こんにちは、看護師の村田です、理学療法士の武田です。

先日、利用者様に同行して、まつおか内科脳神経内科で

食事付き栄養指導に参加させて頂きました。

まつおか内科脳神経内科では生活習慣病などの

患者さん一人一人に合わせた栄養食事指導を管理栄養士が

行ってくれます。

実際に院内のキッチンで作られたメニューを食べながら、

利用者様の状態にあった食事量や塩分量、食材の選定や

調理方法、食べる順序など幅広い知識を得る事ができます。

利用者様も食事の味付けに対して「美味しい」を連呼されて

いました。「話を聞くだけでなく、実際に食べるので理解できる」

という感想も聞こえてきました。私の栄養指導のイメージは、

わかりやすいパンフレットを用いて行うもので視覚・聴覚からの学習を促す

ものでした。食事付き栄養指導では実際に「食べる」ことで甘味、

酸味、塩味、苦味やうまみを味わいながら、香りや色どり、

温かさや歯ごたえ、舌ざわりなど嗅覚・視覚・温覚・圧覚・触覚など

の多様な感覚が混合し学習が進むのでないかと思います。

 

 

自宅で3食バランスの良い食事を摂取する事は容易では

ありませんが、美味しい食事を食べながら適切な指導を受ける事により、

健康に直結する食事を見直す事になると思いました。

同行により共有できた情報をもとにご利用者様が

より良い在宅療養を迎えられるように支援させて

頂きたいと思います。