4月30日にいらしたお客様は、以前は口座がインアクティブになるのを防ぐためにHSBCとCIMB双方に持つ口座間で定期的に少額の振替をしておられたのですが、日本の携帯電話番号でCIMBのTACを受け取れるように手続きをするというのが目的の一つで今回来られました。何かの理由で使えなくなってしまっていたのでしょうね。以前あったTACをMobile Appsで発行してくれる機能が無くなっちゃった影響だったかと思います。

 

先日こちらの記事に書きましたが、Wisma Genting支店(ラジャチュラン駅近く)のプリファードフロアーで応対してくれた中国系の女性は、私が「お客様がセンターに電話しないと海外携帯電話番号の登録はできない」と言っているのに(他の複数の支店での経験上と、いつもお世話になっている実務をよく分かっているスターヒル支店のカスタマーサービスマネージャーからの情報がありました)頑なにそれをせず、結果どうなったかと言うと、お客様はCIMB Clicks上でセンターから以下のようなメッセージを受け取ることとなりました。「まずは電話をして下さい。」

 

 

この担当者からはCIMB Clicksでメッセージが来るから注意して時々ログインしてみてみたいな話は全くなく、「日本の携帯電話番号にアップデートされたらSMSで知らせが来るので、そうしたら使えるようになっています」という説明のみ。ただ、私がスターヒルの前述マネージャーから聞いていたり、今年初めにブキッビンタン支店で同様に日本の携帯電話番号を登録なさった方の手続きを見ていて、日本の携帯電話の請求書が必要というのは分かっていたのでお客様にはそれを持参して頂いていました。そのため、CIMB Clicksからの手続きだけでなく、バックアップとしてマニュアルで二重に手続きをしておくというその担当者の申し出もあってその手続き書類にも書き込んだりサインをして頂いたりしていました。

 

結果的にはこのマニュアルでの手続きをしようと試みた(実際はこの担当者は直後の5月初めから長期静養に入ってしまっていてこのマニュアルでの手続きは放っておかれたようでしたが。放っておかれた理由は多分、携帯電話の請求書以外にも必要な運転免許証の写しをお客様からご提出頂いていなかったからだと私は思います。)ために電話番号アップデート依頼の書類自体はお客様のサインもちゃんとあるし完全な状態で保管されており、ただ運転免許証だけがないのでそれが手に入れば後は手続き完了できるはず、とは昨日行った時の話。今回の件でどうしても回避したかったのが日本からお客様に国際電話をかけて頂くことでした。何のためにわざわざマレーシアまでお越しになって手続きをなさったのか、その理由を少し考え、また尊重してほしいと思いました。CIMB Clicksに送られてきた返事には電話をしてほしいということが書いてありましたし、また昨日のセンターへの確認時もCIMBからお客様に電話をしてのご本人確認はできないという話でしたので、ミスを犯したのはCIMBのほうなのに酷いなぁというのが序盤の印象。でも、話を進めていくうちに、どうやらお客様に電話をかけて頂かなくても良い方法があるような話が出てきて、足りなかった運転免許証のコピーはお客様に写メして頂きましたので、本当は5営業日でOKなはずなんだけれども2週間から3週間くらいかかるかもしれないけど気長に待って。みたいな話になり・・・。4月30日に担当してくれた中国系の長期静養中の行員以外、私がこの手続き方法を訊いた人は全て「センターに電話をしなきゃ海外の電話番号はアップデートできない」と言っていましたし、これまた電話でご本人確認をしないまま手続きが完了できるのか甚だ疑問にも思いますが、とりあえず他にできることは考えつきませんのでこれにかけるしかないですね。

 

苦笑いだったのは昨日会ったWisma Gentingのカスタマーサービスマネージャーのひとこと。「そういう時は、『私の言っていることが正しいのだからその通りにやってちょうだい』と言って下さい。」と私に向かって言った事。そんなこと、ちょっとムリです。私、CIMBの行員じゃありませんし、普通だったらCIMBの行員が正しいに決まってるじゃないですか。あれだけ自信たっぷりに、しかも1度目の手続き後に私に不安が残ったので閉店間際に滑り込むようにして戻ったのにも関わらずやはり自信たっぷりでセンターには電話してくれませんでしたので、こちらも引き下がるしかないですよね。(いや、引き下がったのは間違ってる?)一瞬、その後スターヒル支店にお客様をお連れして手続きを最初からやり直してもらおうかとも思いましたが、2つの支店で同じお客様の同じ手続きが行なわれたらセンターに混乱を招くかもしれないと思って思い留まりました。Wisma Gentingの閉店時間は午後4時半、スターヒルは6時半だったかな?そしてKLCCの支店は5時半が閉店時間でした。余談ですがWisma Genting支店2度目の訪問の後、KLCC支店にも閉店間際に滑り込みました・・・。(^^; 車を拾ってる時間がそもそもロスになるし渋滞に巻き込まれたらアウトなので往復とも徒歩でした・・・。お客様も一緒に往復して下さいました・・・。KL City Walkという、思わぬところで洒落た通りを歩くことになりましたが。あの通りは夜開くお店がほとんどなんじゃないかな・・・今度はお店が開いている時間に通ってみたいところです。(むむむっ今グーグルマップで見たらKL City Walkを通るのは最短距離じゃなかった・・・大汗 あの日は確かにそこを通るようにナビゲートされたのに。)

 

今度こそうまくいくと良いなぁと思います。

 

追伸

メールを頂いていてまだお返事を差し上げていない方々や、今週初めにお返事を差し上げると申していたのにまだ差し上げていない方々へ。

娘に続いて息子も進学が決まり、ここ数日落ち着いてメールが書けません。すみませんがあと1、2日お時間を下さい。メールはよく考えて書かないといけないので、ブログはアップしてるのにメールは書けないのか!とはおっしゃらないで下さいね・・・。

 

 

↓↓応援クリック、宜しくお願いします!!↓↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