【ヒート◯ック】でボディ肌荒れ…化繊が肌に刺激になる原因とは | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ


 


 

 

ちょっと閑話休題。

 

今日は先日Twitterでも取り上げた『化繊肌着』についてのお話です。

 

 

 

 

まだまだ真冬とはいえないですが最近は突然冷え込んできましたので

 

服をたくさん着込む方も増えてきたのではないかと思います。

 


特にこういう季節になるととても人気なのが

 

『吸湿発熱ウェア』

 

などと呼ばれる肌着です。

 

 

 

某ユニ◯ロ社の『ヒート◯ック』っていうのがとても有名ですが、

 

最近はワコールやグンゼなどの肌着メーカーさんも類似の製品を発売しています。

 

 

なんでもこれらの肌着は汗などを吸湿して発熱する作用があり、

 

冬場でも温かく着れるというのが特徴だそうですね。

 

 

 

かずのすけも以前はよく着用していました(^^)

 

 

 

 

しかし実はこういった温感肌着の多くにはちょっと注意しなければならないポイントがあります。

 

 

それは、

 

特に『ポリエステル』『アクリル』などの化繊(化学繊維)を多く含有した耐寒肌着

 

敏感肌に対して痒みなどを引き起こす原因になってしまう懸念があるという点です。

 

 

 

 

◎化学繊維が肌に刺激になる?!

 

 

 

古くから「化繊はアトピーや敏感肌にはNG!」と言われているように、

 

 

ポリエステルやアクリルなどの化学繊維製品は

 

肌に対して何らかの刺激要素を持っている

 

 

と考えられています。

 

 

 

実際こちらが数年前購入した某社のヒート◯ックの素材ですが、

 

image

 

ご覧のように『アクリル』や『ポリエステル』、『ポリウレタン』などの化繊を主体に縫製されており

 

 

 

同商品をを着用していると肌が痒くなってしまう人はかなり多く、

 

Twitterなどでも沢山の方が経験談を教えて下さいました。

 

 

あと実は僕も昔着てたときに結構痒くてもう最近は一切着なくなりました(^^;)

 

 

 

このような繊維による肌への刺激はなぜ生じてしまうのでしょうか?

 

 

 

 

 

実はこの現象には『繊維の帯電性』が関係しています。

 

 

 

 

◎化繊による皮膚刺激の原因は【静電気】だった?!

 

 

 

以前「界面活性剤の皮膚刺激の原因は静電気である」という記事を書いたことがあります。

 

原因は【静電気】!? 界面活性剤が肌に刺激になる理由。

 

 

 

こちらの記事にもあるように「電気」というのは生き物に対してダメージになるものなので、

 

【静電気を溜め込みやすい繊維】

 

静電気を発生させる界面活性剤と同様に

 

敏感肌への刺激を生じやすいのです。

 

 

 

中でも『ポリエステル』や『アクリル』などの化学繊維は静電気を溜め込みやすい…と言われていますが、

 

 

このメカニズムは以下の【帯電列】と呼ばれる表を見ると一目瞭然です。

 

 

 

 

 

この「帯電列」とは各素材の帯電性を序列化したもので、

 

 

例えば人間の皮膚表面は比較的プラスに帯電しやすいことがわかります。

 

 

それに対してアクリルやポリエステルはマイナスに帯電しやすい繊維です。

 

 

 

 

「静電気」というのはこのように

 

密着する素材同士の帯電性がプラスとマイナスというふうに離れていると、

 

両者間で積極的に電気の交換を行ってしまうため発生します。

 

 

 

 

つまり

 

マイナスの素材とマイナスの素材同士なら静電気は起こりません。

 

プラスの素材とプラスの素材同士でも静電気は発生しません。

 

 

プラスとマイナスの素材が両者隣り合ってはじめて電気の交換が行われるため、

 

 

「皮膚(+)」と「ポリエステル(-)」

 

のような組み合わせだと静電気が発生してしまうわけです。

 

 

同様に上記の表を参考にすると

 

 

▶『ポリエステル』『アクリル』『ポリウレタン』などを素材とする衣類は皮膚に対して静電気を帯びやすい

 

ということが分かります。

 

 

 

これがわかると某社ヒート◯ックの素材表を見れば

 

image

 

なるほどどうみてもお肌に優しくはありませんね・・・(^^;)

 

 

 

 

化繊の耐寒性肌着はアクリルを多く配合している場合が大半なので

 

image

↑これは別のメーカー耐寒肌着です。

 

 

 

このような組み合わせを避けることで、

 

肌が弱い人はボディの肌荒れを意識的に回避することも可能というわけです。

 

 

もちろん冬場のドアノブに触れたときのバチッと痛い静電気も防止できます!

 

 

 

 

 

◎敏感肌なら基本的に【天然繊維】を選ぶべし!良質な化繊も?

 

 

 

また肌はプラスに帯電しやすい性質があるということで、

 

 

同じくプラス側に帯電しやすい性質のものであれば電気の交換を行わず静電気を帯びにくいです。

 

以上から

 

▶『綿(コットン)』『絹(シルク)』『毛(ウール)』『麻(リネン)』などの天然繊維は静電気を帯びにくくお肌に優しい。

 

ということがいえます。

 

 

 

こちらは先日無印良品さんで見つけたカーディガンですが、

 

image

ウールシルクと素晴らしい良質素材でした!!(5000円くらいだったのでそれなりにお高めですが;)

 

 

image

 

こっちは基本綿100のパーカーです。これも無印さん。

 

リブだけウレタンが1%入ってますが全然許容範囲ですね!

 

 

 

前は無印さんの毛が抜けまくる綿100タオルに騙されて怒ってましたがこれは良い買い物でした(^-^)ゞ

 

 

 

 

あとは実は化繊の中でも帯電性がプラス側にある繊維があります。

 

それが「レーヨン」「ナイロン」ですね。

 

▶化繊でも『レーヨン(キュプラ)』や『ナイロン』は静電気が起こりにくく敏感肌でも着用可能。

 

 

比較的高級なジャケットやコートの裏地は『キュプラ』という繊維が使われることが多いですが、

 

 

 

これはレーヨンの一種でウールに対して静電気を帯びないため

 

ジャケットやコートを脱ぐ際の静電気を防止する役割もあります。

 

 

(逆に安価なコートやジャケットは裏地にポリエステルが使われているので静電気がバチバチになります…。。)

 

 

ナイロン多めの素材はちょっとお高めの下着とかに使わていることが多いです。

 

これがちょっと写真が手元にありません・・・。

 

 

下着の写真撮るのもあれなので…(笑)

 

 

 

という感じで敏感肌やアトピーの方は衣類の素材に注意すると

 

ボディの肌荒れがかなり減ると思います(^^)

 

 

 

 

◎「吸湿発熱素材だから乾燥」…その真偽は?

 

 

 

ちなみに冒頭で取り上げた『吸湿発熱ウェア』ですが、

 

基本的に大体のメーカーさんの素材がアクリルやポリエステルを主体にした素材で出来ています。

 

 

 

そのため一部では

 

「吸湿発熱効果」が肌の水分を奪い乾燥をもたらして肌荒れの原因になる

 

という意見も聞こえますが、

 

 

 

実際のところ

 

『吸湿発熱素材』というのは何も化繊だけではなく

 

綿や毛なども同じく水分を吸湿して発熱する作用のある繊維なんです。

 

(とても分かりやすかった記事▶吸湿発熱繊維は魔法の素材ではありません

 

 

 

 

しかも実は

 

世に言うヒート◯ックをはじめとした化繊製の吸湿発熱ウェアは

 

実際にはあまり吸湿性は高くなく、

 

発熱作用も言うほど大きくないということが実証されています。

 

 

「吸湿発熱」肌着の性能発熱性の期待はほどほどに

 

 

 

これ見ても分かりますが、

 

吸湿性能は綿+ウール+レーヨンの素材が1番高くて

 

アクリル+ポリエステルの素材は一番上だけ指定外繊維の効果で強力ですが他はむしろかなり吸湿力が低いんです。

 

 

上昇温度も綿+ウール製と比較してポリやアクリル性が高いという風にも見えず、

 

 

この点において化繊製の方があったかくなるとか言うのはまず難しいですし

 

逆に吸水力は天然繊維の方が化繊より断然高いので

 

 

化繊は吸湿するから乾燥する…というのも根拠として弱いように思います。

 

 

 

そもそもポリエステルやアクリルって樹脂ですから吸湿性はとても低いです。

 

対して綿や毛は内部に保水ポケットが沢山あって水分を吸収して保持できます。

 

 

水分吸収して保持するので汗疹予防になったり湿度を一定に保ってくれるので

 

本来はこういう「吸湿性の高い繊維」は敏感肌に向いているんですけどね(^^;)

 

 

 

 

 

というわけで

 

僕の結論としては『吸湿発熱=乾燥』というのは根拠に乏しいと感じます。

 

そんなこと言ったら吸湿性の高い綿やウールの方が肌荒れしちゃいますからね…;

 

 

やはり化繊による肌荒れの大半の原因は静電気によるものが1番大きいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

以上より

 

綿100や綿・ウール混の肌着はヒート◯ックに負けないくらい普通に温かいですし、

 

さらに保湿効果もあり帯電作用も無いので敏感肌にはぜひお勧めというわけです。

 

 

 

上の表にも載ってますが最近ではこういった綿・ウール素材の暖か肌着が普通に売っている(しかもそんなに高くない)ので、

 

冬場の化繊肌荒れに悩んでいらっしゃる方はこういう肌着を探してみると良いかもしれません!

 

 

 

…まぁ綿100とかウール混で暖かいのはそもそも当たり前のことなんですけどね^_^;

 

 

 

 

ちなみにかずのすけはここ最近は大体どの衣類もポリエステルやアクリルを含まないものにしています。

 

ポリエステルやアクリル系の繊維は触れば静電気で皮膚がパリパリと引っ張られる感じがあるので触れば分かるんですよね…。(触っただけで素材を当てるから店員さんにいつも驚かれます。苦笑)

 

なんだか昔しょっちゅう感じていた衣類の皮膚と擦れる感じとか肌の痒みがなくなってとても過ごしやすくなりました(*^^*)




あとこの静電気の法則を知っていると洋服の着合わせをする上でかなり役に立つんですよね…。

 

これはまた今度書くことにしますね(^-^)v

 




プロデュース化粧品最新作 『CeraCure Lotion & Essence』 発売!!詳しくはこちら!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3

セラキュア ローション&エッセンス 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ

セラシエルレッドプロテクトジェル 紹介&意見投稿ページ

 

新刊 【オトナ女子のための美肌図鑑】 が7月14日発売!!詳しくはこちら!

 

  コスメ、カバー、帯あり   本

その他の著書も好評発売中!

(既刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント