ジョージとの情事(ダジャレ笑から朝帰りした土曜日。

 

かなり疲れていたので、ベッドに倒れ込み、ずっと寝ていたかったのですが・・・

 

午後から予定がありました。

 

マッチングアプリで最近知り合った人と、ランチに出かける約束をしていたのです。

 

今回のお相手矢印

 

スイーツさん

職業:教育関連

年齢:43歳

年収:900~1200万円

所属:タップル誕生

 

スイーツが好きだから「スイーツさん」。

私はプロフィールのサブ画像にアフタヌーンティーの写真を載せているのですが、

そこに食いついて「イイネ!」してくれました。

 

私はサブ写真にアフタヌーンティーや和服姿の写真を載せていて

あえて少しキラキラセレブ感キラキラを出しています。

 

バブリーすぎず、ちょっとだけセレブ見えする写真を選ぶのがポイントOK

 

こういった写真は、年収1000万クラスにウケがいいんですビックリマーク

 

私がアラフォーでも1000万プレイヤーと意外と多くマッチングしているのは、

写真効果が大きいと思います。

 

たまに、ヒモ志望っぽい年下くんから「イイネ!」がくるのが難点ですが。。。

 

ちなみに年収400~600万の普通のサラリーマンからは、

私みたいな女は金がかかると思われるせいか、ほとんど「イイネ!」が来ません。

 

 

今回初めてお会いしたスイーツさんの第一印象は、温和そうな人

見るからにいい人オーラキラキラが漂っています。

 

だから、結婚するにはこういうタイプが適していそうだなぁ、と思ったのですが、

ランチの際に対面して相手を観察したときに、

常に優しそうな表情なのですが、目の奥が笑っていないことに気づいてしまいました・・・。

 

トークは終始、和やかだったのですが、

時々ふっと会話が途切れて、

そのときに私を見る目がちょっと怖い・・・アセアセ

 

話の内容は本当のお見合いみたいに

「休日の日は何して過ごされているのですか?」

「趣味は何ですか?」

とか、当たり障りのないことしか話しませんでした。

 

一つのテーマですごく盛り上がるというわけでもなく、

こっちが質問して、それに返して、終わる。の繰り返し。

 

寝不足だったせいもあって、私も上手く会話が拾えずに

トークを発展させるのが難しかったです。。。

 

ちょっと怖いな、と思ったのが

スイーツさんの趣味のひとつがカメラらしく、

「どんなお写真を撮るのですか?」と尋ねたら

 

「私は人物を撮るのが好きなんです。もしよければ、今度Rikakoさんにモデルをお願いできませんか?」と言われたこと。

 

アラフォーの年齢になると、他人に写真を撮られるのは結構抵抗があります。

他人のカメラにはできる限り入りたくないし、

いつも自分の携帯カメラで撮って、画像加工アプリで修正をかけてから、

SNSにアップしたり、一緒に写っている人に送ったりしています。

 

スイーツさんがどんな写真を撮りたいかも気になるところ。

普通のポートレイトなら問題ないけど、

水着やヌードなど過激な写真が撮りたいと思ってるかもしれないしアセアセ

 

とはいえ、今までネット婚活の相手との初対面は夜が多かったので

 

初デートで昼を指定してきたスイーツさんは

本当にいい人なのだと思います。

 

私が時折感じた違和感は、おそらく思い過ごしでしょう。

 

でも、この人はちょっとやめておいたほうが・・・と私の第六感が察知したので、

次回はない気がします。。。