時差1時間ある事をすっかり忘れていた私たち。
でも3時過ぎには、Visitor Centerに到着しました。
ここ、帽子が飛んでいきそうなぐらい風が強かったです帽子DASH!

image

Visitorの人に、スニーカーで行ったらいいのか、ビーサンで行ったほうがいいのか、親友が聞いてみた所、サラサラしている砂なので、靴に付いてもすぐ砂が取れる、そして砂で白くならない。と言われたので、私はビーサンで行きました。
ちなみにトイレが外にありましたが、Visitor centerの営業が終わると鍵がかかって使えなくなってしまいますカギ
あと、Visitor centerで水は買えますが、ここを通り過ぎたら、水を買える場所はないです。注意
10月いっぱいまでは、Visitor centerは6時まで、Monument Gatesは1時間後に閉まります。結構細かく営業時間が変わる様なので、ホームページ で確認する事をお勧めします。
 
メインゲートで入場料$5(大人一人)を払って、車で進むと...
だんだん周りが白くなってきた!!


image

そして、道路まで白くなってきて、本当に白銀の世界雪の結晶
雪みたいなのに、ツルツル滑らない宝石白
 
って、雪じゃないから当たり前なんですけど。
だから、普段どおり40マイルとかで走ってしまいそうだけど、ここの道は20マイルの減速です注意

そのままデューンズドライブを真っすぐ行きますベンツ

image
 
最初のパーキングエリアでとりあえず降りてみると、ここはボードウォークになっているので、砂の上を歩けます走る人

image

私たちが行ったときは、もう夏が終わってたので、水もいらないぐらいの気候で涼しかったですが(だいたい75°Fぐらい)、きっと真夏は暑いから日陰で一休みも必要なんでしょうね。
 
{A00D5C28-CFFB-4852-9113-4CEC97BF7F41:01}
 
{A607F9B1-A2CA-4A0D-BD5A-469566B2020F:01}

何カ所か駐車場を通り過ぎて、一番奥の場所にパーキングベンツ
 
{6C941B04-159B-4B03-98C1-6CF19A9A5635:01}

少し歩くと、足跡もない砂丘が見えます目
ここで、ソリを持参している家族や高校生達がいました。
若かったらやりたかったけど、私は無理です・・・・

ここからはサングラスが必需品!!
眩しくて、目が開けられません汗
 
{99C857BC-7D59-4F88-B375-B90B662C4563:01}

白い砂は、本当にさらさらしていて、砂時計に入ってる砂みたい。
 
{A1388C6C-CC36-4230-ACCF-AE3A00B9B9BF:01}

海もないのに、この白銀の砂って、不思議です。数億年前は浅い海だったって言われても、ここは内陸なのにどうして?
(詳しくはホワイトサンズ のウィキペディアへ)


雪花石膏と呼ばれる石膏(ギブス=ジプサム)の集合体であり、普通は水に溶解してしまうためこのように砂の状態で残っているのは非常に珍しいらしいです。そしてホワイトサンズは石膏であるため、太陽のエネルギーを熱に変えにくく、暑い真夏日で直射日光が照り付けている状態でも素足でも歩くことができるらしい。アスファルトだったら、暑くて歩けないのにメラメラ
そしてそして、1年間に10m近く風下に向かって南西から北東へゆっくり移動しているらしいeh!!結構な移動距離?!
風がビュンビュン吹いてるから、砂も飛ぶ訳だ笑
{C38CEAD2-CA44-498D-98C4-0AF9CDEC9B6F:01}
 
つづく
 
New Mexico1日目①はこちら から。