江原道 マイファンスィー グロスフィルムファンデーション 成分解析 | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ



江原道 マイファンスィー グロスフィルムファンデーション 成分解析

 

 

 

  皮膜力 :★★★☆☆
凹凸カバー:★★★☆☆

テカリ防止 :★★★★☆

崩れ防止 :★★★☆☆
落とし易さ :★★★★☆

紫外線防御;★★★☆☆
敏感肌適正:★★★★☆
酸化安定性:★★★★☆

 しっとり感  :★★☆☆☆

サラサラ感  :★★★★★
 価格適正  :★★★☆☆(9g:4968円)



江原道でも人気の高いパウダーファンデーションのひとつです。

 

 

成分的な特徴としては

 

  • 紫外線吸収剤不使用
  • 酸化亜鉛不使用
  • エタノール不使用
  • 香料・合成色素など不使用
  • フッ素系樹脂不使用
  • シリコーン樹脂不使用
 
などなど、


敏感肌の方には避けた方が良いいくつかの成分が不使用になっており、

 

大変安全性の高そうな成分になっていたため僕も以前購入してみたことのある商品です。

 

 

主成分は「タルク」の次から「窒化ホウ素」…となっていて、

 

一見すると窒化ホウ素なんかも主成分のように見えるのですが

 

 

実際には着色剤のルール(着色剤は成分の配合量を問わず最後尾に書ける)に則って

 

主成分のグロスフィルムパウダー(マイカ、酸化チタン 、酸化鉄、ジメチ コン、ハイドロゲンジメチコン)を最後尾に記載しているというのがこの成分表の難しいところです。

 

 

窒化ホウ素はあまり主成分として使われる成分ではないのでその辺から着色剤ルールを連想すると良いのかなと思います。

 

 

ということでメイン成分は上記のグロスフィルムパウダーがベースになっていると考えて良いでしょう。

 

(ちなみにこの場合ジメチコンとハイドロゲンジメチコンはパウダーのコーティング成分という扱いで着色剤(?)の扱いなのかなと思います…(^^;) それかもしかしたらパウダファンデーションですしこの2つの成分は1%以下ということも考えられます。)

 

 

 

いずれにしても低刺激で安全性の高い成分が主成分になっているのは変わりません。

 

 

ただ全体的に崩れ防止効果の高い樹脂系成分などは配合されて居らず、

 

強いて言うなら炭酸Ca(カルシウム)当たりが皮脂吸着作用がちょっとあるかな?という程度で

 

テカリ防止や皮脂崩れ防止作用は控えめになっています。

 

 

落としやすさでは、ファンデーションのみであれば石けんで普通に落ちますし低洗浄力の洗顔料でも落とせます。

 

合わせる下地によってはクレンジングは必ずしも必要ないかもしれません。

 

 

 

また全体的に粉体が多く、悪く言うと粉っぽく、よく言えばさらっとしているという特徴があり、

 

仕上がりもツヤ感はほとんどなく陶器肌的なマットな仕上がりです。

 

 

(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、シリカなどなど

 

球状のシリコンパウダーも複数配合されているので

 

シワや毛穴などをぼかすソフトフォーカス作用なども期待できます。

 

 

 

ラメとかツヤ系パウダーで不自然にピカピカしているとかがないので

 

自然な肌質を演出出来るというのは良い特性だと思います。

 

 

粉質を触ってみても一般的なプレストパウダーと比較すると油分量が少ない印象があります。

 

なので乾燥肌の人だとサラサラしすぎて使いにくいかもしれないので、

 

下地にはオイルリッチなものの方が相性が良いかもしれませんね。

 

 

 

あとは天然系の保湿成分等もいくつも配合されているのですが、

 

ファンデーションの場合その辺の美容成分はあまり重要ではないので割愛します。

 

 

 

 

 

というわけで全般的に安全性が高そうだなと思い僕も以前購入したのですが、

 

実はこれがなぜか肌に合わずに痒くなってしまうのですよね…(苦笑)

 

 

一点気になるのは炭酸Caという成分で、本来は安全性は高い成分なのですが

 

pHが酸性に傾いてくると水に溶解してイオン化してしまう性質があるので

 

汗をかいて皮脂が出るともしかしたら成分が溶け出すのかな?という気もしています。

 

(ただ口コミ探すとそういう意見はあまりないので、別の成分が単純に僕に合わないという可能性も十分にあります。)

 

金属アレルギーが出るメカニズムとよく似ているので、そういう体質の人はもしかしたら合わないかもという懸念があります。

 

一応ご留意ください。

 

 



(現品購入済み)


江原道 Koh Gen Do/マイファンスィーグロスフィルムファンデーション
9g/4,968円(税込)

全成分:タルク、窒化ホウ素、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、炭酸Ca、ラウロイルリシン、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、シリカ、リンゴ酸ジイソステアリル、フェノキシエタノール、ホホバ種子油、スクワラン、シア脂、シソ種子油、加水分解酵母エキス、加水分解シルク、加水分解ヒアルロン酸、アロエベラ葉エキス、ポリクオタニウム-61、ヒアルロン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、サクシノイルアテロコラーゲン、リン酸2Na、リン酸K、ポリグルタミン酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、メタリン酸Na、シルク、ヤシ油、パルミチン酸アスコルビル、水添ホスファチジルコリン、トコフェロール、水、BG、ペンチレングリコール、トリミリスチン、ジミリスチン酸Al、アルミナ、水酸化Al、ハイドロゲンジメチコン、ジメチコン、マイカ、酸化チタン、酸化鉄

商品紹介
すべての瞬間に、ふわり艶めく肌へ。
ひと塗りで滑らかに伸び広がり、KohGenDo 独自原料「グロスフィルムパウダー(R)」*1 が肌の上で色と光の密着フィルムをつくりだし、赤み、くすみ、毛穴、影だけでなく、年齢印象までもカバー。乾いた肌にも柔らかく溶け込み、まるで磨き込まれたように艶めく美しい仕上がり*2 を実現。10 種の保湿成分*3配合。
*1KohGenDoが開発した多機能パウダー(マイカ、酸化チタン 、酸化鉄、ジメチ コン、ハイドロゲンジメチコン)
*2メイクアップ効果
* 3ホホバ種子油、スクワラン、シア脂、シソ種子油、加水分解酵母エキス、加水分解シルク、加水分解ヒアルロン酸、スイゼンジノリ多糖体、サクシノイルアテロコラーゲン、ポリグルタミン酸
香料・合成色素・石油系鉱物油・紫外線吸収剤・パラベン不使用

引用元
https://www.amazon.co.jp/




ダメージ補修用集中トリートメント【セラブライト ケミカルリペア】発売!【詳しくはこちら!

スキンケアトライアルセット【CeraLabo Trial Set -Moist & Care-】発売!【詳しくはこちら! 

(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/

ストアバナー3 

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ 

セラヴェール スキンウォッシュ 紹介ページ 

セラヴェール プラチナムクレンジング 紹介ページ 

セラシエル レッドプロテクトジェル 紹介ページ 

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ 

 

【マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール】 6月15日発売!【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美容化学 しない美容】 大好評発売中!!【詳しくはこちら!

【どんな敏感肌でも美肌になれる!オフスキンケア】 4月19日発売!!【詳しくはこちら!

     

プロネイリスト川上愛子さんとの共著作【できるオンナは「手」を捨てない】の紹介 

ベストセラー7万部突破!【オトナ女子のための美肌図鑑】の紹介 

大好評につき改訂復刊!【化学者が美肌コスメを選んだら】の紹介

 

<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント