私が婚活を続けている理由は、

好きな人と結婚したい!!という夢があるからですが、

今ならまだギリギリ、出産に間に合うかもしれない…という気持ちも少なからずありました。

 

でも、私は来月で41歳になります。

 

さすがにもう、子どもは無理かな・・・。

 

 

そもそも私、本当に子どもが欲しいのだろうか

 

街で赤ちゃんを連れたお母さんを見ると、幸せそうでいいなぁって思います。

でも、子どもは日々成長していくし、子育てには単に可愛いだけでは済まされない、多大な苦労とお金がかかってきます。

 

お正月に帰省をし、育児に追われる弟の奥さんを見て、

「私には無理だ・・・」と思ってしまいました。

 

甥っ子は確かに可愛い。

でも、もし弟から「一日、子どもを預かってほしい」と言われたら、正直とても困ります。

うっかり目を離して、大けがをさせてしまったら・・・と、思うと怖い叫び

そんな責任重大なこと、簡単に引き受けられません。

 

 

子どもはできれば欲しいと思っていたけど、

現実問題として、私は今から子育てしていく自信がありませんあせる

・・・体力的にも、経済的にも。

 

それに、子どものいない人生を受け入れることで、

婚活の選択肢は広がっていくと思うのです。

 

今までの私は、

年齢的に子どもを産めるかどうかわからないけど、自然に授かることができたら産みたいというスタンスでした。

 

でも、この考え方だと「子どもはどちらでもいい」と考えている男性しか、選択できないのです。

 

「絶対に子どもが欲しい」という男性は、40歳の私を選ばない。

でも、「子どもはどちらでもいい」という男性も、できれば欲しいと思っていることが多くて、もっと若い女性を狙いがち。

 

40歳の私と一番マッチングしやすいのは「子どもは欲しくない」と思っている男性なのです。

 

ジョージも、子どもは欲しくない人です。

定年まで10年を切っているから、そう考えるのは当然です。

 

もし、ジョージに「私も今から出産・子育てする自信がないから、もう子どもはいらない」と言ったら、ちょっとは心を動かしてくれるんじゃ・・・。

 

わずかに、そんな気もするんです。

 

 

とにかく、今の私は

子供が欲しいから結婚したいのではなく、

大好きな人と結婚したい!!

夫婦二人で、ずっと仲良く暮らしたい。

 

子どもがいなくても、夫婦円満ラブラブなら絶対に幸せだと思うんです。

 

子どものいない人生を受け入れることができると、

結婚への焦りが消えて、心がふっと軽くなります。

 

私は大好きな人と結婚できるまで、地道に婚活を続けていきたいです。

 

 

RiKAKo

ライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンクライン ピンク

ring*三大婚活市場ring*

クリック結婚相談所情報キラキラ

クリック 婚活パーティー情報キラキラ

クリック婚活サイト情報キラキラ

 

ring*婚活は身だしなみが大切ring*

クリック婚活ファッション情報キラキラ

クリックプロが選ぶ婚活服レンタルエアークローゼット

クリックVIO脱毛専門サロンPulito(プリート)

クリック話題の全身脱毛サロンSTLASSH

クリックサロン選びならホットペッパービューティー

 

ダイヤRikako's

 女子SPA!で「アラフォー婚活の現実」連載中!