永眠しました。


2月13日13:00頃、ザクロが永眠しました。











6日、癌ではなかったと診断された時、

少し食欲が落ちてることと鼻水が出てる事から

猫風邪だろうと薬を服用し始めたんですが

2日たっても食欲は落ちる一方で、別の動物病院へ。

胸水がたまっていました。










抜いてもらった胸水をみて、癌ですね、と。

肺線癌の疑いが強い、と言われました。









肺線癌であるなら、戦う治療はザクロにとってリスクの方が大きいので胸水を抜きながら苦しくないようにしてあげる治療をしていこう、

できる限り大好きな家で家族と一緒に過ごせるようにしよう、

その時が来たら、ザクロらしく穏やかな顔でいけるようにしてあげようとパパと話しました。










鼻水は出てるけど、相変わらずべらぼうに可愛くて

毛並みもつやつやでふわふわで

でも水以外は飲んでくれなくて

足元もヨタヨタしてきて

家族から少し離れた部屋にいたがって






認めるのは怖かったけれど

きっとこの子は自分で最期の時を決めて

そこに向かっているんだろうな

そう感じながらも

ひとりにしたらその隙に旅立ってしまいそうで

そんなのは絶対にいやで

でも私も通院しなくちゃいけなくて

実母と姉カップルにもお願いして

いつも誰かが家にいるようにしたりして









連休明けの火曜日、13日。

私は自分の通院があったので

パパにお願いしてザクロを病院に連れて行き

また胸水がたまっていたので、預かってもらって処置をしてもらうことに。

1回パパは家に戻り、私は病院から帰る途中

容態が急変したと連絡を受けて

いそいで いそいで

まだダメだよ まだ逝っちゃダメだよ

ママがそばにいないのに逝っちゃダメだよ

って

そんな時に限って赤信号ばかりで

神様のイジワルならひっぱたいてやると思いながら車を走らせたけど

私が着く10分前に息を引き取っていました。







パパが抱きしめてくれてて。

先生に全部綺麗に拭いてもらってて。

まだ暖かくて

寝てるんだよね、としばらく理解できないくらい

穏やかで安らかでキレイな顔してました。





胸水による呼吸不全。






最期、少しだけ苦しそうだったって。

私とたいに、苦しい姿を見せないようにしてくれたのかな。






もちろん悲しくて悲しくて悲しくて

涙なんて枯れることもなく 目はおばけみたいに腫れているけど

不思議と 心の真ん中が ぽっとあたたかい。

ザクロのおかげで私は今もこれからもずっと幸せだな、と思える。






{EFB0ACAF-712E-4275-92B1-1B39AFB34BDE}









{4106692C-3424-4163-92D6-13F5680D622C}




写真は亡くなる3日前のふたり。






ソファでいつものようにくっつくのはこれが最後でした。








今日、14時から最期のお別れをしてきます。