肌を再生!?大人気韓国コスメ【Dr.Jart+】シカペアクリーム&シカペアリカバーの成分を解説! | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき
新型コロナウイルスに関する情報について

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

 

 

 

 

image

 

 

今日は先日告知していた「シカクリーム」というアイテムについて

 

色々お話していきたいと思います!

 

 

 

これね~、こないだもちょっとお話したのですが…、、

 

中々難しい製品で、下調べにもものすごく時間がかかってしまいました^_^;

 

特に「成分」は簡単に翻訳できない成分名が多くて手作業で直した部分もたくさん。。

 

 

ただ、おかげで今ある様々なシカペアクリームの分析?的な記事の中でも、特に質の高い記事になっているのではないかと自信を持っております…!!

 

 

 

それでは早速本題に入っていきましょう!

 

 

 

 

◎「シカクリーム」とは?

 

 

まず「シカクリーム」とはなんぞ?という話なんですけど、

 

ここ数年ほど、主に若い世代に人気の「韓国コスメ」のアイテムで、

 

 

元々は韓国の薬局などで販売されている「シカケア」という創傷保護用のジェルシートから命名されているらしいです。

 

日本でいうところの「キズパワーパッド」のでかいバージョンなのかな…?(^^;)

 

という感じですけれど、

 

 

 

つまり「シカ」という言葉そのものにはあまり重要な意味は無いようなんですよね。

 

韓国ではこのシカケアのシートがとても有名ということで、

 

その名称にあやかった製品名ということになりそうです。

(日本だったら「キズパワークリーム」的な?笑)

 

 

日本にはシカケアシートとか売っていないので「シカ」と聞くと

 

「う~ん…鹿かな?」と思ってしまいますが…笑

 

 

 

このシカケアのジェルシート傷跡を保護して再生を促すという製品のため

 

同じ「シカ」の名を持つクリームも、これと似たような効果があるのではないか??

 

と連想させるようです。

 

 

 

そのため、あちこちのサイトなどでは「肌再生クリーム」とか「ニキビ痕を治すクリーム」とか、

 

そういう風に言われていることが多いようですね。

 

 

 

 

◎シカクリームの本家!【Dr.Jart+】の「シカペアクリーム」&「シカペアリカバー」を購入してみた!

 

 

そこで、今日はそのような効果とかが本当にあるのかどうかというのを考察するために、

 

いくつか知られているシカクリームの中でも最も有名

 

【Dr.Jart+(ドクタージャルト)】というブランドの

 

『シカペアクリーム』と、同じく人気の『シカペアリカバー』という製品を購入してみました。

 

image

 

【Dr.Jart+】というブランドは、

 

「Dr.」とついていることから韓国発祥のドクターズコスメの一ブランドのようです。

 

 

 

特に有名なのはこの左のシカペアクリームなのですが、

 

公式サイトなどを見てみると、他にもたくさんの商品のラインナップがあります。

 

 

お医者さんが監修して作っているということから、

 

「敏感肌の人でも使える」という安心感があると人気です。

 

 

 

商品自体もなんとなく医薬品みたいなデザインになっているようにも見えます…。

 

image

 

image

 

ドクターが監修しているし、シカだし、このデザイン…、

 

ということで確かに「効きそう!」という気がしてくるようにも思いますね…!!

 

 

 

◎【シカペアクリーム】の特徴的な成分について

 

 

 

というわけでとりあえず成分を見ていきましょう…!!

 

製品に記載の全成分表がこちらでした。

 

image

 

……

 

 

 

英語や…(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

いや、そりゃそうですよね~、、本場の韓国コスメですから、

 

日本語で書いてくれているわけがなく…。

 

 

 

 

これを画像解析アプリと翻訳サイトと手作業を駆使してがんばって翻訳したものがこちらです!

 

ただ翻訳サイトで翻訳しただけでなく、ちゃんと日本版の化粧品表示名称に手直ししています。

 

 

この翻訳だけでも小一時間かかってるので結構大変でした…;;

 

 

 

ちなみに、すごく不思議だったんですが、

 

実はこの「製品本体の成分表示」なんですが公式サイトの成分表示と違っているんですよね。

 

 

お手すきの方は見比べて頂けると嬉しいですが、公式サイトだとなぜか「エリンギウムマリチムムカルス培養液」が1%以下の結構後ろの方に書いてあります。

(他にも後ろの方の精油とかエキスの順番がいくつか入れ替わっています)

 

製品記載のものは上位4番目で、この順位だと1%以上と読み取れるので無視できない表示順の違いです。

 

 

公式サイトと製品表示のどっちが正しいのか?

 

これははっきり言って謎です。

 

真相を知っている方がいたら教えて欲しいくらいです…、、。

(あと英語の公式サイトはデザインもなんか違う…謎は深まるばかり…)

 

 

 

まぁ気を取り直して、とりあえず製品版が正しいと勝手に解釈して

(だってこれ製品版の表示が間違えてたとしたら回収ですからね…?;)

 

 

全体的な構成をさらっと読んでみますね。

 

 

ベース成分にはBGプロパンジオールが配合されています。

 

いずれも比較的低刺激な保湿基剤ですね。

 

敏感肌向けという割に「グリセリン」がベースに配合されていないのは結構重要なポイントかもしれません。

 

 

そして先程も少し話した、

 

「エリンギウムマリチムムカルス培養液」

 

という特殊な名前の成分が上位4番目に配合されています。

 

 

 

これ、何かというと、いわゆる「植物幹細胞培養液」ですね。

 

 

「エリンギウムマリチムム」っていうセリ科の植物の

 

「カルス」=固形培地上等で培養されている分化していない状態の植物細胞の塊

 

を培養して得られた液体の上澄みを濾した成分ですね。

 

 

 

一般的な幹細胞培養液と似たような感じで、細胞とかは入っていないし、

 

植物の細胞が培養されたときのいろんな保湿成分とかエキスとかが溶け出している液体です。

 

 

おそらくこれは「濾液」なので、やろうと思えば結構の高濃度配合もできると思います。

 

果汁とか樹液とかそういうものに近しい成分のように思います。

 

 

 

 

主成分はほぼ水なので、なんかすごい効果があるか?と言われると、

 

あくまで化粧品である以上これに保湿効果以外のすごい効果を期待するのは難しいかな…?という感じです。

(そもそも人間は植物じゃないし、植物の細胞と動物の細胞は全く別物…)

 

 

 

それと合成油脂のトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルに、

 

硬さ調整剤のセテアリルアルコール、水添ポリオレフィン、合成エステルの「エチルヘキサン酸セチル」などなど…

 

 

その他、ベースに配合されているクリームの油分は

 

ニキビを悪化させにくい油分が主体に構成されているように受け取れます。

 

 

 

 

ベースにグリセリンが入っていないというのも、

 

グリセリンのニキビの資化性(アクネ菌の餌になってしまう性質)を考慮してニキビ肌質に合わせるためなのかな?という気がしてきます。

 

 

 

とはいえ、シア脂(シアバター)とか、マカデミア種子油とかは、油脂の成分なのでたくさん入っているとニキビの原因になることもないことはないんですが。

 

とはいえこの位置であれば入っていても1%ずつくらい、それ以下の可能性も高いです。

 

使用感的にも油脂特有のエモリエント性があまりないので、

 

多分そんなに入っていないのでは?と思われます。

 

 

 

 

というわけでこの当たりまではベース成分の構成を見てきたのですが、

 

もし何らかの効果をもたらす可能性がある美容成分をピックアップしてみると…

 

 

ナイアシンアミド

医薬部外品では美白成分やシワ改善成分として認可されている。シカペアクリームは韓国でも美白とシワ改善の機能性化粧品として認可されているので、類似の効果が期待できそう。(ただ日本とは基準等が違うので、同じ効果かは不明)

 

マデカッソシド&アジアチコシド&ツボクサ葉エキス

「ツボクサ」から得られるヘテロサイドと呼ばれる特殊な成分で、表皮の角化不全を正常化してメラニンのくすみや傷跡を早めに治す効果が期待されているとのこと。

 

マデカシン酸&アシアチン酸&ツボクサエキス

同じく「ツボクサ」から得られるゲニンと呼ばれる成分で、皮膚の修復を早める作用により創傷治癒効果を期待して古くから民間療法に利用されてきたらしい。

 

 

 

などのこれらの成分が特に注目されているようですね!

 

 

ちなみに昨年リニューアルしてこの「マデカッソシド」という成分が従来の8000倍入っているらしいです。笑

 

元々がめちゃくちゃ少なかったんだろうなぁ~…とは思うものの、

 

少なからず気合を入れて配合しているのではないかと思います!

 

 

 

でも、

 

実際に効果があるかどうかは、正直言ってなんとも言えません。

 

 

 

なんせ、これはあくまで「化粧品」ですので、

 

医薬品のように「肌を再生!」とかは本来言ってはいけない話なんですよ。

 

(だから「肌が再生する!」とか言ってこの商品のアフィリエイト売っている人はみんなもれなく薬機法違反です。苦笑)

 

 

韓国でも日本でも化粧品の法律は結構似ていて、

 

化粧品として販売している以上は「再生効果」とかは本来言ってはいけないのです。

 

 

 

ただ一応そういった効果を多少でも期待できるようなエキスなどを配合しているのは事実ということで

 

化粧品らしく「そういう効果もあったら良いなぁ~」と思いながら使うと良いと思います。

 

 

 

 

ただそういった怪しげなことを言う人が多いなという印象以外は、

 

成分的には凄く刺激が強そうというわけではなく、

 

ニキビ肌質でも使いやすいように、というふうな工夫も見られる良質なクリームだと思いました。

 

 

(ちなみに成分的には語源になっている「シカケア」とはやはりなんの関係もなさそうです。笑)

 

 

 

◎「シカペアクリーム」の使用感

 

 

というわけで実際に使ってみますと、

 

こちらのクリーム、とても独特の色をしています。

 

image

 

緑色のような、泥っぽい色のような…、

 

 

この色がどの成分由来なのかうんうん考えましたが結局確証は得られませんでした。

 

多分ツボクサエキスとかその辺の植物エキスの色なんじゃないかと思うのですが。

 

image

 

伸ばせば肌色に影響することは無いですね。

 

初見では結構こってりしたクリームです。

 

image

 

ただ塗り伸ばすと、適度な皮膜感が皮膚表面に残って

 

しっとり感が持続というよりは、サラッとなって軽めの質感です。

 

 

ベタツキ感が苦手な人でも使いやすいクリームになっていると思いました!

 

 

 

ただ、敏感肌だと塗ったときに少し刺激感を感じるかもしれません。

 

 

原因として考えられることとしては

 

植物エキス精油などが色々入っていて、

 

香りもハーブっぽいニオイがしっかりついているので

(セイヨウノコギリソウ油、ラベンダー油、ベルガモット果実油などの香り)

 

特に香料が合わないことが多い人とか、

 

植物成分でかぶれやすい人は注意した方が良いかもしれません。

 

 

 

 

◎【シカペアリカバー】の成分&使用感について

 

 

次にシカペアクリームと並んで人気の高い「シカペアリカバー」も見ていきます。

 

image

 

 

こちらの製品記載の全成分がこちらです!↓

 

image

 

これも英語だったので、頑張って翻訳したのがこちらですね。

 

 

ちなみにこれも、英語の公式サイトでは全成分がぜんぜん違うばかりか製品名もデザインも違うんですが、理由は謎です(^^;;)

 

英語のサイトだとSPF30って書いてあるしな…、、これは全く別物だと思ったほうが良さそうです。

 

 

 

 

そして、この成分なのですが、

 

美容成分として何らかの効果が期待できるものは先程のシカペアクリームとほぼ同じとなりますね。

 

ナイアシンアミド、マデカッソシド、アシアチコシド、ツボクサ葉エキス、アシアチン酸、マデカシン酸、ツボクサエキスなどなど。

 

 

ただ美容成分の量としては例えばマデカッソシドの配合量が従来比でシカペアクリームは8000倍だったのに対してこちらは200倍とのこと。

 

つまり美容効果的なものはシカペアクリームの方が高いのだと思います。

 

 

 

ではこの「シカペアリカバー」というのが何物なのか?というと、

 

成分が多少分かる人はもう分かったと思いますが、

 

 

 

これはありていに言えば【CCクリーム】ですね。カラーコントロール下地とも言えるかも。

 

 

 

ベース成分がシクロペンタシロキサンジメチコンなどのシリコーン皮膜剤で、

 

紫外線散乱剤の「酸化チタン」も多く配合されています。

 

 

紫外線吸収剤が使われていないノンケミカル系の日焼け止めで、

 

SPF40でPAは++つまりUVBには比較的強めですが、UVAにはそんなに強くない感じ。

 

 

ジメチコンなど意外にもフェニルトリメチコントリシロキサンなどのシリコーン系油剤、

 

トリメチルシロキシケイ酸などのシリコーン樹脂も入っていますので、

 

 

まぁ見るからに結構ぺったり重めの使用感が予想されますね。

 

 

 

容器の中蓋を開けてみますと、

 

image

 

このようにちょっと驚く緑っぽい色のクリームが入っていまして、

(写真撮り忘れましたが専用スパチュラ付き)

 

image

 

お肌に乗せるとこれくらいの色のクリームになっています。

 

 

 

ちなみに先程のシカペアクリームの緑色の由来は謎でしたが、

 

こちらの色のグリーンについては「酸化クロム」という緑色のミネラル系着色剤が入っているのでその色になりますね。

 

 

そしてこのクリーム、凄く面白いのが…

 

image

 

お肌にちょっと伸ばしますと、、このように!

 

image

 

不思議なことに緑っぽい色からベージュっぽい色に変わるんです!

 

 

これは着色剤を酸化チタンで皮膜しているカプセル原料がありますので

 

それを使っているのでしょうね。

 

摩擦によってカプセルが弾けて発色します。

 

日本のコスメでも、クリーム自体は白いのに塗ると肌色になるやつありますよね!

 

 

そして塗り拡げるとこんな感じの色です。

 

image

 

 

これ、ご覧の通りかなり「赤み」を打ち消す効果が強いです。

 

image

 

酸化クロムのグリーンの補色によってお肌の赤みを消してくれるので、

 

肌が荒れやすい時とかに、

 

カラーコントロール下地等として仕込むと赤みを隠してくれます。

 

 

色補正効果の高いCCクリームとして日常的に使用するのもありだと思います。

 

 

 

ご覧の通りかなり伸びが良くて、あの量で手の甲だとかなり余っていますので

 

肌色が合う場合は中々無くならないと思います(^^;)

 

 

 

 

ちなみに落としやすさは比較的落としやすめになっていまして、

 

僕が試した時はこれだけなら普通の洗顔料で結構しっかり落ちました。

 

 

ただシリコーンも豊富に入っていますし、凹凸の多いお顔とかの場合は落ちにくい可能性もあります。

 

スキンケアクリームだと勘違いして落とさずにいると大変なことになりますね。

 

 

使用した場合はちゃんとクレンジング推奨です。

 

ニキビの肌荒れ隠しに使う人も多いと思いますが、しっかり洗わずに毛穴に詰まらせてしまうと悪化する可能性もあります。

 

 

こちらもベース自体は低刺激な構成で、

 

吸収剤も入っていないし酸化亜鉛も入っていないので比較的気楽に使えるアイテムだと思います。

 

 

とはいえ植物エキスや精油などが豊富に入っているのはシカペアクリームと同じです。

 

 

あと、メークアップ製品として特段優れたものではないので、、

(崩れやすいですし、結構ベタつきがあります)

 

多少のスキンケア効果を期待できるCCクリームという認識で利用すると良いと思います。

 

 

 

 

◎『オーガニックコスメ色』がかなり強いドクターズ韓国コスメ!

 

 

という感じで、【Dr.Jart+】さんで人気のシカペアクリームシカペアリカバーを解説してみました。

 

 

ご覧いただいてお分かり頂けたかなと思うのですが

 

こちらのアイテムはあくまで「化粧品」ですので、

 

『ニキビを沈静化してニキビ痕を消す!』とか、『肌を再生する!』とか、

 

そういう化粧品の範疇を超えた効果があります!とは申し上げることはできません。

 

 

ただ、植物から抽出される特殊な成分が色々入っているのは確かなので、

 

それらの効果を期待して使うのは有りだと思います。

 

 

それを科学的にどうこう言うことは難しく、自然の神秘の力に委ねてみようというそういう感じの化粧品ですね…(^^;)

 

 

ドクターズ系ってどちらかというとザ・ケミカル!な感じの化粧品が多いイメージですが、

 

こちらはどちらかというとナチュラル系で『オーガニックコスメ』に近しい印象を強く受けました

 

 

そういった「神秘性」も弛まぬ人気の秘訣なのかもしれませんね!

 

 

 

 

(文字数ギリギリ(´;ω;`)笑)

 

 

CeraLabo史上最高セラミド濃度【セラキュア フェイスクリーム】新発売!【詳しくはこちら

オンラインストアURL:http://cores-ec.com/

ストアバナー3 

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ 

セラヴェール スキンウォッシュ 紹介ページ 

セラヴェール プラチナムクレンジング 紹介ページ 

セラシエル レッドプロテクトジェル 紹介ページ 

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ 

セラブライト ケミカルリペア 紹介ページ

セラネージュ UVクリーム 紹介ページ

セラキュア スキンクリーム 紹介ページ

 

超ベテランコスメ開発者と手掛ける魂の合作【美肌成分事典】10月19日発売!詳しくはこちら!

【秒でわかる!最強の家事-暮らしは、化学でラクになる】発売中! 【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美肌図鑑】ベストセラー10万部突破!【詳しくはこちら!

      

 

<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!


【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)