子どもがひとり、玄関の外で2時間……! | [ridiaの書評]こんな本を読んだ。[読書感想文]

[ridiaの書評]こんな本を読んだ。[読書感想文]

小説や漫画のあらすじとネタバレ感想が中心。恋愛(純愛・ラブコメ・学園モノ・セックス)、SF、コメディー、ファンタジー、冒険、裏社会、芸能、政治、スポーツ、料理、ホラー、格闘技、歴史、ファッション・・・名作・傑作・話題作満載!人気ブログを目指します。


テーマ:

とてもショックなことがありました。

 

 

下の子の幼稚園のクラス懇談会に出席して帰宅したら、玄関の前に小学生の上の子が立っていたのです……!

 

わたしはとても驚きました。

なぜなら、この時間に上の子がいるはずがないからです。

 

帰宅した時間は4時45分。

予定では、上の子は部活している時間です。

5時過ぎまで学校にいるはずなのです。

 

「今日、〇〇先生がインフルエンザで部活なかったんだ」

 

担当の先生がインフルエンザに罹り、部活が突然お休みになったというのです。

そのせいで授業後すぐに帰宅することになったのだと。

 

だとしたら、約2時間この寒い場所に立っていたことになります。

 

わたしが下の子を連れて幼稚園に出かけたそのすぐ後、入れ替わりのように授業が終わった上の子は帰宅したのでしょう。

 

 

我が家はマンション住まいです。

 

一階の共用玄関からエレベーターにのって自宅玄関があります。

上の子はエレベーターを降りた自宅玄関の前にいました。

完全なる屋外ではないけれど、風の入る場所に。

 

共用玄関は暗証番号で施錠が解除できるので入れたけれど、自宅の鍵は持っていなかったので外で待っていたのでしょう。

 

こんなところにひとりぽっちで。

どんなに心細かったか。

 

目尻にうっすらと涙がにじんでいたのはホッとしたからでしょうか。

 

「ゴメン、寒かったよね、待たせちゃったね、早くお風呂用意するね」

 

さすがに冷血気味なわたしでもこみ上げてくるものがあり、急いで玄関を開けて子どもふたりを部屋に入れ、靴を脱ぐのもどかしく、抱きしめました。

 

頬が氷のように冷たくて、申し訳なかった。

 

「暇だったから宿題やってた」

 

立って?

意外に器用な。

(思わず素に戻る。ドラマチックが持続しない)

 

 

5年生ともなるとこんなことがあっても泣かないんですね。

大人のわたしでも泣きそうな状況なのに。

成長しているんですね……

 

 

 

 

いつも帰宅時には家で待つようにしていて、こんなことは初めてで、ショックでした。

 

 

留守になることがわかっているときだけ自宅の鍵を持たせるようにしていたけれど、考えなおすべきかもしれない。

 

いつも鍵を持たせるべきかも。

いざという時のためにお金やスマホも必要なのかも。

 

……ちょっと動揺していて、冷静じゃないですね。

スマホやお金は学校に持っていけないんでした。

 

鍵は考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんなときこそかぎばあさんの出番ですよー!

ふしぎなかぎばあさん 感想記事
 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読者登録してね



にほんブログ村 本ブログへ  

 

 

 

 

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

 

 

 

ridiaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス