結純子さん | 岡林里依 の ブログ
2010-09-01

結純子さん

テーマ:仲間たち

参宮橋のオリンピック記念青少年センターは、

「天才バカボン」のパパの声で有名な新劇の役者雨森雅司氏に

芝居の指導を受けた、私にとっては表現の始まりの場所です。



結純子という大好きな役者がいます。

ハンセン病患者であった藤本としさんの

「地面の底がぬけたんです」という自伝的聞き書き・随想集

純子さん自身で長い時間をかけて脚本に起し、

ひとり芝居にし、今では全国随所で公演されています。


結純子ひとり芝居「地面の底がぬけたんです」



純子さんのもうひとつのライフワークである

素人の方たちを舞台に載せ自己解放させるという試み

「わっしょい」という舞台が、今年で9回目で、初めて

参宮橋のオリンピック記念青少年センターにやってきました。

お嬢さんの夏子さんも毎回企画制作演出を担当、そして出演。

5月1日に生まれた夏子さんのお嬢さん結華ちゃん4ヶ月も

立派に舞台を務めていました。


悩みや苦しみを抱えた多くの人達が舞台に上がり、

自分と向き合い、表現することで自己を解放し乗り越え、

それぞれが少しずつ自分の世界を切り開いていく様子を

これまで何度もみせてくれました。


純子さんが追及し訴え続けるのは「命の尊さ」

今回は結華ちゃんの誕生を軸に「人は表現するもの」

「人は皆家族である」と、全ての命の尊さを感じさせてくれた舞台でした。



雨森雅司先生、結純子さん、

表現する心に感謝です。


Rie Okabayashiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス