シャンプーの洗浄成分を見極めてみよう① ~市販シャンプー編~ | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ







今日からしばらく

 

「シャンプーの洗浄成分の簡単な読み方」

 

という話を特集で組んでいきたいと思います!

 

 

 

資料をまとめている段階で「簡単」といえるかはかなり微妙な感じなんですが、、苦笑

 

 

できるだけ記事を短く分けてちょっとずつお話していきたいと思います!

 

 

 

少し難しい内容も出てくるかもしれませんが

 

シャンプー成分の話は生活上とてもお役立ちの情報なのでぜひ沢山の方に習得して頂けたらと考えています。

 

 

 

長くなることは間違いなさそうなので本日は「市販シャンプー」に的を絞ってお話していきますね。

 

 

今のところ次回は「市販高級シャンプー」、

 

次々回は「サロン専売シャンプー」についてまとめる予定です。

 

 

 

ではさっそく見ていきましょう!(^o^)/

 

 

 

 

◎市販の有名シャンプーの主要な成分を書き出してみた



今日はまずは市販有名シャンプーの成分を抜き出すところからはじめますね。

 

 

 

市販の有名ドコロと言えばまずはこちらでしょうか。

 

日本人なら知らないものは居ないだろう「パンテーン」さん。

 

image

有名女優を起用した大々的なテレビCMで知られる本商品。

 

 

一体どんな成分になっているのでしょうか…?

 

 

 

成分を確認するためには製品の裏側や、外箱が付いている場合は外箱に必ず記載されています。

 

 

パンテーンさんはボトルが大きいので普通に裏手に記載されていますね。


image
 

 

成分:水, ラウレス硫酸アンモニウム, ラウロアンホ酢酸Na, コカミドプロピルベタイン, ラウリル硫酸アンモニウム, ジステアリン酸グリコール, コカミドMEA, 香料, セタノール, ジメチコン, ポリクオタニウム-10, クエン酸Na, クエン酸, 水添ポリデセン, 安息香酸Na, EDTA-2Na, エチレンジアミンジコハク酸3Na・・・

 

 

と中々沢山の成分が書いてあるので一般のあまり成分表に慣れていない方はたじろいでしまいそうですね(^^;)

 

 

ただシャンプーの主成分というのは基本的に「洗剤(陰イオン界面活性剤)」です。

 

 



化粧品は配合量の多い順番で成分表示を書く決まりがあるので、

 

表示の順番で成分の配合量が大体予想できます。

(ただし1%以下配合の成分は順不同で記載されているので完璧には分かりません。)


シャンプーの場合は7割が水で、あと2割以上が洗剤が占める形ですので

重要なのは上位に記載されている洗浄成分だけです。

 

 

 

シャンプーなら上から3~5個の成分はほぼ洗浄成分になっていると考えてOKで、

メインの洗浄剤さえ把握できれば大体のシャンプーの機能性が推測できるというわけです。

 

 

 

まぁパンテーンさんの成分を見ると

 

『ラウレス硫酸アンモニウム、ラウロアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸アンモニウム』

 

あたりが主要な洗浄成分ですね。

 

 

 

 

 

という感じで他の有名ドコロ商品を見ていきたい・・・ところですが、、

 

 

シャンプーは商品数が多すぎるので全部購入が厳しく…(;^o^A

 

各メーカー公式サイトなどを参考にかずのすけが有名だと思っている商品の成分を抜き出してみた表がこちらです!!

 

 

 

 

主要成分はあくまで洗浄成分しか記載してません。
 

乳濁剤のジステアリン酸グリコールやエタノールやDPG等の保湿剤系は除外してあります。

 

 

 

基本的に成分表記順になっていますが、

 

下線を引いているのが最も配合量の多い成分です。

 

 

 

 

というわけでこの表を見ると一目瞭然ですが

 

 

市販の安価シャンプーの場合ほとんどの商品が、

 

『ラウレス硫酸アンモニウム』もしくは『ラウレス硫酸Na』

 

という成分が主成分になっていることがわかりますね。

 

 

これはメーカー問わずほぼ同じ状況のようです!

 

 

 

 

◎市販シャンプーのほとんどは『硫酸系』シャンプー!?

 

 

 

 

『ラウレス硫酸Na』とはどういう成分なのか、

 

これは既に大昔から何度も扱っているので今更という感じですが

 

 

 

最も原始的な合成洗剤である『ラウリル硫酸Na』という

 

高洗浄力・高刺激・高残留性の洗浄成分を改良して作られた

 

現在のシャンプー市場のほぼ7~8割を占めるであろう洗浄剤です。

 

 

ラウレス硫酸Naについて

 

ラウリル硫酸Naについて

 

 

 

まぁ一般的に非常に洗浄力の高い成分なので

 

あまり敏感肌におすすめと言える成分ではないのは事実です。

 

 

 

ただラウリル硫酸Naなどの成分と比べるとかなり良くなっていますし、

 

特に敏感肌だったり髪のダメージや乾燥に悩みの無い方は問題なく使える成分だとかずのすけも考えています。

 

 

 

 

ちなみにラウリル硫酸系の成分は今では日本企業はほぼ使用しなくなっている成分で、

 

やはり残留性の刺激が強いのが特徴ですね。

 

 

上記の表だとパンテーン含めP&Gさんの製品に少々配合されているのが見て取れます。

 

 

P&Gさんは本社がアメリカの外資企業なので処方が若干アメリカンだったりするのですが、、苦笑

 

 

まぁでも数年前と比べると成分が大分良くなっているなと思いました。

 

昔はラウリル硫酸系が主成分か二番手くらいに入っていたので

 

 

それだけでもかなり前進したと言えるでしょう…(;^o^)v

(入ってるだけで五十歩百歩といえばそれまでですが;)

 

 

 

 

 

というわけで以上のような

 

【◯◯硫酸~】

 

のように表記されている洗浄成分を

 

 

一般的に

 

『硫酸系洗浄剤』『サルフェート系洗浄剤』

 

と呼んだりします。

 

 

 

 

硫酸塩のことを英語呼びで「サルフェート」というので、

 

まぁ同じ意味ですね。

 

 

 

最近は「硫酸系洗剤不使用!」とか「サルフェート系洗剤無配合!」というように謳う業者も増えてきましたね。

 

 

(上の有名どころシャンプーはほぼ全滅ですけどね;)

 

 

 

ちなみにお尻についてる「Na」とか「TEA」とか「アンモニウム」とかの言葉は原料に用いているアルカリ剤を意味しているのですが、

 

基本的にはNa系よりTEA系、TEA系よりアンモニウム系の方が低刺激と言われているものの、

 

個人的な体感だと大きな差はないかなと思っています。

 

 

とはいえラウリル硫酸Naなどよりはラウリル硫酸アンモニウムの方がまともな成分なのは間違いなさそうです。

 

 

 

 

◎【硫酸系洗剤】のメリットとデメリット

 

 

市販シャンプーのほぼ全てに主成分配合されている硫酸系洗剤の長所と短所を書き出すとこんな感じです。

 

 

【メリット】

  • 高い洗浄力でさっぱり洗える。使用感触が良い。
  • 泡立ちが非常に良好である。
  • 原価が安いので大量生産品に向いている。
  • 硬水や軟水などの水質に関わらず使用できる。
  • 数ある洗剤の中で最も利用歴が長く、ある意味安全性の裏付けが十分である。
 
【デメリット】
  • 洗浄力が高すぎるため油分などを配合しないと洗浄後の軋みが大きい。
  • マイナスの静電気を与える力が大きいため帯電を中和するリンスやトリートメントが必須。
  • 洗浄力の高さと帯電の強さから敏感肌への刺激が懸念されている。
  • ラウリル硫酸系の場合さらに強い刺激性の懸念がある。
  • パーマや縮毛矯正、カラーリングなどの化学施術後のヘアケアには不向き。
 
などの特徴があります。
 
 
 
大雑把にまとめると
 
洗浄力がとても高く使い勝手は良いですが、
 
敏感肌やアトピー肌の方やダメージ毛のヘアケアには不向き
 
という感じです。
 
 
 
 
 
◎硫酸系でも低刺激化する方法はある、が…
 
 
 
ちなみに硫酸系洗剤を用いた場合でも、
 
『両性イオン系界面活性剤』と呼ばれる成分を併用することで
 
その帯電性や洗浄力、刺激性などをある程度緩和することができます。
 
 
 
 
「コカミドプロピルベタイン」
 
「ラウラミドプロピルベタイン」
 
「ラウロアンホ酢酸Na」
 
「ココアンホ酢酸Na」
 
 
などの成分と一緒に配合されていると比較的低刺激になっています。
 
 
 
 
上記市販シャンプーの成分を見ていると、
 
まぁ大抵がこのタイプの成分と併配合されているため
 
 
市販の安価品であっても
 
硫酸系洗剤の刺激性や洗浄力がモロに直撃するような内容には基本的にはなっていないといえます。
 
 
 
 
パンテーンさんに関してもその主要な洗浄剤の構成を見ると、
 
ラウレス硫酸アンモニウム、ラウロアンホ酢酸Naコカミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸アンモニウム
 
このように
 
ラウレス硫酸系が主体でかつラウリル硫酸系も配合されている代表的な硫酸系洗剤メインのシャンプーですが、
 
「ラウロアンホ酢酸Na」「コカミドプロピルベタイン」という両性イオン系が多めに配合されているので
 
ある程度の刺激緩和はなされていると見ることができます。
 
 
 
 
ただしいかに両性イオン系で低刺激化していると言っても限界はあるので
 
硫酸系ベースのシャンプーが「アミノ酸系洗剤」(詳細は次回)ほどの低刺激性に並ぶことはほぼないといえるでしょう
 
 
 
 
◎市販安価系の中で硫酸系じゃない製品は・・・?!
 
 
 
 
さて以上から市販の安価シャンプーの主成分は基本的にどれも「硫酸系洗剤」になっていることが分かりました。
 
 
ただ上記製品の中で一点だけ『ココイルメチルタウリンNa』という成分を主体に配合しているものがありますね。
 
 
手元にあるのが小さいタイプ(トラベルセット)しかないのが申し訳ないのですが、、笑
 
imageimage
 
資生堂さんの『スーパーマイルドシャンプー』というアイテムは
 
昔から市販安価帯で唯一の「タウリン系洗浄剤」を主成分として配合しているシャンプーとして有名です。
 
 
 
 
さてさて、
 
このタウリン系洗浄剤とは一体どういう成分なのでしょうか。
 
 
 
また数ある洗浄成分の中でも特に低刺激と言われる「アミノ酸系洗浄剤」や、
 
 
市販安価帯ではコスト的な問題から配合されることがほとんどない
 
様々な『低刺激型洗浄成分』について次回解説していきたいと思います。
 
 
 
さらに高価格帯のシャンプーでも意外と微妙な成分が配合されていることもあるので…
 
 
そのあたりについても簡単な見極め方をお教え出来ればと思います(^^)ゞ
 
 
 
 
 
 
 

プロデュース化粧品最新作 『CeraCure Lotion & Essence』 発売!!詳しくはこちら!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3

セラキュア ローション&エッセンス 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ

セラシエルレッドプロテクトジェル 紹介&意見投稿ページ

 

新刊 【オトナ女子のための美肌図鑑】 が7月14日発売!!詳しくはこちら!

 

  コスメ、カバー、帯あり   本

その他の著書も好評発売中!

(既刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント