内臓からカラダとココロを元気に!ともき均整院のブログ

自由が丘駅から徒歩9分の整体院【ともき均整院】のブログです。

内臓からココロもカラダを元気に!


一緒に身心の不調を読み解き、
あなたに合った施術とセルフケアを提供致します。


自由が丘駅から徒歩9分
九品仏駅からもっと近い徒歩3分
【ともき均整院】
TEL:03-5752‐1851

ご予約・お問い合わせ
HP:http://tomoki-kinnsei.com
所在地:東京都世田谷区奥沢6‐22₋11


テーマ:

こんにちは。

自由が丘の整体院

ともき均整院の小室知貴(=゚ω゚)です。

 

カラダの不調でお悩みの方へ、

『こんなことでカラダが楽になるんだ』

と、カラダに対するイメージを

もっていただけたらと思い、

 

ブログを綴っております。

 

***

 

『夕方になると頭痛がする。』

『生理前になると頭痛がする。』

 

頭痛にもいろいろなものがありますが、周期的に頭痛を起こす方の場合、『頭の形の左右差が目立つ』という特徴がみられることがあります。

 

頭に触れたときの大きさの違いもありますが、目の大きさの左右差や口元の歪みとしても確認できます。

 

 

頭の形の左右差は骨盤の歪みや『頭蓋骨の縫合の動き』が制限されていることによって起こってくることがほとんどです。

 

 

頭蓋骨は複数の骨が組み合わさってできています。

そして、この1つ1つの骨が一定のリズムで少しだけ動いているのです。

image

これは『第一次呼吸システム』と呼ばれていますが、この運動によって脳脊髄液の流れを調節しているようです。

 

 

 

この運動が直接、頭痛と関連しているとは言い切れませんが、頭にやさしく触れて、頭蓋骨のコリを少しずつ時ほどしていくと、頭蓋骨の動きも少しずつ滑らかになり、スーッと頭痛も改善されてきます。

 

 

頭蓋骨は首の骨と関節しているので、調整の前に首の骨の歪みもしっかり整えることが重要です。

 

 

また頭蓋骨の動きは、精神面と関係が深いようで、あと3日は仕事で頑張らなきゃいけない・何か達成しないといけない目標が目先にある場合など、『戦闘態勢』の時は、施術を加えてもなかなかな緩んでくれません。

 

 

逆に、カラダを休ませたいときなどは、素直に施術に応じて頭蓋骨が動いてくることが、ほとんどです。

 

 

お客様のココロの状態とも連動しやすい頭蓋骨。

 

調整施術はただ頭に触れているため、『気功のようなものですか?』と質問されることがありますが、頭の微妙な動きを感じているんですね。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□

内臓からココロもカラダを元気に!


一緒に身心の不調を読み解き、
あなたに合った施術と

セルフケアを提供致します。


自由が丘駅から徒歩7分
九品仏駅からもっと近い徒歩3分

 

【ともき均整院】
TEL:03-5752‐1851

ご予約・お問い合わせ
HP:http://tomoki-kinnsei.com
所在地:東京都世田谷区奥沢6‐22₋11 自由が丘富貴ビル203

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

自由が丘の整体院

ともき均整院の小室知貴(=゚ω゚)です。

 

カラダの不調でお悩みの方へ、

『こんなことでカラダが楽になるんだ』

と、カラダに対するイメージを

もっていただけたらと思い、

 

ブログを綴っております。

 

***

『お腹にガスが溜まる・お腹が張って食べられない。』

でお悩みのお客様の施術例をご紹介いたします。

 

 

50代女性のお客さま

 

<来店の経緯>

食欲がなく、食べると胃もお腹も張って固形物が食べられない。食べるとすぐにガスが貯まったようになってしまう。食べた後に気持ち悪くもなるが、お腹の張りによる痛みがつらかった。そこで近くの消化器内科を受診した。

 

消化器内科では、腹部を聴診・腹診して頂き、便秘が原因といわれ、下剤と整腸剤・胃薬を処方された。

 

下剤で何とかお通じは出たが、その後、食事を食べてもやはりお腹の張りと胃の痛みが出てしまうとのこと。らくゼリーだけの食事をとることにした。

 

1週間ほどその状態が続き、体重も落ち始めるのを感じ、仕事をするにも身体に力が入らない感覚があった。

 

処方された薬をきちんと飲んでいるが、改善される様子がなかったため、たまたまチラシを見て当院に来店する。

 

 

<姿勢やカラダの特徴>

姿勢を観察させて頂くと、以下の特徴がありました。

 

●両側の肩(僧帽筋)が硬い。

●首(斜角筋)が硬い。

●背中のコリ(胸椎1・2番・胸椎左5番~8番・胸椎右8番~L2)の硬い。

●お腹の表面は風船のようにパンと張っている。

●お腹の奥の腸間膜根は非常に固くなっている。

 

 

この特徴を少し解説すると以下のようになります。

 

○肩のコリは副神経の緊張をあらわします。

○胸椎5番~8番の左側の緊張は胃の不調で固くなります。

○胸椎8番~L3番の硬さは小腸や大腸の不調で固くなります。

○胸椎1番・2番はストレスなどで交感神経の緊張が高いと特に固くなってきます。

○小腸と胃は連動していて、小腸の粘膜が科学的に刺激されたり伸展されると、胃の働きは抑えられるというカラダの仕組みがあります(小腸-胃抑制反射)

 

 

<私の勝手な推測>

お医者さんではないので診断ができませんが、症状などからして、おそらく腸の一部が狭くなって、固形物を食べることで腸の一部が詰まったようになってしまい、お腹に強い不快感を感じていたのではないかと思われます。

 

腸の詰まり・腸の動きの悪さは、腸間膜や腸間膜根の硬さとなって現れます。特に、お腹が張る・ガスが溜まるという方は、腸間膜・腸間膜根が固くなっている方がとても多いように感じます。

 

また自律神経のアンバランスからも、胃腸の働きが悪くなっていたように感じます。来店して下さったお客様の場合、胃腸を動かす迷走神経の働きが活発になり、逆に胃腸の働きを抑える交感神経の働きが弱くなっていたようです。

 

 

<施術>

手足の関節を緩め、背中や首をやさしく刺激し各内臓の自律神経のバランスを整えることから始めました。自律神経のバランスが整うことで、お腹の張りは半減されていました。

 

この時点でご本人としては、だいぶ楽になったとのことです。

 

お腹の張りがとれてきたところで、固くなった腸間膜根や腸間膜を少しずつ時間をかけて緩めました。『ゴロゴロ』とお腹が動きはじめ、さらにお腹の張りはとれて、『なんだか良くなった感じがします!』とのことでした。

 

<調整の結果>

まったく感じられていなかった食欲も沸き、翌日の朝から固形物の食事をとるようにしたとのことです。1週間ほどして、お腹の違和感もなくなり食事も通常通り食べられるようになったとのことでした。

 

 

<まとめ>

腸の働きをコントロールするのは自律神経です。

自律神経のバランスが乱れることで、腸の働きが悪くなってしまいます。

 

また物理的に癒着を起こしていたりすることで、その機能が低下してくることがあります。

 

 

最近は気温の変化も激しく、体温を一定にするため自律神経が奮闘してくれます。その時にカラダの弱い部分にしわ寄せがやってきて、カラダの不調を起こしてしまいます。

 

当院の施術で季節の変わり目をスムースに乗り越えましょう。

 

 

■□■□■□■□■□■□

内臓からココロもカラダを元気に!


一緒に身心の不調を読み解き、
あなたに合った施術と

セルフケアを提供致します。


自由が丘駅から徒歩7分
九品仏駅からもっと近い徒歩3分

 

【ともき均整院】
TEL:03-5752‐1851

ご予約・お問い合わせ
HP:http://tomoki-kinnsei.com
所在地:東京都世田谷区奥沢6‐22₋11 自由が丘富貴ビル203

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

自由が丘の整体院

ともき均整院の小室知貴(=゚ω゚)です。

 

カラダの不調でお悩みの方へ、

『こんなことでカラダが楽になるんだ』

と、カラダに対するイメージを

もっていただけたらと思い、

 

ブログを綴っております。

 

***

施術ブログ 60代男性  咳が止まらない。

 

風邪を引いていないのに朝起きたら咳が出る・夕方になると咳が出る。冷蔵庫の開け閉めで咳が出る。一度咳が出始めると、しばらく5分~10分は咳が止まらないとのことです。

 

 

食品を扱う仕事をしているために仕事に支障が出て困るとのことでした。

 

医療機関で咳止めなどを処方して服用するも、なかなか改善されないとのことで来店して下さいました。

 

 

咳は、咽頭や気道の粘膜に存在する刺激受容器が異物や煙によって刺激される、迷走神経の反射によって起こるとされています。

 

特に煙や異物を吸い込んでいないのに、なぜ咳が出るのか?

疑問に感じる方もいるかと思います。

 

 

この方の場合、朝起きた時・夕方に咳が出る、冷蔵庫の開け閉めで咳が出るということが特徴的かと思います。

これは自律神経のアンバランスで起こる症状の1つになります。

 

朝は副交感神経から交感神経優位に切り替わり、夕方は交感神経から副交感神経が優位に切り替わるタイミングです。冷蔵庫の開け閉めなどは、急に冷たい空気に触れることで自律神経に変化を与えます。

 

これらの変化によって一時的に迷走神経の緊張が高まり、咳が反射的に出ていたようです。

 

さらに体型の特徴としては

 

●胸椎の3番前後の椎骨の歪み

●肋骨の弾力性が低下

●横隔膜の緊張

●胸椎7番~9番あたりの強い歪み

●胸椎10番~腰椎2番までの歪み

●頸椎1番・2番の歪み

 

特徴的に表れていました。

 

 

・胸椎3番は肺の機能

・上部頸椎の歪みは迷走神経

・胸椎9番前後は肝臓

・胸椎12番前後は腎臓

 

と強い関わりがあります。

 

特に自律神経のアンバランスや肋骨の歪みや腎臓の疲れがあると、咳が止まらない・風邪が長引くという方が多いため、それらを重点的に整えさせて頂きました。

 

施術後の経過としては、その日の夕方から咳は出ず、翌朝も咳は出ず、仕事中の咳も全くでなかったとのことでした。1週間経つ今も咳は落ち着いているとのことでした。

 

 

特に季節の変わり目は自律神経のバランスも乱れがち。

季節の変わり目に当院の施術で自律神経のバランスを整えるのも、カラダのケアとして有効ですね。

 

■□■□■□■□■□■□

内臓からココロもカラダを元気に!


一緒に身心の不調を読み解き、
あなたに合った施術と

セルフケアを提供致します。


自由が丘駅から徒歩7分
九品仏駅からもっと近い徒歩3分

 

【ともき均整院】
TEL:03-5752‐1851

ご予約・お問い合わせ
HP:http://tomoki-kinnsei.com
所在地:東京都世田谷区奥沢6‐22₋11 自由が丘富貴ビル203

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。