人生の転機 | 離婚うつからの立ち直り

離婚うつからの立ち直り

離婚うつを経験したカウンセラーが綴る「離婚から立ち直る方法」

離婚うつからの立ち直りカウンセラーの原 つよしです。

 

最近「転機」というワードが、なぜかちょっと気になってます。

多分、テレビか誰かが言っていたのか覚えてないけど「あなたにとっての人生の転機はなんでしたか?」のようなことが頭に残っていたのかな~

 

「転機」とは、人との出会いやある出来事がきっかけで、今までの人生に大きな変化が起きたとか新たな展開を迎えたという意味のようです。

 

「震災が転機となって、生きる意味を考え直した」

「リストラされたのが転機となって起業した」など。

出来事自体は、決していい出来事ではないけど、それをいい結果につなげるみたいな、

「ピンチをチャンスに変えた、」「人生が好転した」っていう感じですね。

 

このブログを読まれている方は、「離婚した」「離婚しようか考えている」という方がほとんどだと思います。

 

そうです

「離婚」も人生の大きな転機ですよね。

 

しかし「離婚」の場合は、人生好転というよりも、逆で精神的にはどん底のほうに転がってしまう感覚です。

人生好転なんてもう無理って思ってしまいます。

「ピンチをチャンスに」なんて考えられませんよ。

 

「転機」を語る時って「今思えば」とか「振り返れば」っていう枕詞がつくことが、ほとんどだと思います。

だって「転機」って、そもそも突然だったり、思いもかけないことだったり、想定外の出来事だったりですから。

 

だから、誰もが最初は、戸惑ったり、落ち込んだり、辛く、苦しい思いもしたと思います。

こういったかなりショッキングな出来事が「転機」と言えるのかもしれません。

ショッキングな出来事は、今までの価値観とか考え方とか生き方すらも変えてしまいますから。

 

私も「今思えば」ですが「離婚」が人生の「転機」だったと思います。

本来は「離婚が転機となって、今は幸せです、好転しました」なんて言えればいいんでしょうが、私はそんな綺麗ごとにまとめたくないですね~。

だから、皆さんにも「離婚」をいい転機(好転)にしましょう、なんて綺麗ごとは言いません。

 

ただ、「離婚」という出来事を自分と向き合う「機会」「きっかけ」にはなりました。自分の今までの生き方、そしてこれからどう生きる?みたいなことを考えました。

 

あなたの人生、生き方を考え直す「きっかけ」として捉えて欲しいと思います。

 

そうすれば、きっと何年後かに「今思えば、離婚は人生の転機だったな~」って思えると思います。

そういえるってことは、新たな人生を歩んでいるということですから。

 

 にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村