東京理科大学女子ラクロス部

テーマ:
こんばんは🙋🏻‍♀️

明日はいよいよ入れ替え戦です!!
ということで今日は恒例のプレゼント交換をしました!✨✨

一年生からはミニオンの袋💓

二年生からは靴下🧦

三年生からはタオル🎈

四年生からはマウピケース🤲

マネさんからはとてもかわいいビーズのミサンガをもらいました😍😍

どれもかわいくて嬉しかったです😆

明日はついに最終戦。18チーム最後の試合になります。私たちは2部昇格のために夏から頑張ってきました。
絶対に勝って2部昇格を果たしましょう!!!

明日
9:30 ドロー vs東洋大学
@理科大野田キャンパスグラウンドラグビー場

お時間ありましたら、ぜひ足を運んでください!応援よろしくお願いします📣!



ヨクト🌱

テーマ:
こんにちは!
久しぶりのブログ更新になってしまいすみません💦

入れ替え戦の日程が決まりましたのでお知らせします✨

11月18日(日) VS東洋大学
9:30 ドロー
@理科大野田キャンパスラグビー場

18チームにとって最後の試合。
ホームでの試合になりますので、ぜひ足を運んでの応援お願いします📣
皆様の声援が力になります✨



最近一気に冷え込んできましたね🍃
ラクロス部の中では、この冷え込みのせいか風邪気味の人が多い気がします🤧

入れ替え戦まであと1週間ちょっとです!大切な時期なので風邪には気をつけましょう⚠️
皆さんも気をつけてください✨

最後に…
先日の野田朝練で天気が良かったのでひなたぼっこをした写真でお別れです👋


ぽん🍊

テーマ:
こんにちは🙋🏻‍♀️

今日はリーグ戦第四戦(vs獨協)が行われました!




結果は、
6-2 ○

✨🏅理科大勝利🏅✨




今日の勝利で入れ替え戦を決めることができました!!

私たちの目標であるニ部昇格を果たす時が来ました。
入れ替え戦までまだ時間はあります。
大好きな四年生と、この18チームで、理科大女子ラクロス部がまだ見たことのない景色を全員で見ましょう!!✨




遠いところ足を運んでくださったOGの皆さん、関係者の皆さん本当にありがとうございました!

入れ替え戦の日程は追ってお知らせ致します。

ヨクト🌱

テーマ:
4年生最後のブログリレーを書きます!主将のベリーです😊

同期が本当に良い話をたくさんしてくれたので、私は残り2戦を控えた18チームの主将として、今の気持ちを率直に書こうと思います。

これを読んだ皆んなが、次の試合、そして入替戦に向けて自信を持ってくれたらと思います💪✨




私は1年生の夏合宿で、実力が伴わないままAチームに入り、4年生のリーグ前の練習の中で迷惑な存在でしかなかったと思う。

ある練習中、主将のいるさんにホワイトボードを取りに行かせてしまって、

プレーでもいるに引っ張ってもらってるのに、プレー以外もやらせてどうすんの?

ってさなさんに怒られて、

みんなに向けた言葉ではあったけど、明らかに1番下手だった私は、自分に向けられた言葉だと感じました。




それからは、自分がチームで1番下手なんだから、チームに貢献出来るならなんでもしなきゃって気持ちで4年間過ごしてきました。

練習で手を抜かない!
生活面でも、誰よりもけじめだけは大事にする!

そうする事で、チームに何か自分でも貢献出来るんじゃないかって信じてきました。




そして、4年になって18チームが始まって、主将になった私に何が出来るのかと考えた時、

どこよりも"良いチーム"にする

ことだと思い、覚悟・笑顔を方針に掲げました。
新チームmtgで話した、覚悟・笑顔に込めた意味、良いチームとは何か。

これを体現できれば必ず二部昇格出来ると思ったから。




だけど、具体的に主将として自分がどうしたら良いのかが、分からなかった。

自分を引っ張ってくれてきた主将たちは、プレーでもコート外でも、とても頼もしくて、偉大だった。

私もプレーで皆んなを引っ張りたいって、ずーっと思ってた。

けど、チームを盛り上げるようなプレーは思うように出来なくて、
地味なプレーでチームを支えようと思っても、絶対的な安定感もない。
東京戦ではスタメンも外された。




それは、自分が後輩として憧れた主将の姿、
後輩に見てほしい主将の姿とはかけ離れてて、情けなくて、情けなくて。

自分は何の為の主将か、主将って何を求められてるんだ?って悩みが尽きなかった。

こんな気持ちで、
きっとやってきたことは裏切らないって思う少しの自信と、負けたらどうしようって思って迎えたリーグの初戦。





今までで1番楽しい試合だった!!!

OFもDFも、ベンチも応援席も、全員がただただ勝ちたくて、必死で。

全員18チームのために、
二部昇格のためにって気持ちで挑んでる事が感じられた。

そうしてみんなで初戦を勝ち取ったあの瞬間に、自分の中ですごく気持ちの在り方が変わった気がした。




18チームに凄く自信が湧いてきた。

先輩後輩関係なく、全員がこんなにもチームの為にって、ラクロスしてる18チームを凄く誇りに思えて、

その瞬間初めて、このチームの主将だって実感できた気がした。




もちろん、こんなに良いチームは、私なんかの力ではなくて、

いつも正しい方向に導いて下さるコーチの方々がいて、何度でも繰り返し悩みを聞いてくれる先輩方がいて。

いつでも私たちを万全の状態で送り出してくれるチームスタッフ。

悔しさや辛さと葛藤しながらも必死で練習して、時には4年にだって指摘をくれる本当に頼もしい後輩たち。

そして何よりも、真剣に語り合えて、こんなに頼りない主将をプレーでも引っ張ってくれて、相談すれば勇気付けてくれる最高で大好きな同期の存在。

全ての人々がいて、初めて主将になれたのだと感じます。本当に、本当に
感謝しかないです。




今の18チームは、どこにも負けない
本当に強く、良いチーム!!😊

このチームなら必ず、入替戦に進んで、二部昇格までやり遂げられる!!

大好きなこのチーム皆んなで、二部の舞台に必ず立とう!!

テーマ:
周りからは、クールって言われてるあおです😊笑
最近前髪をきって絡みやすくなったって後輩に言われました。笑

私が2年生のとき、リーグ戦には全く出れませんでした。

技術もあんまり上手じゃない。
自信がない。
ミスしたらすぐ落ち込んで、勝つための覚悟もない。
リーグ戦に出たい思いはあったけど
自分なりに一生懸命やってるだけ。

今思えばメンタルがめちゃめちゃ弱かった。笑
そんな人がリーグ戦に出れるわけないですね。

そんな私を変えてくれたのはたむさんでした。



「楽しむ」ことの次に大事にしてたことは

"アピールすること"

私をスタメンに選んでって"アピールする"
→覚悟を持って日々練習できる

ビフォアもアフターもたくさんして誰よりも練習してるよって"アピールする"
→練習時間が増えて上手になって自信がもてる

これを意識してるから見ててって"アピールする"
→挑戦できる人になる

勝つためにこんなに考えてプレーしてるって"アピールする"
→考えてプレーできるようになる

わからないから教えてって"アピールする"
→自分が足りないことを知れて周りとのコミュニケーションにもなる

私がパスキャも上手で、ラクロスのセンスがあったら"アピール"しなくても試合にでれたかもしれない。

でも、自分が思ってるよりも大袈裟に"アピール"しないと周りには伝わらないと教えてもらいました。

"アピールすること"でラクロスに真剣になれる。

そして、3年生になってスタメンを掴み取った。
でも、ブロック戦全敗。

まだまだで、自分もチームも成長しなきゃと去年のリーグ戦が終わった後そう思いました。

4年生になって、この1年間、副将という立場でなにができるか考えてきました。表舞台に立って話すことも苦手で、正直副将としてチームに貢献できたことはほとんどなくて、いつも同期や後輩に頼ってしまいました。

ごめんなさい。

せめてプレーで貢献したい。

そんな思いとは反対に、夏合宿からは練習試合でスタメンから外されることも増えて、後輩の成長は嬉しかったけど、自分の弱さが情けなかった。自分の想像するかっこいい4年生の像とはちがった。



でも、ここで諦めたくない。

同期と一緒にスタメンで出て、勝って笑いたい。

華麗で目立ったプレースタイルではないけど、コートにいたら安心するって思われる存在になりたい。

2年生のときAもBチームも経験して、最終戦ではベンチ外だった人でも、リーグ戦で活躍できるんだよって今のび悩んでる後輩たちに示したい。

2年生の時みたいに、メンタルが弱い自分はどこにもいない。

引退まで残り少ない時間でも
今できることを考えて、全力で。貪欲に。

"アピールして"強くなれたように。



最後に
悩んだとき、アドバイスをくださったコーチの方々
行き詰まったとき相談にのってくださったOGさん
ずっと支えてくれたチームスタッフ
成長してたくましくなった可愛い後輩
常に刺激を与えてくれた大好きな同期

本当にありがとうございました。

この18チームで最終戦、入れ替え戦、2勝して絶対2部にいこう。

次は、一人一人に向き合ってくれて、私たちのことをずっとまとめてくれたべりーです。

ベリーじゃなきゃできなかったと思います。

小さいけど、誰よりも頼りになる主将です。

テーマ:
ついに順番が回ってきてしまいました。
ゲームキャプテンのいくです。
ゆんの言葉が嬉しすぎて舞い上がってます。笑


私は4年間やってきて感じたことを書きたいと思います。


まずは、、、

「4年間最高に楽しかった!!!!!!」


入部した当初はパスキャだけで楽しかった。

でも、それだけじゃ物足りなくなり、ショットをうつこと。試合にでること。先輩に褒められること。自分がアシストすること。自分がゴールを決めること。チームが勝つこと。後輩が成長してると感じること。チームが成長していると感じること。リーグで勝てるチームになること。


振り返ると、4年間で楽しいと思う瞬間がどんどん変わってきていて、本当に充実していたなぁと思う。


でも、もっと上手くなれたのではないかと思うことがある。

「3部リーグに所属しているから、1部や2部のチームと戦って負けるのは仕方がない。選手より下手でも仕方ない。」
私はウィンターやあすなろで勝つことができないことに対して、仕方がない。
フレキャンやフレクリでも、理科大で教えてもらってないから出来なくて仕方がない、と考えてしまっていたと今では思う。

これが自身の成長度に少なからず関係していると感じる。

そう気付かされたのは、2年のリーグの駒澤戦。同じ学年なのに、めちゃめちゃ上手かった44番。悔しかったし、自分の力不足を目の前で感じた。

それからは練習への姿勢を変えて取り組むようにした。
練習に誰よりも早く行くようにしたり、先輩に自分の意見も少しずつ言うようにしたり、疑問があったらすぐ聞くようにした。


2年生では、あと1点が足りずに上入れ替えに行けず。
3年生では、下入れ替えにいく結果となったリーグ戦。

自分がもっとうまかったら、、

自分だけの力で変わる訳ではないけど、気づくのが遅かったし、まだ足りなかったと後悔した。


4年生になり、新チームのゲームキャプテンとしてもっと成長しないといけない。最後の1年はより真剣にラクロスと向き合ってきた。

プレーはもちろん、特にチームをどう成長させるか、どう伝えればいいか、とたくさん考えて、たくさん得るものがあった。
そして、ついてきてくれる仲間ができた。
チームの成長がなにより嬉しかった。

真剣にやったからこそ4年になってからはあっという間で、一生忘れないかけがえのない時間だったと思う。


「この人に負けるのは仕方がない。」
自分とは運動経験が違うから。上のリーグでプレーしてるから。練習時間が違うから。
自分より上手い人に対してできる言い訳はたくさんある。

でも、諦めなければ少しずつでも差は縮められる。本気で向き合えば、悩むこともあるけど、それ以上に得られるものはたくさんある。なにより、その方が楽しい。


引退まであと少し。
最後まで2部との差を縮める努力をする。
大好きな18チームで成し遂げるため、そしてすけさんを2部に連れていくために!!


最高の仲間たちに巡り会えた最高の4年間。
常に私たちのことを考えてくれたすけさんに感謝。たくさんのことを教えてくれた先輩方に感謝。ついてきてくれた後輩達に感謝。なんでも話せる大好きな同期に感謝。


2部昇格。

一つだけ絶対に楽しいと思える瞬間でまだ達成できていない。


全員で勝ち取ろう。

みんなとなら出来る。





次は、クールな副将のあおです!
いつもビフォアに付き合ってくれてありがとう😊クールと見せかけて熱い気持ち持ってるあおが大好きだぞ!!


