奇しくも7年に1度移動する天王星が牡羊座から牡牛座に移動したこの日。ナジブ前首相に投獄されていたアヌワル元副首相が時の国王ムハンマド5世の恩赦を受け釈放されました。刑期を終えるのは6月8日でしたが、通常の釈放では釈放後5年間は政治に携わることができないため、今日の恩赦を受けての釈放はアヌワル元副首相が即政治の世界に戻れるという意味でとても大きなことです。

 

 

ナジブ前首相に投獄される前にはマハティール首相に投獄されたアヌワル元副首相。このお二人が協力し合って野党として腐敗した前政権を倒すなんて、一体誰が想像したでしょう。釈放後のアヌワル元副首相の演説の中でマハティール首相も前政権のやりたい放題を見ていられず、マレーシアを良くしたいという気持ちは変わらないので手を取り合ったという主旨のことを言っていたと思います。マハティール首相も少し前のスピーチ(インタビュー?いろいろ見すぎてどっちだったか忘れました)で命のあるうちに後を託すべき人にバトンを渡さなければならないと言っていました。アヌワル元副首相は自分が首相になるかどうかなんてどうでも良いことで、マハティール首相にはどんどん進んで行ってほしい、自分はバックアップするとも話していました。お二人を中心に、また多くの人が住みやすいと思えるマレーシアに戻って行くと良いですね。

 

 

↓↓応援クリック、宜しくお願いします!!↓↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