「離婚から立ち直る」 | 離婚うつからの立ち直り
新型コロナウイルスに関する情報について

離婚うつからの立ち直り

離婚うつを経験したカウンセラーが綴る「離婚から立ち直る方法」

離婚うつから立ち直りカウンセラーの原 つよしです。

 

今日は、本のご紹介です。

まさに、このブログ読者さんの求めている、そのまんまのタイトルです。

 

 筆者は、イギリス人で自身も離婚経験をし、離婚からの立ち直りをサポートしてきた人です。

私は、1年ほど前に購入して読んだのですが、なんとなく違和感があるところもありました。

 

その違和感というのが「赦し」ということが多く書かれていたからです。

で、ネットで調べたら、筆者はクリスチャンでした。

(ちなみに、私は、無宗教者です)

 

「赦し」には、他者に対する「赦し」と自分に対する「赦し」がありますが、私は正直、未だに自分に対しての「赦し」はしていません。

逆に、それを抱えているからこそ、頑張れているのかもしれません。

 

他者に対しても、どうしても赦せない人はいますし、赦そうとも思っていません。

でも、囚われているわけではないですから辛さとか苦しさはありません。

 

筆者も「赦しは大事な事だが、実行するには一番難しいことでもある」と書かれています。

 

私も「赦し」ができれば、気持ち的には楽になるとは思っています。

でも、なかなかできないし、無理に「赦し」をしようと思わなくてもいいと思っています。

 

皆さんの中でも、パートナーに裏切られた人、散々な目にあわされた人、騙された人という方々は、別れたとはいえ、そう簡単に元パートナーを「赦す」なんてできないと思います。

 

勿論、「赦せない」ことにいつまでも囚われていたら、前には進めませんから、「幸せになって見返してやる」というくらいのエネルギーに変える方法でもいいと思います。

そうすれば「赦し」なんてことは、どうでもいいことになる日が来ますから。

 

「赦す」ことができる人は、この本には「赦し」の方法や考え方なども書かれているので、素直に取り組める人は取り組んでみてください。

 

私みたいに「赦し」に関しては素直に取り組めない人も参考になることが多く書いてあるので、興味ある人は読んでみてください。

 

お問い合わせ&カウンセリングお申し込みは

下記ホームページからお願い致します。

 

「離婚うつ」「依存症」「グリーフカウンセリング」

feel相談室 ホームページ

 

 にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村