いく

テーマ:
とうとうブログを書く日がやってきました…
みんないいブログ書きすぎね!



すぐいろんなこと忘れるし、
いつも能天気に生きてそうなので
女ラクのドリーと言われているゆんです🐠

そんなわたしが頑張って思い出して(笑)
わたしなりに考えてきたことを話したいと思います






わたしがラクロス部に入った理由は、
"何かに本気で打ち込んでみたい"
と思ったからです




高校まで運動経験のないわたしは、
文化部の部活もゆる〜くやって
友達とはしゃぐために学校行ってたし、
大学受験もやり切れなかったし、
習い事ものんびりやってたし、

何もかも中途半端


本気になれなくて
毎日なんとなく過ごしてた



そんな自分がすっごく嫌いだったし、
何にも自信がなくて、

でもそんな自分を変えたくて、
何かに打ち込みたくて、

大学生活が最後のチャンスだと思いました。



新歓でみた女ラクの先輩たちは
すごくキラキラしてて、
"ここなら違う自分になれるかも"
と思ったのが入部をきめた理由です。





でもいざ入ってみると、
同期にはどんどん上手くなって
1年生で上級生練に入る子もいて、
でも自分は新人戦で全然スタメンにも入れなくて。



もちろんその子たちははすごく練習してて
わたしもそれなりには自主練してたけど、


誰よりも練習して誰よりも上手くなろうとか

先輩たちに少しでも早く追いつこう

とかいう気持ちではやってなかったと思います。



人並みに、同期で楽しく練習できればいい
みたいなそんな軽い気持ちだった気がします。


今思うともっと練習しとけよ!って思うけど、
当時のわたしはそれでいいと思ってました。



「打ち込む」ってこれくらいのことだと思ってた。


全然中途半端なままでした。








そんなわたしが2年生になったとき、
1個上のげるさんがお姉ちゃんになりました。









げるさんは私に正面から向き合ってくれて、
たくさん教えてくれて、
たくさん叱ってくれました。


教えてもらったのにできないことが多くて悔しくて、
泣きながら練習後のダウンすることが何度もありました。


ある時、

「同期の誰よりもパスキャ上手くならないと。
今のゆんがみんなと同じ量で練習してても上には行けないよ。」

と言われたことがあり、ハッとしました。

このままの自分じゃダメなんだと思いました。





それから前よりもアフターに残るようになって、
げるさんにも何回も自主練に付き合ってもらいました。


そしたら、少しずつだけど、

前までとれなかったルーズボールがとれるようになった
前よりクリアがもらえるようになった
前よりショットにいけるようになった


上手いわけではなかったけど
練習したおかげで、できることが増えてきた。



当たり前かもしれないけど、それがすごく嬉しくて、


できることが増えるって楽しい!!!
もっと上手くなりたい!!


って強く感じたことを覚えています。



学生生活ただなんとなく毎日過ごしてきた私にとって
今まで知らなかった気持ちでした。



げるさんをはじめ、
たくさんのことを教えてくださった先輩方には
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。




そうして私なりに練習を重ねて、

2年生のときのリーグ戦の時期には
1試合だけ、どうしても出れない先輩の代わりに
リーグ戦にスタメンで出ることができました。








尊敬するその先輩には大抵及ばないプレーだったと思うけど、
1年生の頃にはリーグ戦に出る自分の姿なんて全く想像できませんでした。



それが、

できることが増えることの「楽しさ」を知って、
ラクロスの「楽しさ」を知ったおかげで、
1年前と違う自分になれていました。








4年生になって、この18チームが始動したとき
同期が幹部になってチームを率いてくれる中、
私はどうやってこのチームに貢献しようと
考えました。


全体を率いていけるほどの統率力もないし、
もちろんプレーでも貢献する気はめちゃくちゃあるけど秀いでて上手いわけでもない。





私はみんなに、

朝早く眠たい目をこすりながらグラウンドに向かって、
土日も夏も冬も、たくさん時間を費やして、
たくさん頑張ってるラクロスを
より「楽しんで」プレーしてもらいたいと思いました。



あのとき私が先輩方に教えてもらった
ラクロスの「楽しさ」を、
今度は私が後輩たちに教える番だと思いました。



あんなに頑張ってる子たちに
私が少しでも力になれるなら


あのとき先輩方がしてくれたように、
私も後輩に正面から向き合って、
1つでもその子のできることを増やす。

もっとラクロスを好きになってもらう。




もちろん私自身も心からラクロスを楽しんでないと
後輩たちに「楽しさ」は伝わらない



私もこの4年間上手くいかなくて、
悩むこともすごくたくさんあったけど

でもあの時の、

"練習すればいつかできるようになる"

っていう自信があったから頑張れた。


まだまだ自分にはのびしろがある、
いや、のびしろしかない!!!って思ってました。


4年になってもできることは増えていって、
もっと自由にプレーできるようになったし、
余裕ができて前より周りも見れるようになってきた


そんな今、ラクロスが楽しくて仕方ないです。


本気ってこんなに楽しいんだって実感しています。





まだもっと成長できる。

まだ18チームのために
私がやれることはたくさんある。





上手くいかなくて悩んでる子もたくさんいると思うけど、その努力は時間がかかったとしても
必ず成長につながる。

まだまだこれからできるようになることが、どんどん増えてくよ。


そのためにたくさん同期や先輩に頼ってね。

「自主練付き合ってください」とか
「ビデ見しませんか〜」っていうLINE

私はすごく嬉しい!!!!笑
大歓迎!!





私たちは本当に素敵な後輩に恵まれました。
プレー面でもそれ以外でも。


感謝してもしきれないです。
私たちの後輩がみんなでよかった。本当に。

私は全然、
愛情表現とかできるタイプじゃないけど
後輩たち一人一人が本当に大好き☺️






そして、かけがえのない同期









みんなとだから、いろんなことを乗り越えられた。
みんなと出会えたことがすんんんごく幸せ!!!!!!

いつでも一緒だったね!
いっぱい笑ってたね😊

みんなで過ごせた時間は宝物です。



多分これからも一緒だと思うけどね😝






この大好きな同期と大好きな後輩が作り上げた
18チームの「素晴らしさ」を、
また、私たちのラクロスの「楽しさ」を







獨協戦、そして二部への入れ替え戦で

コーチや先輩、家族の方々をはじめとする、
今までたくさんお世話になった方々に証明します。











みんなとだから本気で二部昇格したい。







心から大好きなみんなの笑顔が見れるように、








まずは獨協戦、全力で!
私たちならできる。






長い文章、読んでいただきありがとうございました!
まとまらない文章ですみません。




次は頼れるゲームキャプテン、いくです😊🌈🌈


私たちはいくがいなければ、
ここまでこれませんでした。

きっとプレッシャーも大きかったと思うけど、
本当にありがとう。


あと少しの間、たくさん頼ります。
でも同期として全力で支えるからね!

テーマ:
こんにちは!
4年生とは同期だけど1年遅れてはいってきたらんです。
今でも敬語です。すみません笑


3年間しかやってなくて他の4年生みたいに伝えられることは少ないし、こういう文章書くのは苦手なので、今までやってきて思ったことを書こうと思います。


振り返ると3年間やってきて、悩んでることの方が多かった。

去年のAB分けではAになれなくて、
Bになって最初は毎回毎回泣いてた気がする。

いま思えばそんな時間あったら練習しろって思うけど、その時は本当に悔しかったし、何事もマイナスでしか考えられなかった。

同期が試合に出て活躍しても素直に喜べなくて、
自分が成長してるのか全然わからなくて、
もう辞めよ!って何回思ったことか、、笑

でも、ここまでやったんだからっていう意地みたいな感じで続けてた。

1番練習したって自信持てるように、アフターもたくさん残った。


人数が多い分、Bに落ちちゃう子がいるのはしょうがないけど、それでも負けないでほしい。

Bで練習してて上手くなってる実感は正直あんまりないかもしれないけど、みんなすごく成長してる。

私もAになれなかった気持ちがわかるから、頑張ってほしい。



今年の春練は就活であんまり行けなくて、このまま戻れるのかなってずっと思ってた。
でも、
早く戻ってきてーって言ってくれる人がいるから、頑張れた。

久しぶりに練習に行って後輩が上手くなってるのもなんかすごく嬉しかった。




ずっと続けてきて良かった。

最後のリーグ戦1戦目、初めてベンチにはいれて試合にも出れた、去年とは全然違う景色。

なんで自分なんだろうって思うこともあったけど、出ている以上そんな気持ちは持っちゃだめだなって思った。

ミスしても落ち込まない。
自分ができることをただやるだけ。
少しでもチームのためになるようにって思うようにした。




そして、ずっと一緒にやってきた3年生。
みんなと最後までやりたかったなって最近すごく思うようになった。




ずっと一緒にやってきて頑張ってるのを一番近くで見てきたから、
二部でプレーしてほしい。
少しでも長く、一緒にやろう。




最後に4年生。先輩っていう気持ちが抜けなくてあんまり自分からは行けなかったけど、たくさん話しかけてくれて同期って言ってくれて本当はすごく嬉しかったです。ありがとう。最後笑顔で終われるように、がんばろう。






13日の獨協戦、入れ替え戦へむけて絶対に勝つ!
後悔のないように全力で。




明日は女ラクのドリー、ゆんです!!
普段は可愛いけど、プレーはすごいかっこよくて、いつもアドバイスをくれる優しい先輩です!

テーマ:
こんにちは!
4年間毎日美黒を追求した結果、
黒いを超えてついに黒く光りだした
そんな日焼けの最終形態まで達している、
生足ゴーリーまっさんです。


ブログの話が回ってきた時に
そもそも自分はなんでラクロス部に入ったんだろう、
ゴーリーになったんだっけって思い返しました。


フィールドの子達がなかなか聞くことができないであろう、
ゴーリーのお話もしたいと思います。



思い返せば入部した理由は申し訳ないんですが特にありません、

「なんとなく」

です。


今の後輩みたいに
上手くなりたい!面白そう!

と言って入部してくる子達を見て
ただただ驚かされていました。



皆が新歓でラクロスにどんどん触れている中、

私は肺癌で入院していました。

一瞬自分はここまでなのか、と考えました。

手術して、右の肺の半分を失いました。



なんとか大学に戻った頃には同期の皆パスキャが上手でびっくりしたと同時に、

私の突然の登場にも関わらず、
暖かく迎えてくれたことを覚えています。



入部して1週間目、

ゴーリーになりました。

理由はゴーリーセレクションで選ばれたから。

言われるがままに

「なんとなく」

ゴーリーになりました。


そして

「なんとなく」

ゴーリーになって

いろんな感情がわいてきました。



フィールドを走り回ってみたい。

点数を取ってみたい。

あの快感を味わってみたい。

どんな気持ちなんだろう。

ATってかっこいいな。

フィールドってかっこいいな。


と、体力的にも右肺の半分を無くした
今の自分ができないところばかりがかっこよく見えていました。



ゴーリーになって1、2年間は、

当たると痛いわ、

最終的に失点するのは自分で

それがチームの失点にもなって、

その点数を私が取れるわけじゃないから

どう取り返したらいいか分からないし、

後ろから皆がゴールに向かって奮闘しているのを見ているだけの

孤独のポジション

だと思っていました。



そして同期が毎年、毎年

リーグ戦で活躍していく姿をひたすらベンチから眺めていました。


2年生の時からベンチにはずっといるけど、


どこかで存在自体は
ベンチアウトな感覚。


いつでも出れる準備をしてベンチに入るのが当然だけど、

何より自信がありませんでした。



それでも、どんな時でも、

何故か

ラクロスを辞めたい

とは


1度たりとも思ったことがありません。


それは何でだろうって考えると
すぐに答えが出ました。


ラクロスのことが大好き


だからだと思います。



あの

「なんとなく」

な気持ちは

自分の中でいつのまにか

「確信」

に変わっていたんです。



今伸び悩んでいる子も、

ひたすら考えて練習し続けた先には

なにか自分の中で

「確信」になる瞬間が必ず誰にでも訪れると

私は思っています。


辛い時もあると思いますが、

そこはチームスポーツ。


自分の大好きな同期に

自分の心を、思いを

さらけ出してみてください。


意外に心がスッキリしますよ。


自分もそうやってラクロスを続けてきた1人です。



ゴーリーは最後の砦だけど、

そこまでには上のATからMF、

下のDFまでが全員で一生懸命身を呈して当たったり、

息を切らして最後まで走ってくれた、


そんな皆の思いが詰まったたった一球のボールが私の目の前まできている。


それはもう止めるしかないよねって。


一番いいのは練習通り、

いつも通りのセーブフォームで綺麗に止めることが理想。


でも何よりも私はチームのためにも、
ゴールを決して割らせない。


皆が一瞬でも下を向いて欲しくない。


最悪どんな格好でも

身体でも

カッコ悪くても

何でもいいから

絶対に相手のショットは私が止める。


そしてOFに確実に1本クリアを繋げる、

私達ゴーリーは

最終ラインでもあり、

スタートラインでもあるんです。


素敵なポジションですよね。



今度の試合、
失点する時があるかもしれない。


けれど、
失点してしまった私が1番最初に開き直って

ちゃんとDFと何がダメだったか共有して、

チームにとって大事な声を、

チームが前向きになれる声を

一番後ろから叫びます。


皆が切り替えて次の一点に向かえるように。


皆の笑顔を後ろから見届けたい。



ゴーリーズ。
今年は例年にまして、
個性が爆発していた気がしています。


試合中に応援席から
めちゃくちゃ大きい声を出して
私を鼓舞してくれるレオ、

小さい身体でも一生懸命練習して
ずっと私と一緒にいてくれたリトル、

大変だけど懸命に自分と向き合い続ける、
常にニヤケ顔のビス、

どんな時にも明るく
私を笑顔にしてくれる
きりちゃん。



可愛いみんなを引っ張っていけたかは分かんないけど、

今年はプレーでも気持ちでも常に皆で共有し続けました。


ゴーリーのことを相談したり、

ゴーリーの気持ちがわかるのは

やっぱり1番は皆。



最後まで私と一緒に
ゴールを守って欲しい。


頼みます。



理科大ゴーリーになれて本当によかったって、
心からそう思っています。

最初はあんなに嫌な気持ちが多かったこのポジションも、

今では大好きになったし、

失った右肺の一部と引き換えに得たものだとも思えています。



他大学よりもフィールドと絡む機会も多いし。


他大学でハウス系のゴーリーだったら
孤独死していたかもしれません。笑



本日10月7日、
入れ替え戦へと思いを繋げた
私達18チーム。

私の大好きな18チームは

努力している人、
一生懸命に己と
そしてラクロスと向き合っている人を決して笑わず、
互いに尊敬しあうことができる


そんな素敵な環境ができていると思っています。



大好きな皆と
1分でも1秒でも長く一緒にいたい。


あの野田のグラウンドで、一緒にラクロスし続けたい。



最後の最後で勝ち切ったあの試合も、

一点差で負けて悔しかったあの試合も、


もちろん練習で楽しかったことも、

そうではなかった時も、


たくさんの思い出も全ては


「二部昇格」のため。


ここまで全部
皆で一緒に体感してきました。


だからこそ今週末の試合、何がなんでも勝ち切る。



皆がショットいっぱい決めて皆で一緒に喜び合いたい。


私はひたすら打たれたショットを止め続けます。



大好きな皆とならきっできる。


信じ続けます。


元気で笑顔が似合う大好きな18チームが
笑顔で終わることが

二部昇格とはまた別の
私のもう1つの夢。



めるさん。


3年間頼もしすぎるくらいの大きな背中をひたすら追いかけさせていただきました。

プレーでもメンタルでも、
もちろんたくさんのことを学ばせていただきましたし、

プライベートでも仲良くさせていただき、

自分がどういう風に引退したいかを
常に考えるきっかけ作ってくださいました。


めるさんにはまだまだ至る所で
正直追いついていないと思いますが、

リーグ戦期間中で
もっと成長し続け、

1歩でもめるさんのもとに近づきます。


この場をお借りして
お礼申し上げます。


ありがとうございます。




そして最後に、

大好きで大好きでやまない同期へ。


ひたすら「二部昇格」を言い続けた。


もうすぐ私達が叶えたい夢、

憧れの舞台への挑戦の道が開かれようとしています。


これまでもみんなが頼りだし、

そしてこれからも。


夢を夢では終わらせない。


叶えるまでが夢。



引退してからも
会ったらいつでも

この最高な関係に戻ることが出来る、

そんな気が1年生の頃からずっとしています。



だからこそ勝って終わりたい。


勝ってこの私達の4年間を至福の時間にする。



私達らしく、
笑顔の似合う仲良しな4年らしく
最後まで戦い抜こうね!



