小林行政書士の元気が出る家族法務(離婚・相続・遺言)相談室

離婚不倫・相続・遺言など家族法務に精通している北海道、旭川市の行政書士が、離婚・相続などにかかわる基本的な知識やQ&A事例を紹介し、離婚、不倫問題・相続・終活問題に直面して悩んでいる多くの方のお役に立つことを目的としたブログです。


テーマ:

こんばんは。

 

雪解けとともに「走るひと」「走る行政書士」になる予定の小林です。

 

昨夜は睡魔との戦いにやぶれ、更新できませんでした。(;^_^A

 

さて、今日は、離婚後の氏の変更についてお話ししたいと思います。

 

婚姻時に氏を変更した当事者は、離婚時から3か月以内に、婚姻前の旧姓に戻る。あるいは婚姻時の氏を引き続き名乗る。

 

のいずれかを選択できることはみなさんご存知のことと思います。

 

お子さんの学業の都合などで、離婚時に、婚姻時の氏の続称を選択した場合でも、その後、お子さんが大きくなり高校卒業・就職を機にお子さんともども婚姻前の旧姓にしたい、とか、お子さんが成人して親のもとをはなれ、一人となって生まれ育った実家の旧姓に戻りたいという希望があれば、家裁に氏の変更許可の申立をすることで、旧姓に戻ることが認められる可能性があります。

 

裁判所のHPで記入例として紹介されている申立書の事情も、子供の卒業就職を理由として変更を申し立てていますね。

 

裁判所HP>氏の変更許可の申立書

http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazisinpan/syosiki_01_19/index.html

 

裁判所HP>氏の変更許可

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_19/index.html

 

実家や実家のお墓を見守るために旧姓に戻りたいという希望も最近は多いようです。

 

気になる方は一度家庭裁判所に手続きの相談に行かれると良いと思います。

 

 

びえいへルソーマラソンですが。

30キロコースは定員300名が今日の午後に定員に達したようです。

やはり、土日でないとエントリー申込出来ないビジネスマン・ビジネスウーマンの方もたくさんいらっしゃったのだと思います。

 

ですので、当初の約束通り、私はハーフコースにエントリーしようと思います!

 

目標は2時間15分にしておこうと思います。

 

がんばれ自分。p(^-^)q

 

明日は初めて担当する事件もあるので、もう少し予習して本番に備えようと思います。

 

離婚関連、相続・遺言業務ならびにセミナー講師賜ります。

お気軽にお問い合わせください。

 

小林行政書士事務所

0166-59-5106

アメブロメッセンジャーでもお気軽に!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小林@旭川の行政書士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。