい重要なことです。

間違った情報を思考に入れないほうがいいですよ。


あなたが弥栄でありますように。


恋愛スキルがアップする男性心理のお勉強♪
メルマガ「たおやかLOVEセオリー」(登録無料)はこちら

婚活中のあなたへ↓
一生独身で終わらせないための効果的な7つの開運法



大阪・堺市の占い・幸粋事務所
http://www.rikopin.com/













いいね!した人  |  リブログ(0)

<たおやかLOVEセオリー>鑑定士・幸粋(コウスイ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります