『パパはわるものチャンピオン』映画
よかった爆  笑
もう一回観たい。

 

これプロレスじゃなくても、職種をかえてもいける話。

 

仕事に貴賤はない。
でも、昔仕事で取材した人が「勝ち組、負け組」と評し、自分の仕事を勝ち組だと誇っていた。
実際、稼いでるから仕方ないけど。
ま、そういう人がいるから、この映画ができると思えば、必要な感情なのかもね。

 

 

レイトショーだったので、ポップコーンとハイボールを買った角瓶
……そういえば、映画を観ながらお酒はあまり飲んだことがなかった。
ちゃんと観ようとしていたからかな。
でも一杯くらいいいだろう。

大きなカップになみなみとついでくれて、これで400円なら安いなぁ音譜

 

始まって、スクリーンに乾杯して飲む。

 

……途中で思い出した。
あぁ、そうかだから飲まなかったんだ。
トイレに行きたいあせる

うーーーん。
ダメだ。
場面を選んでダッシュしたあたふた

 

5分かからず戻った。

 

最後のセリフ巧かったなぁ。
そして棚橋も田口も芝居よかった。
この映画のプロレスラー役を全員ホンモノでできるなんてすごい!
素晴らしい表現者。

 

ド満足ラブラブ

到達点は同じ

テーマ:

今日から後期がスタート。
久しぶりに部活へ映画

 

今週日曜日に中学生が2人、朗読の公演に出演することになっている。

 

主催しているのは、もと公立中学の放送部顧問の先生で、全国優勝者も出している。
退職後は「ぽらりす」という朗読グループで公演を重ねている。

その公演に招待されたのだ。

 

今日、学校に先生が来て直接指導してくれた。

 

2週間、テストで部活できなかったし大丈夫かなぁキョロキョロ


やはり二人とも初めての先生の指導に緊張して、あわわわ……となっていた。
やさしい先生だし、堂々とすればいいのになぁ。


先生が帰ったあと、不甲斐ないと思ったらしく泣いていた。

 

まったくショボーン

 

実は、根本的に要求していることは同じだ。
「自分の声で」「話すように」
アプローチが違うのだ。
同席していた高校生の朗読責任者は、それに途中で気付いた。

 

ふと、思う。
あたしももっとアプローチの仕方を学ぶべきだな。
あたしのやり方でできる子とできない子がいると思う。
違う練習方法なら、全国大会に行ける子がもっと出てくるのかもしれない……。

 

 

シナリオの勉強も同じだ。
先生たちが要求していることは、同じことだった。
使う言葉が違ったり、そこに到達するまでの訓練方法が様々あるだけだ。

 

あたしは芦沢先生に習ったから、脚本の仕事ができているのだと思う。
自分にあった訓練だったと思う。

 

誰にどう習うのか。
自分にあった先生に出会えたのは、恵まれていた。

 

今までずいぶん先生には振り回されたし、今も『シヌシヌ詐欺』に騙されたりするけど、感謝してます。
だからまた、終電逃したら泊めてください

ぼんやりと

テーマ:

リンパマッサージの施術を受た
昔、居酒屋だったところが素敵カフェに変わって、行きたいなぁと思っていたところ、

そこで出張マッサージがあったので爆  笑

 

 

お手頃価格だったし、スッキリ

 

そのあとケーキ

これも美味しかった

 

※ケーキ、届いてすぐ食べてしまってから写真とった……

 

 

 

地元でこういうことができるのってホント嬉しい

来月もあるらしいので、またお願いしたい!

 

マッサージ&ケーキのあと、
一茶双樹寄ろうかなぁ、と。
庭見ながらのんびりしたい。
……でも行ったら、和菓子と抹茶のセットを頼みたくなるキョロキョロ
絶対頼む。
うーーん。
ま、いいか食べよっとニコニコ

 

休館日……

 

なるほどね……

 

でも、ぼんやりしたい気持ちはおさまらず、赤城神社へ鳥居

 

 

ここも近所なのに、なかなか行かない。
久しぶり!

住宅街の中にある杜。
急な石段。

相変わらず誰もいないし。

 

 

お社の裏に、休憩所みたいなのがあるのだ。
そこでぼんやり。

 

 

気温は高いけど、風は涼しい。
枝葉がバサバサと音を立てて心地いい。

1時間くらい、ボーっとした。
また来よう。

 

 

演劇の可能性

テーマ:

昨日、新感線の「メタルマクベス」を観て、
今日、WAHAHA本舗娯楽座の「化け猫ロッキーホラーショー」を観た。

 

今回の柊本公演の下地は「マクベス」なので、宮藤官九郎さんがどのように「マクベス」を捉えたのか観たかった。
WAHAHAは汐美さんが出ているのでこれも是非ともと思っていた。

 

「メタルマクベス」は近未来の日本が舞台で、80年代のメタルバンドの転落とリンクする設定グラサン

 

 

ところどころに使っているシェイクスピアの本台詞の活かし方が絶妙だったところと、

原作にはないマクベスの闇の作り方が巧いなぁと……。
自分の書いたホンを頭からずっと考え、悩みはじめてしまった(-_-)
でも、とりあえず書き上げたし!
これでいくけど(>_<)と、自分で自分を鼓舞。
千穂ちゃんも「うちはうちで全然違うよ」と言ってくれたし。

 

「マクベス」はシェイクスピアの中で一番好きだキラキラ
他の作品ももちろんそうだけど、これだけ時代を重ねても色あせない作品の凄み。
自分が死んだ後もずっと作品が生き続ける。
それってどんな気持ちだろう。
……死んでるからわからないわけだけど……

 

 

「化け猫ロッキーホラーショー」は70年代80年代歌謡曲が次々とかかり、

頭の中でずっとイントロクイズをしていた音譜

 


 

無条件で楽しい爆  笑
汐見さんは、アンドロイドの役。
キレイで完璧なスタイル。ぴったり!
大胆な衣装だったけど、とにかくかっこよかった。
雨の音や虫の声を観客が作るという参加型。
紙吹雪もみんなでうちわで仰いで、劇場中が紙吹雪だらけクラッカー

 

 

どちらの作品も日本の演劇界に影響を与える演出家さんだ。


1300席で360度回転する劇場と、80席で役者さんが手作りの衝立を持って移動する舞台。
生バンドと、客席が作る効果音。
シェイクスピアのセリフと、放送禁止用語。

演劇ってすごいな。
この幅の広さ。

 

そして、どちらの公演もどっさりと配られたチラシの束。
でも、これだって演劇チラシのほんの一部。
都内だけでも、どれだけの劇団があり、どれだけの役者がいるのか。

その中で生き延びるためには、中途半端だけは絶対にダメだと思った。
自分たちだけにしかできないことをもっと探るべきなのだ。

 

よし!という気持ちと、大丈夫かなという不安と……。

稽古が始まって1ヶ月半が過ぎた。
おもしろいものを作りたい。