• 16 Oct
    • 【2017秋アニメ】このはな奇譚 1話 感想

       本日は2017秋アニメ『このはな綺譚』1話の感想を私的に書いていきたいと思います。※ネタバレになるかもしれないのでご注意ください。  第一話『さくやこのはな』 神様に仕える狐っ娘たちが働く温泉宿『此花亭』  桜に囲まれており、良い所に建ってますね〜 主人公の柚ちゃんは修行のために、此花亭の中居にとなります。  柚ちゃんは観た感じ静かそうで幼い感じがあり、中居をやれるのか不安にはなりますが、頑張る姿など観ていくほど可愛さが増していきそうです。 アホ毛が良いですね〜 OPに入る前のシーンで目がくになる所も可愛いです 此花亭には見た目からも目を引く中居さんいるようです。 椿(女将)  女将というだけあって存在感が凄いですね〜 CVは緒方さんということもあり、声も素敵やなぁ〜と思ってしまいました。 桐(きり)<仲居頭>  金髪と衣装が凄く似合っており、見た目は凄くタイプです美しい感じはありますが、結構自分を持っている方で柚ちゃんを連れて行く所など観ていると、面白そうな部分もありそうですね〜 皐(さつき)  見た目は紫のロングで美しいのですが、話づらそうな感じが強いですね〜 棗(なつめ)  ボーイッシュな感じではありますが、凄く話しやすそうで頼りになりそうです。 蓮(れん)  なんかキラキラしているので、近寄りがたい所はありますが、実家とか凄く大きいところにすんでそうなキャラですね〜 心の中で思っている事がちょっと怖いよw 先輩に体を洗ってもらい、着付けを教えてくれたり皆優しい方のようです。 全員観てみると個性的で、今後はキャラそれぞれに焦点が当たる話があると嬉しい所ではあります 神様のお社の次お高台に此花亭が作られているのもあり、ベランダからの景色は絶景でした 柚ちゃんの教育係は皐ちゃんになり、この正反対の様な性格のふたりは早速仕事に取り掛かります。 柚ちゃんは床を磨きすぎたため、お客さんが転んでしまい、皐ちゃんには中居一人の問題は全員の問題と言われ、表情はキラキラしていましたが厳しさは少しは伝わったかと思います。 その後の皐ちゃんがいずれはやめるとか言っていましたが、何か過去とか、他にやりたい事などあるのかなぁ〜 気になる所ですね〜 転んだお客さんの元へ謝りに行くと、星が足りないので星を落としてくれと頼まれます。  柚ちゃんは石を投げ星を落としますが、お客さんはそれを見ているのが楽しかったので満足していました。 金平糖までくれるとは、いいお客さんやなぁ〜心が広すぎる方ですね〜 皐ちゃんはキレててw 柚ちゃんがお客さんに褒められたのも、皐ちゃんのおかげということで凄く尊敬してくれているようで、皐ちゃんも自分も面目だけでと言い半生しているようで、意外とこの2人はいい関係になれるかもですね〜 金平糖までくれるとは、いいお客さんやなぁ〜皐ちゃんはキレててw 次の日も柚ちゃんは皐ちゃんに怒られながらも仕事を頑張っています。 柚ちゃんは仲居頭の桐さんに別行動と言われ、本日の相方は桜ちゃんです。 櫻(さくら)  おとなしい感じが凄くあり、あんまり他人には興味がなさそうで、不思議ちゃんですね〜 皐ちゃんのとりあえず真似しておけと言われたので、柚ちゃんは櫻ちゃんについていきます。 櫻ちゃんについていくと、桜が凄くきれいな場所へたどり着きました。  凄く綺麗ですね〜 桜の花びらが舞っているが更に美しさを出していると思います。 櫻ちゃんだけにいい所知ってますね〜 櫻ちゃんといると時間がゆっくりに感じて、柚ちゃんが一瞬眠ったのも分かるわぁ〜 自分も観ていて、眠りそうになったわぁ〜w 柚ちゃんは桜ちゃんから花びらの首飾りをもらい、二人の仲は縮まったようです。 柚ちゃんと皐ちゃんは一緒の部屋で寝ることになります。  柚ちゃんが過去の事を思い出し、皐ちゃんが片目の涙を拭くシーンを観てですが、皐ちゃんが柚ちゃんの姉のような感じに観え、この二人の関係が好きになるシーンだったなぁ〜と思いました。 今後もこの二人の関係性には注目です。 個性豊かなメンバーの中で少しずつですが、柚ちゃんの成長も楽しめそうなので良い1話だったと思います。 結構風景に良いなぁ〜と思えた所があるので、私的には違う季節のバージョンも観てみたくなりました。     今回の記事はこのはな綺譚 1話の感想でした。   アニメランキング   

      NEW!

      11
      4
      テーマ:
  • 15 Oct
    • 作品別好きなキャラクターランキング【16】

       本日の記事は作品別好きなキャラクターランキングです。今回もTop3とその他好きなキャラを簡単に書きました。  作品別好きなキャラクターランキング【16】  今回挙げる作品は・・・ 【ハチミツとクローバー】です。 アニメ:第1期/2005年4月14日〜9月29日(全24話 + 未放送2話)    第2期/2006年6月29日〜9月14日(全12話) 好きなキャラクターベスト3女性:ー 男性:ー3位 森田 忍 ・見た目黒髪の喋ったりアホな事をしないのであれば、普通にイケメン ・性格天才というのはこの人の事をいうのかなというキャラをしており、変人な所もありますが、逆に面白いシーンを盛り上げてくれているので、私的には変人要素は重要かと思います。 天才とは言いますが、友達思いの温かいキャラなのもあり嫌いになれないですね〜 ・謎のバイト(過去)が分かる話からの変化2期で謎のバイトについて分かり、乗っ取られていた会社を取り返し父親の変わりに復讐を果たす事ができました。 しかし、森田さんは優しい性格なのもあり心にモヤモヤが残り、はぐちゃんが負傷したのもあり駆けつけ、そこではぐちゃんに言葉をかけますが、それは自分の優しさではなく弱さだとはぐちゃんに見抜かれ振られてしまいます。 この出来事によって森田さんは映画会社のデザインスタッフになり仕事を頑張っています。  2位 山田 あゆみ(あゆ) ・見た目茶毛のロングヘアーで可愛さもあり美しさもあり、ある部分も美しいなど言われていますが私的には美脚な部分に惹かれます。陶芸科で作品を作っている時のエプロン姿が良いですね〜 ・性格優しい性格で天然な部分が可愛らしく、大食い、酒乱、料理が下手など変わった部分も多く持っている。 ・恋愛の部分で作品を盛り上げてくれる真山くんにずっと恋心を抱いていますが、その真山くんは理花さんの事が好きで片思いが続く中での葛藤がまず第1にこの作品の恋愛要素を盛り上げてくれます。 話が進むとイケメンの野宮さんが登場し山田ちゃんにアプローチしていき徐々に心の変化が第2に恋愛要素を盛り上げてくれる要素だと思います。 女性はぐちゃんよりも山田ちゃんの話が気になる方が多いかと思います。 山田ちゃんの感情が凄く出たシーンは男性でも心に来るものはあるかと思います。 真山くんが山田ちゃんをおんぶして話シーンが凄く印象に残っています。 結局その恋模様はどうなったのかは最終的には分かりませんでしたが、楽しませて貰えました。 はぐちゃんはどちらかと言うと森田さんや竹本くんを新たな一歩を踏み出させるような存在だったようにも思えます。 ・声優が合っているCVは高橋 美佳子さんが声を当てていますが、高橋さんの声によって山田ちゃんの可愛さを更に出せている気がします。 1位 竹本 祐太 ・見た目灰色の髪が目立ち、目から非常に優しそうな感じが出ており派手さはないが、何か好きになれるような見た目をしている。 ・性格真面目な所や手先は器用な所など良い面も多いですが、真面目なだけに進路に悩んだり物語でも精神的な所で不器用な部分が見られ、逆にその部分があったから印象的なキャラになっていた。 ・自分探しの旅私的には竹本くんと言ったら、自転車で日本最北端の稚内まで自分探しの旅をしたシーンが一番印象に残っています。 その旅で修復士になりたいと思え実際には修復士になる事ができますが、手先が器用という理由で入学した中で自分でなりたい物を見つける事ができたのが凄く成長やなぁ〜と思いました。 竹本くんの周りには、はぐちゃん、森田さんなど天才と呼ばれる分類の方がいて、それを目の当たりにした竹本くんは何かしら影響を受け考えたりしますが、そのシーンが自分も特にこれと言った才能がないので、なんか竹本くんの気持が凄く分かるんですよね〜 この部分が自分に照らし合わせて見ることができるので、竹本くんが好きなキャラになっているのかもしれません。 ・ラストシーンの良さ大学を卒業した後は修復士となり、旅立つシーンがありますが、その際にはぐちゃんから四ツ葉のクローバー入りのはちみつサンドを貰い今までの思い出がよみがえって涙しながら食べるというシーンがいいシーンだなぁ〜と思ってしまいました。 竹本くんの大学で沢山の出来事がありやり残した事がないから、あのようなシーンになったのかなぁ〜とも思います。 タイトルにも合っている終わり方だったとも思え、観てよかったという気持ちになれました。  ランキング外(好きな順で書いています) 真山 巧 花本 はぐみ 六太郎 野宮 匠 しんさん 森田 馨 花本 修司 ローマイヤ先輩 山崎 一志 原田 理花 勅使河原 美和子 作品の概要は大きくまとめると美術大学を舞台に恋愛に不器用な様子や、進路(才能)に葛藤する姿が見れる作品です。 この作品は私は小学生の時に知ったのですが、その時は自分には合わなかったのですが、ハチクロのキャラに近い年齢の時に再び見た時に凄く感慨深い作品だなぁ〜と思えたのもあり、高校生や大学生にはオススメかと思えました。 私的にはYUKIさんのOPも凄く良いですが、挿入歌でスガシカオさんの曲が流れるのもすごく好きな点でもあります。   今回の記事は作品別好きなキャラクターランキング【16】でした。   アニメランキング  

      18
      テーマ:
  • 14 Oct
    • ウイニングイレブン2018 myClub【5】

       本日は『ウイニングイレブン2018』で新たに手に入れた選手(ガチャの結果)や戦績の方を書きたいと思います。 ウイニングイレブン2018 myClub【5】 ガチャの結果※レア度は以下のようになっています。ブロンズ → シルバー → ゴールド → ブラック画像は黒玉か特殊な選手が当たった場合に載せます。 トップエージェント FW・ソン フンミン(金) 本職は左のウイングやミッドフィルダーですが、スパーズでもFWで出場していたのもあり、ウイイレでもSTで使うことができるので、STで使っています。 ソンの加入により、前よりは点が入る試合が出来てきました。 しかし、相手DFが強い選手を持っている対戦相手が多く、ソンだけでは厳しいので、まだまだFW陣には問題ありです。 私的には、この選手は国籍は韓国ではありますが、アジアでは1番上手いプレーヤーだと思います。 特に日本人が持ってないようなミドルが打てるのが魅力かと思います。 レヴァークーゼン所属の時にミドルが上手いなぁ〜と思って見ており、なかなかお気に入りのプレーヤーでもありました。 Speed STARS・タイソン(金)・ベルトラン トラオレ(銀) Speed STARS Lv.1・パブロピアッティ(銀) National Team STARS・ヨドウォヴィエツ(銀)・ズート(金)・トセッリ(銀)・ファビアンオレジャナ(金)・ムーイ(銀) National Team STARS・ヨドウォヴィエツ(銀)・ズート(金)・トセッリ(銀)・ファビアンオレジャナ(金)・ムーイ(銀)Spanish Leahue STARS Lv.1・サミ・ケディラ(金)・ヒッツ(銀) ケディラ選手は総合値を見ると凄く高い感じはしませんが、スタミナであったり使ってみるといい働きをしてくれるので、レア度は金ではありますが、即戦力となります。 Best of September・ジェラール・ピケ(黒)  黒玉ですが、今作のピケさんは身長ぐらいしか評価できず、使った方は分かるかと思いますが、今作はCBにスピードが求められるかと思いますのでスピードがない時点で使い物にならないですね〜 黒ですが私的には銅玉を引いたのと同じ感覚です。 フォーメーション フォーメーションはそれほど変わりはないのですが、中盤にはボールを取れる選手を固めました。 ソン選手が入った事で、上手く中盤から顔を出す事ができ攻撃も少しだけ厚みを増しました。 また中盤にはボールを取れる選手で構成することによって、DFも少しだけ楽になったと思いました。 戦績  戦績は前回載せた時とほぼ変わらずです。 負けと平均失点が多いのはいかんですね〜​​​​​​​  今回はmyClubの進捗【5】でした。   サブカルランキング    

      8
      テーマ:
  • 13 Oct
    • お土産ありがとうございます(_ _)

       本日はお土産を頂いたので、紹介したいと思います。 今回はアニメの記事などを書かれ、モキエルさんからお土産を頂きました。 私自身、ブログをやっていて物を貰ったりや自分からプレゼントするなどやった事がなかったので、いい経験をさせて頂きました。  お土産の品 二次元の恋人  二次元の恋人かぁ〜毎期可愛いキャラが多いので考えてみると悩みますね〜 北海道のお土産で有名な物に名前が似てはいますが、自分自身食べたことはないですね〜 中身はホワイトチョコがサンドされたラングドシャです。白の袋に入ったのがプレーンで、黒の袋に入ったものがココアでした。 早速コーヒーのお供に美味しく頂いています。  NEW GAME! 涼風青葉 クリアファイル NEW GAME!グッズはカレンダーと青葉ちゃんのねんどろいどしか持っていなかったので凄く嬉しい一品です。 デザイン的にもオシャレでファンタジーな感じが出ており、何と言っても青葉ちゃんが可愛いです  ガヴリールドロップアウト クリアファイル ガヴリールドロップアウトのメインキャラが4人乗っており、天使と悪魔が分かりやすい感じになっており良いですね〜 ガヴちゃん意外が皆ポーズを決めていますが、ガヴちゃんだけはぎこち無い感じが本人らしさも出ており可愛いです  はじめてのギャル この作品はヒロインで金髪のゆかなちゃんが中身は意外と乙女と所が印象的な作品でした。 貼るのももったいないので、保管しておきます。  異世界食堂 店主 デカ缶バッチ 店主といえばダンディーで温かい所などあり、CVが諏訪部さんなのもありこの作品では好きなキャラの一人でした。 この缶バッチを見て思ったのは、よく店長のダンディーさを減らしすぎず残せたなぁ〜と思いました。  天使の3P! 紅葉谷 希美 デカ缶バッチ 天使の3Pでは鳥海ちゃんも好きですが、3人の中で言うと希美ちゃんが一番すきなので嬉しい一品です。 OPでウインクしているシーンだと思われますが、やっぱりバンドの3人は笑ったり喜んでいたりする表情が凄く可愛らしいので、良い所くり抜いてますね〜   私自身、アニメグッズはそれほど買う方ではないのですが、お土産という事で何が入っているか分からない楽しみと、モキエルさんがなるべく好きな作品の物を送ろうという気持を考えると、アニメという媒体を通しての繋がりを感じることができ良かったです。 改めて、お土産送っていただきありがとうございました(_ _)   今回はお土産を頂いて嬉しかったという記事でした。   

      15
      6
      1
      テーマ:
  • 12 Oct
    • ここ数ヶ月で聴いた曲

       本日は久々に音楽ネタを書いていこうと思います。以前は5月に行い、そこからは全然書いていなかったのもありますが、それからもいろんなアーティストさんの新曲など聴いてはいます。  シングルよりもどちらかというとアルバムの方が聴いているのが多く、最近はベストアルバムを結構聴いてるなぁ〜と思います。 シングル・アルバム・タイトル/アーティスト名  ChouCho ColleCtion "bouquet"/ChouChoアニメのOP、EDをよく歌われているChouChoさんのデビュー5周年ベストアルバムとなっています。 私的には観てないアニメ作品の曲を知れたので良かったです。 その知らなかった曲の中でも『Hello,Hello,Hello』という曲が凄く印象に残ってしまいました。   WANIMA出身県が同じではありますが、聴いて思ったのはこんないいバンドなら早く聴いておきたかったと思いました。 TVとかでは、ライブで盛り上がっているシーンがよくピックアップされていますが、曲を聴くとその理由が分かりました。 いま出ているシングルとアルバムを聴いてみましたが、私的にはカッコイイ曲では『TRACE』、元気が貰える曲では『CHARM』という曲が気に入りました。   SUMMERDELICS/GLAYカッコイイ曲が多く7月に出たアルバムということで、夏にあう曲も多い印象がありました。 夏と言えば甲子園とは言いますが、ダイヤのAのOPで使われた曲も入っているのもあり尚の事夏を感じてしまいました 『the other end of the globe』という曲はカッコ良さよりも先に壮大な感じが伝わってきており、このアルバムの中では一番印象に残り、聴けば聴くほど好きになっていく曲でした。 表紙は函館の豪華客船が止まっている近くの公園で撮ったそうですが、非常に綺麗だなぁ〜と思いました。 加工していないということをFF14の公式放送で言っていたので、観た時には、まじかよと驚きました   LiTTLE DEViL PARADE/LiSAアップテンポな曲が多いですが、『Blue Moon』、『TODAY』などの落ち着いた曲はLiSAさんの声良いなぁ〜や上手いなぁ〜と改めて思わされます。 LiSAさんのアルバムやシングルはいつも満足できる内容を提供してくれますね〜 だってアタシのヒーロー。/LiSAこちらはシングルで僕のヒーローアカデミア2期のEDでした。 『だってアタシのヒーロー』は夏アニメ好きなOP・EDで書いていたので、書きませんが、このシングルに入っている、『sweet friendship』は夏の感じを出せてそれを甘酸っぱい感じの曲でもあり良かったです。   All Time Best ハタモトヒロ/秦基博秦さんのデビュー10周年を記念した初のオールタイム・ベスト・アルバムということですが、自分は秦さんの曲は『グッバイ・アイザック』、『ひまわりの約束』ぐらいしか知らないニワカです。 聴いて思ったのは、歌詞が深く考えさせるような曲で凄く心に響いてくる感じが良いですね〜 特に『鱗』という曲が一番心に響きました。YouTubeで「鱗」と検索すると「鱗(うろこ)×「タッチ」「MIX」スペシャルMV -あの夏から26年-」というコラボがあり、タッチの絵とあっており感動しちゃいました。   ハイキュー!!COMPLETE BESTハイキューの3期までのOP、EDが収録された、ハイキューファンにはたまらないベストアルバムです。 言うまでもなくどの曲も作品とあっており、今聴いていると懐かしさも出てきますね〜 ハイキューのスピンオフ「ハイキュー!! リエーフ見参」のED『星をつかまえて』という曲は初めて聴いたのですが、聴けば聴くほどクセになり好きな曲です。   TYCOON/UVERworld2014年に発売された『0choir』から、3年ぶりのニューアルバムということで18曲(1時間19分)の凄く内容の濃いアルバムとなっています。 UVERworldのアルバムは入りから終わりまでの流れや構成が良く、今回もそれを感じてしまい聴き終わった凄く満足感が凄くありました。 その中でもサビの部分では『シリウス』、『ALL ALONE』という曲が好きですね〜 曲全体で言うと『一滴の影響』が青エクやPVの違うバージョンなど多く観ているだけあって、印象にも残っており歌詞も深いなぁ〜と思ってしまいます。   AWESOME BEST/BACK-ON 結成15年分の曲が詰め込まれたベストアルバムとなっています。 ディスク1は全シングルからでディスク2はアルバム、カップリング、ライブでよくやっている曲が入っています。 BACK-ONといえば多くのアニメの主題歌をやったりしており、ディスク1には聴いた事のある曲がたくさん入っています。 それもあり、聴いているとその時観ていたアニメの映像が頭に浮かびますね〜 アップテンポな曲が多いのもあり、気持を上げたい時など聴きたくなります ディスク2は知らない曲が幾つかありましたが、その曲も含め歌詞が魅力的だなぁ〜と思いました。 BACK-ONの良さが詰まりまくっているので、これからという人に是非聴いていただきたいですね〜    今回はここ数ヶ月で聴いた曲という記事でした。   音楽ランキング   

      10
      2
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 最近読んだ漫画

       本日は最近読んだ漫画について内容は凄く薄いですが、書いてみました。 銀の匙 Silver Spoon (14巻) 13巻が発売されてから長い空きがありましたが、8月18日に14巻の方が発売されました。 御影ちゃんの受験の結果、八軒くんと御影ちゃんの関係に進展がり盛り上がるシーンは多いかと思います。 また、八軒くんの進路にも少しの変化があり、見所が多い14巻となっています。 私的には八軒くんたちの高校生活も終わりを迎えるので、もう1〜2巻ぐらいで終わるのではないかと思っています。   カードキャプターさくら クリアカード編 (1〜3巻) 中学生となった桜ちゃんが集めたカードに異変が起こり再びカード集めを再開します。 桜ちゃんと小狼くんの関係が見ていて微笑ましく、桜ちゃんが小狼くんの事を思っていろいろしますが、それがまた凄く可愛いです 可愛いと言えば友人の知世ちゃんの作る衣装良いですね〜 1月からアニメの方も始まるので、楽しみです   ふらいんぐうぃっち (6巻) 新キャラが出ましたが、これまた個性的で見ていて面白いなぁ〜と思いました。 特に後半の真琴ちゃんと新キャラで行う変わった仕事が私的な見所です 次の巻の発売日が来年の夏ということなのが、内容も好きなので少し残念ではあります。   魔法使いの嫁(8巻) 8巻では今までにはない感じでチセとエリアスの仲が悪くなり、今までは少しずつですがお互いをわかり合ってきている感じが毎回あっただけに、これは今後の展開が気になります   血界戦線 Back 2 Back(3巻) 相変わらずハチャメチャやっており、特に最後のシーンが見所ですまだ2期を見ていいないので、早く観たいです  3月のライオン(13巻) 13巻では表紙の一番前にいる二階堂くんと宗谷名人との戦いが凄く熱いものがありました。 二階堂くんの戦いにかける思いなどみれ、今まで以上に良いキャラやなぁ〜と思えました。 14日からアニメ2期も始まるので非常に楽しみです  FAIRY TAIL(62巻) ナツとゼレフの最終決戦、アクノロギアの封印の方法など終わりが見えてきて次巻で終わると言うことで、盛り上がりがありますが、寂しい気持ちも出てきましたね〜 最終巻が発売され読んだら、好きな編やキャラについても書いていきたい所です。    今回は最近読んだ漫画という記事でした。   サブカルランキング   

      14
      2
      テーマ:
  • 10 Oct
    • キリンチャレンジカップ2017 日本VSハイチ

       本日は日本時間10日19:30からキリンチャレンジカップ2017日本VSハイチが行われ、映像で観た感想を私的に書きました。  先週の木曜にはニュージーランドと戦い、相手が引いて守るのを攻撃はできているもののなかなか点は取れず2−1と褒められるべき試合ではありませんでした。 ニュージーランド戦はハイライトしか観ていませんがメンバーもJが多めなのもありますし、何かおもしろい事が起きるかもと思い観てみようかなぁ〜と思いました。 ハイチのFIFAランキングを見たところ、現在は48位と日本は40位とあまり差がなかったので少し驚きました しかし、FIFAランキングもあってないようなものでそれだけでは強さは分からないので、何ともいえませんw 私的には11月の欧州遠征が楽しみですね〜10日にはブラジル、14日にはベルギーとサッカー好きにはたまらない組み合わせとなっており、国名を聞いただけで次から次に名前が出てくるのでワクワクしてます。   キリンチャレンジカップ2017 日本VSハイチ ※左がホームチーム ー 日本 ー ハイチ 日本代表スタメン 前半試合が始まると日本がボールを持ち、攻めていきます。 早速、浅野選手が中央のからシュートを打ちゴールとはなりませんが、良い立ち上がりです。 前半7分、日本は左サイドを崩すことができ、長友選手からのクロスに、倉田選手のヘディングシュートがネットを揺らしゴール!! 日本先制!! 倉田選手は前の試合に続きゴールとなかなか持ってますね〜 ガンバの選手なのもあり嬉しいです この得点により、杉本選手も積極的に打つシーンなど見られ、追加点が取れそうな気がしてきますね〜 日本はボールを持つと自分たちのやりたいようにボールを回せたり、いつもよりも歩いている選手などいて余裕が見られました。 それもあり前半17分、ワンタッチで相手を崩し、倉田選手が打ったシュートを相手キーパーが弾きこぼれた所を冷静に杉本選手がシュートし日本に2点目が入りました。 日本追加点!! このやられ方を観るとハイチは組織的なチームではないなぁ〜と思ってしまいました。 個人でどうにかしようとしているチームという感じで、日本にしてみれば凄まじく個人技が上手いわけでもないのでディフェンスがやりやすそうなのもあり退屈な試合になるだろうなぁ〜と思ってしまいました。 そんな事を思いながら観ていると、前半28分中央の空いたスペースを突かれ失点してしまいました。 ハイチ1点目 こんなにあっさり失点するとはこれは吉田選手いないと締まらないのかなぁ〜 このゴールによりハイチもシュートを打つシーンが増え、チャンスが増えてきました。 日本は攻撃を仕掛けるも3点目とは行かず、攻撃面に置いては良かったなと思える前半でした。 特に長友選手と小林選手のゲームの組み立て方が良かったです  後半日本は後半早々、選手交代をして原口選手と車屋選手をピッチに入れます。 後半はハイチの攻撃が前半に比べると増えてきたのもあり、後半8分、ペナルティーエリア前の中央からグラウンダーのシュートを打ちゴールネットを揺らしました。 ハイチ同点!! 前半もそうですが、中央から一瞬を付くプレーは組織力のある日本よりも、ハイチの方が冴えているかもしれませんでした。 またもや、吉田選手がいないと締まらないのかなぁ〜と思ってしまいました。 後半11分、小林選手に代えて井手口選手がピッチに入ります。 ハイチも勢に乗ってきたのもあり、ダイナミックな攻撃が目立ったりなんか個の力が活き始めており、日本の脆さが出てきました。 後半14分、倉田選手に代わり香川選手がピッチに入ります。 前回の香川選手は良くないプレーが目立ったのもあり、何か流れを変えれるプレーをして頂きたいですね〜 後半19分、杉本選手に代わり大迫選手がピッチに入ります。 日本はゴール前で細かいパスでチャンスを作ろうとし、大迫選手のキープ力なども活きてはいますが、追加点が遠いです。 フリーキックのシーンではトリッキーな形で相手を崩そうとしますが、上手くいかずいい流れが来ないですね〜 ハイチは日本とは違いゴールが狙えそうなら狙ってきているのもあり、日本ももう少し打って欲しいです!! 後半33分、ハイチは左サイドでフリーになった選手のミドルシュートが入り追加点を入れられてしまいました。 東口選手のポジションニングがズレていたのもありますが、そこを見逃さないのは相手選手ではありますが、関心しました。 強豪と戦った場合は一瞬の隙が命取りになるので、ほとんど知らない国でもできるので、ちょっとした部分での差というのは意外とサッカー選手では大きいかも知知れないかもと観ていて思いました。 ハイチ逆転!! 後半35分、乾選手に代わり武藤選手がピッチに入ります。 日本は井手口選手のミドルなどゴールを狙いますが、うまくいかず焦りも見えてきました。 アディショナルタイムに入り、車屋選手の抜け出しからマイナスのクロスを入れ、ボールは流れるも酒井選手がゴールへ流し込んだボールを香川選手が軌道を変えゴールとなりました。 日本同点!! なんとか、引き分けに持っていく事ができましたが、日本にとっては課題が多い試合となってしまいました。 結果3ー3 引き分け  得点者後半7分 倉田 秋(日本)後半17分 杉本 健勇(日本)前半28分 ラフランス(ハイチ)後半8分 ナゾノ(ハイチ)後半33分 ナゾノ(ハイチ)後半47分 香川 真司(日本) 何か起きるかと思えばと書いていましたが、ハイチが勝ちそうな展開になった時はハラハラして観ていて面白かったのもありますが、これでは欧州遠征ではボコボコにやられそうですね〜 しかし、私的な予想では欧州遠征では流石にCBを槙野選手ではなく、吉田選手にしてくれるとは思いますね〜  今回の記事はキリンチャレンジカップ2017 日本VSハイチの試合を見ての感想でした。   サッカーランキング   

      13
      2
      テーマ:
  • 09 Oct
    • FIFA18 The Journey【1】

       本日はFIFA18のストーリーモードにあたる『The Journey』について書いていきたいと思います。 今作のJourneyは内容も厚くなり面白味もましているので、チャプターごとに分けて書いていきたいと思います。 FIFA18 The Journey【1】 引き継ぎ前作をやっていると引き継ぎができ、前作で所属していたチームでスタートすることができます。  引き継ぎですので、能力値は少し上がっています。 カスタマイズ前作はカスタマイズはできませんでしたが、今作は服、外見、ユニフォームを着用時のアクセサリーなど設定することができます。   少しでも自分好みのハンターが作れる感じが良いですね〜また、鍵マークがある部分はストーリーを進めたりして、その条件を満たすと開放されます。  チャプター1『人生』アレックス・ハンターは休暇が終わりアメリカへ遠征へ行くに当たり、スタメンは約束されていないのもあり、選手たちにはハードな練習をすることになります。 休暇ではリオを訪れ子供たちとストリートサッカーをして、OPへ移ります。 OPはオシャンティーな感じでそれが、リオの雰囲気ともあっており良かったです   ストリートサッカーはこのワンシーンでしか、できませんが人数も少ない分これはこれで面白いです 子供たちのキック力が思いの他強くてワロタ 練習が終わるとTVの企画でハンターはレジェンド選手のリオ・ファーディナンドさんと対談をします。  その話の中で父の話や親友についての噂などを聞かれます。 対談が終わるとライバルもスタジオに来ておりそこで少し話しますが、ハンターの代理人の事を良い人物だとは思っていないようです。 アメリカでのプレシーズンマッチ初戦の相手は銀河系軍団のレアル・マドリードです。  対戦前にはC・ロナウド(神)に話しかけられハンターは凄く喜んでいました。 結果はハンターのチームが勝利します。 試合が終わるとユニフォーム交換をするとC・ロナウド(神)は冗談交じりでうちに来ないかと言います。 ハンターもジョーク交じりで言葉を交わし、C・ロナウド(神)は少しばかり仲良くなったようです。 決勝戦はメジャーリーグサッカーでは有名なLAギャラクシーです。 相手は誰であろうと力を発揮した結果、見事ハンターたちは優勝することができました。  プレシーズンマッチは終わり、シカゴへの移動の際に時間を作り、ハンターはロサンゼルスにいる父と直接会い今何をしているのかを聞きます。  ハンター父は現在はスカウトをやっているようで、途中携帯にキムという女性から連絡があり、これも帰らない理由ではないかと言いハンターはあまりいい思いができなく話しは終わりました。 シカゴではMLSオールスターとの試合があり、勝利することができました。 ハンターたちはプレシーズンは最高の結果でしたので、いい感じでシーズン開幕を迎える事ができそうです。   今回はFIFA18 The Journey【1】という記事でした。   サブカルランキング   

      13
      テーマ:
  • 08 Oct
    • 2017年夏アニメ私的ランキング【番外編】

       本日は昨日も書いていたように、ランキングには入らなかったですが私的に好きな作品を挙げていきます。 順番としては私的に好きな作品順に書いています。 ※ランキングとして挙がるアニメは2クールものも入れております。 2017年夏アニメ私的ランキング【番外編】     境界のRINNE第3シリーズ 全25話  ❏毎回飽きないような面白さ2017年春アニメから第3シリーズが始まったのですが、どの話も安定感がすごくあり、毎週の楽しみになっていました。 キャラがまた少し増えたことにより面白さも厚みが増していました。 ❏新キャラが魅力的新キャラで言うとアネット先生やりんねの母が印象的でした。 アネット先生こと姉祭・アネット・瞳は登場してからは頻繁に登場し、私的には面白いキャラの印象が強いです。 CVが沢城みゆきさんというのも凄く役に合っており良いキャラしてました。 りんねの母に関しては消息を絶った理由が判明したりだの見所が多かったです。転生した後の苺ちゃんのキャラも面白く、CVの林原めぐみさんが合いすぎている。 ❏最終話でのりんねと桜ちゃんの関係性の良さが分かる話2期もりんねと桜ちゃんがピックアップされた話で終わり境界のRINNEといえばやはりこの二人のあってこその話だと思うので、私的には3期の終わらせ方は凄く好きです。 ❏ED1が特に好きだったEDの方は2の方もりんねと桜ちゃんがお似合いやなと思わせる点は変わらないのですが、ED1の『スキナノカナ』という曲は歌詞が分かりやすいのもあり気持がダイレクトで伝わってくる点でも印象的でした。 ❏エンドカードの桜ちゃんの可愛さがぱないエンドカードは毎回同じですが、桜ちゃん好きにはたまらない絵なので飽きが来ませんね~   賭ケグルイ全12話  ❏世界観に惹かれる私立百花王学園は、実は生徒の序列をギャンブルで決めるという掟が支配する学園というおかしな設定ですが、話が進んでいくごとにこの設定の良さは出てくると思います。 ❏個性豊かなキャラクターたち放送が始まって少し時間が経った後に観たのですが、私的には個性豊かなキャラクターに惹かれました。 また、顔芸が凄く面白いのですが、心境がすぐに分かるので作品に合っていると思います。 キャラに関しては特に夢子ちゃん、芽亜里ちゃん、ユメミちゃんが好きです。 夢子ちゃんはギャンブルがやりたくてしょうがなくおかしな子ではありますが、徐々に惹かれていきますね~私的には話の所々で可愛い夢子ちゃんが時々出ておりギャップにもやられたというわけです。 芽亜里ちゃんは見た目でいうと夢子ちゃんよりは好きなのですが、最初の話での性格的な部分での印象は私的には悪かったです。しかし、徐々に夢子ちゃんに協力してくれ本人は口にしませんが、少しずつ仲良くなって少し頼もしい感じも出てきたので、途中から私の中での芽亜里ちゃんの株が上がりましたね~ ユメミちゃんは見た目が非常に好きなキャラでした。アイドルと言うことでCVの芹澤優さんのキャラが合いすぎています!!ユメミちゃんの存在があったので夢子ちゃんのアイドル姿が見る事ができ一石二鳥ですね~ まぁ~全部のキャラに言えることはCVが合いすぎています!! ❏ギャンブルの内容が面白いルール自体は面白そうで、相手はイカサマを使うことが多いのですが、逆にそれを破っていく夢子ちゃんを観るのが好きなのでどうなるのだろうと観ているこちらがハラハラすることができ良いですね~ ❏曲が耳に残るOPに関しては、曲の独特のリズムなどクセになる部分が多いです。 EDは声優が豪華だなと思えるのと魂がこもった力強いサビが良いですね~   ゲーマーズ!全11話  ❏主人公意外のキャラが魅力的主人公はOVAのような展開の最終話まで観ましたが、好きにはなれなかったですが、他のキャラは見ていくほどに好きな所が多くなりました。 ❏花憐ちゃんの壊れようが最高見た目も好きですが、主人公の景太くんに一目惚れしてからのキャラの崩れようが今までのキャラとのギャップで凄く可愛なぁ~と思ってしまいました。 一目惚れしてからは寝る時にまで景太くんの事を考え、どうしたらいいのかわからなくなっている所が可愛すぎました 私的にはデート回が印象に残っており、誘う所から遊ぶところまで、花憐ちゃんの魅力がつまりまくっていたと思います。 ❏亜久里ちゃんの可愛さ天然な所はありますが、亜久里ちゃんはこの作品を観ていく内に徐々に好きになっていきました。 仕草が可愛いのも良いですね~ ラブラブ半生ゲームや10話での対応なども凄く面白かったのですが、全話観てから思うのが、祐くんが好きになった理由が分かった話が単純な理由ではありますが、温かみがあり良かったです。 ❏祐くんの面白さリアクションだったりが凄く面白く、笑いのシーンでは祐くんがどんな表情するのかなど毎回気になっていました。 主人公よりも私的には主人公に見えるシーンが多々ありました。 ❏ゲームにガッツリ触れるストーリーかと思いきや違う方向に主要メンバーを中心に勘違いをしながら話が進んでいく展開が、毎回笑え私的には笑いの要素のあるアニメは好きなのでこの予想もしなかった展開が良かったです。 ❏曲、BGMが作品を意識しているOPや後半へ移る時のBGMがタイトルを意識している点がナイスです OPは曲の最初やサビが印象に残り、絵に関しては皆が知っているであろうゲームであったりが、登場し私的には見がいがあるOPでした。    天使の3P! 全12話  ❏可愛さ以外にも魅力がある天使の3Pは観るまでは、私的にはあまりにもキラキラしていた作品なのもあり注目していなかったのですが、いざ観てみるとキャラクターは予想したとおりに可愛かったのですが、楽器を弾く理由や家族を大切にするところなど可愛さではない部分でも惹かれる所がありました。 主要キャラの3人の笑っている姿は癒やされますね~ ❏桜花ちゃん可愛すぎ桜花ちゃんは登場した時は普通の可愛いギャルかなと思いましたが、それには理由があったりと人間的に惹かれる部分が多かったです。 髪型であったり見た目も良いですが、ツンデレさんな所もたまらんですね~ パン屋での制服姿は毎日通いたくなるレベルですw 後半辺りからは釣りの人というイメージがあり凄く登場が多くはありませんが、その少ない中でも良いキャラしてました。 CVが伊藤かな恵ちゃんなのは言うまでもなくキャラと合いすぎて最高 ❏自分はぞみちゃん派主要3キャラはどの子も魅力的ですが、私的にはベース担当ぞみちゃんこと希美ちゃんが気に入っています。 強気な所はありますが、素直な所もありそのギャップが良いです 見た目は3人の中では一番大人な感じがして可愛さの中にも少しだけ美しさがある所も好きですわぁ〜 私的に希美ちゃんの一番の見所は6話でのイギリスに行くかを決めるかの話です。 あの話は最終的にはやっぱり3人は常に一緒にいてなんぼとことが分かるような話でEDの絵とかもそれを思わせてくれて良かったです。 ❏OP、EDも良いですが作中の曲も良い小学生がバンドをやるのがテーマになっているかと思いますので、作中の曲も非常に良いなぁ~と思わせてくるあたりが好きですね~先程も書いたように、バンドのメンバーでは希美ちゃんが一番お気に入りなので、カッコイイ声になっている希美ちゃんの声が多く聴けるEDがやっぱり好きですね~EDは曲自体もクールであったり、カッコ良さが出ているので好んでいる所はあるかと思います。   徒然チルドレン全12話  ❏いろんなキャラの恋模様いろんなキャラの恋模様が描かれており、結局どのキャラも観ているとどうなるのかなと気になり出します。 今期の短い時間でのアニメでは一番好きな作品でした。 ❏菅原くん&高野ちゃんの関係性が良い私的には菅原くん&高野ちゃんカップリングが観ていて好きでした。 菅原くんはいい所までいきますが、結局は思いを言えずに終わり、本人の優しさもあり、見ていて応援したくなります 高野ちゃん徐々に菅原くんの事を意識する姿が可愛いです。 徐々に縮まりつつある関係が良いですね~ ❏亮子ちゃんの可愛さ不良少女のキャラですが、生徒会長がいい感じに弱みがでるような事をして可愛い所を見せてくれるので観ているこちらとしては生徒会長ナイスだと言いたいですね~  ❏小悪魔的な部分を演じるのが上手い 由紀ちゃんはよく、古屋くんに小悪魔的な事をしますが、そこでのCV花澤香菜さんがキャラと合いすぎており、この作品では私的には目立っていました。 毎回由紀ちゃんの話では花澤さん上手いなぁ〜と思いながら観ていました。   神撃のバハムート VIRGIN SOUL全24話  ❏前作にも引きを取らないストーリー前作でも人神魔の戦いで、今作もそんな感じで似ている部分はありますが、話数も多いですしキャラを深掘りできるのもあり前作よりもパワーアップして帰ってきて毎話楽しめました。 前作登場したキャラもいるので、前作を観ている方は観て損はないと思います。 ❏主人公のニーナちゃんが凄く魅力的見た目というよりは明るい性格でガサツな所はありますが、主人公らしい所もあり良いキャラしています。 ニーナちゃんはイケメンに抱きしめられるとドラゴンになってしまいますが、イケメンを見た時に顔を赤くする姿は可愛いです。 後々シャリオスさんに恋している事を実感し乙女な部分など多く見れ、前作にはない要素があり作品の違いを生み出してくれていました。 その他にもニーナちゃんはいろいんな方たちと出会い成長していく姿は観ていて飽きが来ませんでした。 ❏作画が綺麗前作同様に今作も絵が綺麗だなぁ~と思わせてくれ、ニーナちゃんの故郷の景色など見所が多かったです。 ❏EDが良いEDは1クール目も2クール目もDAOKOさんの曲で、独特な世界観と絵がマッチしており好きなEDでした。 ED1に関しては可愛らしい絵とポップな感じが曲と合っていました。 ED2はニーナちゃんとシャリオスさんがお似合いだなぁ~と思わせており作中でも踊るシーンはありますが、EDだけの衣装ということもあり好きなEDです。   異世界食堂全12話  ❏七日に1回異世界とつながる設定毎日は異世界に繋がっていなく、七日に一度という限定感が非常に良いですね~ 限定というと最終話での29日には、いつもは味噌汁の所をとん汁を振る舞うという部分も限定感があり好きでした。 洋食ねこやとは看板をさげており、ツッコミ所はあるかもしれませんが雰囲気的にも良いお店です ❏それぞれのキャラと食を通してのつながり毎回食べ物を出して自分の故郷を思い出したり、ねこやに辿り着くまでの物語が良かったです。 ねこやでのお客さん同士の交流もあり、何度か同じキャラが登場していても飽きなかったです。 文化の違いみたいなのも見れ、私達が一般的に食べている物の良さを改めて気づかせてくれた。 ❏ねこやの温かさねこやは店主がどの種族に対しても的確に判断しそれだけでも魅力的なのですが、人としても心が広く頼もしさが良いですね~ 食べた方を満足させ温かいなぁ~と思えるシーンが多くみんながねこやの常連のなるのも分かります。 店主や店自体が温かいのも先代から受け継がれており、そこもちょこちょこ紹介しているあたりも私的には好きな展開です。 ❏飯テロシーンいうまでもなく食事シーンは、見ているこちらも非常にお腹が減ってきます。 女性キャラが見せる食べている時の幸せそうな顔は見ていてたまりませんね~ ❏EDが更に作品の温かみを出せている温かい作品が終わった後にEDの優しい感じの曲がなんとも心地が良く、毎回EDは飛ばせないですね~   ナイツ&マジック全13話  ❏エルくんが魅力的過ぎるエルくんは男の娘と呼ばれてもおかしくない感じで、分かってはいても可愛いです。 CVの高橋李衣さんは非常にエルくんの良さを出すことができていました。 エルくんの話し方なんかクセになるんだよなぁ~ ❏キッドとお姫様の関係後半のお話になるのですが、キッドと出会う事によってお姫様の心境の変化などが面白いものがありました。 キッドがお姫様を助けるシーンはカッコイイなぁ〜と思わされました。 ❏進化していくシルエットナイトエルくんが新しいのができたと思ったら、また新しいのを考えたりとエルくんの凄さを感じながら、ロボットはそれほど好きではないのですが楽しめました。 ❏OP、EDが良いOPは特に入りの部分が癖になり歌っているグループがfhánaさんなのでテンション上がります、EDはアディの思いが分かる歌詞が良いですね~   ナナマル サンバツ全12話  ❏クイズは奥が深いクイズの基礎固め、問題の確定ポイント、ボタンの押し方など、どの話でも新たな発見があるので面白いですし、スポーツにも近いなぁ~と思いクイズの凄さを見ることができました。 ❏あるキャラを除いては魅力的主人公の識くんはクイズ初心者で知らないことが多いのもあり、観ている側としては一緒に学んでいる感じが良いですね~ 識くんは後半になるほど才能を活かすシーンがあり驚かされることが多々あります。私的にはキャラでいうと特に識くんのライバルの御来屋くんといつもは目をつぶっている新名先輩が気に入っています。 御来屋くんは最初の時は厳しくて突っかかりにくい感じがしましたが、話が進むとそういう一面もあるのねと思わせる部分があり、そういう部分が見え始めてからは御来屋くん視点での話も観たくなりました。 識くんとは得意な分野も真逆と言っていいほど違い、その点でも良いライバル関係です 新名先輩はクイズの問題を読んだり会場の盛り上げ方がうまく、優しい方という印象が強かったのですが、後半は普段見せないような一面が見れその部分で私的には新名先輩の株がグッと上がり、最終回まで観て、この作品で一番すきなキャラになりました。 明良くんがマナーのよろしくないプレーなどをしているのを観て、怒るシーンは目が開いていたシーンは驚きです しかし、怒った後の対応が温かくもあり長い目で明良くんがクイ研にいつでも戻ってきていいよ的な対応も器が広い方だなぁ~と思え人とし素晴らしい方だともいました。 ヒロインに関しては今後も物語を通して重要なキャラなのもあり、見た目や性格も凄く好きになるポイントが多いのですが、CVがこの作品の戦犯と言ってほど声が浮きすぎていてダメすぎでした。 この作品のアフレコ時の映像はカラー付きらしく、環境も良いみたいです。 よくある道具だけはいっちょまえに揃えても、実力が伴っていないパターンですね~ 感情が入っているシーンもこれ本職が声優さんの方がやればもっと伝わるのになぁ~と思ったり常にヒロインのCVに対しては残念でした ❏『Mrs. GREEN APPLE』良いねOPの『On My MiND』を歌っているグループで気になって他のPVを聴いてみた所、聞けば聞くほどクセになり好きになっていく感じの曲が多く良いグループやなぁ~と思えました。 年齢を見たところまだ若いのもあり、今後も伸びていきそうですね~ 調べていくと遊戯王アークファイブのED4の『Speaking』という曲も歌っており、アークファイブは観ていたので、意外と聴いていましたw   アホガール全12話  ❏毎回笑えるシーンが多いギャグやアホやおかしいキャラが多いので毎回笑えます。 またアニメ自体の時間が短いので、飽きが来にくいのと話のテンポが良い ❏さやかちゃんの輝きアホやおかしなキャラが多いので、一番常識人のさやかちゃんが輝いています。この作品では天使のような存在でした。 犬を自慢する姿は凄く可愛いかったです。 そんなさやかちゃんも酔っ払うとキャラが反転する所は驚きです ❏OPがクセになる特にバナナは夜食の歌詞が凄く耳に残りますね~   おまけ異世界はスマートフォンとともに。全12話  この作品は1話を観て、面白いかもと思いましたが、まぁ~主人公の冬夜さんが女性の事でしか苦戦する所がなく、つまらない存在になっていました。 ❏琥珀ちゃん可愛すぎ琥珀ちゃんは冬夜さんが初めて召喚した召喚獣で神獣という、すごい存在なのですが、見た目が大きく怖そうなのもあり、子供の虎のような姿になります。 この子供の虎の姿が非常に可愛らしく、話し方も可愛くなり観ていてなでなでしたくなりました。 ぬいぐるみ化して欲しいですね~ ❏女性キャラは可愛い女性キャラに関しては見た目、性格からもいろんなタイプがいてよかったと思います。 私的にはユミナちゃんの見た目と一途な所からでる行動など好きでした。    今回挙げた以外にもいくつか観ており、春アニメよりは本数は多かったです。 魔法陣グルグルはまだ続いていますが、作品自体毎回面白いので今後も期待です。 ポケモンなども含めるなら30近くも観ていましたw 秋アニメも楽しめそうな作品は多数ありそうなので、いろんな作品を観ていこうと思います。  ♢過去の私的ランキングリンクhttps://rikopintomatosa104.amebaownd.com/posts/categories/710471  今回は2017年夏アニメ私的ランキング【番外編】という記事でした。   アニメランキング   

      22
      4
      テーマ:
  • 07 Oct
    • 2017年夏アニメ私的ランキング

       本日は2017夏アニメの方が私が見ている作品は見終わったという事で、いつものように私的ランキングを書いていきたいと思います。 ※私のランキングの方は毎回1〜3位を上げる形で、それ以外の好きな作品は番外編という形で後日出します。 決める部分はストーリー、キャラ、OP・EDなど自分が観たアニメの全体を観て決めました。あとは自分の気持に従って書いてみたという感じです。※ランキングとして挙がるアニメは2クールものも入れております。 2017年夏アニメ私的ランキング    3位  NEW GAME!!全12話   ❏2期は前半の話がリアルになっている  特に話が重い(リアル)話しは『PECO』のキャラクターのコンペとキービジュアルのところだと思います。 青葉ちゃんも辛い感じたとは思いますが、原作でもそうですがただ可愛いキャラ達が楽しくゲームができましたみたいな感じではなく、ちゃんと辛い部分なども避けずに描いているのは逆に惹かれる点でもあったかと思います。  ❏既存のキャラに加え、新キャラもいい味を出している  キャラに関しては既存のキャラ、新キャラのほたるちゃんや紅葉ちゃん、ツバメちゃんがいい味を出していました。 私的にはこの2期では青葉ちゃん、ねねっち、ツバメちゃん、ひふみちゃん、コウさんが印象に残りました。 後半に入るまでは結構ゆんちゃん、はじめちゃんの関わる話もあり、葉月さんなどにも1期よりは焦点が当たっているのも私的には良かったです  ❏青葉ちゃんの成長  青葉ちゃんは1期同様に一番すきなキャラで、可愛い所など多いのは変わらなかったのですが、今期は今まで以上に成長できたかと思います。 山場はやはり『PECO』のキャラクターコンペとキービジュアルの件だと思います。 師匠であるコウさんに青葉ちゃんは『PECO』のコンペでは勝つことができますが、青葉ちゃんはコウさんの事を考えるとつらい気持ちになっていました。 そんな中、コウさんにデザインの事で相談した時に、本人もコンペで自分の絵について色々と言われたのもありつい青葉ちゃんの言葉に対してカッとなってしまい仲が悪くなってしまいます。 しかし、青葉ちゃんとコウさんは周りには支えてくれる人たちがいるので、自分たちで納得し更に青葉ちゃんとコウさんの距離が縮まりお互い成長できた点が良かったです。 キービジュアルでは上の人からも選ばれないのは分かってはいますが、青葉ちゃんからコンペをやってくれとお願いしコウさんと勝負になる展開は青葉ちゃんのこの作品にかける熱い思いが見れました 全力は尽くしますがコンペではやはりコウさんが選ばれ、決まる前にコウさんの絵を見て実力の差をしり涙するシーンは悔しさが凄く見え今後も成長がすごく見れそうだなぁ~と思えました。 青葉ちゃんのキービジュアルが完成するのを見届けていたコウさんを見ていい上司(師匠)やなぁ~と思ってしまいました。  ❏ねねっちはMVP級の活躍  ねねっちは前半でもうみこさんとの関係は見ていて面白いものがあり、パフェのシーンは今でもたまに観たくなります。 後半になると紅葉ちゃんやツバメちゃんが研修で来る話がありますが、そのでもねねっちもいろいろと苦戦はしますが、青葉ちゃんよりは目立っていたと思います。 ツバメちゃんと関係性が悪くなりますが、ミスを助けるシーンがあり、そこでのねねっちの対応が大人やなぁ~と思いました。 そこにはツバメちゃんが今まで嫌いなのもありますが、どうしてもイーグルジャンプで働きたい理由を知ったのもあり応援したくなったそうからと、ツバメちゃんの事情を知ってからの行動ではありますがねねっちの優しさと打ち解けようとする前向きな所が非常に素晴らしいなぁ~と思いました。 ねねっちも本格的に働くようになって、仕事に慣れてきたら好き嫌いという感じではなく嫌いを少しでも好きに近づけることができ、誰からも頼られる存在になってそうですね~ ねねっちがプログラマーを諦めずコツコツやって行けているのもこういう性格だからかもしれませんね~ 1期では可愛いが騒がしい感じの子ですが、違う所で深みが出たと思います。  ❏ツバメちゃんの魅力を引き出せている  ツバメちゃんに関してはこの作品の中では新キャラでは一番すきなキャラです。 髪型、猫みたいな表情、エプロン姿が凄く可愛いです CVの大和田仁美さんがキャラに合いすぎており、語尾とかによく~すと言いますが凄くクセになりますね~ ツバメちゃんはねねっちの部分で書いたように実家が旅館をしているので、プログラマーになることを反対されていたのもあり、自分でバイトして生活しているのもあり、絶対に第一志望のイーグルジャンプに入るんだと強い気持を持っている所は魅力的です。 強い気持を持っているせいで変な意地が出てしまい、ねねっちに『コネ入社』じゃんと言ってしまい、関係が悪くなりここで嫌いになる方が多数だとは思います。 しかし、私的には原作を読んでいるのもあり、アニメでもどれだけ観ている方をコイツ何なんやんと思わせる事ができるのかが重要だと思っており、CVの大和田仁美さんがキャラに合っているのもあり、ツバメちゃんの嫌な一面を凄く出せていてこのシーンのできが良かったのもあり、逆にツバメちゃんが原作を見ているときより好きになりました。 うざさが凄く出ていた所は私的には評価しているということですね〜  ❏ひふみちゃん可愛いわぁ~  ひふみちゃんも比較的に前作よりも印象に残るようなシーンを残してくれて観ている側も非常に楽しめました。 青葉ちゃんを陰ながらサポートする姿やキャラ班リーダーに昇進してからは、今までの自分よりも変わろうと頑張る姿が本人は必死ですが笑えたり凄く可愛いいです。 話しかけるタイミングが掴めずいきなり話したり、紅葉ちゃんの事を知ろうと自分のペットを必死に紹介して最後には猫のもずくちゃんを連れてくるも紅葉ちゃんがいないという所は笑えました  ❏コウさんの新たな一歩  コウさんはPECOでの青葉ちゃんがキービジュアルを作成している姿を観て、フランスに行きゲームを作りたい気持になります。 最終話では実現し、今後のイーグルジャンプや青葉ちゃんは果たしてやっていけるのだろうかなどコウさんに会えないとなる事自体寂びしさもありますが、常に高見を目指す姿勢が凄いプロフェッショナルだなぁ~と思えカッいい感じはしました。  ❏OP、EDは可愛らしい OP、EDに関してはどちらも可愛らしく、EDに関してはPECOの世界観を出せていた絵だったのもあり毎回聴いていて飽きませんでした。 EDは研修生が入ってきた話では『ユメイロコンパス』という曲に変わりましたが、1期でもあった白の衣装がまた見れ私的には嬉しかったです このEDの絵ですが、欲を言えばツバメちゃんも入れてほしかったですね~ これはねねっち好きの方も同じ事を思っている方がいるかもしれません。    2位  サクラクエスト全25話   ❏先の見えない町おこしストーリが面白い  1年間国王をやることになった由乃ちゃんと4人の大臣を中心に町おこしをするわけですが、毎回何をやるにも問題が多く、前半は特に諦めそうになるシーンもありますが、自分たちのストロングポイントを出しながら答えのない問題に対して少しでも良い方向に持っていこうとする所が面白くもあり元気が貰えます 2クール目の『三種の祭具』集めという展開はタイトルを回収するかのようで良かったです  ❏国王と4人の大臣が魅力的 国王と4人の大臣皆に共通するのは、物語を通して成長する姿が魅力的です。 各キャラ1クール、2クールで焦点の当たる話があるかと思います。 2クールに目に関しては他キャラに大臣たちが付随してという感じでは多々ありますが、キャラ自体は成長しているので良いかと思います。  ❏国王の魅力  由乃ちゃんは就職活動中に登録している派遣会社から依頼を受け、すぐに終わるバイトかと思い国王となりますが、最初は帰ることばかり考えていましたが、仲間や仕事を通しての人との出会いにより国王として頑張ることを決めました。 見た目はピンク色の髪でモデルもやった事があるとか言っていたのもあり可愛い美少女です。 見た目は美少女ですがそれには見えないような対応があるので、この作品ではそれほどの美人とかではないのかなぁ~と思ってしまうことが私的にはありました。 服、水着姿、人に好かれるような部分もあるので、私的にはめちゃくちゃ可愛いと思うけどなぁ~ 髪を結んでいたり、デコを出したりしている髪型もこの作品のキャラの中では一番好きですね〜 CVは七瀬彩夏さんと言うことで、詳しくはないのですが、伊藤かな恵ちゃんを思い出させるような印象的な声で私的にはキャラにピッタリでした。 ついP.A.WORKSさんの作品というのもあり、他の作品を思い出してしまいます。 性格は優しいく常に前に進むと決めたら後先を考えず進んで行く所があり主人公らしい部分もあり見所が多いキャラクターです。 感情が豊かなのもあり、結構凹んだりしちゃいますが、そこで毎回成長しているのでメンタルは案外強いかともいます。 由乃ちゃんはほとんどの回で登場しており、見所はたくさんありますが、最終的には間野山の人たちを納得させますが、それまでの流れを考えると凄いなぁ~と思ってしまいます。 また、言うことも最初の頃とは変わりこの短期間での成長が凄いなぁ~と思ってしまいました。 間野山での活動を終えた後も、国王をやっているようでしたので、自分のやりたい事が見つけられたのも良かったです  ❏とりもち大臣の魅力  しおりちゃんは喋る方ではないのですが明るく優しくそれに過程的な所までありほわほわした感じが可愛らしいキャラクターです。 主婦力も高いので、エプロン姿がすごく似合っています。 しおりちゃんは自分の故郷が大好きでそこからも性格の良さが見れれます。 仕事では由乃ちゃんが里帰りをしている間も、間野山のために仕事をしていて頑張り屋で凄く頼れます。 『だんないよ』という言葉をよく言っていますが、富山弁で『大丈夫、問題ない』という時に使うようで、しおりちゃんみたいな可愛い子がいうので尚の事印象に残ってしまいます。 しおりちゃんの笑顔はほんと輝きがすごく、見ているこちらは癒やされたり元気が貰えますね〜 しおりちゃんの話では、間野山の映画を撮るということになり、古い民家を燃やしてしまう事になります。 その際に、思い出のある家だったのもありいい表情はしていませんが、最終的には由乃ちゃんのサプライズによって納得した話が印象に残っており、由乃ちゃんと喧嘩気味になっていてお互いを認め仲直りする展開も良かったです。 それと、料理の話ではしおりちゃんがなんとかしてみますということで、いつもとは違うリーダーシップのあるしおりちゃんがカッコ良かったです  ❏ガテン大臣の魅力  真希ちゃんは短髪でカッコイイ女性という感じで、いろんなバイトをしているのもあり、裁縫やテントを立てたりなど器用なところでもカッコ良さを感じています。 真希ちゃんは酔っ払うといつもとは違う一面が見れ、あのシーンは笑っちゃいました 真希ちゃんは不仲な父との関係や役者を続けていくのかで悩んでいる姿が話の中でもあり、自分が役を演じるのが好きだった時の気持を取り戻すというのが印象的でした。 不仲な父ですが、真希ちゃんを陰ながら応援しており、楽しむという気持を忘れてほしくないと意外と良い人な所が多く、徐々に関係がいい方向に向かっていくのは良かったです 父への気持を劇にするのもナイスすぎる 皆の後押しもあり再び演じる楽しさを思い出した、真希ちゃんは最終的には劇団を設立し、自分の好きを突き詰めていく環境ができて良かったです。 真希ちゃんがでている、演劇ですが作中では短い感じでしたが、内容も真希ちゃんの役になりきっている姿が良かったのもありもっと見たいなぁ~と思ってしまいました。  ❏IT大臣のの魅力  早苗さんはメンバーの中ではITに詳しく知的な感じが強く、仕事をしている時はカッコいい良いお姉さんに見えました。 スタイルが良いので、たまに恥ずかしい思いもしている点は観ている側からすると嬉しい部分ではあります。 私的にはみかこしが声を当てているのが一番の魅力です 由乃ちゃんと初めて合った時に虫を見て悲鳴を上げるなど面白い一面もなかなか好きです。 早苗さんは木彫りの辰男さんや教授との出会によって、自分が過労で入院しIターンで間野山に来た事が本当に正しかったのか悩んだり考えたりするシーンがあります。 しかし、自分たちの活動を通して自分の選択が良かったのだと気づいていく所が良いなぁ~と思います。 じいさん、ばあさんたちにITを使わせる展開でも良いじゃんと思えますが、高見沢さんと協力して『まのやまデマンドバス』を運行させたりする展開(対応)が早く良い意味で驚かされました 最終回では地域コンサルティングの事務所を開設したようで、間野山が凄く気に入っていたのだと分かります。  ❏UMA大臣の魅力  凛々子ちゃんは無口で不思議ちゃんな感じはしますが、ゆるフワの服と髪型が合っており、不意に何かを言ったり仕草が可愛い所があり話が進むほどに魅力が増えていくキャラでした。 凛々子ちゃんは自分の興味があることを歌で皆に発信したり、異国の人との出会いで目標ができたり初期と比べると変わりました。 龍のお話では凛々子ちゃんの本心が分かったり、歌うシーンでの歌声は美しさがあり聴き入ってしまいました。 ルシアさんとの出会いにより、最終的には間野山を出て世界を旅したいという事になり、まさかとは思っていたのが現実となり驚きも少しありますが、本人の口からそれが出た時は嬉しさの方が大きかったです。  ❏分かっていても寂しさだったり、感動してしまう  1年の国王と言うことでいずれは別れは来るとは思い、寂しい気持ちになったりするのかなぁ~と予想はしていましたが、いざそのシーンになると今までの出来事が頭に浮かび寂しさもありながらも感動しちゃいました。 最後は皆、由乃ちゃんが国王であった事に感謝しており駅のシーンでも良いなぁ~と思いますが、その後の会長が追いかけてきて国王をやってくれたことの感謝を伝えるシーンは良い意味でヤバイです。 由乃ちゃんが涙する理由も凄く分かります!! 最終回でいうと別れのシーン以外でも、国王と大臣が集まりいずれ会う時は間野山が桜でいっぱいになっているといいねとみんな次に向かっているんだなぁ~と思え、やっぱりこの5人は最高でした。  ❏OP、EDが作品に合っている OPは1クール目が楽しい曲で、2クール目がオシャンティーな曲ですがどちらとも由乃ちゃんが目立つ感じと作品に合っており好きですね~ EDはどちらも静かめな曲でEDらしさもあり、国王と大臣がメインの絵となっている点がまず良いですね~ EDですがアニメ内での問題事が解決した話があった際のEDはいつも以上に心に響くものがありました。    1位  メイドインアビス全13話  ❏世界観とストーリーが魅力的  物語の舞台は孤島でにあるアビス(縦穴)がありそこには不思議な生物たちがいます。 そのアビスに魅了された人たちを『探窟家』と呼ばれています。 『オース』というに暮らしている孤児のリコちゃんも探窟家で一番良いとされているランクの『白笛』を目指し日々探窟について勉強していました。 しかし、探窟中見つけたレグとの出会いをきっかけに物語は一気に進みます。 アビスにも深界一層から深層(八層)まであり、進んでいけばいくほど『上昇負荷』や『アビスの呪い』など下手したら死や成れの果てなどになってしまうのもあり容易に探窟をすることが来出ません。 その怖さもありますがどんな場所なんだと階層をすすほどに気になってきます。  ❏冒険をする理由が良い  リコちゃんが冒険する理由はレグを発見した時に、リコちゃんの母ライザさんの白笛と伝言がきっかけで、憧れの母ライザさんに会うためにアビスの底に冒険をする事になりました。 親に会うために冒険というのは結構ありそうな感じはしますが、アビスという設定が面白いだけありいい理由かと思います。  ❏アビスの底を目指す旅の厳しさ  階層を進んでいくほど環境も変わり、そこに生息している生物が強く、リコちゃんとレグは常に苦戦を強いられます。 特に深界四層でタマウガチという生物と出会ってしまい、リコちゃんが重症を負いますが、そのシーンでのリコちゃんに毒が回らないように泣きながら処置するレグなどを見るともう観てられない感じになり、この冒険は厳しすぎると改めて思いました。 ナナチという人物と出会ったことによりなんとか、治りよかったのですが、四層の話は今までとは比にならないぐらい酷かったので一度しかそのシーンは観ていませんが凄く印象に残っています。 その他でもこの冒険の厳しいということが分かる話が、多々あるのでキャラは子供ですが、対象年齢は高めだと観ていて思いました  ❏リコちゃんとレグのキャラ自体の魅力と関係性  リコちゃんは見た目は金髪ツインテメガネの可愛い子ですが、性格は好奇心旺盛な所が目立ち少年漫画の主人公の用な感じがして、知識や発想はある所は頼りになります。 レグは記憶を失っており、まだまだ謎が多きキャラではありますが、衣装も含め可愛らしい少年で、喋り方が丁寧でどちらかと言うと静かです。 リコの戦闘力がほぼなく、レグはロボットなのもあり火葬砲という強力な技を使えたり、手が伸びたり、身体能力が高く作中ではリコを守るナイトのようでした。 リコちゃんの裸を見たときなど、レグの照れる姿は可愛かったです この性格やストロングポイントが違う二人で冒険をしているので、お互いの良さをうまく活かしながらなんとか進んで行く姿を応援したくなります。 それにリコちゃんとレグを見ていると兄弟のようにも見え非常に好きなコンビでした。 CVがリコちゃんが富田美憂さんでレグが伊瀬茉莉也さんと言うことでどちらもキャラの良さを十分出せており、Amazonプライムでの特別映像を観てこの二人の相性も非常に良さそうに見ました  ❏ナナチの存在  四層で深手を負ったリコちゃんを助け命の恩人と言っていい存在のナナチですが、EDでは登場していましたが、初登場は10話の話と遅くやっと登場したかと待っていたキャラです。 見た目はうさぎのような感じでふわふわしており、オイラと呼んだり喋り方が非常に可愛いキャラです。 私的にはリコに作ってもらった料理を食べるシーンは目を輝かせており、好きですね~ ナナチの見た目は耳も生えてたり人間ではないように見えますが、実は人間であつ人物によってミーティーという友だちも含め実験材料にされ『成れ果て』と化してしまいました。 人格を失い見るも無残な姿になったミーティーを殺してくれる自分物をナナチは探していました。 ミーティーは最終的にはレグの火葬砲によって亡くなってしまい。ナナチも分かってはいますが、涙をしており考えさせられるシーンでした。 ナナチもこの選択には相当悩んだと思うと観ているこちらもそのシーンは悲しくなりました。 この話を見た時に安楽死の問題が頭に浮かんだのもあり、考えさせられました。 実験材料にしていた人物は最後の方にも登場しており、凄く気になる物語の終わり方をしていました。 ナナチはアビスの底を知っているだけあり、リコちゃん達と旅を一緒にしますが、いい所で終わったのもあり続きが観たくなりました。  ❏OP、EDが凄くキャラの良さを活かしている OP、EDともリコちゃんとレグが歌っておりEDではナナチも加わっている感じです。 OPは冒険がしたくなるような曲で呪いなどテーマに沿った感じの歌詞なのもナイスです EDは可愛らしさがある曲で、この可愛さでその回で残酷な回があってもまた見ようという気になれ、私的にはOPよりもEDが耳に残っています。  今期は私的に観ていく中で、『メイドインアビス』と2クールもので秋アニメでも放送されている『ボールルームへようこそ』の2作品が頭1つ2つ抜けていた感じがしました。 ボールルームへようこそに関しては、1クールで終わっていたら1位でした。 しかし、他作品も十分作品の良さを出せていたので、楽しめた感じは凄くしますね〜  明日はランキング外で私的に良かった作品を挙げたいと思います。   今回の記事は2017年夏アニメ私的ランキングでした。   アニメランキング   

      14
      8
      テーマ:
  • 06 Oct
    • FIFA18 UT【1】

       本日は『FIFA18』のUTこと『Ultimate Team』モードについての進捗をかいていこうと思います。 FIFA18  Ultimate Team【1】 先週からやり始めたFIFAですが、先週はスカッドバトルを主に行い、今週はウィークエンドリーグに興味があったので、昨年のシリーズではほとんど手を出していませんでしたデイリーノックアウトトーナメントを主にやっていました。それもあり、今週はスカッドバトルはやっていません。 SQUAD BATTLES 先週行ったスカッドバトルは『ゴールド1』という事で報酬は以下のようになっています。・コイン12400枚・プレミアムゴールド選手パック・ジャンボプレミアムゴールドパック×2 報酬を引いた所、スカッドに加えようという選手ではないのですが、演出が出て良かったです。 ファンフラン(アトレティコ・マドリード)  ステファヌ・リュフィエ(サンテティエンヌ)  どちらの選手もスカッドには入れないので当たってすぐに売りました。リュフィエ選手が9000コインぐらいで売れたのは大きいです。ファンフラン選手は値段は安かったです。 あまり引きが良すぎるのも逆に怖いので、運のない私にはピッタリの結果でした。FIFAに運が逆に来ても、結局はUTは1年しか使えないと考えると、他の所で運があったほうがまだましですね〜 FUT Champions このモードの『デイリーノックアウトトーナメント』で勝てば週末行われる猛者ばかりしかいない『ウィークエンドリーグ』に参加できます。 『ウィークエンドリーグ』は40試合を行うことができ、日本時間金曜日16時から月曜日16時まで行われます。 40試合の中で何勝すればどのランクとランク分けされており、そのランクに応じた報酬が貰えます。 その他でこの『ウィークエンドリーグ』に出場するにはDiv1に昇格、Div1に残留、Div1タイトルを獲得している方しか無理なので、この条件は厳しいというのもあり『デイリーノックアウトトーナメント』で『ウィークエンドリーグ』の出場権を勝ち取っているかたは多そうです。 しかし、結果的にはDiv1に簡単にいけちゃうような方やプロゲーマーの方たちもやっているので、例えば普段はDiv3とかが限界で『ウィークエンドリーグ』の出場権を取ったかたは相当苦労するかと思います。 チャンスはいつまでに何回試合できますよという、スケジュールがあり、多くて24試合ぐらいはできるかと思います。 ウィークエンドリーグの報酬には興味があったので、トーナメント参加してみましたが、準々決勝までは点差をつけて上がれたりしているのですが、準決勝、決勝がそれまでの2試合とは違い、スキルムーブとちょっとした部分の操作が上手いなぁ〜と思わされる事が多く負けてしまいます。 今回の『デイリーノックアウトトーナメント』をやってみて大量に時間を消費してしまいましたが、これぐらいないとウィーケンはきついよということを思い知らされたので良しとしましょう。 現在のスカッドプレミアスカッド4−2−3−1  プレミアスカッドはフィジカルが強い方や足が早い方が多いのもあり、1勝でも多く勝ちたいのもあり作りました。しかし、左サイドバックのアロンソ選手や、右のCAMのランシーニ選手は好きな選手なのでつい入れたくなりました。 好きな選手を入れるのであれば、マンCのGKのエデルソン選手が最近は気に入っているので、入れたいですね〜 アロンソ選手は今後も使えそうですが、私的にはランシーニ選手は今後凄く強い相手が来た時は厳しいので、ウィリアン選手とかに代えたいなぁ〜と思っています。 ウィリアン選手を取った場合はフォーメーションを4−3−3とか3トップのフォメに変えたいと思います。 セリエAスカッド4−3−2−1  イタリアスカッドは今のところ使いやすいです。 イタリアの既存のチームでは『ナポリ』が使いやすいのもあり、ナポリの選手が多めとなっています。 特に中盤が総合値は低いですが、ボールを奪ったりなどいい働きをしてくれ助かってます。 使いやすい選手で言うと、前作はペリシッチ選手を使っていなかったのですが、ドリブル、シュートがとてもやりやすく使っていて楽しいですね〜 中盤を代えるとしたら、ケディラ選手、ハムシク選手が手に入れば代えるかもしれません。   また、UTで進展があれば書いていこうと思います。   今回の記事はFIFA18 Ultimate Team【1】でした。   サブカルランキング   

      8
      テーマ:
  • 05 Oct
    • サクラクエスト 25話 感想

       本日は『サクラクエスト』25話の感想を私的に書いていきたいと思います。  最後には、この回での印象的なシーンの写真を一枚載せています。※ネタバレになるかもしれないのでご注意ください。  第25話『桜の王国』 会長は金沢いるナウマン市長に姉妹都市になってくれるよう頼みに行きます。 急な出来事に演劇で会長も出演するので、真希ちゃんは大丈夫なのかと不安になっていました。 会長はチュパカブラの面を被っていたので、職質されたりSNSに乗せられていたり、早速騒ぎになっています。 場所を教えればいいじゃないのw 会長も会長で、周りの人を脅かすような事するから、騒ぎになるんやw なんとか、会長はナウマン市長に会う事が出来ました。 ナウマン市長面白そうな人やなぁ〜 由乃ちゃんは吊灯篭の修理を手伝っていると、由乃ちゃんの家族が来ていました。 家族との再会のシーンを雨宮さんが撮ってくれており、今回は久米さんには口出しさせないで映像を作り、ニュースで流してくれるそうです。 雨宮さんナイスや やっぱり、雨宮さんはありのままの間野山を伝えたいんやなぁ〜 演劇の時間が刻々と迫っている中、会長から連絡が入り、なんとガス欠を起こしたようです。 交通規制が掛かっているのでどうしょうもないところですが、しおりちゃん達の前に高見沢さんが協力してくれました。 高見沢さんやることが早いですね〜 間に合うと聞かれての、しおりちゃんの『だんないです』の流れは、なんか好きだわぁ〜 皆の助けもあり、会長は演劇に間に合うことが出来ました。 ナウマン市長はワッショイnowはww 演劇が始まる前に、凛々子ちゃんは商店街会長に歌うことが出来たら一つ聞いて欲しい、お願いがあるとの事です。 演劇は尺の問題で一部分だけでしたが、凛々子ちゃんの歌は全部聴くことができて良かったです。 みんながまとまっている今を見ると、なんかすごく心に響いてくる曲でした 真希ちゃんがやっていた役の髪型は似合ってましたね〜 無事みずち祭りは終わり打ち上げは盛り上がっていました。 姉妹都市は二人の様子を観た感じ、なんとかなりそうでした。 サンダルさんの姉妹都市は可能かということに対して、お姉さん派ですはw 国王と大臣は1年前に打ち上げを行った桜の木下での再び話します。 みんないい表情でまた打ち上げができて、なんか今までの事を考えると感動的だなぁ〜 皆話すことは任期が終わったらどうするかの話でした。 早苗さんは商店街で地域コンサルティングの事務所を構えるそうです。 真希ちゃんはこれからも劇団を続け、間野山に伝わる民話をもっとやりたいそうです。 凛々子ちゃんは歌を歌う事ができたので、間野山を出ていくそうです。 これは正直、ルシアさんの出会いで心を動かされていましたから驚きはないですね〜 驚きはしませんでしたが、今までの凛々子ちゃんからしてみれば、素晴らしい一歩だと思います 由乃ちゃんは居心地の良い間野山にいる事に甘えるのは何か違うと思っているのもあり、出て行くとの事です。 しおりちゃんは由乃ちゃんがいつでも帰ってこれるように、間野山を支えていくとの事です。 これでみんなが揃うのは最後になるのかと考えると寂しいですね〜 国王と大臣たちの仲の良さは最高やなぁ〜 国王の退任式は間野山チャンネルでLIVE配信されました。 由乃ちゃんは間野山の皆に感謝の気持を伝え、そのシーンでは今まで関わってきたかた達のカットが描かれており心に響いてきました。 会長は由乃ちゃん達の活動のお陰もあり、間野山の皆が自分たちで学び、考え、文化を継承して更新していき、この町に活きる誇りが戻ったのもあり、チャパカブラ王国の解散を宣言しました。 由乃ちゃんが間野山を去る日に、5人で集まり『5人の勇者たち』という記念樹を植えます。 皆はいずれ桜がいっぱい咲いている間野山になっている事を願い、新たな一歩を踏み始めます。 素敵な目標やなぁ〜 由乃ちゃんが電車に乗る前も観光協会の人たちとお別れをしますが、会長の姿はありませんでした。 由乃ちゃんが乗る電車の窓を見ると、今まで関わった数名が車から手を降ってくれたり、会長は待ち伏せをしており、『いつでも帰ってこい』と言ってくれました。 これには由乃ちゃんの目からも涙が出ていました。 観てるこっちもうるっときちゃうなぁ〜 由乃ちゃん達の活動は終わりましたが、町の人たちの冒険はこれからです。 由乃ちゃんは東京へ帰るのではなく、南のところに再び国王をやるそうです。 派遣国王さんみたいだけど、由乃ちゃんらしい選択やなぁ〜   今回は最終回で全25話もあり、書きたいことは多いですが、この最終回では、祭りが成功し、皆新たな一歩を歩み始めましたが、それには別れが会ったので寂しさがとてもありますが、間野山が良い所だったと思える話でした。 祭りは会長さんが気になるところでしたが、今はみな向かう所は一緒なので迎えに行くまでの流れは面白かったです。 最後まで会長さんはいつもの会長さんでしたw 姉妹都市と合併の話しはどうなったとは言っていませんでしたが、流れからして上手い事良い方向には言っているのではないでしょうかね〜 国王と大臣が桜の下での打ち上げや、記念樹を植える所では、今までのやってきたことが、頭に浮かんできたりして心に響くものが多くありました。 皆成長はしましたが、私的には凛々子ちゃんの世界を旅しに行きたいと決意した所はついに来たかとすごく成長を感じ印象的でした。 凛々子ちゃんの世界を旅する姿は、OVAでもいいから、観てみたいですね〜 それに対してのルシアさんの反応とかも見てみたいですし 由乃ちゃんは間野山の国王を辞めても、違う所で国王をするとは相当間野山で得たものが大きかったんだなぁ〜と思えました。 日焼け由乃ちゃん可愛いですね〜 見た感じ南のところぽかったのもあり、水着もぜひ見たい 由乃ちゃんでいうと電車で会長さんの言葉を聞いて涙をしており、私的には退任式でその姿が見れるのかな?と思いましたが、電車のシーンでは皆から手を振られて、会長の言葉や行動からも本心が見えている感じがして由乃ちゃんが涙しちゃうのも分かる気はしましたわぁ〜 今までの出来事が思い浮かんできますわぁ〜 とにかく温かいシーンだったのもあり、退任式で涙させるのではなく電車の所でさせるのは上手いですね〜 EDも1期のEDと昔を思い出させてくれるような感じになっており良かったです。   25話での印象的なシーン 由乃ちゃんの別れのシーン 感動的なシーンですが、会長さんの持っていた紙に対してツッコむ所など由乃ちゃんらしい言葉も聞けいい作品だなぁ〜と思わせてくれるシーンでした。     今回の記事はサクラクエスト 25話の感想でした。   アニメランキング   

      12
      2
      テーマ:
  • 04 Oct
    • 潔癖男子!青山くん 12話 感想

       本日は『潔癖男子!青山くん』12話の感想を私的に書いていきたいと思います。  最後には、この回での印象的なシーンの写真を一枚載せています。※ネタバレになるかもしれないのでご注意ください。  第12話『青山くんの選んだ理由』 青山くんの元にスカウトが来ておりチームを離れるのではと言う話が出ています。 今回の対戦相手は格上で鉄壁のディフェンス陣が売りの倉石高校との対戦です。 青山くんの話を聞いたのか、財前くんはテンションが下がっているようです。 チームは財前くんの母の命日なのもあり、頑張る気になっているようです。 試合が始まると財前くんは弾き飛ばされ、そこからカウンターをされ先制点を取られます。 富士美高校の前半は得点することができず、相手に1リードという形で終わりました。 後半が始まると前半と同じ形となり、コーナーキックから得点され追加点を与えていまいます。 青山くんからもパスももらえず、良い所でトラップミスをしてしまい、財前くんのパフォーマンスが絶不調となっています。 3点目かと思われるシーンで、残り5分でもないのに青山くんが体を張ったディフェンスでゴールを割らせませんでした。 それだけ、相手が強いということでしょうね〜 青山くんは財前くんにやる気がないならピッチを去ってほしいと言われます。 それに対して財前くんも終わりかと思われましたが、自分でゴールポストに頭突きをして目を覚ます。 流石にイカれてるわぁ〜 青山くんのユニフォームが汚れ動きが鈍くなりますが、復活してきた財前くんは体を張ってシュートを防ぎます。 富士美高校の選手はバテており、この試合は無理かと思われましたが、カウンターが決まった際時計が残り5分を指していたので、青山くんのターンが始まります。 そして決めるのは財前くんのヘディングです。 財前くんはヘディングをする前に、財前母が見えゴールを決めて欲しいその願いに答える事ができました。 試合は3−2で富士美高校が勝利しました。 部員の間では母の命日と言われていましたが、実際の所は先祖の墓参りをしていたそうです。 ブラジルから5年ぶりに帰ってきたのもあり、母との再会しますが、そこは絵になる様なシーンでした。 会ったと思ったらすぐに財前母もブラジルに戻りました。 青山くんはスカウトからのお誘いを断り、その理由が白ユニが好きだからだそうです。 それならレアルのユースにでも行けよw なんと単純な理由で終わるこの作品らしいです   今回は最終回と言う事もあり、青山くんに凄くピックアップした話かと思いましたが、財前くんがメインの様な話でした。 財前くんは1話でも、青山くんに負けじと出番が多かったのでそこを考えると内容的には多くは語れることはないですが、まぁ〜不満というものはないですね〜 青山くんの目立った所で言うと、試合終了まで残り5分ではないのに体を張ったディフェンスをして所です。 その後のやる気がないならピッチを去れという言葉も印象的でした。 泥臭い青山くん意外と良いですね〜 財前くんの母は嵐のように去っていった方でしたね〜 海外のサッカー選手でも家族が来ているのと来ていない場合ではパフォーマンスに影響がでる方もいるので、財前くんはそのタイプかなぁ〜と今回の話を見て思ってしまいました。   12話での印象的なシーン 財前くんと母の再会 絵になるような感じが良いですね〜     今回の記事は潔癖男子!青山くん 12話の感想でした。   アニメランキング   

      12
      テーマ:
  • 03 Oct
    • アホガール 12話 感想

       本日は『アホガール』12話の感想を私的に書いていきたいと思います。  最後には、この回での印象的なシーンの写真を一枚載せています。※ネタバレになるかもしれないのでご注意ください。  12ふさめ『出会い…そして!アホガール』 その42時はよしこちゃんとあっくんが出会った10年前に遡ります。 あっくんが10年前に引っ越して来た際に、隣に住むよしこちゃん宅にあいさつに行ったのが初めての出会いでした。 相変わらず自分の歳を間違えたりして、年齢から考えても可愛く見えますが、未来を見ると変わってないので、なんか笑えてきます あっくんは最初の出会いで関わりたくないと思っていたようですが、よしこちゃんはしつこく遊ぼうと言ってきます。 あっくんの机に置いてあったバナナを帰れと言われ渡され、食べた所凄く美味しかったのもあり、よしこちゃんはあっくんが自分の事を好きなのだと思ったようです。 ここがバナナを好きになったシーンでもあり、あっくんが好きになったシーンとも言えるでしょう。 さすがにバナナぐらいは分かるやろw あっくんのよしこちゃんに思いっきり殴りますが、それが生まれたのはよしこちゃんが無理矢理あっくんにキスしてしまったためでした。 あっくんは魂を吸い取られたような顔してましたからね〜 そんなこんなで、あっくんは自分の平和な生活を取り戻すために筋トレを始めます。 よしこちゃんを倒せる拳は手に入れる事ができましたが、風邪を引いてしまい寝込んでしまいました。 そんな、あっくんを看病してくれたのがよしこちゃんという事が分かり、少しは気持は変わったようです。 しかし、よしこちゃん自身に風邪を移すためと言い、一晩中キスされたのを知るとあっくんの気持も一気に冷めたようです。 鍛えるための原因になった事をされたので、流石にこれは殴りたくなりますわぁ〜w あっくんはテストの点数も悪くなってきているのもあり、お次はよしこちゃんに嫌われる事をやりはじめます。 よしこちゃんは痴漢する人が嫌いという事が分かると、あっくんは早速よしこちゃんのスカートをめくります。 よしこちゃんも追い詰められ、流石に分かってくれたかと思いましたが、なんせよしこちゃんなのもあり、今まで我慢していたんだねという解釈してしまったようです。 なんだこいつ通用しないだとw あっくんはパンツを被せられ変態仮面の顔のようになっていました 現在のあっくんたちに時は戻りますが、思い出すだけでイライラするようです。 夢を見ていた、よしこちゃんは昔の話を思い出し、5歳の時に履いていたパンツを付けているようで、あっくんにアピールします。 それに対してあっくんは誰もが予想通りと思えるアッパーをかましました。 アッパーは今までの恨みと言わんばかりの破壊力でした。   今回はよしこちゃんとあっくんの出会いから高校生になってからも今の関係性が分かるような話でした。 最終回なのでメインキャラのよしこちゃんとあっくんを使ったのは良いかと思います。 それにしてもよしこちゃんは変わらなさ過ぎですね〜 5歳の時のよしこちゃんは現在の高校生のよしこちゃんとあまり変わらないのもあり、いつもの話で見ているよしこちゃんを見ている気分になりました。 そう思うと、あっくんも5歳の時から勉強しないと一流の企業に入れないとか言っていたのもありあんまり変わりませんね〜w 変わらない二人だから、高校も一緒だったり何だかんだで惹かれる点があるのではw   12話での印象的なシーン あっくんの必殺技が炸裂したシーン 洒落たい気持は分からんではないが、怖がっているギャップが良いですね〜     今回の記事はアホガール 12話の感想でした。   アニメランキング   

      11
      テーマ:
  • 02 Oct
    • ナナマル サンバツ 12話 感想

       本日は『ナナマル サンバツ』12話の感想を私的に書いていきたいと思います。  最後には、この回での印象的なシーンの写真を一枚載せています。※ネタバレになるかもしれないのでご注意ください。  第12問『A.そこにクイズがあるから!』 麻ヶ丘例会3ラウンド2組目も終わりに近づき、勝ち抜けの枠は残り1枠となりました。 重要な問題と言うこともあり、一人ずつに答えの理由を聞かれます。 御来屋くんと識くんの導き出したものはどちらも同じで、日曜日という答えでした。 御来屋くんは前回も描かれていたツェラーの公式を使って導き出します。 一方、識くんは昔本で読んだ事を思い出し答えを導き出します。 五・一五事件の犬養毅さんや事件に注目するのではなく、奥さん(第3者)の行動に目をつけました。 この解答に会場も良い意味でざわついていました。 答えは日曜日で、見事正解することができました。 どちらも得意な事で導き出すとは、カッコイイですね〜 しかし、ボタンを押した明良くんも正解していたので、本人の性格からも自分の入ったラウンドの人たちをかき乱すのを楽しんでいるので、19ポイントでトップを走っている御来屋くんのポイントを3ポイント減らします。 御来屋くんが16ポイントになった所で、19ポイントの識くんが有利になります。 明良くんの行動に識くんもついかっとあってしまい、会場からも嫌な雰囲気が流れていました。 そんな中、識くんの言葉が効いたのか、明良くんは自分からクイズを降ります。 帰る明良くんを引き止め最後までクイズを見ていけと言ったのは、やはり部長である新名先輩でした。 またもや新名先輩、明良くんに手を焼いてるなぁ〜 明良くんが降りたのも本人なりの理由があるらしく、曜日を答える問題なので日とも月とも読めるような感じで書いており、他の解答が出た時に合わせるようにしていたから、実質失格になる行為をしたからクイズを降りたとのことでした。 妙な所で賢いですが、ここまでくると怖いですね〜 この事を知ると新名先輩が怒り、クイズ会場まで引っ張っていきました。 明良くんは新名先輩という良い部長に巡り会えて良かったですね〜 そのやりとりを見ていた麻ヶ丘の壁ドンからの手つなぎとBL的な目で見ていてw あの壁ドンは怒ってしまったからなったんやでw 残り3問になり、開城の生徒がボタンを押して正解したため、識くんのポイントが削られました。 減らされたのにお礼を言う識くんw 残り2問となり、またもや開城の生徒がボタンを押しますが不正解で3ポイント減点になり、勝負は識くんと御来屋くんのどちらかに絞られました。 ラスト問題となりボタンを押す所からドキドキしますが、押したのは識くんでした。 しかし、確定ポイントではない所で押しているので、解答するのが凄く難しくなりました。 識くんは最後の問題なのもあり、難易度とかではなく最終問題にふさわしいものが解答なのではと思い記憶を辿ります。 解答は皆ばらばらで確実に勝敗が決まりそうな雰囲気が更に強くなりました。 正解したのは御来屋くんでした。 残り3問のところからポイントを合わせると20ポイントですので、勝ち抜けが決まりました。 負けた識くんは苦笑いをして、見る限り少し沈んだ気持になっていました。 そんな識くんに御来屋くんは『何度でも受けてたつ』とライバルらしい一言をかけてくれました。 今までの御来屋くんを見てきた方なら分かるかと思いますが、このシーンは御来屋くんの優しさが凄く出ていました。 この優しさが出ているシーンはここだけではなく、明良くんが帰ろうとすると新名先輩が気が向いたらでいいから、クイズをやろうと優しい言葉をかけてくれました。 明良くんが振り向いた時に赤河田のクイ研の皆もいたので、尚の事いいシーンに見えました。 あの明良くんでの心に響いたようなので、今後が楽しみですね〜 新名先輩が明良くんのやった事を謝っている姿を見た識くんは、以前部長にマナーで注意された事を思い出し、助けてくれたり、応援してくれる人がいるクイズができて嬉しい気持になったようです。 麻ヶ丘例会は大差を付けて、笹島先輩が優勝という形で幕を閉じます。 開城の大蔵さんがいても大差で勝ってしまうとは、笹島先輩恐るべし 優勝して少し嬉しそうなコメントはするものの、すぐに切り替える冷静さ流石ですね〜 笹島先輩の言葉に感化されたのか、識くん達も次を見据えているような表情や今回の例会で得られたものが多かったようです。   今回で最終回でしたが、識くんと御来屋くんの熱い戦いが見れた話でした。 笹島先輩が優勝した対戦は描かれていませんでしたが、最終回で主人公たちの戦いをピックアップさせる事で凄くまとまりのより話となったかと思いますし、序盤から待っていた戦いだったのもあり私的には楽しめました。 特に最後の問題もドキドキがありましたが、五・一五事件から導き出した問題が特に良かったなぁ〜と思いました。 識くんは文系で御来屋くんは理系なので、違う所から解答を導き出すというお互いの得意な部分が分かるシーンなのでクイズに関してはここが一番印象に残りました。 ほんとこの作品のライバル関係はうまく描かれており、観ていくほどその関係が良いなぁ〜と思えます。 熱い戦い以外ではまたもや私の中での、新名先輩の株が上がりましたね〜 明良くんに怒りはしましたが、その後の優しい対応や帰る明良くんにかけた一言がクイズ云々よりも仲間を大切にしているなぁ〜と思え非常に良かったです 今までは御来屋くんも見た目とキャラが好きなのですが、ここ最近は新名先輩が一番すきなキャラになりました。 何だかんだで、内容の濃い例会となり面白かったです。 EDでは高校生クイズの絵が流れていましたが、皆の表情が活き活きしていたのもあり、動いているシーンを観たくなりました。   12話での印象的なシーン 識くんと御来屋くんがグータッチするシーン この二人はライバル関係なのは以前の話からも分かりますが、例会が終わったのもあり凄く良いシーンに見えました。     今回の記事はナナマル サンバツ 12話の感想でした。   アニメランキング   

      10
      テーマ:
  • 01 Oct
    • デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」

       昨日の9月30日より公開が始まりましたデジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」がプレイステーションストアの方で今回も有料配信されていましたので今回も4章に続きダウンロードして鑑賞しました。  本日はこの5章について私的に思ったことを少し書いてみたいと思います。※一応PVなどでも出ている単語を使ったりしていますが、ネタバレ的な事も言っているかもしれませんので注意していただきたいです。※前の章を見ていないと伝わらない部分も多いかと思います。 今回は「ヒカリちゃん&テイルモンの進化系」、「芽心ちゃん&メイクーモン進化系」となっていますが、私的にはテイルモンの究極進化はホーリードラモンになるであろうと思っており、オファニモンになっているのが不思議でしょうがなかったのですが、本編を観てそういうことね!!という感じで、本編を観た後で再び表紙を見ると何が伝えたかったのか分かります。 そう思うとこの配置も納得ですし、ヒカリちゃんの顔が見えていないのも理由があるので普通に本編を観ていれば伝わるでしょう。 7割ぐらいが話す所で残り3割(終盤に向かって)でバトルが多くなる感じで、今回はハッキリと別れている感じはしました。 話す所が多いだけあり、考えさせられるシーンが多々あります。 ヒカリちゃんに焦点が当てられるシーンはなんというか本当のヒカリちゃんにスポットライトが当たる感じではないですね〜 今回注目していただきたい部分は私的には5つです。 芽心とメイクーモンのパートナーとしてのあり方 アグモンと芽心の会話 ホメオスタシスの判断 芽心の出した答え 身近にいたものが強敵に 芽心とメイクーモンのパートナーとしてのあり方前回はメイクーモンを怒らせるために謎の男が芽心ちゃんを捕まえる様な行動を取り、結果的にメイクーモンは暴走してしまいました。その事によって、世界が大変な事になり芽心ちゃんは一人で抱え込んでマイナスな方向へばかり考えになってしまいます。 そんな姿を観た太一たちは自分たちとパートナーデジモンはこういう関係だからという事を話し、少しは芽心ちゃんの気持をプラスの方に持っていけたのが良かったです。 そこで話しかけるのが太一だけではなく、デジモンたちもそのような事を言っており温かいなぁ〜と終えました。 アグモンと芽心の会話このパートナーデジモンの事を考えさせられるシーンは先程挙げたシーンもですが、大きく分けて2つありました。 ここで挙げるのは2つ目の部分で、選ばれし子供たちのデジモンの中でも一番アホそうなアグモンが芽心ちゃんと会話をするシーンがあるのですが、5章の中では一番感動できるシーンだと思います。 アグモンらしい一言がでたり、芽心ちゃんの涙がメイクーモンの事を本当に大切に思っていたんだなぁ〜と思わせてくれ良かったです。 ホメオスタシス​​​​​​​の判断デジタルワールドに行き植物までもが自分たちにキバを向き、後々理由が分かり今後も重要な立ち位置のホメオスタシスという安定を望む者がいるのですが、今回は結構立ち位置的なものが分かり大きな動きがあったといえるでしょう。 このホメオスタシスのあるデジモンが登場することにより、3つどもえの様な戦いになってしまいます。 今の感じだとホメオスタシスの考えは太一たちから言わせれば友達を放っておくみたいな考えなので敵対する事になるかと思います。芽心の出した答えバトルのシーンで芽心ちゃんが暴走するメイクーモンに対して答えを出しますが、そのシーンの芽心ちゃんを見ているのが辛いですね〜 身近にいたものが強敵にここで言えるのはあるデジモンとデジモンが合体して強大な敵が生まれたということです。これどうなるのという感じで続きが気になりますね〜 このシーン見ていて予想もしなかっただけに驚きでした。   5章は考えさせられる話でしたが、パートナーのあり方などは今回のテーマにも合っていますので私的にはあっという間に時間が来ました。   今回はデジモンアドベンチャー tri. 第5章「喪失」を見て思ったことを書いてみたという記事でした。   アニメランキングへ   

      13
      テーマ:
  • 30 Sep
    • からあげクン すだちぽん酢味

       本日は最近発売されましたからあげクンを食べたので感想を書きたいと思います。    今回食べたからあげクンは・・・ からあげクン すだちぽん酢味 こちらの商品は9月26日(火)に発売されました。 裏面  今回のポイント ・徳島県の名産柑橘すだち(すだちの果皮・果汁)を使用    香り豊かですっきりとした味わいに仕上げているそうです。 ・鳴門のうず塩 を使用まろやかな塩味が特徴だそうです。  見た目(パッケージ)は表面、裏面にマスコットキャラの「すだちくん」が載っているのが良いですね〜 凄く可愛いとはいいませんが、なんか嫌いになれないんだよなぁ〜 匂いは鼻に近づけた際に、ほんの少しだけ酸っぱいような香りがします。 味はすだちの味が口に広がり、ぽん酢の主調が強すぎないので良い意味ですだちの味を引き立てています。 私的にはぽん酢は好きではないのですが、十分いけます。 本来のすだちぽん酢を知らないのもありますが、ここまでぽん酢の主調が強くないのであれば欲しいぽん酢ですね〜 鳴門のうず塩の部分はイマイチ感じなかったのですが、味に締まりがあり食べやすかったのもこの塩のおかげかもしれません。 ポイントだけ見ると今回は少ない気はしますが、アピールポイントが少ない中でも食べやすいからあげクンだなぁ〜と思えたのが強かったです。  ゆず系など最近は似たようなテイストではありますが、私的には好印象のからあげクンでした。   今回は『からあげクン すだちぽん酢味』を食べたという記事でした。    人気ブログランキング   

      7
      テーマ:
  • 29 Sep
    • FIFA18 開幕

       本日は『FIFA18』の発売日と言うことも、あり早速プレイしてみましたので、私的に思ったことなどを短いですが書いていこうと思います。FIFA18 PS4版を購入し、今回PS4では3タイプあったので私はアイコンエディションというのにしました。3タイプは以下のようになっています。 通常版 RONALDO EDITION アイコン エディション  ※詳しい詳細はこちらから↓↓https://www.easports.com/jp/fifa/buy/japan#icon-edition 通常版よりお値段が少し高い『RONALDO EDITION』、『アイコン エディション』か買うことで一番良い事と言えば、29日発売ですが3日前の26日からの『アーリーアクセス』の特典があることです。 それもあり私は26日からFIFA18に触れる事ができました。 プレーして思った事は体験版とは少し違うところがありましたが、難しい点などは前回体験版をした時の感想とだいたい同じです。 とにかく今作はディフェンスが難しなぁ〜と思いました。また、今作は守りのサッカーをするのが、難しく攻撃が凄く上手い方が勝っていくでしょう。  次に各モードについて私の書ける範囲で書いていこうと思います。 The Journey: Hunter Returns FIFA18でのストーリーモードになりますが、前作FIFA17のThe Journeyの回想もありますので、前作をプレーしていない方でも物語に入り込むことができるでしょう。 私的には体験版が主人公のハンターはどうなるのという所で終わったのもありストーリーの点では気になる事が多かったです。 少しやってみましたが前作よりも力を入れているのが仕様やストーリーからも見られたので、今作はチャプターがいくつかありますので、1つずつ短くまとめたものを書こうと思います。  キャリアモード キャリアモードの方は変わった点で言うと、交渉のシーンなどがあたかも自分が交渉しているかのように、選択枠が現れ交渉をすすめることができます。  それ以外は前作同様に進めていくことができ、私はどれにしようかと思いバイエルン、アトレティコは完成度が高いチームなのもあり、少数精鋭でのやり方が目立つトッテナムを選択して、キャリアモードをスタートさせました。  Ultimate Team  UTですがこちらはやることなどは前作とそれほど変わりはないですが、私的には1つ面白そうな部分がありましたので、FIFA17でUTはやめようと言っていましたが、今作もやることにしました。SQUAD BATTLES このモードはFIFAのUTをやっている人から見るとcom戦版ウィークエンドリーグみたいなものです。 com戦を行って難易度によってポイントは違いますが、一定の所まで貯めるとランクが上がる仕組みとなっています。 1日4試合おこなうことができ、1週間やったポイントで最終的にはランクが決められそれに応じた報酬がもらえる仕組みになっています。 報酬の方もエリートのランクになると、少しだけですが当たりが出やすいパックを引くことができます。 今までは報酬と言ってもゲーム内コインしか貰えなく、飽きてくるのですが無課金の方でも入りやすいモードがあるのは嬉しい所です。 comのレベルは普通のcom戦のように凄く弱いレベルからも選べるので、初心者の方でも入りやすいです。 私的に思ったのはcomですが、いつもの選手よりは強いので、レベルを一つ落としたcomと戦うと確実にポイントが貰えるかと思います。 comの一番高いレベルはプロゲーマーの方でも手こずっているようなので、相当強いとは思います。 UTのスカッドは今作はプレミアリーグとセリエAのスカッドで臨もうかと思います。 プレミアスカッドに関しては、左サイドバックのマルコス・アロンソさんだけは必ず取りたいですね〜 できるまでには無課金なのもあり、ちょこちょこやっても時間はかかるかと思うので。できたら乗せていこうと思います。 パックの方ですが、特典のパックを引いていきなり黒キタァ〜となりましたが、値段の安いハズレの黒でしたので、一気にテンション下がりましたね〜w  安いので今後も高くなる事はないと思いますので、早速打売りましたw TOTWの選手ではありますが、欲を言うとディバラさんが欲しかったですね〜 特典でもらえるレンタルのロナウド(フェノメノ)を使って見みましたが、あれは化物レベルに強いですね〜 そう見ると今作からレジェンドがPS4版でも登場しますので★5のスカッドを作ったら頻繁に当たりそうで怖い気もします  プロクラブ プロクラブは自分の操作するキャラを作り複数人でオンラインで戦うモードです。   今作は数試合やってみてですが、数値が前作がすぐ上がってのに比べ今作は少し遅い感じはしたので、やりがい的には今作もありそうです。 試合をやっていてスタミナが多いなぁ〜と思ったり、今作も身長凄く高くて早いキャラが作れそうだなぁ〜と思ってしまいました。 今作は能力を3つ保存できるのではありがたいです。  ポイントを振るのが細かくできる分、ポジションを変えた場合また振らないといけなくなるので、そういった面倒も解消できるかと思います。  新しいやり方を入れた際の対応が流石EAさんといった所です。 プロクラブもやっていて固まることが時々あるので、そこは早めの対応して頂きたいですね〜   どのモードも楽しめてはいるので、いいスタートかなぁ〜とは思います。 私的な目標としましては負けを減らすことですね〜 前作はシーズンモードではDIV1まで行けたのですが、負けが多かったのも対戦ゲームをやっている以上は負けは少ないほうが強くなったとも実感できるので、少しでも腕が上がるといいです。   今回は『FIFA18開幕』という記事でした。   サブカルランキング   

      11
      テーマ:
  • 28 Sep
    • サクラクエスト 24話 感想

       本日は『サクラクエスト』24話の感想を私的に書いていきたいと思います。  最後には、この回での印象的なシーンの写真を一枚載せています。※ネタバレになるかもしれないのでご注意ください。  第24話『悠久のオベリスク』 合併の話が出てみな気分が落ち込んでいますが、由乃ちゃんはこんな時だからこそ、間野山で残したいものなどをみずち祭りに込めるのが第一ではないのかと皆に前を向けるような言葉をかけます。 しかし、会長だけは凄くショックを受けているようで元気がありませんでした。 会長は間野山でいろいろなアクションを起こしたのもあり、気持が沈むのも分かる気はしますわぁ〜 そんなこんなで、由乃ちゃんたちの元に以前『放熱山脈』のディレクターをしているとの事で登場した雨宮さんが訪れます。 雨宮さんが来たのも、きときとTV局発のローカルアイドルを龍の唄のお芝居に出してほしいとのお願いでした。 雨宮さんはいずれ上司の久米さんが知らせに来るだろうと思って、先に由乃ちゃんたちに考えてもらえるように、早めの行動をとったようです。 間野山出身の雨宮さんは、これを受けてほしくないとの事です。 以前よりも雨宮さんは間野山の好きなのだなぁ〜と分かりますね〜 由乃ちゃんはTV局の取材を受けた場合の案をいくつか作り、会長に見せます。 しかし、会長からは本当に国王が望んでいる事なのかを問われます。 悩んでいると、久米さんが来て会長がきっぱり断りました。 この対応に由乃ちゃんも、これで良かったんだと吹っ切れる事ができました。 町の人も動画サイトにアップしてくれたりだの、楽しみにしている方も多いようです。 いい方向に進んでいるのと、盛り上げようとしてくれる人が出てくると温かみを感じますね〜 間野山チャンネルは良いコンテンツやな お祭りに関していい方向に向かってはいますが、由乃ちゃんの所属しているモモンガプロモーションから契約終了の話があったようでとうとう終わりも見えてきて寂しい感じもしました 由乃ちゃんはこの間野山で沢山の事を学んだ事によって、東京にこだわる必要がないのだと気付かされ、田舎に帰ろうかとも考えているようです。 桜池の近くにある祠の掃除をしており苔の生えた岩にサンダルさんの先祖の名前があり、桜池を作った方だと分かりました。 サンダルさんの祖先を惜しみなく使ってく感じが良いですね〜 由乃ちゃんが真希ちゃんに呼ばれ、ステージの小道具の中に入ると閉じ込められてしまいました。 扉を開けるとそこにはみずち祭りに関わった人たちがいました。 由乃ちゃんの誕生日を祝うためのサプライズでした。 こんなん感動するやん 由乃ちゃんのうるうるした目がやばい みんな温かいわぁ〜 お祭り当日になるとみんなの活き活きした姿が見れ、間野山の良さが出せていたと思います。 会長は功労碑を見て、合併話を優位に進めるために間野山とサンダルさんの故郷を『姉妹都市』にするのだと言います。 市長さんがちょうど日本に桜を見に来ているとのことで、チャンスが来ます。 最後の最後馬鹿者になれる会長さんナイスや   今回はTV局の取材など何だかんだありましたが、無事祭りを実行することが出来たという話でした。 会長さんはTV局の取材を強い言い方で断ったり、最後のシーンでは馬鹿者な感じを出してくれたりと、すごく会長らしい一面を見ることが出来ました。 みずち祭りの準備では協力してくれた方の温かみが分かり一つにまとまっていく感じが、ずっと見てきただけあって感慨深いものがありました。 最後は皆協力的になるんだろうなぁ〜とは思っていても、映像で見せられると感動しちゃいますね〜 祭りのシーンでみんなが活き活きとしている中でED流すのも良い演出やなぁ〜と思いました。 次回は合併問題が動くかもしれなく、最終回ですのでまたもや感動できる話になるのではないでしょうかね〜   24話での印象的なシーン 誕生日のサプライズを受けた由乃ちゃん 国王の頑張りが皆に認められた感じがするシーンでした。 ろうそくの火を消す手が非常に可愛いです     今回の記事はサクラクエスト 24話の感想でした。   アニメランキング   

      10
      4
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 潔癖男子!青山くん 11話 感想

       本日は『潔癖男子!青山くん』11話の感想を私的に書いていきたいと思います。  最後には、この回での印象的なシーンの写真を一枚載せています。※ネタバレになるかもしれないのでご注意ください。  第11話『坂井くんの髪型が変わった』 三バカのリーダー的存在な坂井くんは、青山くんのような髪型を変えた所、モテ始めました。 髪型だけでこうも変わるのかと言わんばかりの変わりように驚きですね〜 モテるのは青山くんの存在ありきやなぁ〜 坂井くんは自分に酔いしれているのもあり、『坂井の詩朗読会』を開いたりしていました。 流石にこれは痛いw 坂井色って何色なんや 坂井くんは見た目も良くなりましたが、サッカーのプレーもDFですが点をとったり絶好調のようです。 点を取ることに夢中の坂井くんは、財前くんにFWのポジションを変われと言います。 監督も得点力があるので、坂井くんのFWでのコンバートを許してくれました。 試合になると坂井くんは5点取るなどカメラマンも驚いていました。 財前くんはスタメンの座を取るために、もかちゃんにサッカーの技術を教えてもらえるように頼みます。 もかちゃんは財前くんの練習の甘さに怒っていました。 居残り練習をしますが、全然進歩がなくそれを見た財前パパはお金でスタメンの座を取ろうとしていました。 この親子の関係が、財前くんが成長しない理由だということが分かるともかちゃんは財前パパにも喝を入れました。 やっとの事で10本中5本はゴールに入るようになりました。 次の日の部活では坂井くんが前髪を挙げたのもあり、神も見放したように急にプレイの質が落ち、周りのギャラリーも冷めていました。 青山くんヘアーじゃないと効果はないようです。 坂井くんもそれに気づいたようで、更に青山くんを意識するためにクールなふりをします。 いくら青山くんになりきっても、流石にズボン下げられたらキレるやろw 坂井くんはもかちゃんにもアドバイスを求めますが、逆に怒らせたのもあり結局はいつものメンバーの元に戻りいつもの坂井くんになりました。 これによりFW問題も解決し、財前くんは練習の結果がでました。 スカウトが来たことにより、青山くんが部活をやめるかもという話になっています。   今回は坂井くんが髪型を変えての周りの対応の変化や、財前くんがスタメンを取るために欠点のサッカーでの足元の技術を上げるシーンが見れる回でした。 坂井くんの髪型ですが、サッカーの神様も間違うぐらいですので相当似てたんでしょうね〜 詩を読んでいたりしますが、あれは黒歴史になりますわぁ〜w 財前くんがスタメンを取るために頑張りますが、ほんと財前パパはお金で解決しようとしますよね 芯は曲がってはいませんが、今回のもかちゃんが喝を入れたことで少しは変わったのですかね〜 財前くんも意外と次の話ではキックの精度がなかったりしてw 次回は青山くんが話して部活に残ってくれるかが見所かと思います。   11話での印象的なシーン もかちゃんが財前くんを怒ったシーン いつも以上に怖いもかちゃんなだけに印象に残りました。 今のところ財前パパを怒ることができるのも、財前家以外ではもかちゃんだけかもしれません。     今回の記事は潔癖男子!青山くん 11話の感想でした。   アニメランキング   

      7
      テーマ:

プロフィール

アッシュ

性別:
男性
誕生日:
01月02日
血液型:
A型
自己紹介:
こんにちはアッシュです。 私のブログは主にアニメやサッカーなど趣味についてのことやその日起こった事...

続きを見る >

読者になる

AD
記事について

アニメの感想記事日程

月:このはな奇譚
火:アニメガタリズ
水:お酒は夫婦になってから
木:魔法使いの嫁

・アニメに関してはその期の作品を3話〜5話ぐらい観ましたら、好きなOP・ED、好きなキャラを挙げた記事を書いています。
・その期の作品が終わり、次の期のアニメが1話〜2話ぐらいの時に私的ランキング(1位〜3位※その他良かった作品は番外編にて)を書いています。

❏総評をまとめ(ホームページ)
https://rikopintomatosa104.amebaownd.com/posts/categories/710471


その他

※金、土、日はジャンルを決めずに書いた記事になります。
※金、土、日に書くような記事が平日に書く時もあり、その際はアニメの記事を金、土、日のどこかで書くことがあるのでご了承ください。


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。