2005-10-12 00:03:15

「LABYRINTHE」(ラビラント)/白金・四の橋店 (前編)

テーマ:レストラン・記念日

 10月10日、2周年目の結婚記念日に白金のフレンチレストラン「ラビラント」で食事をしてきました。^^


 妻との出会いのきかっけとなった白金は、東京に出て初めて住んだ町で、結婚して引っ越すまでの3年半を過ごした思い出の深い町です。


 非常に閑静な住宅街で、治安も良く落ち着いた雰囲気が大好きな町です。^^


 そんな白金の商店街の一角に、老舗の雰囲気漂うフレンチレストラン「ラビラント」があります。


LABYRINTHE_entrance
<ラビラント>


 

 ラビラントは白金の商店街をぶらぶらしていた時に偶然見つけたのですが、インターネットで検索したところ評判が良かったので行ってみたところ、その質の高いサービスと良心的な価格設定にすっかりリピーターになってしまいました。^^


 まず最初に、グラスのシャンパンを頂きました。

 残念ながら銘柄は忘れてしまったのですが、すっきりとしたビシッと引き締まった味わいのシャンパンでした♪

LABYRINTHE_champagne

<グラスシャンパン>


 

 シャンパンとともに旬の岩ガキを頂きましたが、すっきりとしたシャンパンに良く合いました。^^

LABYRINTHE_iwagaki

<岩ガキ>


 

 次に前菜で頂いたのは「茄子とウニのコンソメジュレ」。

 ウニの甘みと、さっぱりしたナスの冷たさが良く合います。^^


 一品だけ頼んだところ、二人分に分けて盛り付けて頂きました。(心遣い、感謝致します。)
LABYRINTHE_uni

<茄子とウニのコンソメジュレ(ハーフサイズ)>


 

 そしてこの前菜に合うグラスワインをと頼んだところ、


「グラス一杯分なら、2種類を半グラスずつ用意してもお値段は一緒ですので、折角ですから2種類お持ちいたしましょうか?」


と、ソムリエさんの嬉しいお言葉!一杯分のお値段で2種類のワインが味わえるなんて、願っても無い申し出です♪


 そしてこの茄子とウニのコンソメジュレに合わせて持ってきて頂いたのが、以下の2種類のシャルドネです。


BICHOT MEILLEUR 2003 (AC Macon-Villages)

ビショー・メイユール 2003 (AC マコン・ヴィラージュ)

BICHOT MEILLEUR 2003 (AC Macon Villages)


Saint Aubin 1er Cru En Remilly [2001] Olivier Leflaive

サン・トーバン・プルミエ・クリュ・アン・レミリィ 2001 オリヴィエ・ルフレーヴ

Saint Aubin 1er Cru En Remilly 2001

 

 

 どちらもすっきり、さっぱりとした美味しい白でした。^^

 

 ビショー・メイユールの方は、フルーティさと酸味のバランスの取れたすっきり感が強いワインでした。

 

 サン・トーバンの方は、ややソフトですっきりとしていながらもふくよかな酸味があります。ミネラル感が強く、今まで飲んだことのない味わいを感じました。


つづく

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

riedelさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。