「市販の化粧品」が使えるか使えないか、は分かりやすい敏感肌の目安になる | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ









かずのすけはあまり旅行とか外泊するのが好きではないんですよね。

 

虚弱体質(苦笑)なので長距離移動が体力的にきついというのもあるんですけど、

 

特に外泊する際に面倒だなと感じるのが

 

「化粧品やバスアメニティを一式持っていかなければならない」

 

というのが、結構足を引っ張るんですよね。

 

 

「え、ホテルとかには据え置きのアメニティがあるからそれを使えば良いじゃん!」

 

 

と思う人いるかもしれないのですが、

 

 

 

僕は今まで28年生きてきてホテルや旅館のアメニティを安心して使えたことは一度もありません(^_^;)

 

 

どんな高級旅館や高級ホテル、スイートルームであっても使えた例しがありません。

(そもそもそんなに凄いとこ何度も泊まったことないですけど。笑)

 



特にホテルとか旅館の据え置きのシャンプーとか洗顔料とかボディソープで、

 

まともなものって本当にないなと思います…。

 

あれ使うと髪とかめっちゃゴワゴワになるんですけど、一体何を入れているんだといつも思います。

(成分見てみるけど業務用だからか大体のものが書いてない)

 

 

あと化粧水とか乳液とかも、

 

すっごいヒリヒリするのばっかりで…(T-T)

 

 

 

今ではセララボ全部一式を一応小さい容器に詰め替えて持っていくんですが、

 

それでもなんだかんだ荷物が増えるので、毎回準備が面倒だなぁと感じてます。

 

 

 

 



同じように、

 

僕はドラッグストアに売っている市販製品の殆どが使えません。

 

 

どれくらい使えないかっていうと

 

ほとんどのものが使うと肌がヒリヒリしたり赤くなったり痒くなったりしてしまうんです。

 

 

もちろん今では成分からある程度使えそうなものを判定して選べるんですが、

 

まぁ市販製品で使っても良いかなと思えるものは1割以下って感じです。

 

 

生粋のアトピーの人だと大体がこんな感じだと思います。

 




だから成分からある程度使えそうなものを読めるようにならざるを得ない状態だったから

 

今のかずのすけが出来上がったのだと思うのですが…(それはそれで良かったのかもという気はする)

 

 

 

 

実際こういう肌質の人は多くはないもののそれなりに居そうだなと思っています。

 

 

 

◎市販の化粧品は「大衆8割の人」に向けて作られた製品

 

 

 

それで、僕は10年くらい前はホントに市販の化粧品というものに絶望していました。

 

「ホントに良いものがない」「良くない製品ばっかり!」と怒りすら覚えていたところがあります。

 

 

なので初期のかずのすけブログを知っている人は分かると思うのですが、

 

当時のかずのすけは「化粧品」というものに対してかなり辛辣な考え方をしていました。

 

凄いとげとげした記事ばっかり書いてた覚えがあります(^_^;)

 

 

 

ただ、これは今は少し考え方が変わっています。

 

 

というのもやはりドラッグストアとかに大量にかつある程度低価格で流通させようと思うと広告費もかかるし、どうしても化粧品の成分のクオリティはそこまで上げられないんですよね。

 

 

ある程度価格の制限がある中で、どうにか上手いこと組み合わせてそれなりの商品を作り上げているのが市販製品のほとんどです。

 

 

実際大衆の8割くらいが、

 

こういった化粧品でも問題なく使えるんです。

 

 

 

8割の人が文句なく使える時点で「悪い商品」とは言えないじゃないですか。

 

しかも数百円とかで買えて安いし、それで十分満足している人ってかなり多いんですよね。

 

 

 

そういう風に市販製品でも問題なく使えている人は、

 

肌自体が十分強いのでよりクオリティの高いものを求める必要はそんなにありません。

 

 

 

 

逆に言うと全部が全部クオリティを求めると、

 

化粧品がどれも3000円くらいからの価格になります。

 

 

こうなると気軽に化粧品買えないから困ってしまう人も多いです。

 

 

そのため数百円くらいで気楽に買える商品というものは相当数必要であって、

 

8割くらいの人にとってはその方が良いわけです。

 

問題無く使える商品が安く手に入るならそれに越したことはないですからね。

 

 

 

だから今はそういう製品もある程度なければならないと思っています。

 

 

 

 

◎「市販の化粧品」が使えるか使えないか、は分かりやすい敏感肌の目安になる

 



ただし、

 

市販化粧品のほとんどはそもそも8割くらいの人に向けて作られているものなので、

 

逆に言えば2割くらいの肌の弱い人たちにとっては使えない化粧品ということになります。

 



昔▶かずのすけの「敏感肌」の考え方という記事を書いているのですが、

 




現在「自称敏感肌」と呼ばれる人たちを含めると7割近くの人が【敏感肌】だと言われてます。

 



自称敏感肌というのは僕の考えにおいては本来は肌が強くも弱くもない普通肌の人なんですが、

 

スキンケアのやり過ぎや何らかの後天的な要因で肌が弱ってしまっている人たちのことと考えています。

 




そしてこれにおける「普通肌~強靱肌」の人たちは、

 

生まれつき肌が強いので何使ってもOKみたいな人たちですね。

 

本当にいます。そういう人が。

 

 

 

 

逆に、

 

「肌が弱い人の中でも特に弱い=アトピー体質」の人たちや、一般的な「敏感肌」の人たち

 

使える化粧品にかなりの制限があります。

 

 

 

 

この辺の人になると、市販化粧品のほとんどが使えないゾーンに入るのではないかと僕は思います。

 

 

 

 

 

自分が敏感肌なのかどうかはあくまで自己判断になるのですが、

 

もし自分の肌の強さがイマイチ分からないという人は

 

ここをひとつの判断基準にしても良いのかなと思います。

 

 

 

 

もちろん普通肌の人でも肌が荒れやすくなっている状態(自称敏感肌の状態)はあるので、

 

そういう時にはスキンケア化粧品を吟味する必要が出てきますよ。

 

 

 

 

また、肌の強さは生涯一定ではないので、

 

例えばこれまで問題なく使えていた化粧品があるとき(加齢や出産、体質の変化等)を境に使えなくなるということもあり得ます。

 

 

 

基本的に肌の強さは赤ちゃんから成長に従って強くなっていき、成人時期をピークにどんどん加齢によって弱くなっていくものです。

 

だから10代には使えた化粧品が20代30代で使えなくなっていくことも多々あります。

 

 

市販製品がそのタイミングで使えなくなる人もいるかもしれません。

 

 

 

 

◎市販製品やホテルアメニティ等が使えないと感じたときは「成分」等に目を向けてみて

 

 

 

市販製品のほとんどは8割くらいの人が問題なく使えるような設計をしているものですが、

 

生まれつきそれが使えない人や、後天的に使えなくなる人も結構います。

 

 

そうなると次は何を使えば良いか路頭に迷ってしまうのですが…

(このブログに行き当たった人のほとんどがそうだと思います)

 

 

難しいのが「そういう人はこういうのを選べば良いよ!」というのを簡単には言えないということなんですよね。

 

 

「これが良いよ」というのを単純な言葉で断定的に表現できれば楽なんですが

 

僕の解析とかを見ていれば分かる通り、化粧品はそんなに容易いものではないです。

 

 

やはり一方では良い面があるものの一方でデメリットになるものも沢山あり、

 

個々の肌質に応じて適切なものを選んでいく必要が出てきます。

 

 


僕も「万人に合う化粧品はこれ!」というのがあれば良いのですが、

 

ネット上でお肌をまじまじ見ることは出来ませんし、これまでの化粧品の使用歴とかも加味しないと完璧な商品の使用推奨なんかはできません。

 

 

結局の所は自分に合う化粧品を自分で選び判断出来るようになることが何より大切なのかなと僕は考えています。

 




高いものを買えば良いわけではないですし、市販で売ってないレアな化粧品が全て良いものというわけでもないです。

 

オーガニックコスメやミネラルコスメが全て肌に良いわけでもないし、

 

無添加化粧品やデパコスであれば市販製品より肌に優しいかというとそうとも言い切れません。

 

 


肌が弱くて本当に悩んでいるなら、

 

それなりの知識を付けて良いものを自分で選べる能力を身につけることが必要となると思います。

 

 

今ではSNS等色んな情報媒体があってそれを信奉したくなる気持ちも分かるのですが

 

自身の努力無しに他人からの享受を待つだけでは

 

本当に自分にとっての良いものを見つけるのは難しいと思います。

 

 

それはかずのすけブログに関しても同じことです。

 

 

 

 

あとは僕もそうなのですが、

 

めちゃくちゃ肌が弱い人は手とかに化粧品を出すだけでも大体の刺激感が分かると思います(^_^;)

 

これも一つの武器で、成分が分からずとも顔に付けてみる前に身体の一部分で試してみて刺激がないと思ったものだけ使うとかするのも良いかもです。

(これが出来る人はアトピー体質の人などごく一握りかもしれませんが…;;)

 

 

 

 

というわけで以上、

 

今日のぼやきでした。

 








【セラネージュUVクリーム】&【セラキュアスキンクリーム】が新発売!!【詳しくはこちら

オンラインストアURL:http://cores-ec.com/

ストアバナー3 

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ 

セラヴェール スキンウォッシュ 紹介ページ 

セラヴェール プラチナムクレンジング 紹介ページ 

セラシエル レッドプロテクトジェル 紹介ページ 

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ 

セラブライト ケミカルリペア 紹介ページ

セラネージュ UVクリーム 紹介ページ

セラキュア スキンクリーム 紹介ページ

 

【秒でわかる!最強の家事-暮らしは、化学でラクになる】 12月25日発売!【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美容化学 しない美容】 大好評発売中!!【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美肌図鑑】ベストセラー10万部突破!【詳しくはこちら!

      

究極の美肌法を徹底収録!【どんな敏感肌でも美肌になれる!オフスキンケア】の紹介 

かずのすけがマンガに!【かずのすけ式美肌化学のルール】の紹介 

大好評につき改訂復刊!【化学者が美肌コスメを選んだら】の紹介

 

<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント