「崩れないメイク」は肌荒れの原因になる? | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ







最近は空前の「崩れないメイク」ブームで、

 

各社様々から『崩れ防止下地』『カバー力抜群ファンデ』が発売されています。

 

 

酷い肌荒れもどうしようもなく目立つ毛穴やニキビなども

 

さっとひと塗りで綺麗にカバーしてくれて、

 

しかも日中の汗や皮脂などにも耐え抜く強靭なメイク。

 

 

 

 

多くはシリコーンやフッ素系樹脂などを利用した難溶性油分を利用した下地や、

 

油分の配合を極端に増やしたファンデーションなどが現在の主流ではありますが、

 

 

実際の所こういった「崩れないメイク」はお肌に対して負担になることはないのでしょうか?

 

 

 

今回の記事でじっくり考えてみたいと思います!




◎かずのすけの結論:崩れないメイクは…肌荒れの原因になる!?


最初に結論から先に言っておきたいと思いますが

 

やはり色々考えた結果として、

 

 

崩れないメイクは肌にとってあまり良いことではなく、

 

大いに肌荒れの悪化を招く懸念がある

 

と僕は考えています。

 

 



ただ注意しておきたいのは、

 

崩れないメイクが肌荒れの原因になるそもそもの理由は、

 

崩れないメイクの成分などが肌に刺激を与えたりするから…というわけではない

 

ということです。

 

 

 

◎崩れない下地やファンデの正体とは?



まず崩れない下地やファンデの成分的な特徴を簡単にまとめておきたいと思います。

 

  1. 「シリコーン系オイル」を主成分に配合している
  2. 「フッ素変性シリコーン樹脂」を配合している
  3. ファンデーションの粉体に対して油分の配合量が極端に多い


本当はもっと複雑な感じのもあるのですが、

 

超大まかにまとめてしまうとこんな感じです。

 

 

 

主には『シリコーンオイル』という成分を多く配合した下地やファンデが崩れない特性を持ちます。

 

 

 

 

シリコーンオイルというのは普通の「油」ではなく、

 

水にも通常の油にも溶けにくいという特徴があります。

 

 

なのでこのタイプの成分を多めに配合することで、

 

汗にも皮脂にも崩れにくいメイクを作ることができます。

 

 

 

ちなみにシリコーンには【鎖状シリコーン】と呼ばれるタイプと【環状シリコーン】と呼ばれるタイプがあります。

 

 

 

成分名の特徴は以下のような感じです。

 

【鎖状シリコーン】

ジメチコン、フェニルトリメチコン、アモジメチコン、トリメチルシロキサン…など


【環状シリコーン】
シクロペンタシロキサン、シクロメチコン、シクロヘキサシロキサン…など




基本的には「~コン」「~シロキサン」と来たら鎖状タイプ

 

上記の特徴に加えて名前に「シクロ」が付くと環状タイプです。

 

 

 

 

一般には鎖状シリコーンの方が重たくて皮膜の強い(崩れにくい)オイル、

 

環状シリコーンの方が軽くて皮膜の弱い(比較的落としやすい)オイル

 

と言われています。

 

 

※「鎖状」とはまっすぐにつながっているという意味を表していて、「環状」とは輪っか状になっているという意味です。まっすぐの構造の方が分子構造的に密集しやすく密度が増えるため重たいオイルになりやすく、輪っか構造は嵩張って密集しにくいので密度が下がって軽いオイルになるとされています。ただ密度や性質は構造によって様々です。

 

 

 

 

 

…が、

 

 

実際には同じ「ジメチコン」でも崩れにくいものと崩れやすいものがありますし、

 

環状シリコーンの「シクロペンタシロキサン」でも崩れやすいタイプと崩れにくいものがあります。

 

 

シリコーンは構造の重合度などを成分名では判断出来ないためちょっと曲者の成分です…。

 

 

 

なので

 

環状でも鎖状でもどちらにせよメイクアップ系で使われる場合は崩れにくい可能性は十分あります。

 

 

つまり、シリコーン系成分が多めの場合は崩れ耐性が増えるという理解でいいと思います。

 

 

 

 

また、

 

「フッ素変性シリコーン樹脂」

 

というのは上記のシリコーンオイルをフッ素加工したもので、

 

強力な撥水・撥油性を付与する成分です。

 

主に粉体の表面にコーティングされて用いられています。

 

 

詳しくは以下記事参照です。

 

【皮脂くずれしない下地】の正体と懸念点





それと最近多いのは油性エマルジョンファンデというやつで、

 

 

主成分からシリコーンオイルどーんみたいなファンデがあります。

 

 

普通のクリームファンデとかだと主成分は「水」から入るものが一般的ですし、

 

パウダーファンデだと「タルク」や「酸化チタン」などの粉から入るんですが

 

 

これはもう主成分がシリコーンオイルなのですごくカバー力高いですし崩れ防止効果も高いです。

 

 

(ほぼコンシーラーみたいな成分ですね^_^;)

 

 

あとは二層式になっていて乳化剤が少ないから崩れにくいものとかもありますね。

 

 

 

 

というわけで簡単にまとめてしまうと、

 

崩れにくい系メイクアイテムは「シリコーン系オイル」が凄く多く配合されている

 

というのが大きな特徴ですね。

 

 

 

 

◎シリコーンそのものは肌に負担にならないし安全性はとても高い!




ただ勘違いしてはいけないのは、

 

「シリコーン」という成分そのものの肌への刺激性や負担はほぼ全く「ゼロ」と言っても過言ではありません。

 

 

シリコーンは非常に安定性が高く化学反応を起こしませんし、


刺激になる要素をほぼ持っていません。

 

 

これはフッ素変性シリコーン樹脂も同じで、非常に安定性が高いので、

 

これそのものが肌に負担になることはまず無いと言っていいでしょう。

 

 

 

なので僕としてはメイクアップ化粧品にシリコーンが入っているのはむしろ歓迎されるべきことであって、

 

肌に長く乗せて置くものだからこそシリコーンのような低刺激性の油分はメイクコスメには必要不可欠な成分と言えます。

 

 

 

だからこれが入っているからと言って「肌に負担だからNO!」というのはちょっと違います。

 

 

 

 

 

ではなぜ崩れないメイクは肌荒れの原因になるとかずのすけは考えるのか?

 

 

それは、

 

崩れない=落としにくい

 

なので、

 

どうしてもそれを落とせるだけの強力なクレンジングや洗顔料が必要になってしまうからです。

 

 

 

 

◎崩れないメイクを落とすには強力なクレンジングや洗顔が必要!



お肌に対して最も負担になることとは一体何か?というと、

 

僕が昔から口を酸っぱくして言っているように【クレンジング&洗顔】です。






クレンジングや洗顔はどれだけ低刺激とは言っても、

 

多少なりとも肌のバリア物質を洗い流してしまいますし、

 

洗剤そのものにも大なり小なりの皮膚刺激があります。

 

 

 

なのでこのクレンジング&洗顔をどれだけ優しくできるか、

 

で肌の調子は大分変わっていきます。

 

 

 

 

でも「崩れないメイク=落としにくいメイク」を落とすためには、

 

それなりに強力なクレンジング剤や洗顔料が必要になってきますね。

 

 

 

実際巷で人気の崩れない下地&ファンデなんかだと、

 

以前試験してみた結果

 

僕がおすすめしている低刺激性の油脂系クレンジングでは全然落ちませんでした…^_^;;

 

 

 

油脂系クレンジングは低刺激ですがオイル系に当たるので、

 

普通のクリームやミルク系では落ちないメイクにも大抵対応できます。

 

 

…が、それでも無理となるとミネラルオイル+シリコーン系とかのかなり脱脂力の高い強力クレンジングが必要になってしまうと予想されるので、

 

 

そういったあまりに強力なクレンジング剤は肌に必要な油分や水分、セラミドなどのバリア物質も一緒に奪ってしまうため、

 

日常的に使用するとお肌にとってとても大きな負担になってしまいます。

 

 

 

 

しかも崩れない系メイクは、

 

皮脂や汗で落ちないということは、

 

それだけ「毛穴に詰まりやすい」ということにもなります。

 

 

 

すると毛穴を隠すために毛穴に詰まりやすいメイクを毎日して、

 

さらに毛穴詰まりを悪化させる要因を作ることになります。

 

 

ニキビが出来やすい人はもちろん毛穴が詰まるとニキビの原因にもなりますね。

 

 

 

 

この結果として、

 

肌荒れを隠すために崩れにくいメイクをすることで、

 

さらに肌荒れしやすい環境を作ってしまう

 

という悪循環に陥ってしまいます。





これが僕が【崩れないメイクをすると肌荒れの一因になる】と結論する理由です。




◎普段は軽めメイクで生活、崩れないバッチリメイクは大事な日に!






ただし、

 

僕の考えとして「崩れないメイクは絶対にしない方が良いよ!」というつもりは全くありません。

 

 

やはり女性ならそういうメイクが必要になるときは必ずあると思います。

 



僕の推奨としては、

 

普段はできるだけ軽く落とせるメイクで生活するようにして、

 

ばっちり崩れないメイクはどうしても外せない大切な日だけにする

というのが一番良いのではないかなと考えています。

 

 

 

普段から軽いメイクで軽く落とせるようにしておけば、

 

それだけで徐々に肌の調子も上がっていって

 

隠さないといけない肌荒れなどもどんどん収まっていきます。

 

 

すると今度は肌荒れが少ないから薄めメイクで十分になるので

 

好循環が生まれてどんどん肌も綺麗になっていくはずです。






崩れないメイク…一度使用すると手放せなくなる気持ちはよく分かります!

 

 

ですが

 

肌荒れを隠すためにやっているという場合は肌のためにはあまり良いこととは言えないので、

 

素肌美あってこそのメイクだと思いますので

 

日常生活ではできるだけ軽いメイクと優しい洗顔を心がけましょう。





以上、「崩れないメイクと肌荒れ」についてかずのすけの考えをまとめてみました!




プロデュース最新作 『CeraBright Shampoo & Treatment』 発売!!詳しくはこちら!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介ページ
セラヴェールクレンジング 紹介ページ

セラシエルレッドプロテクトジェル 紹介ページ

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ

 

新刊 【オトナ女子のための美肌図鑑】 が7月14日発売!!詳しくはこちら!

 

  コスメ、カバー、帯あり   本

その他の著書も好評発売中!

(既刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント