本日、婚活アプリでやり取りしていたダンディさんとお会いしました。

 

アラフィフで、年収1,000万円超えのハイスペックの方です。

 

メッセージのやり取りも丁寧だったので、なんとなく紳士的な人をイメージしていて

 

だから、ニックネームも「ダンディさん」と名付けたのですが・・・。

 

実際は、博士さんに次ぐ残念な人でしたアセアセ

 

いや、でも

ダンディさんとは早い段階で会う日や場所を決めていたのに

なかなかお店を決めてくれないので、一抹の不安はありました。

 

前日になっても、何も言ってこないので

 

「明日の待ち合わせどうしますか?お店が決まっているのであれば、お店で待ち合せしませんか?」

 

って、こっちからメールしたんですね。

 

すると、

 

「では、こちらのお店で待ち合せしましょう。駅前なのですぐわかると思います」

 

と返信が。

 

お店のURLが記載されていたので、チェックしてみたところ、

ベーカリーショップであることがわかりました。

 

ちなみに、待ち合わせの時間は19時です。

 

お茶をする時間帯でもないし、普通は食事ができるお店を選びますよね。。。。

 

とりあえず、待ち合わせ時間に、そのお店に向かいました。

 

すでにダンディさんは到着していて、席でドリンクを飲んでいました。

 

ベーカリーなので、ファストフード店のように、ドリンクは先に購入するシステムです。

 

私は到着してすぐ、ダンディさんに

 

「ドリンクはレジで購入したらいいですか?」と尋ねたんです。

 

そしたら、

 

「はい、そこで買ってきてください」って促されて・・・。

 

これは・・・自分で買ってこい、ってことですね。

 

 

繰り返しますが、

 

ダンディさんは10歳年上のアラフィフで、自称・年収1,000万越えのハイスペックです。

 

なのに、ドリンク一杯も奢る気ないんですねアセアセ

 

さすがに、マックみたいにコーヒー100円ではありませんでしたが、

それでも1杯500円でした。

 

ワンコインのドリンク代も出してくれないなんて・・・ケチすぎる。

 

っていうか、こないだの博士さんといい

 

個別でドリンク代を持つスタイルが、最近のネット婚活の流行りなんですかね?

 

立て続けにこういう人に出会ったので、困惑していますあせる

 

レストランだったら

奢ってくれる、くれないに関わらず

お会計は最後にならないとわからないから、

それまでは、多少なりとも相手に気に入ってもらおうと、こっちも愛想よく振る舞いますけど

 

最初からこんな風に、奢る気ゼロの相手に対しては

もう、テンションがダダ下がりに・・・・・・あせる

 

ドリンクを購入して席に戻り、ダンディさんの顔をよく見たら

 

新橋とかにいそうな、いかにもなオッサンでした。。。

 

せめて、、、ジョージみたいにイケてるおじさんだったら、まだ完全割り勘でも許せます。

 

 

セコくて冴えないオッサンとは、一緒にいる価値なし!!

 

 

博士さんみたいに、この人も一秒でも早く目の前から消えてくれたらいいのに。

 

 

もう、完全にやる気ゼロモードになってしまい・・・

 

ダンディさんとまともに目を合わせず、うつむきながら、会話してましたねガーン

 

 

「このサイトで他の人とも会いましたか?」と尋ねられ

 

「はい、他の方とお会いしたことないんですか?」って質問仕返しました。

 

「あなたで3人めですよ」と、ダンディさん。

 

ダンディさんは、1人めの女性は美人だったけど、シングルマザーで子どもと同居することが受け入れられなかったとか

 

今まで会った女性の特徴と、ダメだったところを報告し始めました。

 

ダンディさんもバツイチでお子さんがいるって言ってたのに、

心が狭いなぁ~~って思いました。

 

そんなんだから、離婚したのかもしれないですね。

 

そして、ネット婚活で出会った女性の報告を終えると

 

「では次はRikakoさんの番です。今まで出会った人について全員、教えてください」って。

 

ハァッ!?

 

「あの・・・私、かなりたくさんの人と会ってきたので、いちいち人数を数えていないし、一人一人について詳しく覚えていないです・・・」

 

と、正直に答えました。

 

「えっ・・・」と、ドン引きするダンディさん。

 

「女性の場合、アプリに登録すると、たくさんの男性から『いいね!』をもらえるので、他の女性もいろんな男性と会っていると思いますよ」

 

「そうなんですね・・・あせるその中でいいと思える人はいなかったのですか?」

 

「数回会ったくらいで判断はできないです。次に付き合う人とは結婚したいと思っているので、慎重に比較検討していますね」

 

もう次回はない相手なので、本音を語ったところ、ダンディさんは黙り込んでしまいました。

 

そして、、、

 

「・・・もう、帰りましょうかあせる」と、一言。

 

「はい。私はコーヒーを飲んでから帰るので、どうぞ先にお帰りください」

 

憮然とした表情で席を立つダンディさん。

 

結局、20分弱で解散となりました。

 

一瞬で「ないな・・・」と思った相手とは、だらだら話しても時間の無駄です。

 

こういう場合、いかに相手に帰りたいと思わせることができるかが重要。

 

 

・・・なんだか、ハズレが続いたので

 

もう、ネット婚活は懲り懲りにアセアセ

 

 

あと一人、ワーホリさんとの初対面が控えていますけど

この人を最後にネット婚活の新規開拓は控えようかと思っています。

 

やっぱり、今はジョージのことが好きだから

どんな人と出会っても、かすんで見えてしまうんですよね。

 

恋愛初期だからこそ、ジョージのことがよく見えているかもしれないので

状況が変わったら、また再開するかもしれません。

 

ネット婚活で、初対面を果たした後にやりとりが継続しているのは

外資系さんとラクダさんです。

 

この2人とは、たぶんまたデートすることになると思いますが

今は気持ちがジョージに向いているので

なかなか乗り気になれないあせる

 

婚活は同時進行が当たり前だし

もっと割り切って活動できたらいいのですが、

自分の性格的に一度恋愛スイッチが入ってしまうと、その人しか見えなくなってしまいます。。。

 

もう、やみくもに新しい相手に出会うのはやめて

ジョージに結婚願望が芽生えるように働きかけたほうが

早いのでは!?という気がしてきました。

 

 

ブルーハーツ女子SPA!で「アラフォー婚活の現実」連載はじめましたブルーハーツ