読書好きな子に育てるメリット! | [首都圏] 面白いほど勉強へのハードルが下がる『親勉』メソッド研究中!!

[首都圏] 面白いほど勉強へのハードルが下がる『親勉』メソッド研究中!!

勉強嫌いからの脱却☆中学受験にも役立つ!
8歳息子、3歳娘と一緒に遊ぶように勉強する「親勉」を実践中。
全国のママさん達にも楽しくお伝えしていきます!!


テーマ:
こんにちは!

遊ぶように楽しく勉強する学習法を実践している、二児の母 親勉インストラクター見習いの細谷えりこです。


昨日のブログにも書きましたが、
わが家の小1息子は読書が大好きです。


私が意図的に本好きに育てたので
当たり前の姿なのですが、
今こうして振り返ってみると、
本好きに育てるメリットは当初の
目論み以上だったなぁと感じます。
(昨日とは反対の事言ってんぢゃん!)



そのメリットを語る前に、

私がどのようにして息子を本好きに育てた
のかと言いますと、、、


ご想像通り、読み聞かせです。


なーんだ、つまらないわ。
そう思った方、ちょっと聞いてください。


この7年間の読み聞かせ人生にも紆余曲折
があり、困難にぶち当たる度に様々な工夫
を凝らしてきました。


息子が私のお腹に宿ったとき、
一番に思ったのは

「やっとママになれるのね✨」

次に思ったのは

「絵本、やっと役に立つわ」  でした。


んっ?!
妊娠する前から絵本が家にあったの?!

そうです。

妊娠する前からわが家には大量の絵本が
ありました。。

正確に言いますと、結婚する前からけっこう持ってました。。。(;・ω・)わわわわ、コエェ~


でも、これにも複雑な理由があるんです。

私は幼少時代から何かと悩み多き人生を送っており、人間不信でまともに人と目を合わせられないような子供でした。


周りとも上手くコミュニケーションが取れず、

人は何を考えているのか。
人はどうして私を嫌うのか。(妄想)
どういうつもりで言葉を発しているのか。
どうしたら人の干渉から逃れられるか。

そんな事に強い探求心をもって過ごしてきました。

小学校高学年くらいからは太宰治に傾倒し始め、
本格的に危うくなってきたなぁ~という頃、


高校入学を機に私の人生は一気に晴れて行きました。



ちょっと導入長すぎましたね。

いったん引き取ります。

続きはまた次回で~!



親勉をもっと詳しく知りたい!
という方には何が何でも読んで欲しい!
⬇⬇⬇
■小室尚子先生のメルマガ登録はコチラ!
https://www.agentmail.jp/form/pg/983/1/?mkn

【東京23区】親勉インストラクター細谷えりこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス