泣き虫プロデューサーの「いいから俺にしゃべらせろ!!」

泣き虫プロデューサーの「いいから俺にしゃべらせろ!!」

仮面ライダーをつくった男のひとり、故平山亨の話題や特撮関係、イベント告知をするブログです。

◎10月10日(土)アジアンタイペイにて  ひし美ゆり子とヒーローたち
                   ゲスト:伴大介さん、大葉健二さん、渡洋史さん
                   申込・詳細は、記事をご覧ください!!


◎11月25日(土)六本木ベースキャンプ 速水亮 with ごきげんバンド
                   Birthday Live in ROPPONGI
Amebaでブログを始めよう!
昨日、日帰り行程走行距離1085km。
石巻市にある石ノ森萬画館へクルマ3台に分乗して行ってきました。
それぞれ住処が離れているので、各々の出発点となりました。

目的は、菅原芳人WORKS展!
昭和ライダーの展示物が少なかったら寂しいなと予想したのですが、それを覆す作品の数々。
我々一行はじっくりゆっくり食いつくように拝見させていただきました。

仮面ライダー愛に溢れる作品に酔いしれる時間でした。
作品は撮影禁止。
此れは生の作品を見るべきです。
10/10までの展示会、スケジュール調整してでも行く事をオススメします。

ては、また。






テーマ:
大変ご無沙汰しております。

この度、亡き父の寄稿対談集を上梓する事になりました。

題字は俳優 宮内洋
書下ろしイラストは漫画家 山田ゴロ先生

限定250部ですので、書店やAmazonでは入手できません。

下記のサイトから手続き願います。
サイト名
泣き虫プロデューサー
平山亨の本棚

www.nidaime0836.jp

よろしくお願い致します。




テーマ:


【第3回 ひし美ゆり子とヒーローたち】
 
ゲストは、多くのヒーローで活躍した伴大介さんと大葉健二さんです。

おそらく、本邦初のトークライブとなります。

特撮番組の表と裏を知る2人から、どんなエピソードが飛び出すのか?

ポスター右下のURLから参加申し込みフォーマットへ入れます。

注意書きをお読みいただいてから、申込みお願い申し上げます。

参加費は当日受付でのお支払いとなります。

皆さまの、ご参加を心よりお待ちしております。





テーマ:
RAH リアルアクションヒーローズ No.462 DX ライダーマン(リニューアル版)/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp


ライダーマン 山口豪久くんの訃報を知った日

とんでもない悲報が講談社の加賀さんから入った。
「平山さん、知ってますか!」
「何?」
「ライダーマンの山口さんが亡くなりました」
「ライダーマン?山口君が?」
「そうです、奥さんから電話があって彼のお棺に送っていただいた仮面ライダー全集を入れてやりました・・・有難うございましたって」
「山口君が・・・」私は絶句した。
山口君が・・・山口君が・・・
体が悪いとは聞いていたけど・・・
そんなに急に・・・
それでも信じる気になれない私はさんざん迷った末思いあまって、山口宅に電話した。
それも最大の注意を払って言葉を選んで、というよりは言葉もなくなって・・・
「山口さんのお宅でしょうか・・・あの・・・東映の平山ですが・・・あの・・・山口君は・・・あの・・・」という調子のシドロモドロであった。心の底ではまだ誤伝であって欲しいと願っていたのだが、しかし奥さんの口から「4月6日に亡くなりました」と聞いてやはり本当だったのだと落胆する私であった。
 古来洋の東西を問わず、どんな悲しい時にも泣いたりわめいたりしない人物が偉いとされている。その点私などは、とてもそんな偉人の足許にも及ばぬ俗物なのだ。悲しくて泣き、いい年齢をして、子供じゃあるまいしと自分が恥ずかしいのだが、しかし悲しいものは悲しいのだ。電話のこっちで他人がいないのを幸い、ボロボロ涙をながした。
 4月6日といえば、仮面ライダー15周年記念のイベントがあり、高田馬場のBIGBOXで皆で騒いでいた日じゃないか。
 きけば肝臓癌とかで、あのZXの撮影に出てもらった頃にはもう奥さんは知っていたのだそうで、ただ本人には内緒だったのだそうだ。そういえば出演依頼の時にも本人は「肝臓が悪くて、医者に激しいアクションなんかは止められているんですよ」と言っていた。私だって肝炎の持病がある。「アクションはいいよ。芝居のところだけやってくれれば」と言って出て貰い、「お互い病気持ちは辛いね」なんて笑い話をしていたのだ。本人も大変喜んで出演して、また後日と別れて、それきりになってしまった。考えてみればもうその頃、奥さんは覚悟をきめていたのだという。本人には内緒だから誰にも伝えなかったのだと・・・
49日の法事に押しかけた私は飾られた彼の写真を見、お墓を見。そこに納骨される白い骨壺を見て遂に納得がいった。もう山口豪久はこの世に居ないのだ。遺児は二人、貴子ちゃん小学校6年生、佳美ちゃん小学4年生。ちょろちょろふざけてお姉ちゃんにお尻ぶたれていた妹の佳美ちゃんが納骨の時に、「パパ、あんなとこに入れちゃうの?」と不満をつぶやいて、お母さんに「そんなこというもんじゃありません」と叱られていた。そうだよね、骨になってもパパはパパだもの、いつまでも一緒に居たいよね。
 人間はどんな愛し合っていても、いつかは別れなければならないんだよ、こんなこと判っているさ。判っていても悲しいんだよ。
 講談社から贈られた
「仮面ライダー大全集」を嬉しそうに見ていたという山口君。
 それを抱いて、あの世に旅立ったという山口君。
いつの間にか奥さんや貴子ちゃんや佳美ちゃんに書き置きしていたという山口君。
ライダーマンは改造人間だから死んでも生き返ることが出来る。
でも現実の山口君は、皆の大好きだった山口君はもういない。

 
 私の大好きだったライダーマン。
 私と家内の合作のライダーマンの唄。
 これをあらためて君に贈ろう。

  君は 君は 君はライダー ライダーマン
  強く やさしい 君は どこにいる
  海から風が 教えてくれた
  君は 僕の 僕の胸に 生きている
  君はライダー 仮面ライダー4号だ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。