びわの葉の煎じ汁の使い方 | 大阪堺高石市 リトリートサロン リンパマッサージ アトリエ三体夢

大阪堺高石市 リトリートサロン リンパマッサージ アトリエ三体夢

乳酸流しを含むリンパマッサージと食生活を提案するサロン。
流れの良い体は精密なセンサー
時代の流れを読み取り会社を守る経営者、
自分の体の変化をキャッチし、子供と家族を守る妊婦さん、
心と体の流れを読み取るセラピストさんの駆け込み寺。


テーマ:

先日からのつづきです。

びわの葉の話し

びわの葉エキス

 

今回は【びわの葉の煎じ汁】のご紹介
《バラ科のアレルギーをお持ちの方は使用しないでください。》

 

びわの葉の煎じ汁とは
びわの葉を適当に刻み、やかんで煮出したものです。
(びわの葉茶とも言います。)
お茶として飲めますし、ローション(化粧水)としても使用できます。
※冷蔵庫に保管して早めにご使用ください。(約1週間)

 

材料
・びわの葉(バラ科) (水洗いで産毛をスポンジなどで取る。)
約10枚から15枚
・2リットルの水

 

作り方
・びわの葉を数センチの大きさにハサミで切ります。
(生でも乾燥させたものでもどちらでもOK)
・2リットルの水とびわの葉をヤカンや鍋などで煮出す。
(お湯が褐色になればOK)

 

詳しい効果効能は

↓こちらをクリック

びわの葉のお話し

 

☆褐色の煎じ汁の使い方

{22659186-3D7D-4E6F-B1E7-1693652B49AD}

・びわの葉茶として飲む
(胃もたれ・疲労回復・夏バテ、風邪予防・滋養強壮など)

・ローション(化粧水)として使う
肌の弱い人におすすめ!
(かゆみ・湿疹・やけど・ニキビ・あせもなど)

 

☆濃い煎じ汁の使い方
(お湯が3分の2ぐらいの量か半分くらいになるまで煮詰める)

{4E69F4FB-D56A-4E06-9EEA-DE39D6E39B88}

・ローションとして使う

(切り傷・虫さされ・かゆみ・やけど・あせも・ただれ・アトピー性皮膚炎など)


・お顔の化粧水として使う

(湿疹・ニキビ・肌荒れ・シミ・そばかす・美肌など)

 

・濃い煎じ汁湿布(常温)
ガーゼやコットンなどに染み込ませ患部に貼る
(肩こり・腰痛・ねんざ・深い切り傷・やけどなど)

 

・濃い煎じ汁を飲んでもOKです。

(二日酔い・ぜんそく・胃弱・疲労回復・夏バテ・風邪・滋養強壮など)

{4F6AC5C5-9290-4036-92CC-2E04311E5A0E}

(煎じ方によってこれだけ褐色と濃色の違いがあります。)

 

冷蔵保存で約1週間ほどで使いきってください!

 

使いきれないほどの量を作ってしまった時は…

お風呂に入れて【びわの葉湯】がおすすめです。

 

えみ

 

~お知らせ~

セラピストスクール始まります。

↑こちらをクリック

 

➀風水OILセミナー『水OIL』

日にち  2018年5月9日(水)

時間 11:00~12:30

費用 6,000+(TAX) 『水オイル付き』

↓詳しくはこちらから

☆エッセンシャルオイルと風水学をうまく利用すると

 

お時間のある方はご一緒にランチ(実費)しましょう。

(お弁当をご用意しますので、ランチしますとお声かけお願いします。)

 

➁サンタイムソルト『水OILソルト』 ワークショップ

2018年5月9日(水)

時間 13:30~14:30

費用 6,000+(TAX) 『水オイルソルト付き』

↓詳しくはこちらから

☆海の恵みとサンタイムソルト

 

➀と➁を受けて頂いた方

時間 11:00~12:30 13:30~14:30

費用 10,000+(TAX)とさせていただきます。

 

会場 アトリエ三体夢

 

お気軽にお問い合わせください。

アトリエ三体夢

TEL: 072-266-2610

11:00~18:00受付 日祝休み

アトリエ三体夢

★ホームページ

★『風水鑑定』 

オーナー★志方理子のブログ 

★施術

★スピッリトオイル講習会  

東洋医学の基礎、陰陽五行論の入口学び

五行オイルの取り扱いができるようになります

 

商品紹介

↓こちらから

★サンタイムオイル

IMG_20151209_125549650.jpg

アトリエ三体夢

TEL: 072-266-2610

11:00~18:00受付 日祝休み

 

 

 

 

リトリートサロン アトリエ三体夢 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります