Sen Viet (センビェット) ベトナム料理 海鮮フォー・ハイ・サン | [ridiaの書評]こんな本を読んだ。[読書感想文]
新型コロナウイルスに関する情報について

[ridiaの書評]こんな本を読んだ。[読書感想文]

小説や漫画のあらすじとネタバレ感想が中心。恋愛(純愛・ラブコメ・学園モノ・セックス)、SF、コメディー、ファンタジー、冒険、裏社会、芸能、政治、スポーツ、料理、ホラー、格闘技、歴史、ファッション・・・名作・傑作・話題作満載!人気ブログを目指します。

今日のお昼は今池駅〜千種駅のどこかでランチしよう!と出かけました。

 

「好楽」「大河」「空王士」「一番軒」……行ってみたい行ったことがないお店がいっぱいあるんだよね〜

(ラーメン屋ばっかりか)

 

なのに、ついフラリと吸い込まれていったのはベトナム料理屋さん。

Sen Viet (センビェット) 

 

以前から気になってはいた。

 

隣の中華料理店(「盛華倫」ここも美味しい)に行くたびに「エスニックな気分になったら……いつか……」と思ってはいた。

 

 

その気分が、まさに訪れたんだね!

 

今日のーー!

ーーっ

お昼に!

 

 

家を出た時は

「ラーメンかな?あ!でもあの辺はいくつかハンバーガー専門店もあるよね〜 悩む〜」

て思ってたのに。

 

 

 

 

フォー・ハイ・サンのセットがわたしの心を鷲掴んだよね。

 

 

海鮮のフォーにサラダと生春巻きとデザートもついて

ランチで850円(税抜き)!

 

 

 

 

 

海老!イカ!

フォー(米の麺)もたっぷり〜

 

 

 

味変えの唐辛子(生)とレモンとパクチーもあります。

卓上にはニョクマム?わかんないけど異国風な調味料(辛いけどコクがある)と唐辛子とニンニクスライスがゴロンゴロン入ってる壺も配備。

 

 

ごろーさん気分で

「蒸気機関車だー!!」と脳内で叫びながら食す。

(「孤独のグルメ」)

 

わたしの昼ごはんはガチで孤独のグルメだからね。

 

たまに友人と食べたりもするけど、ほぼひとり。

咳をしてもひとり。

 

 

会話はもっぱら脳内です。

 

 

 

味はトムヤムクンぽい。

からすっぱ旨い。

 

生の唐辛子のカケラを一片食べちゃったらホントに辛かったんで、残りの唐辛子は間違って食べないように貝の殻とともに小皿に退避させた。ー

フレッシュな辛さでおいしかったけど、涙目になったわ。

や、正直言って鼻水でた。

 

 

海鮮のフォーってめずらしくない?

フォーっていうとフォー・ガー(鶏肉のフォー)のイメージだよね。

 

もちろんフォー・ガーもランチメニューにあったんだけどね。

 

 

 

 

って!

 

 

もうさ、注文したいメニューだらけなんですけどーー!!

 

 

 

ベトナム風のゴハンも気になるぅ〜

カレーライスもベトナムってるの?そうなの?

インド・ネパール料理屋のカレーとは一線を画しているのだろうか。興味深い。

 

スープとバインミーもいいなあ。

 

 

 

 

 

生春巻きのソースも独特でおいしかった。

コクがある茶色いソース。何味なのかわからない。わかんないけどおいしい。

ナッツがいっぱい。生春巻きのさっぱりした具材にコクのあるソースとナッツがとても合う。

 

 

 

そして最後に控えていたデザート!

 

 

これが、んんんんまぁああああああああ!いいいいい!

 

 

食感が!

スゴイの。

 

 

ふぁにゅぅううううううん……

 

てかんじ。

 

 

 

餅と糊からねばねば粘着力をなくしてなめらかさを取り出したような。

やわらかさ5倍の求肥のような。

 

味は杏仁豆腐とココナッツミルクをかぎりなく上品にしてフルーティーにしたかんじ。

 

なんなんだろう。

ベトナムのデザートでググったら「チェー」というあんみつとぜんざいとゼリーとフルーツ色々のせたり混ぜたりのものが出てきたけど、これもその一派なのだろうか。

 

お店で接客してくれた女の子(店員さん、たぶんベトナム人?)に聞いたけどココナッツミルクが入ってることしかわからなかった。

 

なんだかわからないけどおいしかった。

ランチにはこのデザートが付いてくるのも素晴らしい。

 

 

 

絶対また行く!

 

 

 

 

そういえば。

わたし以外のお客さんがみんな異国の言葉で談笑していた。

 

英語とか東南アジアぽい言葉。

ベトナム語?なのかな?タイ語っぽいイントネーションがそこかしこから聞こえてきてた。

(ワタシニホンゴシカワカリマセン)

 

ひょっとしたら。

あの時間にいた日本人はわたしだけだったかもしれない。

 

 

内装もテレビで流れてるのもベトナム(たぶん)だったし。

ほんのりベトナム旅行気分で嬉しい〜

 

 

 

……絶対、絶対また行く!

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独のグルメ 【新装版】
久住 昌之
扶桑社
2008-04-22

 

 

 

 

 

 

 

 



人気ブログランキング    










にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村