Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記

子供の成長は早いので、とりあえず忘れないように観察日記をつけようかなと・・・
英国人の主人とお互いの文化の違いを尊重しつつ(主導権を争いつつ?)子育て生活送ってます。


テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は雨のち晴れ

朝私が起きて準備をしている時に目を覚ましてしまった。
最近私が家を出る前に目を覚ますと、私が出ていくのがわかるので激しく泣き出してしまう事が多い。
そういう時はとりあえずミルクを作り飲ませながら、おむつを替えてあげて飲み終わらない内に寝室を出てドアを閉めなければいけない。
でないと飲み終わってから私が部屋を出るとまた泣き出してしまうからだ。
部屋のドアをしめて私が準備をしている間にミルクを飲み終わった Grumpy Monkey は、少し泣き出すがお腹が一杯になると起きたばかりなのですぐまた寝てしまう。
一度寝室に忘れ物をしてミルクを飲み終わった後に入ってしまった私は後で旦那に「次からは気をつけてね。あれから2時間泣きっぱなしだったんだから・・・」と言われてしまう位である。
そんな訳で、今日は私よりもGrumpy Monkey が先に目を覚ましてしまった為、ミルクを作りに寝室を出た瞬間に泣き出してしまったのだった。

慌ててミルクを作って飲ませると泣いていたのを忘れて飲み始めた。ほっ。(^-^)
玄関で靴を履いていると飲み終わったのか一瞬泣いてしまったけど、すぐに寝たみたいで静かになった。ふぅ。

うちのおさるさんは泣くとすぐに大粒の涙がポロポロとこぼれてくる。
生まれたての赤ちゃんは結構涙なしに声だけで泣く子が多いみたいで、産まれてから一週間病院に滞在している時も、涙を流して泣いているのは Grumpy Monkey だけだったので、面会に来ている人達に「あら、可哀想に、この子すごい泣いてるね」とよく言われていた。(^-^;)
看護婦さんにも「この子よく涙が出ますね。」と言われていて、友達にも「涙が出ると悲しく見えるなぁ。。」なんて言われたりしたもんである。

そんな涙もろい(?)おさるさんは、最近家に帰ると私が座る前から足に抱きついて離れない事が多くなった。
とりあえず15分位はニコニコ、えへらえへらと笑いながら抱きついて私がどこへも行かないように離さない。そんな仕草は可愛いし、私を恋しく思ってくれたんだなぁ。と思うと嬉しいのだけど、だいたいはその後顔を押し付けて服をよだれだらけにされるので、スーツのクリーニング代が・・・なんて現実的な事も思ってしまう私は「ただいま~」と言いながらまず着替えに行ってから、Grumpy Monkey を抱きあげるようにしている。(^-^*)

そして私の旦那はいつも「see, mommy always abandon you but daddy never do that. (ほらね、お母さんはいつも君をおきざりにするけど、お父さんはそんな事したことないだろ?)」などと都合の良い事を Grumpy Monkey に吹き込むのであった。(なんでやねんっ。って感じだけど・笑)

そしてこの『おきざりにする』という言葉を聞くとよく思い出す事がある。
それが今回のタイトルである Home Alone に関係するのだけど、たまたまこの間テレビのニュースで子供が誘拐された話を見ていた旦那と日本の『鍵っ子』(今はそんな風に言わないのかな??)の話になった。
ようするにお父さんお母さんが働いていて学校が終わる時間に誰も家にいないので、子供が鍵を自分で持っていて一人で(もしくは兄弟と)家でお留守番をする事なのだけど、英国ではそれはご法度らしい。

私も実際小学生の頃はかぎっ子だったので、特に何の抵抗もなく受け入れているこの『かぎっ子』もとい Home Alone ここでは『子供だけが家にいる』という意味で使っています状態なのだけど、英国ではそれを隣人が見つけた場合、警察などに通報されるんだそうだ。
これには結構びっくりした。
以前結婚の報告をしに英国へ行った時に旦那のお兄さん夫婦の家に泊まっていたのだが、家族全員で車で出かけ、子供達は学校が終わった後彼らの両親の経営しているレストランへ直行し、仕事が終わるのを待ってから一緒に帰ってきていた。
私はただ単に子供達が車を運転できないし、送迎に手間がかかるから一緒に出て帰ってきているんだと思っていたのだが、実はこの法律の為だったらしい。
ええ~!知らなかった。結構厳しいね~」と驚く私に旦那は、「だって去年末に兄さん夫婦が友人の結婚式へ参加する為に香港へ帰る事があった時に彼らの娘も学校を2週間休んで香港へ来ていたでしょ。あの時も他に面倒を見れる大人がいなかったから試験前なのに学校を休ませて一緒に来たんだよ」と聞き、さらに驚いた。法律だからとはいえ、大事な試験前に学校を2週間も休ませて香港へ連れてこないといけないのか。大変だなぁ。と思った。
というのもそのお兄さん夫婦の娘は今16歳なのだ。彼女には兄がいるがすでに18歳なので彼が一緒に住んでいれば彼女は香港まで旅行せずにすんだのだが、彼は残念ながら違う国に留学しているのだった。

うちの両親は結構過保護な方で私達が高校生になって親戚の法事なので田舎に帰らないといけなくなる頃までは私と妹の二人きりでの留守番はさせなかったが、結構友達の家は普通に兄弟姉妹だけで留守番を数日するのは当たり前だったような気がする。
それに小学校の頃は両親共働いていたので、数時間だが妹と二人だけの時間があった。それを旦那に話すと「英国ではそれはあり得ない」と言われた。
もちろんこっそりしている人達はいるかもしれないが、隣人が通告する可能性がある位深刻な事だ。と言われてなんだかこれも文化の違いなのかなぁ。と思ってしまったのだけど、これってどこの先進国もそうなんだろうか??

この法律が結果的に家族にとって良いものなのか面倒なものなのかはわからないけど、日本でもしこの法律があった場合、旦那のお兄さん夫婦のように海外にいる友人の結婚式に出かける為に子供を2週間休ませる。という選択は日本人にできるのだろうか?
もちろんこれは英国では当たり前の事で他の人達もそうやっているのだろうけど、初めて聞いた私には疑問がいっぱいの法律なのだ。
でも、ある意味学校の教育だけにとらわれず家族の人生の楽しみを優先させる事ができる選択っていうものがあるのは良いな。と思ったのも確かである。

たまにこういう事を聞くと将来 Grumpy Monkey をどこでどう育てていこうかなぁ。と色々と思考を巡らせてしまう rieleah であります。(^-^*)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日のGrumpy Monkey の天気は晴れ。らしい。

そう、もう何度かこの『らしい』を見ている方々はご存知だと思いますが、『らしい』=Grumpy Monkey は実家にいる。という方程式が存在します。(笑)
本来ならば一ヶ月に一度実家へ預かってもらって私と旦那が骨休み。。。となる所なのだが、旦那が今している仕事を集中してしたいという事で毎週3日ほど実家で預かってもらっているのだ。
こうなると旦那は家事も全くしなくなるので、私のブログの時間がまた減ってしまう(ってそれは妻として諦めるべき?と言いつつ未練がましい私。。。笑)


うちの旦那はとっても子育てに協力的で私の両親や妹の事も気にかけてくれるし、私の事も大事にしてくれる。友達想いで私の友達にまで私よりも気遣いをみせるほどである。
が、うちの旦那には2つほど困った所があった。

1つは『集中力が散漫になりやすい事』
もう1つは『日本語が話せない事を私のせいにする傾向があるという事』

今までにも勉強や仕事ができない理由を
Grumpy Monkey のおむつの匂いが気になる(これはもう慣れたらしい・笑)
私のハミングで集中力が乱れる』(思わずこれを聞いた時には「マジっすか?冗談でしょ?」って言ってしまった)』 
などあげていて、極度にてんぱっている時には私がお腹がすいた時の「ぐぅ~。」って音が駄目(笑)

私は小さい頃からピアノ・空手・習字をやっていたので集中力を高めるのはお手のものだが、彼にはとても難しいものらしい。こうやって苦労しているのを目の当たりにすると Grumpy Monkey には何か習わせた方が本人の為にも良いかも。と思ってしまうほどだ。

2つ目の『日本語が話せない事を私のせいにする』のは
『私が日本語を使わない事』にあると彼は言っている。
これはある意味一理ある。私の知り合いのカップルでも彼女が日本語で話しかけて日本語ができるようになっている人達もいるし、奥さんの家族と同居していたので話せるようになった。という人もいる。
が、私はこれは本人の勉強の仕方次第ではないかと思っている。

一応第二言語として英語を話し、広東語も日常会話ならなんとかなる語学経験者の私から言わせてもらうと、聞き取りの勉強も大事だが、旦那のように在日3年目で語学学校にも数回行き、ボランティアの日本語教師に毎週一回だが一年ほど教えてもらっている人は、そろそろ自分で話す練習をしても良い頃だと思うのだ。
が、もちろん持論を押し付けるだけではなく旦那のしやすいようにしてあげようと”毎日日本語のみ話す”を試みた事もあった。

しか~しっ

初めて日本語のみにした時は私が日本語で話しかけても全て英語で返ってくるので「Excuse meeee? why you do not speak Japanese ??(ちょっと~、なんで日本語話さないの?)」と英語で聞くと「まだ始めて5分も経ってないのに、もう英語を話すなんて信じられない!」と言われたので、日本語で話すよう促すと「まだその段階じゃない」と言われたので会話が成り立たず数日でなくなってしまった。(^-^;)
数ヵ月後2度目の挑戦をした時は、私が彼のわからない単語を使っても彼は聞き返さないので、通じていると思っていたら後日「聞いてないっ」って言われ、なぜ聞き返さななかったのか尋ねると
わからない単語は聞いているうちに想像がつくようになるから数週間かかる。
と言われ、聞き返すように頼むと「僕にはこの方法があっているから」と言われたが、私の話が無視されているようで嫌なのですぐにやめてしまった。(^-^;;)

もしかして私の忍耐が足りないのかもしれない。とも思ったりしたがやはりわからない単語はその都度調べて覚えていかないと次に聞くまで待っているようでは遅すぎだと思うのは私だけだろうか??

旦那は英語と客家(はっか)語と広東語を話すのだが、客家語と広東語は家族やテレビの会話を聞いて覚えたらしい。でもそれは対話になっている会話を聞いて覚えるのであって、私と二人で対話をする時に意味が通らなくても放っておく。では生活が機能してこないと私は思っている。
例えば「水曜日に友達が会社の帰りに来るから部屋片付けといてね」といってもわかっていなかった場合、家に帰ってあせって片付けるのは私で、「Grumpy Monkey は便秘気味だからちゃんと水分取らせてね。特に泣いて汗をかいた時はちゃんとあげないと便秘になるから」といっても通じない場合、犠牲になるのは彼ではなく可愛い娘なのだ。
なので、旦那の友達に「奥さんはどうして日本語で話してあげないの?」といわれる度に「無視されるのが嫌なの」と答えている。

そんな訳で私は、無視されるくらいなら友達にどんなに私のせいだと攻められようともう二度とやるもんか!もしそれをやるなら私の方法で日本語を教える時間をとってほしい。と旦那には伝えていた。

そして先週の日曜日、旦那はトランプを目の前に出しこういった。

『日本語の勉強をポイント制でやろうと思うんだけど・・・


はじめ意味がわからず「は???ポイント制????」 と思って聞いてみると、「今まで君にどんなに日本語で話してっていっても続かなかったし、やはり英語で話す日も必要かも。って考えたんだ。で、トランプを2つに分けてrieleah が英語を話したい時には rieleah のカードを。僕が日本語を話したい時には僕のカードを出して、片方のカードが出されたらそれから一時間はその言語のみっていうのどうだろう?」と言った。

今までにも一緒にニュースを見て私が後で質問をしたり(これは2ヶ月くらいもった)
有名な語学学校のテキストを手に入れて一緒にやったり(これは2週間くらいしかもたず・・・)
単語帳を作ったが作って満足で半分位しかまだ見てない(?!)

って感じだったので、今回もどこまでできるかはわからないが、さすがに最近私が Grumpy Monkey に話しかける言葉がわからない事に危機感を感じてきたのかもしれない。
という事で、どうせならきちんと曜日を決めよう。と私が提案し以下のようなルールを決めた。

私 ・・・ハートとダイヤのカード + Jorker + 全カードのKing
旦那・・・クローバーとスペードのカード

英語の日 ・・・火曜日と木曜日
日本語の日・・・上記の日以外

※私が一日に使えるカードは3枚まで。旦那が使えるのは2枚まで
ちなみに私の持ちカードが多いのは日本語の日が5日あるためだ。


なんだかゲームみたいだけど、こういう方法の方が彼には入りやすいのかもしれない。と思い先週から続けているが、今の所

しかし、彼が水曜日に私の母と会った時に日本語で結構話をしたらしいので、効果はあるのかなと思ったのも事実である。

そして今日は日本語の日だった。

週末でGrumpy Monkeyがいないので、たんまり日本語を話せるハズが昼間に仕事をしすぎて精神的に疲れてしまっていて実は私が仕事から帰ってきた時には寝ていて日本語話せず・・・。

とりあえずもう少し様子を見てみようかな。(^-^)

なんやかやとお互い急ぎの時や知人と会う時は英語になってしまっている。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の Grumpy Monkey の天気は曇り・・・


実は先週から私の仕事が忙しく家に帰るのが遅いにも関わらず、家事をしたり旦那と話をしたり、早く寝たと思ったら Grumpy Monkey が夜明けに起きて寝なかったり・・・という事が重なってまたもや睡眠3~4時間でやっていたらとうとう大きな口内炎が唇の内側にできてしまい、痛さのあまり話すのも食べるのもつらくなる位に疲れてしまった。

あまりにも疲れていたので実家の母からの電話についイライラした口調で話してしまった為、疲れがたまっているのがバレてしまい、心配した母が週末 Grumpy Monkey を実家で預かってくれる事になり、金曜日から日曜日の晩まで面倒をみてもらう事になった。

おかげさまで週末は Grumpy Monkey がいなかったので、ほっとんど寝てすごし、一週間近く私の食欲をなくしていた口内炎も治まり体ってほんと正直だなぁ。と実感した。

そういえば、実家の近くの薬屋さんは、風邪薬などを買いにいくと必ず「薬よりも何よりも睡眠が大事ですよ」って言ってたけどあれは口内炎に対しても同じだったみたいだ。(笑)


という訳でなぜ Grumpy Monkey の天気が曇りだったかと言うと、日曜日の晩21時半頃に実家から車で家まで送ってもらった Grumpy Monkey はすでに寝ていて、いつも遅く寝る彼女の事だからどうせすぐ起きるだろう。と思いつつ布団へ寝かせていたら中途半端に0時半位に目を覚ましてぐずりはじめたのだ。

私と旦那はなんとかそのまま寝かしつけようとするが、眠くてフラフラなくせにハイハイをしながら私達の手から逃れようとする。そのまま放っておくといきなりバタっとうつぶせのまましばらく休憩し、またぐずりながらハイハイをして部屋の中をぐるぐる回っている。

こういう時は抱いても嫌がってぐずるだけなので、最近は疲れて電池が切れたように突然バタっとうつぶせになってそのまま寝てしまうまで様子を見て、眠った後に布団へ戻すようにしていた。


もともと前にも述べた事があったが、うちのGrumpy Monkey は寝るのを嫌がるので、今回は21時過ぎから数時間寝ていたこともあって、なかなか疲れてくれない(^-^;)

30分位するとちょっと私も疲れてきたので、最近 Grumpy Monkey が気に入ってDVDで観ているBBC放送の子供用の番組 『Fimbles』 の中のお気に入りの歌を試しに歌ってみた。

この 『Fimbles』 だが初めて妹から送ってもらったDVDで観た時には「ええっ!何じゃ、このどぎつい色合い・・・。それにこのキャラクター・・・。あんまり可愛くないやん。。。」と思ってしまったのだが、見慣れるとそれなりに可愛くなってきた。


fimbles

メインの3匹のキャラクター以外にもカエルやモグラ、鳥などが出てくるのだがどれもカラフルでしま模様なのだ。子供の頃からNHKの教育番組のキャラクターばかり見ていた私にとっては、とてもカラフルでインパクト的には初めてお土産でアメリカのカラフルなお菓子もらった時位のインパクトがあった。

もらったDVDにはいくつかのエピソードが入っていて、その数ある歌の中でうちのおさるさんには3曲お気に入りの歌がある。

その内一番好きな曲の時は一生懸命振り付けを真似ている。後の2曲は嬉しそうに「えへ~~」って笑いながら口に手をあてて(ちょっと怪しい?笑)上半身を左右に回転させて聞いている。


1番好きな曲のタイトルはわからないんだけど、Fimble達が寝る前に歌う歌で『close your eyes and go to sleep♪close your ears and go to sleep♪(目をとじて寝よう、耳をふさいで寝よう♪ってニュアンスかな?)』って冒頭部分にあって、”目をとじて”のところでは両手で目を隠して、”耳をふさいで”のところでは耳を両手でふさぐ振り付けになっている。

ただキャラクターの頭が大きく手が短いからなのか目を隠す振り付けと耳をふさぐ振り付けの違いがうちのおさるさんにはまだ区別がつかないようで、両方とも耳をふさいでいる。(笑)


ちなみに2番目に好きな歌は『Roly Mo's Song』というタイトルで、もぐらのキャラクターが韻を踏んだ本を読む時に歌う歌で、初めて聞いた時に『こうやって子供の頃から英語で韻を踏む事を覚えるのね。』と感心いてしまった。

3番目は 『If You're Happy and You Know It』 という歌で日本語の歌は『幸せなら手をたたこう!』だ。これは結構簡単に振り付けが覚えられそうだと思ったけど意外と難しいみたいだ。


興味のある方は下のリンクからFimbles公式ページへ行ってみてください。

http://www.bbc.co.uk/cbeebies/fimbles/


2番目と3番目の曲はこのページで聞く事ができます。1番目の歌がないのが残念だけど、もしかしたらGrumpy Monkey の好みって私の好みと似ていてマイナーなものが多いのかも。。。(笑)

さてさて、話を戻しますが相変わらずなかなか寝ない Grumpy Monkey に close your eyes and go to sleep♪と歌ってみた。

するとなんと眠くてハイハイしていたのをピタっとやめて正座をして耳に手をあてている。思わず「すごい!私の歌でも反応するなんて~」と面白くて何度もやっていたら、飽きたのか寝るつもりは無いと主張したいのか、またハイハイしはじめた。

そこへ旦那が「僕もトライする」といって、ちょっとはずれた調子で「Go to sleep! Go to sleep!」と歌とは思えないリズムで(笑)歌ってみた。「それは無理やろ・・・」って言ってたら親孝行な(?)おさるさんは、ハイハイはやめないものの片手だけ耳にあててやりにくそうにハイハイいる。

あまりにもその様子が可愛いくおかしかったので、そのまま何度かしていたら疲れてきてバタっとうつぶせに寝転んで指を吸って寝始めた。

これって「パブロフの犬」っぽい・・・。と思いながら旦那に「可愛かったねぇ。」というと「うん。可愛かったなぁ」と嬉しそうにしている。

うちの母親にこの話をしたら「子供で遊びなさんな」ってたしなめられそうだけど、振り付けのレパートリーが増えたら絶対にクセになりそうなrieleah です。(^-^)



※ちょっと上の記事とは関係ないのですが、書かずにはいられなくて書いてます(笑)

今この記事を少し25日の明け方(5:35a.m.)に打っています。なぜこんな時間帯に打っているかというと、旦那の好きなサッカーチームがヨーロッパのチャンピオンリーグの決勝戦に出るのでそれを見る為に(日本時間:午前3時半から)0時からGrumpy Monkey を寝かせた時に旦那と一緒に寝て3時半に起きてリーグを見始めたからである。

で、いきなり前半戦で相手に3点取られてめちゃくちゃ不機嫌な旦那に怖くて話しかけられず、書きかけの記事を仕上げていたのですが、後半で彼の応援しているチームが3点取って興奮のあまり立ったり座ったりを繰り返し、なぜか突然プリンタの電源を消したり、DVDの電源を入れたり(??)していて、延長戦になるとクッションを抱きしめてウロウロしたりしている旦那にまた、怖くて話しかけられず(笑)見た目は日本人な旦那でもやはり中身は英国人なんだなぁ。。。と改めて体感中でございます。

彼はかなりのサッカーファンなので、うちの Grumpy Monkey の名前も選手の名前を女の子用にスペルを変えてつける程なのだけど、今まで家でTVでライブ放送を見る事がなくいつもラジオをインターネットで聴いているだけだったので、バーで観ている時はゴールを決めた時に喜んでキスされたりとかはあったけど、家で見るとエキサイトする度合いが違うようです。。

ケーブルTVとか入れて毎回観れるようになったらどうなるんだろう?とふと疑問に思ったけど想像するのが恐ろしくもあり、これだけ熱くなれるものがあるなんて羨ましいなぁ。とも思う rieleah です。笑

(ちなみに今は正座して観てます)

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の Grumpy Monkey の天気は晴れ


最近うちのおさるさんはコップトレーニングなるものをしている。(^-^)

本来ならば世間一般では半年を過ぎたあたりで、『スパウト』という形の吸い口に変えて、それになれてきたら8ヶ月位からストロートレーニングをして、慣れてきたらコップへ。。という流れになっているらしく、私が Grumpy Monkey の為に購入したトレーニング用のマグ(COMBI の 『コンビマグ トレーニングマグS』 と、ストローパーツ)の説明書にも


MugS




「コンビマグ トレーニングマグS」は、乳首離れとコップへの準備トレーニングができる、ステップ2のレッスンマグで・・・(省略)・・・お子さまがスムーズに飲めるように飲み物が出過ぎずむせない構造。吸い口にはソフトな材質を使用しているので、乳首からスムーズに切り替えられ5ヶ月頃からご使用いただけます。



と書いてあった。さらにストローマグSの方には



Straw MugS


吸い始めのトレーニングに、アウターストローだけでステップ1、2と同じようにマグを傾けた状態で飲むことができます。さらに、インナーストローをつけて、マグを立てて大人と同じように飲むトレーニングができます。 8ヶ月頃からご使用いただけます。



と書いてある。

とまぁ、ここまで書けば今までこの 【Grumpy Monkey の観察日記】を読んでいただいてる方には予想が付いているかもしれないが・・・

インフルエンザで高熱を出しても飲むもの飲んで食べるものもしっかり食べていたうちのおさるさんだから、”食べるのが好きな犬ほど芸を早く覚える”という自分の飼い犬のしつけの経験上、きっと簡単にトレーニングできるだろう!という私の予想に反し、元来の我の強さが裏目に出てしまい、”慣れないスパウトになかなか飲めないイライラがつのってコップを振り回してジュースをこぼしながら最後にはコップを落とす・・・”という結果になってしまった。

結局何度やっても駄目なので諦めてストローの時期になったらまた挑戦しよう。。。(^-^;)と思っていたのだが、そのまます~っかり忘れていて、この間一歳になった時にふと、「あ、そういえばそろそろストローやらなきゃな」と思いストローマグを取り出したのだ。


もともと私は妊娠中から何の本も読まず、生まれてからもインターネットで離乳食の時期を調べる位で後は友達の話とかだけで子育てをやっているので、たまに「あれ?これってまだ早かった?」「え?もう皆やってるんだ。。。」という事があったりする。

通常他の事で知らない事があれば、必ず調べてからでないと先へ進まない性質の私が、なぜ何の本も読まなかったのかと言うと、出産の事とかあまり調べすぎて怖くなっても出産の日は来てしまう。怖いままそれを克服できずに出産に望むくらいなら、何もしらなくて助産婦さんの言う事にしたがってた方が良いかも。と思ったからだ。幸い良い助産婦さんにめぐり合えたので無事出産が済んだのはラッキーだったかもしれない。と後で他の人の体験談を聞いて思ったりしたけど、知ってたら信用できずにうまく従えなかったかもしれない。

という訳で似たような理由で、あまり子育ての事を調べすぎても情報だけで疲れちゃうかな。。と思ったのであまり調べていなかった。

それでもたまに気になるので同い年の子供がいる人にどうやってますか?と聞く事もあるが、子供はそれぞれ成長の度合いが違うので何かができるようになる事とかはあまり聞かずに、便秘とか(笑)気になる部分だけ聞いて参考にしようと思っている。


ええっと、話が横道にそれてしまったので元に戻すと・・・

そんな訳で旦那と二人で先週末位からのどが渇いた時にあげるジュースをストローマグに入れて訓練していたのだった。

少しでも吸う事ができたら「すごい、すごい!」と拍手をすると嬉しそうにトライするのだけど、やはり『吸う』という行為がわからないようで、偶然吸いこんですぐにやめている。(^-^;)

でも吸う度に私と旦那が「すごい、すごい!」と拍手をするので、何度もやるうちに吸いすぎてむせている。そうなるとちょっと可哀想なので背中をさすってあげておさまるのを待ち、残りの哺乳瓶に移し変えて飲ませていた。

が、最近変な勘違いをしてしまって口をストローにつけて放した後、私達の「すごい、すごい!」を待つように顔をじっとみるようになってしまった。。。

旦那と二人で「こらこら、飲むフリじゃなくて吸わないといけないんだよー」と言って吸って見せるけど、彼女にとっては吸おうが吸うまいが見た目は一緒なので、私達が拍手をしない方が不思議。という顔で拍手を待つのだ。

どうやってこの勘違いを解こうか??と考えていたら旦那が「あっ、そうだ!」といってジュースを哺乳瓶へ戻している。

何をするのか見ていたら喉が渇いていたGrumpy Monkey はすごい勢いで哺乳瓶の乳首の部分を吸って飲んでいる。半分ほど飲んだところで旦那は一度哺乳瓶をとりあげ、またストローマグへジュースを戻し Grumpy Monkey へ持たせた。すると彼女はさっきの勢いのままストローを吸ってチュウチュウとすごい勢いで残りのジュースを飲み終わってしまったのだ。

今までうまく飲めずにむせたり口の端からダラダラとこぼしていたのは何だったんだろう?

ようはコツをつかむかどうかの問題なんだろうけど、おそらく本人もストローでどうやって飲めたかは気づいていないに違いない。

が、とりあえずこれだと飲めるという事がわかったので、しばらくは面倒だけど途中まで哺乳瓶で飲ませてからストローマグへと変える。という方法を使って慣れさせる事になった。


さすが旦那!普段からGrumpy Monkey の傍に長くいるだけはあるな~。と感心しつつ、先に飲ませる方法を編み出されてしまい、ちょっと悔しい思いをした rieleah でありました。

コップの時は私が頑張るぞっ!(^-^)/


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の Grumpy Monkey の天気は曇りのち晴れ


仕事を終えて家に帰ってみたら、Grumpy Monkey はベビーサークルの中からビデオを見ていた。

が、これは会社の帰り道から私の予想していた構図だった。(笑)

なぜかというと、この間私と旦那はヨドバシカメラに行き、前から旦那が買おうと考えていたノートPCを購入したのであった。

コンピュータ好きの旦那が購入したPCをいじらない訳がなく、買ってきた当日から色々といじっている。

彼の場合、買ったコンピュータはだいたいまず、すべて中身を消してしまって自分の好みに入れ替えるので結構使えるようになるまで時間がかかる事が多い。

それでもGrumpy Monkey の顔が不満そうでない所を見るとちゃんと昼間は相手をしていて、私が帰りそうな時間帯からいじりはじめたようだ。(^-^)

『ヨシヨシちゃんと面倒は見てたのね』と心の中で思ったのもつかのま「げっ、という事はもしや・・・」とふとした事に気づいた。

今回旦那が買ったノートPCはDVD-Writerのついているもので、なおかつ安めの手ごろなものを買ったのでワイアレスカードが内蔵されていなかった。

そして、我が家にはIT関係なんでも大好きな旦那のPCとサーバーと、毎日コンピュータが欠かせない生活をしている私のPC達を繫げる為に家の中にワイアレスネットワークを構築していた。

つまり、今回買ったノートPCにワイアレスカードが内蔵されていなかった=どれかうちにあるPCからワイアレスカードを拝借してセットアップ。という事なのである。

そしてうちの中にあるノートPCの中で新しいノートPCに使えるワイアレスカードを使用しているのは、私のノートPCなのであった。。。(T-T)

そんな訳で、日曜日の晩から私のワイアレスカードをちょこちょこ使っていた旦那が、ハード面のセットアップを終え、ソフト面のセットアップを始めてしまったようなのだ。ソフト面のセットアップという事は沢山旦那の持っているソフトウェアをインストールしていくわけで、ネットワーク接続は不可欠なものになる。


つまりその間私はインターネットが使えない。
=皆様からいただいているコメントへのコメレスが返せない (-_-;)

=ブログの更新ができない (> <)

そして楽しみにしている皆様へのブログ訪問もできないっ!(TOT) って事なのだ。。。


という訳で週末からほっとんどインターネットにつなげてません。。。

ブログの更新は別にインターネットにつないでなくてもメモ帳とかに下書きしておけば良いんだけど、やっぱりせっかくいただいているコメントへすぐにコメレスが返せなかったり、ブログの散歩ができないのはイタイ・・・。

今回改めて私にとってブログの比重が日々大きくなってるんだなぁ。としみじみ思いました。
ブログって前々から聞いていたものの中々きっかけもなく、たまたま友達がやり始めたアメブロの読者になる為にメンバーになって、せっかくスペースがあるんだから Grumpy Monkey の記録とその頃ちょうど旦那のサプライズパーティーの計画をしていたので、それも記録しておこう。という気持ちから始めたものの、まさかこんなに沢山の素敵な人達のブログに遭遇できるとは思っていなかったのですっかりどっぷりハマってしまいました。

今では少しでも時間があると更新よりも先に他の方のブログを読みに行ってしまったりしてます。(笑)

とまぁ、インターネットにつなげれなくて禁断症状が出てきていた私は仕事も忙しくてランチ休憩に繫げる気力がなく疲れてしまっていたので、(?!)ベビーサークルにうちのおさるさんと一緒に入り、歌を一緒に歌ってすごしたのでした。

いつも Grumpy Monkey が寝てからしかネットにはつなげないようにしているんだけど、後でネットをする為に洗濯物など家事をしていたのを、どうせネットにつなげないならGrumpy Monkey が寝てからすれば良いやと開き直って一緒に遊べたので、ある意味良かったのかもしれないなぁ。と後から思った rieleah でありました。


やっぱりなんでもほどほどにしておかないといけないのね。とも思うのだけどしばらく私の中のブログブームは続きそうです(^-^)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。