ちょっと一休み | RIDER’S blog

ちょっと一休み

おはようございます。

昨日(土曜日)、久しぶりにトリッカー乗りました。


最近大好きな(何を今更)オートバイそしてトライアル車に

乗れる機会が減ってしまい、悲しく思っておりました。


連休後半も、「俺の時間だあ!」とばかりに、さあと気合を

入れていたのに・・・・、雨が続き、これは自身への休息

指示と思い、何をするでもなく、のんびりマッタリしていました。


あっ、そうだハイエース特装車2台オーナー状態が遂に

終了。新しいオーナーの元に、1台嫁ぎました。(^O^)/。


と思いきや、バイクが2台加わり(まあ差し引きではマイナスかな?)

1台はRZ250R・・?、我が家に初期のRZが有ります、すごく良い

バイクなのです。軽くて乗りやすくて、しかし寄る年波には勝てず、

エンジンからよろしくない音が色々と、この2サイクルの名車を

残す為部品確保用に購入したのですが、予想以上に程度が良く

とりあえずそのまま乗ろうか?(乗る時間は?・・そのうち?)と

思って毎日エンジンを掛けて暖気しております。

鋭い回転の上昇と二本のマフラーテール部より、勢い良く青い煙が

排出される姿は、ノスタルジックな、でも快感。(^-^)/


もう1台は、ご存知トリッカーです。

お気に入りの1台に加わったこのバイクは、何としても身近に

置いておきたいと思っておりました。

ライダースの所有するバイク、その数・・・とても人には言えない、

正に収集癖?。

ミュージアムになりそうなくらい・・「バイク達の程度が良かったら」

と言う感じですが。。(^_^;)


そのトリッカーを久しぶりに乗車、、仕様は勿論俗に言う「フルサイズ」

です。それ以外は全くのノーマル、これだけでオフロード走行が

楽しいバイクに大変身する(ものの見事に)。


天気は雨になりそう、その状態で仲間を誘うのも気が引ける、

リュックに雨具、工具、おにぎりにお茶を入れて、完全自己完結

状態で、遠州の森町から浜北方面へ、全て山裏道を使い走る。

これは昨年末、オフロード好きな人グループに連れて行ってもらった

ルートです、断片的な記憶を辿りながら、何回か道を間違えながら(^_^;)。

トライアル的、トレッキング的、エンデューロ的、それに舗装路、

ともかく感動的に楽しい、特に誇れる機能が有る訳でも無く、

見方によっては地味とも取れる、インド系?空冷4サイクル

エンジン搭載のこのトリッカー、実に

fun to ride!!

実重量はそれなりの市販車状態なのですが、取り回しと、

コントロール性がとっても優れているのです。

トライアル的な所はハンドリング、それとエンジン性能が、18インチに

変更されたタイヤとベストマッチング、予想を遥かに超えた

走破性。

今回一人で走り、とっても強く感じたのが、コーナリング性能全般。

その素晴らしさ、特に低中速域(70Km以下位かなあ?)。

コーナー進入時、アクセルを戻して、ギヤーダウン、ブレーキング操作

腰を入れてターンイン、この関連の動作が物凄くスムースで軽快、

そして反応が早くて正確、この感覚は過去あまり味わった事が無い。

意識してオーバースピード気味で、コーナーに入っても同じ感じで

さりげなく、こなしてしまう。

勿論、気合が入ったコーナリングならWRやYZ等のモデルの方が

桁違いのエンジンパワーも含めて、絶対に早く回れる。

でもそこは公道、サーキットでは無い所でそのようなコーナリングをすると、

その後自身の場合は、後悔とか罪悪感とかが少なからず来る。

むきになってしまったなあと。。

後続の仲間に強烈な石礫(つぶて)雨あられ・・・・なのです。


石をなるべく飛ばさずに、見た目はゆっくり、柔らかく、でも追い付いて

行けない。。これぞライダースの美学?(ナルシストかも・・汗)。

後輪が滑っていなくてもフロントタイヤが安定している、とか、

アクセルを戻して力を抜くと、スッーと旋回状態に入って行くとか・・・

それで尚且つ気合を少し入れての、後輪のドリフトコントロールも楽々。

ひたすらアンダーステアも出てこない、だから転倒もし難い。。

楽しくてしょうがないでした。

小石の転がるダートで、ブレーキングから一気にアクセルを開けたら

進入からドリフト状態、これがまた安定している「決まったぁ!!」

一人で走行なので誰も見てくれない(残念)、

思わず戻って自車のつけた軌跡を確認してしまったぁ・・暗い?明るい?。

(大昔のハイスクール時代、そんな事をして満足していた事を

思い出してしまった。


はあて、この感じちょっと~、何かに似ている・・・?

(脱線して自動車のお話)。


最近殆ど乗ってあげる機会が無くなり、先日車検をした愛車など

2年間で500キロ走っていないので、安く仕上がりました」  と

言って貰えるほどの・・・家族の敵1号車と、アルプスのハイジさんの

所に疎開?している同類の2号車、今回はその2号車がトリッカーに

似ていると思ったのです。

ともかく速いのでしたら、圧倒的に新型GT-Rです、これは正に

敵無しに速い、機械の制御が完璧で(流石日本の技術)

何をしても速く走れそうな感じ・・って判りますか?ともかく凄い

車なのです。

それに比べて、我が2号車は、路面の状態を殆どドライバーに伝える

それも遠慮無しに・・、下手な操作をすると、その通りに情けない状態となる。

車体後方が重くて、ドキドキする。。

でも絶対スピードの低い所でも楽しめます、汗も結構出るんです・・・

この自分が操作している(良くも、悪くも)と言う感覚、楽しいんです。

公道は制限速度も有ります、一般の方も走っています。

そんな中を運転していて楽しいのは、速い車だけでは無いと

思うのです。参考までにこの2号車の名前は964RS・・・?、

とある方向の、マニアの方なら判ると思いますが~。

まあトリッカーみたいな車と思ってくださいませ。


後半、我が一人寂しいツーリングは雨に降られて、、「でも楽しい!」

半日で170キロも獣・林・ワインディング・などを走ってしまいました。

それでももっと走りたかったのですが、雨で暗くなって来たし、

調子こいて谷に落ちてしまったら、皆に迷惑を掛けてしまう・・ナドナド

考えてしまって、もう少しと思う所で止めときました。

昨年のイートーブ一人旅とおんなじ感覚でした~。


と、バイクは快調でしたが、いきなり頑張ってしまった我が身体は、

酷い筋肉痛です。

足が攣りまくり、歩く姿はおじいさん・・・でしたーーとさ(涙)


でも今思ってもとっても楽しく、充実していました。

この新しい恋人は、ちょっと強敵かも?・・・ラブラブ!



話はいきなり大きく変わって、全日本選手権。

今連絡が来ましたぁ。週末の近畿大会、中止(延期?)だそうです。

例の新型インフルエンザの影響です。

私も心配していたのです・・・伝染の事ではなくて、開催

出来るのかと?、駄目だったみたいです。しょうがないかな~。

2選手と車輌、ともに絶好調宣言が出ていたのに

とっても残念です。