年明けの骨格

テーマ:
今週から通常営業ですが、皆さんの骨格はいかが?

今週のクライアント11名中、お1人を除く10名の方は左の肋骨が広がり右より上がっていました。

年末年始の食べ過ぎによるものですね。

左の肋骨の内側には胃があります。

食べ過ぎによる胃の膨らみが肋骨を押し拡げるってこわくない?

食べ過ぎは消化器系への負担だけでなく、骨格にも大きく影響します。

この結果、肩、首の痛み、腰痛も起きやすく、消化器の不調による浮腫み、浮腫みによる冷えも。

体調がいまいちならプチ断食をすると良いですね。

16時間、せめて12時間は固形物を食べない。

でも寒いので塩分と空気も乾燥しているので水分もしっかり補給すると断食による不調は避けられます。

私は去年、梅を漬けた梅酢に蜂蜜を入れてお湯で割って飲んでいますが、好調です。

あとは良く噛んで!←これ一番大事!

食べ過ぎによる骨格の歪みが出ていなかったお1人様は
「それ以上太ったらお前と口聞かないから」と大好きなお兄さんに言われ、本気ダイエットされていました。


セラピスト業に専念し始めて15年
昨年取材された専門誌が発売されました。
{063ADC06-5B4F-4A33-9D4A-FCBE07832FC1}

ちょこっと出てます。
#ノマドセラピスト





自立と依存

明けましておめでとうございます
今年も拙いブログをお読みいただきありがとうございます。

なにかとあわただしい年末にSOSの電話を受けました。

「どうしたら良いのかわからない」と友人のお母様からの電話でした。

この方、いろんな問題を霊能力者や占い師に相談して解決しようとしていらした。

が、結局 家族との間に軋轢が生じてしまって問題倍増。

私に助けを求めて連絡していらしたので、私が出来る事を説明しました。

ボディメンテナンスするのはどうですか?と。

皮膚から脳に刺激を送ると「自分」を再認識でき、「自分の肉体を認識できる」から「自分は何をしたいのか」また「どうしたいのか」が自己の内側から発生する。

と私は思うのです。

問題の解決策は必ず自分の内にある!

「あの人にこう言われたから」と振り回される生き方で良いのでしょうか?

「どうしたら良いか?」と考えているうちは問題解決されない。

ご自分はどうしたいの?



大晦日の夜、夫の従兄弟の家で過ごしました。
夫の従兄弟は空手家であり、柔道整復師でもあり自ら開いた道場に併設して自費診療の整体院もされている。

「整体に依存される方は隣の道場で肉体を鍛えます!」と。

心の器である肉体をメンテナンス、そして鍛える行為は心のメンテナンスをして更に強くする、ということ。

何も問題が起こらない人生なんてない

問題が起きた時にどう乗り越えるか?

脳と肉体の筋力をつけることが一番の解決策だと思いますよ😊

今年もどうぞよろしくです。



もうずいぶんサンタクロースには会っていない。

いやいや、サンタクロースが本当に居るって信じてたのは遥か昔。

今年は嬉しい報告がいくつかあり、まるで孫が産まれるようなワクワクした気持ちになりました。

毎月一緒にヨガに通っていた年若の友人は明日、帝王切開で出産予定。

12月25日に産まれるのね😊


最近は逆子の場合は安全性を重視して帝王切開になるそうですね。

「逆子体操」はしないそう。

坐骨間や恥骨の開き方にも要因があるようですが、胎児がいるスペースが狭いので下手に体操などをしてしまうと臍の緒が首に巻き付いて危険なんだそうです。


性ホルモンの生成が遅いのか、28日周期どころか3ヶ月以上も生理が来ない体質のクライアントは排卵するための薬を1回飲んだだけで無事、懐妊。

排卵ペースはその方の体質によるので、必ず毎月生理が来ていなくても妊娠は可能だと証明してくれた方は2人目の出産を控えています。


妊娠さんへのトリートメントは通常より弱いタッチで行いますが、肋骨を中心に呼吸筋を丁寧にトリートメントします。
呼吸筋を弛めると妊娠さんも呼吸が深くなり胎児が落ち着くようです。
あまり元気に動く赤ちゃんは居心地が悪くて動くこともある、とのこと。

また骨盤の歪みが強い場合、お腹が均等にせり出さないこともありますが、大切なのは赤ちゃんがいるスペースが安定していることだと思います。

無事に産まれてくるのを楽しみにしています😊


気がついたら年末でした。
今年も拙いブログをお読みいただきありがとうございました。

佳きお年をお迎えください。