後悔せず上手に離婚するためのブログ

後悔せず上手に離婚するためのブログ

離婚を考えている方に役立つ、上手な離婚の方法についてご紹介。
離婚の後の人生についてまで計画を立てる準備を行いましょう。

生活をするにあたって、ローンを組むような大きな買い物が出てくることもあるでしょう。
マイホームや車はその代表格です。

しかし、夫婦の片方が、そのような家族の共有物ではなく、私欲で借金をした場合はどうでしょう。
身の丈に合わない買い物を我慢できない、もしくはその買い物が身の丈に合わないということを理解できない配偶者とは、離婚をしたいと考えるのもごく自然なように思います。

さて、このような借金を理由に、離婚することはできるのでしょうか?
離婚の方法はだいたい3つに絞られるので、その方法ごとに考えてみます。

3つの離婚理由と借金による離婚
①協議離婚
協議離婚は、夫婦の話し合いで離婚を決めるものです。
そのため、「その借金が嫌だから離婚して欲しい」と相手に申し入れて、それが聞き入れられれば離婚が可能です。
逆に言えば、相手が離婚を嫌がるのなら離婚はできません。
借金をする配偶者は、離婚すれば自分が困ることをわかっているため、協議離婚を認めたがらないことも多いです。

②調停離婚
調停離婚では、夫婦の間に裁判所の調停委員に入ってもらい、離婚の話し合いを助けてもらいます。
第三者に話し合いの内容を確認してもらうことで、話し合いがまとまりやすいようにする、という趣旨になります。
ただし、この調停も、最終的に相手の合意がなければ離婚はできません。
そのため、協議離婚と同様の事態に陥りやすいと言えます。

③裁判離婚
裁判離婚は、離婚を望む側が裁判所に訴えを起こし、その理由が正当であると認められれば、相手が嫌がっても離婚できる、というものです。
かなり強い効力を持った離婚方法ですが、相手の借金は離婚裁判の場で、正当な理由として認められるのかどうかが問題です。

法定離婚事由
法定離婚事由とは、「この理由に当てはまるのであれば、裁判所に離婚の訴えを起こすことができる」という民法に定められた事情のことです。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 重度の精神病
  • その他、婚姻関係を継続できない重大な理由

上記の5つがそれにあたり、重篤な借金癖は「その他、婚姻関係を継続できない重大な理由」と認められる可能性があります。
しかし、裁判で離婚が認められるためには、この理由により「婚姻関係が破綻した」という事実が必要です。
そのため、単純に借金がある、というだけでは離婚が認められない可能性もあるでしょう。

その場合、生活に支障がでるレベルで借金がやめられない、ということに焦点を置き、家計の状況を証拠として示すのが良い手段になるかもしれません。


借金での離婚で注意したいこと
上記のような手段で借金による離婚が認められたとき、注意したいのは連帯保証人になっていないか、ということです。
離婚と連帯保証人の契約は直接の関係がありませんから、せっかく離婚して借金癖のある配偶者から逃げられても、連帯保証人として借金を押し付けられてしまう可能性も捨てきれません。

また、連帯保証人は銀行やローン会社が納得しないと変更することができません。

夫婦であっても、納得のいかない個人的な借金の保証人になるのは、事前に避けておくことをおすすめします。

 

 

■関連ページ

夫婦の浪費癖が原因で離婚することは出来るのか

 

“離婚”という言葉を聞いて、明るいイメージを持たれる方、あまり多くはありませんよね。

結婚も離婚も人生の大きな岐路であることに間違いはありませんが、とりわけ後者にはマイナスなイメージがあるでしょう。
それもそのはずで、離婚という出来事と向き合うためには、気力も体力も使うことになりますし、これらの現実からまた新たな一歩を踏み出さねばなりません。
離婚のあと、女性を励ますサイトや言葉は多いと思いますが、男性がどう立ち直ればいいのかを具体的に書いてあるところや教えてくれる人はなかなかいませんよね。


そこで今回は、そんな離婚から男性が立ち直る方法についてご紹介します。

そもそも、離婚という辛い現実から立ち直るためには、どんな理由で自分が“辛い”と感じているか理解することが大切です。
例えば、お子さんがいる環境で離婚という選択をしたのなら、まずそのお子さんのことが非常に気がかりですよね。
特に親権が無い場合、もう子供とは自由に会えないのか…という気持ちが押し寄せてくることでしょう。
例えお子さんと会えたとしても、心配ごとは尽きません。

また、夫婦二人の生活だった場合、相手に未練があれば離婚という現実を受け入れられない期間も存在するでしょう。
そして何より、これから自分はずっと独り、もう再婚などできないのでは…という孤独感も、辛い現実に拍車をかけてしまいます。

このように、男性それぞれ離婚に対して“辛い”と思う理由は様々です。
そのため対処法も十人十色と言えるのですが、いくつか共通している対処法も存在します。

まず簡単に試せる方法が、とにかく仕事や趣味に集中する環境を作るということです。
辛い現実を乗り越えるためには、その事実を少しでも長く忘れて、自分の好きなこと、そして自分を褒めてあげられるような出来事をどんどん起こしていくことが効果的です。
仕事や趣味の場でいい結果を出せれば、一時的に目を逸らしているだけだとしても、その時だけは離婚という辛い現実を忘れることができます。
加えて、しっかり仕事をすれば周りからの評価にもつながりますし、趣味への没頭でもまた新たな魅力が発見できたり、趣味を通して新しい出会いがある可能性も決してゼロではありません。

こういった様々な可能性を見出すためにも、ご自身が楽しめることに集中できる環境を作っていくことが大切なのです。

そして何より、一人思い詰めて溜め込んでしまうよりも、周囲の知人や友人、そして仕事仲間に気持ちを吐露してしまうのも良い方法です。
恥ずかしいとかみっともないなんて、誰も考えません。安心して相談、そして愚痴を言いましょう。
親しい人はみんなあなたから頼ってほしいと思っています。

気持ちを言葉にすることで、自分の中でも整理がつき、だんだんと辛さが和らいでいきます。

是非こういった方法で、男性が早く離婚の辛さから立ち直って頂ければいいなと思います。

 

 

女性にとって人生の大きな分岐点と言えばやはり“結婚”ですが、残念ながらその先に“離婚”という新たな分岐点が待ち構えている可能性も、決してゼロではありません。


実際に離婚という選択をする人も決して少なくない昨今、彼女たちはどうやって立ち直っているのでしょうか?
今回は女性が離婚から立ち直れるのはなぜなのかについてご紹介します。

まず離婚をせざるを得ない状況に陥った時、特に女性が困る点は、収入などの経済面、そして周囲の人からどう思われるかという世間体です。

前者については、結婚してからも仕事を続けてきた人であれば特に困ることもないかもしれません。
しかし専業主婦の方や、結婚を機に正社員からパートやアルバイトなど時間に余裕を作れる働き方にシフトした人などは、独りで生きていくために十分な収入を得ていけるか非常に不安ですよね。

お子さんを引き取るということであれば尚更、不安は募ることでしょう。
ですがこの場合、母子家庭ということでお住いの市区町村などから様々な補助や給付などを受けることが可能です。
ご自身、そしてお子さんがこれからも生きていく上で非常に助かる制度も多数存在しますので、是非積極的に調べてみてください。

また後者の世間体についてですが、やはり離婚という選択が、例えご自身の前向きな考えの元で取ったものであっても、周囲からはマイナスの意味で捉えられがちです。
それをひとりずつ説明して回って解消していくという方法もあるにはありますが、無論現実的ではありません。
それまで住んでいた所を離れて、誰も自分を知っている人のいない土地に移り住んでしまうという選択も存在しますが、これもなかなか難しいでしょう。

このように、離婚には様々なデメリットがあり、精神的・肉体的、そして経済的にも非常に負荷のかかる選択であることを覚えておかなければなりません。

 


それでも離婚をした女性たちが目指すものは、やはり夫からの解放や自由であることがほとんどです。
そしてそれらをやり遂げた方々は、今まで家事や夫に対する些事で潰されていたご自身の時間を取り戻し、趣味やお子さんのためにしっかりと使うことができる、非常に充実した生活を送っています。

無論、独り身や母子家庭独特の苦労もありますが、それを踏まえても、ストレスから解放された離婚という選択は間違っていなかったという思いが、女性たちの絶対的な自己肯定につながっています。
そういった自己肯定と生活の充実によって、女性は立ち直っていきます。

離婚は決して楽な道ではありません。
しかしそれでもその道を選ぶなら、それ相応の覚悟をして挑むべきと言えます。
そしてその先にある明るい未来をつかみ取り、ご自身の人生を謳歌するための最良の選択にできるよう頑張って頂ければと思います。