すごく長くなってしまいましたが、
読んでくださった皆さんありがとうございました。



明日のブログは、
1年遅れて入ったけど
努力し続け、成長し続ける、

らんです!


夏合宿のあの日、
セブンで交わした約束を最後まで守り続けるとお互いに心に決めています。


やったれ、らんらん!!!

テーマ:
こんにちは!
ブログの文章を悩みすぎて知恵熱を出すのではないかと同期から心配されているゆのです🙂



わたしはえいこーや先輩方のようなかっこいい文章を考える事が出来ないので、わたしなりにわたしの言葉でみんなに伝えれることをここで伝えようと思います。





“ゆのはプレーでチームを引っ張るのが役割だよ!”


そう三年生の時に先輩に言われてから試合で後輩を引っ張れるようなプレーヤーになろうと思ってずっとやってきました。

ですが、四年の夏合宿直前にスタメンを外されてから自分のラクロスに自信を失いました。

2年の時のリーグ戦初戦からずっとスタメンとして試合に出させてもらっていて初めて外されました。

四年間やってきたことはなんだったんだろう、、、


自分のプレースタイルってどんなんだったっけ?


そんな風に考え、悩む毎日で迷子状態でした。



すけさんやめるさん、りっくさん、るみさん、たむさん、いろんな人に話を聞いてなにが足りないのか、どうしたらいいのか沢山のアドバイスをもらいました。


“スタメンとして試合に出たい”


ただそれだけだった。


思い通りにプレーできなくて何度も何度も、悔しくて泣いた

こんっっなに人生で、悔しくて辛い思いする時あるのかな?ってぐらい


でもそんな時に心の支えになってくれたのはやっぱり四年間一緒にラクロスをしてきた同期や、こんなわたしを頼ってくれる可愛い後輩の存在でした




グラウンドに行くのがどんなに憂鬱でも、みんなに会った瞬間、そんな気持ちは飛んでいきました


これだけ悩んだからこそ再確認できたのはやっぱり19’チームのみんなの事が大好きでみんなとやるラクロスが最高だってことでした




死ぬんじゃないかってぐらい暑い日も、布団から出たくないぐらい寒い日も、目が開かないぐらいザーザーに雨が降ってる日も、ハゲちゃうよってぐらい風が強い日も、みんなとだったから頑張れた



本当にありがとう。



みんなと1秒でも長くラクロスをしたい


そのために今わたしができること


それは最後まで諦めない姿を後輩に示すこと


もしかしたら最終戦、スタメンに選ばれないかもしれない


でもわたしが四年間やってきたことは絶対に無駄じゃない


わたしのプレーが必要とされる瞬間が必ずあるはずだから


たとえそれが5分だけだったとしてもいい


その5分、最高のプレーができるように


そしてみんなに恩返しできるように



残された時間、全力で。




最後にわたしが2年の時、練習を見に来てくださったはるさんに言われてずっと大切にしている言葉を贈りたいと思います



ラクロスはほんのちょっとの思いやりが大事なんだよ
仲間がショットを決めやすいように、自分も良いパスを出すし
仲間がDFにつめられているならすぐ助けに行く、
グランドボールが、起きたなら1人でも多く寄りに行く
みんなが自分勝手にプレーしてたら勝てない。
思いやりのあるプレーができるチームが良いチームなんだよ。




みんなへの感謝の気持ちを思いやりのあるプレーで示せるように。




長くなってしまってすみません!!
読んでくださってありがとうございました!





明日のブログリレーは黒光りが止まらない、頼れるゴーリー、まっさんです!

わたしが悩んでる時、いつも前向きの言葉をくれたのはまっさんでした


本当にありがとう

ショット練、まだまだ付き合ってな!💪🔥

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス